SEARCH

UQモバイルのテザリングは無料&申込不要!iPhone・Androidの接続方法について解説

UQモバイルではテザリング機能が利用できます。他の通信キャリアでは、テザリングが有料オプションな場合や、申し込みが必要な場合もありますが、UQモバイルでは無料かつ申し込み不要で利用できます。

今回の記事では、UQモバイルでテザリングを利用したい方に向けて、次の内容について解説していきます。
・UQモバイルでテザリング使用した際の通信速度を、「高速モード」と「節約モード」それぞれ検証
UQモバイルでテザリングをする際の注意点

・iPhone、Androidそれぞれのテザリング利用手順

UQモバイルでテザリングを利用する方法や注意点ついて知りたいは、ぜひ最後まで目を通してください

ショップで聞いた:UQモバイルのテザリングでよくある質問は?

・テザリングを利用するのにオプション料金ってかかる?
 →かかりません!申し込みも不要です。
・持ち込んだ機種で契約している端末でもテザリングが使用できる?
 →対応機種であれば可能です! UQモバイルの動作確認端末一覧から確認できます。

UQモバイルのテザリングは無料で使用できる

出典:テザリング機能

UQモバイルのテザリングは、無料かつ申し込み不要で使用することができます。

テザリングとは次の機能のことを指します。

テザリングとは

テザリングとは、iPhoneやAndroidなどスマホのデータ通信機能を利用して、パソコンやタブレット端末、ゲーム機器などをインターネットに接続する便利な機能です。Wi-Fiがない環境でも、インターネット通信のできるスマホが一台あれば、パソコンなどのデバイスでインターネットができるようになります。

カフェや公共施設では誰でも自由に利用できるフリーWi-Fiが設置されていますが、フリーWi-Fiよりもセキュリティの信頼性が高く、尚かつ高速通信でインターネットを利用することができます。

テザリングには次の3種類あり、利用シーンに応じて使い分けが可能です。それぞれのメリットとデメリットも合わせて参考にしてください。

メリット デメリット
Wi-Fi接続 ・高速通信
・ 手軽に使える
電池消耗が多い
Bluetooth接続 電池消耗が少ない 通信速度が遅い
USB接続 ・ 充電しながら使える
・ 安定した通信速度
・ 端末が限定される
・ ケーブルが必要

大手通信キャリアや他の格安SIM会社では、テザリングが有料オプションである場合や、わざわざ申し込みを行う必要がある場合もあります。

その点UQモバイルでは申し込み手続きや料金は不要なので、どなたでも手軽に利用することができます。

実際にUQモバイルの高速モードでテザリングしている方は、次のような評価をしています。

UQモバイルのテザリングは無料かつ申し込み不要のため、申し込みの際に特に案内がありません。なので「ついこの前までテザリングが利用できるなんて知らなかった!」という方もいらっしゃいます。
誰でも無料で利用できる便利な機能なので、ぜひ一度UQモバイルのテザリングを利用してみたらいかがでしょうか。

テザリング使用時の通信速度

次にテザリング使用時の通信速度について解説していきます。

通信速度は、ネット上のデータを自分のデバイスで受け取る「ダウンロード」と、自分のデバイスからネットワーク上へデータを送る「アップロード」の二つで表します。

快適にインターネットを利用するために、必要なダウンロードアップロードのMbps数値目安は次の通りです。

快適に利用するために必要なダウンロードとアップロードのMbps数値目安

ダウンロードの目安
・サイトやSNSの閲覧:1Mbps〜10Mbps
・YouTubeなどの動画視聴:3Mbps〜25Mbps
・オンラインゲーム:30Mbps〜100Mbps

