SEARCH SEARCH SEARCH

格安SIM会社の満足度ランキングを紹介!口コミによる評判は?

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

格安SIM会社は、ネット企業、電力会社、流通系企業などさまざまな会社が参入しており、今では正確な数が把握できないほど存在しています。

数ある企業の中から自分にあったサービスを選ぶ際に参考にしたいのは、口コミですよね。

本記事では、ユーザーが選ぶ満足度ランキングの中から上位の企業をピックアップし、それぞれのサービス概要や、Twitterの口コミなどを一覧でまとめました。

サービス内容や、良い口コミ・悪い口コミなどを比較し、自分にとって最適な格安SIM会社を選びましょう。

月額料金を大きく抑えられ、独自サービスも豊富!ただし通信速度は控えめかも。

格安SIM会社の口コミで、各社に共通して見られるのは「大手通信キャリアと比べると安いけれど、地域や時間帯によって起こる速度低下が気になる」という点です。

使えないほど遅いということはほとんどありませんが、大手通信キャリアの速度と比べてしまうと若干見劣りしてしまうのは事実です。

とはいえ、通信速度の低下を踏まえても、格安SIM会社の料金は魅力的と言えるでしょう。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

格安SIM会社おすすめランキング|口コミ・評判を紹介!

格安SIM会社の満足度ランキングはさまざまな企業が開催していますが、有名なものとしてオリコンによる調査があります。

ここでは、オリコン顧客満足度ランキングの「格安SIM 総合ランキング」の結果を引用し、上位企業の基本情報Twitterの口コミをピックアップしてまとめました。

IIJmio

出典:IIJmio公式

「オリコン顧客満足度ランキング 2022」で1位に輝いたのは、総合得点72.3点のIIJmioでした。

IIJmioはインターネットイニシアティブが運営する個人向けインターネットサービスで、格安SIM会社の中では老舗と言える存在です。

プランは5つで、2GB~20GBのプランから選ぶことが可能。回線品質も比較的良好で、スマホの通信速度を調べられるサイト「みんそく」によると、平均ダウンロード速度は40.05Mbpsとなっており、まずまずの回線速度と言えます。

料金の安さ、通信速度、販売端末の充実ぶりなど、サービス全般で評価が高い、安心の格安SIM会社と言えるでしょう。

IIJmioの概要
項目 詳細
プラン/月額料金
(音声SIMの場合)
2ギガプラン:850円
5ギガプラン:990円
10ギガプラン:1,500円
15ギガプラン:1,800円
20ギガプラン:2,000円
回線の種類 ・ドコモ
・au
平均ダウンロード速度
みんそく調べ)
40.05Mbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

・IIJmioに関する良い口コミ

2023年4月1日にプラン改定が行われ、一部プランがお値段そのままで増量になりました。Twitterでは、この件に関するポジティブな声が多く見られました。

・IIJmioに関する悪い口コミ

IIJmioは人気の格安SIM会社ですが、ほかの格安SIM会社と同じく、回線が混み合う時間などには速度が制限される場合があります。
エリア・時間帯によってはひどく遅いという口コミも見られました。契約者が多く、その分速度が遅くなりがちという可能性も考えられますね

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

イオンモバイル

出典:イオンモバイル公式

IIJmioと同じ、総合得点72.3点で同率1位となったのがイオンモバイルです。

格安SIM会社は、店舗を持たないことが一般的ですが、こちらは流通大手のイオンが運営しているため、全国のイオンを中心に多くの実店舗を有していることが特徴です。そのため、申し込み手続きや設定作業に不安のある方でも安心して契約することができます。

また、料金プランの設定が細かく分かれていることも特徴の一つ。

毎月のデータ容量が1GB単位で選べる「さいてきプラン」、同じく10GB単位で選べる「さいてきプラン MORIMORI」のほか、家族でシェアできるプランなどもあり、下表には記載しきれないほど多種のプランがあります。

プランの詳細は下記を参照してください。

イオンモバイルの概要
項目 詳細
プラン/月額料金
(音声SIMの場合)
■さいてきプラン(0.5GB~10GB)
・0.5GB:803円
・1GB:858円
・2GB:968円
※以降10GBまで1GB増えるごとに+110円
■さいてきプラン MORIMORI(20GB~50GB)
・20GB:1,958円
・30GB:3,058円
※以降50GBまで10GB増えるごとに+1,100円
・その他、家族で使えるシェアプランや
 高齢者向けプランなどもあり
回線の種類 ・ドコモ
・au
平均ダウンロード速度
みんそく調べ)
37.84Mbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

ドコモ回線とau回線に対応!
近くのイオンでサポート受けられる!