アップロードの目安
・メールやSNSのメッセージ送信:1Mbps
・SNSの写真投稿:3Mbps
・SNSやYouTubeなどの動画投稿:10Mbps

※時間帯やエリアによって異なります

こちらのMbps数値目安は目安なので、実際は時間帯やエリアによって異なります。

あくまで目安だという前提で参考にしていただき、実際には自分で利用してみたときの体感を重要視していただけたらと思います。

高速モードの場合

まずは高速モードでテザリングする場合の通信速度を見ていきましょう。

実際にスマホとパソコンをWi-Fiテザリングでスピードテストをしてみました。

通信の計測には Measurement Labを利用。

テザリングに使用した端末はiPhone SE(第2世代)です。

出典:iPhone SE

【UQモバイルの高速モードでテザリングしたときの通信速度】

ダウンロードで21.22Mbps、アップロードで5.28Mbpsという結果が出ています。

ダウンロードにおいては、オンラインゲームをサクサク利用するのは少し厳しいかもしれませんが、YouTubeなどの動画視聴やSNSの閲覧は快適に利用できそうです。テザリングで動画視聴が快適に利用できるのはありがたいですね。

アップロードにおいては、SNSの動画投稿には少し時間がかかるかもしれませんが、写真投稿やメッセージ送信などの基本的な機能は快適に利用できそうです。

実際にUQモバイルの高速モードでテザリングしている方は、次のような評価をしています。

UQモバイルは節約モードでもテザリングは可能ですが、混み合った場所や不安定な時は高速モードでテザリングするのがおすすめです。他社契約のサブ機にももちろん利用できるので、うまく活用すれば他社契約の端末は実質無料で利用できちゃいます。

節約モードの場合

次に節約モードでテザリングする場合の通信速度を見ていきます。

UQモバイルの節約モードとは次のような状態です。

UQモバイルの節約モードとは

「データ消費量のカウントなしで使える」モードを指します。

送受信最大300Kbpsの低速通信に切り替えることでデータ容量を節約可能です。画像やテキストが中心のSNSなら快適に利用でき、どれだけ使ってもデータを消費しないとても便利なUQモバイルの機能です。

切り替えは、UQ mobileポータルアプリからタップ一つで切り替え可能です。

出典:UQ mobileポータルアプリ

この節約モードでスマホとパソコンをWi-Fiテザリングでスピードテストをしてみました。

通信の計測には高速モードと同じ Measurement Labを利用。

テザリングに使用した端末も高速モードと同じiPhone SE(第2世代)です。

出典:iPhone SE

【UQモバイルの節約モードでテザリングしたときの通信速度】

ダウンロードで1.04Mbps、アップロードで0.83Mbpsという結果が出ています。

ダウンロードにおいては、YouTubeなどの動画視聴は高画質ですと少し遅いかもしれませんが、サイトやSNSの閲覧は問題なく利用できそうです。

アップロードにおいては、SNSの写真投稿では時間がかかるかもしれませんが、メッセージ送信などの基本的な利用では問題なく利用できそうです。

実際にUQモバイルの節約モードでテザリングしている方は、次のような評価をしています。

場所や利用方法によっては高速モードと対して変わらないと感じている方もいます。普段の使用はもちろん、テザリングでも節約モードで快適に使用できるのであれば、データ容量を消費する場面がかなり減りそうです。人によっては一番安い「くりこしプランS(使用データ量の上限3GB)」でも十分利用できますね。

ギガを使い終わった後でも、節約モード(消費フリーモード)に手動で切り替えることでテザリングの利用が可能です。その端末でSNSを利用しながら、サブ機で音楽を聴けるのはありがたいですね♪この方のように、エリアによっては節約モードでも十分快適にテザリングが使用できます。

UQモバイルでテザリングをする際の注意点

プロ監修!テザリングの裏ワザ

タブレットを使用するためにタブレット用の月額料金を払っていませんか?
UQモバイルのスマホでテザリングをすれば月額料金は無料です!
もちろんテザリングした分のデータ容量の消費はありますが、一番大きな容量の「くりこしプランL+5G」の場合で25GBも使え、3,828円(税込)です。
余った分は繰り越しもでき、自宅セット割を適用できれば更に月額料金も安くなります。
テザリングの利用自体にもオプション料金は発生しないので、とてもオトクに使えますよ!

次にUQモバイルでテザリングをする際の注意点を解説していきます。

注意点は次の3点があります。テザリングを利用する前に必ずチェックしてくださいね。

UQモバイルで機種変更する方法

・テザリングに対応している端末なのか確認
・テザリングを多用する方は速度制限に注意
・テザリング中のバッテリー消費に注意

テザリングに対応している端末なのか確認

まずは、今使用しているスマホがUQモバイルのテザリングに対応している端末なのかを確認しましょう。

iPhoneの場合は、iPhone5s以降の端末で利用可能です(データ専用プランの場合は、一部利用できない場合あり)。

Androidの場合は、UQモバイルの端末は基本的にテザリングの利用が可能、その他の端末も一部製品を除き利用可能です。

テザリングに対応しているかどうかは、UQモバイルの動作確認端末一覧から簡単に確認できます。確認手順は次の通りです。

1. テザリングしたい端末を「キーワードから絞り込む」または「条件から絞り込む」で検索

出典:動作確認端末一覧

2. 各端末の詳細にある「SIM」バーの一番右にある「∨」を押した時展開される、詳細一覧のテザリング欄が「○」になっているかどうかを確認する。

出典:動作確認端末一覧

テザリング欄が「○」になっていれば、テザリングに対応している端末となります。

UQモバイルで購入した端末は全てテザリングの利用が可能ですが、乗り換えや自分で用意した端末の場合は、必ず確認するようにしましょう。

テザリングを多用する方は速度制限に注意

テザリング中は、スマホのデータ容量を消費しているため速度制限に注意が必要です。

UQモバイルでは月間データ容量が上限を超えた場合、最大1Mbpsに通信速度が制限されます。

テザリング中にゲームや動画視聴をして、「気付いたら数時間経っていた…」ということになりやすい方は特に意識する必要があります。

節約モードで利用すればデータ消費量を最小限にできるため、まずは節約モードでテザリングを試してみることをおすすめします。

データ残量が気になった時は、次のようにUQ mobileポータルアプリから確認してみましょう。

テザリング時の速度制限について、次のような評価が上がっています。

UQモバイルの公式HPでは、「直近3日間に6GB以上の利用があった場合は通信速度を翌日にかけて制限する可能性があります」と記載されています。テザリング含み直近3日間で集中的にデータを使用する可能性がある場合は注意しましょう。

テザリング中のバッテリー消費に注意

テザリング中は、スマホのバッテリーが消費されます。特にWi-Fiテザリング時はバッテリー消費量が大きいので注意が必要です。

テザリング時のバッテリー消費対策は次の通りです。

テザリング利用時のバッテリー消費対策

・スマホの充電を満タンにしておく
・スマホを充電しながらテザリングする
・BluetoothテザリングまたはUSBテザリングを利用する

仕事中など重要な場面で、バッテリーが落ちて突然繋がらなくなってしまうなどのトラブルが起きないよう、バッテリー消費には注意して利用しましょう。

iPhoneでのテザリング利用手順

iPhoneでのテザリング利用手順について解説していきます。今回は一般的な設定方法を解説していきますが、最終的には自分のiPhoneの仕様に合わせてApple Storeなどで確認してください。

接続元のiPhoneは「設定」からテザリングの接続を行いますが、設定の中にはどこにも「テザリング」の文字は無いので初めてテザリングをする方にとっては少し分かりにくいです。以下の手順をしっかり確認してから接続を行うようにしましょう。

それぞれ用意するものは次の通りです。

iPhone端末でのテザリングの種類 用意するもの
Wi-Fiテザリング 特になし
Bluetooth テザリング 特になし
USBテザリング iPhone付属のUSBケーブル

USBテザリングはではiPhone付属のUSBケーブルが必要になりますので、必ず用意してくださいね。

Wi-Fi接続

まずはiPhoneでのWi-Fi接続方法について解説していきます。

1. 接続元のiPhoneで接続に必要な情報を確認します

2. 接続元のiPhoneから「設定」アプリを開いて、「インターネット共有」をタップして進みます

3. 「ほかの人の接続を許可」の横にあるスライダーをタップしてオンにします
ここでWi-Fiのパスワードと機種の名前を確認します。(※機種の名前は「“〇〇”を検索できるようにします。」の説明書きから確認できます。)

4. 接続元のiPhoneはそのままで、インターネットを共有したいデバイス(パソコンなど)でWi-Fiの設定を行い、リストの中から接続元のiPhoneを探してタップします(iPhoneに設定している機種の名前が出てきます)