イオンモバイル

・イオンモバイルに関する良い口コミ

もっとも多く見られたのが、1GB刻みで選べる豊富なプラン構成へのポジティブな口コミです。
さらにデータ繰り越しにも対応しており、使いきれなかったり余らせたりして無駄にしてしまうことがないのでお得に感じるという声が多く見られました。

・イオンモバイルに関する悪い口コミ

イオンモバイルの店舗でデータ移行作業などをする場合は、有料となります。サポートサービスにはいくつか種類がありますが、80分間の対面サポートが受けられる「ゴールドパック」の場合、一回6,600円(税込)と比較的高額です。

ドコモ回線とau回線に対応!
近くのイオンでサポート受けられる!

イオンモバイル

NUROモバイル

出典:NUROモバイル公式

ランキング第3位は、総合得点72.2点のNUROモバイルです。

NUROモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する格安SIM会社で、特徴として、全体的な料金の安さ、ドコモ・au・ソフトバンクが使える「トリプルキャリア対応」などが挙げられます。

また、オプションサービスも充実していて、LINEやTwitterなどのデータ使用量がカウントされなくなる「NEOデータフリー」や、アップロードが無料になる「あげ放題」など、ユニークなサービスを多数提供していることも特徴です。

NUROモバイルの概要
項目 詳細
プラン/月額料金
(音声SIMの場合)
・VSプラン(3GB):792円
・VMプラン(5GB):990円
・VLプラン(10GB):1,485円
・VLLプラン(15GB):1,790円
・NEOプラン(20GB):2,699円
・NEOプラン W(40GB):3,980円
・5分かけ放題プラン(1GB):930円
・10分かけ放題プラン(1GB):1,320円
・かけ放題プラン(1GB):1,870円
回線の種類 ・ドコモ
・au
・ソフトバンク
平均ダウンロード速度
みんそく調べ)
44.07Mbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

NEOプランなら他社からの乗り換えで
13,000円(税込)のキャッシュバック実施中!

NUROバイル 公式サイトはこちら

・NUROモバイルに関する良い口コミ

https://twitter.com/Kusakoken/status/1514071205241753600

各種SNSのデータカウントがフリーになる「NEOデータフリー」へのポジティブな意見が多く見られました。SNSを中心に使う方にとっては、大きな節約となるオプションです。

・NUROモバイルに関する悪い口コミ

後述のmineoなどは、同じく「トリプルキャリア対応」ですが、契約後に回線を変更することが可能です。しかし、NUROモバイルは一度回線を決めてしまうと変更不可のため、それを不満に思うユーザーが見られました。

NEOプランなら他社からの乗り換えで
13,000円(税込)のキャッシュバック実施中!

NUROバイル 公式サイトはこちら

mineo

出典:mineo公式

ランキング4位は、総合得点71.2点のmineoです。

関西電力グループのオプテージが運営するmineoは、他社にはないユニークなプランを提供していることが特徴で、とりわけ、プラン「マイそく」に注目が集まっています。

「マイそく」は、格安SIM会社ではめずらしい無制限使い放題プランとなっており、最大通信速度に制限はあるものの、安価に使い放題ができるとヘビーユーザーからも好評を得ています。

また、他社と同様にデータ容量で選ぶプランの「マイピタ」も提供されており、使い方に応じて最適なプランを選ぶことができます。

mineoの概要
項目 詳細
プラン/月額料金
(音声SIMの場合)
■マイそく(使い放題)
・スーパーライト(最大速度32kbps):250円
・ライト(最大速度300kbps):660円
・スタンダード(最大速度1.5Mbps):990円
・プレミアム(最大速度3Mbps):2,200円
■マイピタ(1GB~20GB)
・1GB:1,298円
・5GB:1,518円
・10GB:1,958円
・20GB:2,178円
回線の種類 ・ドコモ
・au
・ソフトバンク
平均ダウンロード速度
みんそく調べ)
43.0Mbps
(速度制限がある「マイそく」は除く)

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

マイピタ(デュアルタイプ)で契約すると
最大6ヵ月間月額990円(税込)!

mineo 公式サイトはこちら

・mineoに関する良い口コミ

無制限プラン「マイそく」へのポジティブな口コミが多く見られました。「マイそく」は平日昼12時台に速度が大幅に制限されるシステムになっていますが、この方のようにそれを理解した上で割り切って使っている方が多いようです。