5. Wi-Fiのパスワードを聞かれるため、接続元のiPhoneに表示されているインターネット共有のパスワードを入力して接続完了となります。
パスワードは自分で設定することができるため、自分が入力しやすくかつ他人から推測されにくいパスワードを設定しましょう。

Wi-Fi接続は、様々な機器に対応しており通信速度も速く、最も便利でメジャーな接続方法です。

バッテリーが消費しやすいのが難点ですが、充電しながらテザリングをするなど対策を行えば長時間の利用も可能です。

「ケーブルは持っていないけど快適な速度でネットを利用したい!」という時におすすめです。

【接続がうまくいかない場合は】
接続先デバイスのWi-Fi接続を一旦オフにする、または再起動してから改めて接続し直してみてください。

Bluetooth接続

次にiPhoneでのBluetooth接続方法について解説していきます。

Bluetoothの接続は、ヘッドフォンなどのアクセサリがメインで利用されています。

事前に、接続したいデバイスやアクセサリのBluetoothのネットワーク接続を設定しておきましょう。接続したいデバイスやアクセサリによって接続方法が異なるため、それぞれメーカーの指示を確認しBluetoothのネットワーク接続を行います。

1. 接続元のiPhoneから「設定」アプリを開いて、「Bluetooth」をタップして進みます

2. 「Bluetooth」の横にあるスライダーをタップして、検出可能をオンにします

3. 共有したいデバイスやアクセサリ(ヘッドフォンなど)が、画面上に表示されるまで待ちます

4. デバイスやアクセサリの名前が画面に表示されたら、その名前をタップして接続完了です

Bluetooth接続は、基本的にはパスワード不要のため設定が最も簡単です。(※場合によって接続時にPIN やパスコードの入力が必要になります)

Wi-Fi接続と比較すると通信速度は劣りますがバッテリーの消耗が少ないため、長時間テザリングを利用したい時におすすめです。

【接続がうまくいかない場合は】

Bluetooth接続は、接続元と接続先の両方が近くにあるのが前提で利用できます。まずは機器同士を近くに置いてから再度接続を行ってみましょう。

また、他にBluetoothで接続元のiPhoneと接続しているデバイスが新たな機器との接続を阻害している可能性があります。ほかに接続している機器の接続を切って再度接続してみてください。

USB接続

最後にiPhoneでのUSB接続方法について解説していきます。

接続時には必ずUSBケーブルを準備しておきましょう。

1. 最新バージョンの iTunes が 接続したいパソコンにインストールされているかを確認します

2. 接続元のiPhoneまたはiPadを付属のUSBケーブルでコンピュータに接続します

3. 接続元のiPhoneから「設定」アプリを開き「インターネット共有」から「ほかの人の接続を許可」の横にあるスライダーをタップしてオンにします

4. 「このコンピュータを信頼しますか?」という通知が表示された場合は、「信頼」をタップして接続完了です

USB接続は、通信速度が速く最も安定性があるのが特徴です。

USBケーブルが必要になりますが、ケーブルでiPhoneをパソコンを接続しているからこそ、iPhoneの充電ができ長時間の通信が可能となります。また、セキュリティが高いのも有線接続ならではのメリットです。

仕事や重要な連絡など、特にセキュリティに注意して利用したい時におすすめです。

【接続がうまくいかない場合は】

ケーブル類の接続に不備がないかをまず確認してみてください。他のケーブルを持っている場合は、ケーブルを変えて再度挿し直してみましょう。

また、Wi-Fi接続が可能なデバイスの場合だと2つの接続が混在してうまく繋がらない場合があります。USBで接続したい場合は、障害になりうるWi-Fi接続を無効にして、通信環境を整理してみてください。

Android端末でのテザリング利用手順

Android端末でのテザリング利用手順について解説していきます。

Androidを搭載したスマホは多くのメーカーが開発・販売しているため、使用している端末に搭載されているAndroidのバージョンに応じて設定方法を公式HPなどで確認した上で、以下の手順を参考にしてくださいね。

それぞれ用意するものは次の通りです。

Android端末でのテザリングの種類 用意するもの
Wi-Fiテザリング 特になし
Bluetooth テザリング 特になし
USBテザリング Android付属のUSBケーブル

USBテザリングはではAndroid付属のUSBケーブルが必要になりますので、必ず用意しましょう。

Wi-Fi接続

Android端末でのWi-Fi接続方法について解説していきます。

1. 接続元のAndroidから「クイック設定パネル」を開いて、「アクセスポイント」を長押しします

2. そのあと表示される「Wi-Fiテザリング」に進み、「Wi-Fiテザリング」をオンにします

3. インターネットを共有したい機器(パソコン)から、接続元のAndroidのネットワーク名を探してタップします

4. パスワードを入力して接続完了です

iPhone同様に、Wi-Fi接続はバッテリーが消費しやすいのがデメリットですが、無線接続なのに高速通信で利用でき、幅広い機器に対応しているのが特徴です。

【接続がうまくいかない場合は】

接続先デバイスのWi-Fi接続を一旦オフにするまたは再起動してから、改めて接続し直してみてください。

Bluetooth接続

Android端末でのBluetooth接続方法について解説していきます。

Bluetoothの接続は、ヘッドフォンなどのアクセサリがメインで利用されています。

事前に、接続したいデバイスやアクセサリのBluetoothのネットワーク接続を設定しておきましょう。接続したいデバイスやアクセサリによって接続方法が異なるため、それぞれメーカーの指示を確認しBluetoothのネットワーク接続を行います。

1. 接続元のAndroidから「クイック設定パネル」を開いて、Bluetoothを開き、「新しいデバイスとペア設定する」から接続先のデバイスを登録

2. ペアリングの設定ができたら、接続元のAndroidのクイック設定パネルから「アクセスポイント」を長押しします

3. そのあと表示される「Bluetooth テザリング」をオンにすると、接続先デバイスと接続完了です

iPhone同様に、Bluetooth接続は最も簡単に設定を行うことができます。

同じ無線接続であるWi-Fi接続と比較すると、バッテリーの消耗が少ないため、バッテリー残量が少ない時でもテザリングを利用したい時におすすめです。

【接続がうまくいかない場合は】

Bluetooth接続は、接続元と接続先の両方が近くにあるのが前提で利用できます。まずは機器同士を近くに置いてから再度接続を行ってみましょう。

また、他にBluetoothで接続元のAndroidと接続しているデバイスが新たな機器との接続を阻害している可能性があります。ほかに接続している機器の接続を切って再度接続してみてください。

USB接続

Android端末でのBluetooth接続方法について解説していきます。

接続時にはUSBケーブルを準備しておきましょう。

1. 接続元のAndroid付属のUSBケーブルとコンピュータを接続します

2. 接続元のAndroidから画面上部に接続の通知が出るため、上から下にスワイプして「クイック設定パネル」を表示させます

3. 「アクセスポイントを長押しすると、画面に出てくる「USBテザリング」をオンにして接続完了です

iPhone同様に、USB接続は通信速度が速く最も安定性があるのが最大のメリットです。スマホを充電しながら利用でき、セキュリティが高い状態で接続できるのも有線接続ならではのメリットです。

仕事や重要な連絡など、特にセキュリティに注意して利用したい時におすすめです。

【接続がうまくいかない場合は】

接続がうまくいかない場合は、ケーブル類の接続に不備がないかをまず確認してみてください。他のケーブルを持っている場合は、ケーブルを変えて再度挿し直してみましょう。

また、Wi-Fi接続が可能なデバイスの場合だと、2つの接続が混在してうまく繋がらない場合があります。USBで接続したい場合は、障害になりうるWi-Fi接続を無効にして、通信環境を整理してみてください。

まとめ

・UQモバイルのテザリングは無料かつ申し込み不要で使用できる
・ テザリングは「Wi-Fiテザリング」、「Bluetooth テザリング」、「USBテザリング」の3種類ある
・ UQモバイルのテザリングは、節約モードでも基本的な操作は問題なく利用可能
・ UQモバイルでテザリングする前には、対応している端末なのかを確認する
・ テザリング中は、データ容量を消費しているため速度制限に注意
・ iPhoneとAndroidでテザリングの接続方法が異なるため、それぞれで接続手順を確認する

2021年12月7日時点の調査内容です。

公式サイトはこちら