・mineoに関する悪い口コミ

一方、データ容量で選ぶ「マイピタ」が割高であるという口コミが多くありました。

この方が例に挙げた月額1,518円(税込)は5GBプランのものですが、IIJmioやNUROモバイルでは、同じ5GBが月額990円(税込)となっており、確かに割高といえます。

マイピタ(デュアルタイプ)で契約すると
最大6ヵ月間月額990円(税込)!

mineo 公式サイトはこちら

ワイモバイル

出典:ワイモバイル公式

ランキング5位は、総合得点69.4点のワイモバイルです。

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドと位置付けられている格安SIM会社です。

格安SIM会社の中では比較的高めの料金設定で、もっとも小容量の「シンプル2 S」は、データ容量4GBで2,356円(税込)となっています。

しかし、そのぶん通信品質は良好と評判で、さらに、全国にある店舗でサポートが受けられるなど、大手通信キャリアの使用感と大きく変わらないことが魅力と言えます。

また、家族割引の適用も可能で、家族で契約をすると2回線目からは月額1,100円(税込)割引となることにも注目。家族割引の適用が前提の料金プランとなっています。

ワイモバイルの概要
項目 詳細
プラン/月額料金
※()内は家族割引適用時
・シンプル2 S(4GB):2,365円(1,265円)
・シンプル2 M(20GB):4,015円(2,915円)
・シンプル2 L(30GB):5,115円(4,015円)
回線の種類 ソフトバンク
平均ダウンロード速度
みんそく調べ)
66.87Mbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

・ワイモバイルに関する良い口コミ

この方はダウンロード速度が180Mbps出ており、大手通信キャリアと変わらない速度で通信できていますね。「昼時などは速度が低下することもあるが、それでも比較的良好」といった口コミも見られました。

・ワイモバイルに関する悪い口コミ

こちらは旧プランに対してですが、ネガティブな口コミとして、「シンプルS(3GB)の次がシンプルM(15GB)なので、ちょうどいいプランがない」という声がありました。また、全体的な料金の高さを指摘するユーザーも多く見られます。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

UQモバイル

出典:UQモバイル公式

6位は、総合得点69.2点のUQモバイルです。

UQモバイルは、KDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが運営する格安SIM会社で、auのサブブランドとして位置付けられています。

同じサブブランドであるワイモバイルと同様に、通信品質のよさ店舗があることによるサポート体制の充実などの利点が挙げられますが、特に評判が良いのは、ダウンロード速度の速さです。

「みんそく」調べによる平均ダウンロード速度は76.83Mbpsとなっており、本記事で紹介している格安SIM会社の中でトップのスピードとなっています。

2023年6月より新料金プランを開始しましたが、上記のような通信品質の良さは健在です。

なお、UQモバイルの料金設定も、インターネットまたは電気とのセット割引や家族割引を適用することが前提のプランとなっています。

UQモバイルの概要
項目 詳細
プラン/月額料金
※()内は割引適用時
・ミニミニプラン(4GB):2,365円(最安1,078円)
・トクトクプラン(15GB):3,465円(最安2,178円)
        (~1GB):2,277円(最安990円)
・コミコミプラン(20GB):3,278円
回線の種類 au
平均ダウンロード速度
みんそく調べ)
76.83Mbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

「UQ mobile公式サイトはこちら

・UQモバイルの良い口コミ

UQモバイルでは、5Gによる通信も可能となっており、この方は400Mbpsオーバーという超高速の通信速度を記録しています。

・UQモバイルに関する悪い口コミ

https://twitter.com/kumagoro1000003/status/1543540004584009731

UQモバイルが使用するKDDI回線は2022年7月、数日にわたる大規模通信障害を起こしました。この出来事に対するインパクトは大きく、回線の安定性を疑問視する口コミが、2023年にはいってからも数多く見られます。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

「UQ mobile公式サイトはこちら

OCN モバイル ONE(※新規受付は終了しています。)

出典:OCN モバイル ONE公式

7位は総合得点69.0点のOCN モバイル ONEでした。

OCN モバイル ONEは、2021年10月からは「ドコモのエコノミーMVNO」として位置付けられ、全国のドコモショップで申し込みができるようになりました(申し込みと機種変更の操作サポートのみで契約内容等の店舗サポートは不可)。なお、2023年7月にNTTドコモに吸収合併されたことにともない新規受付を終了しました。

特に小容量プランの料金が安いことが特徴で、500MB/月コース550円(税込)や1GB/月コース770円(税込)などは、他社と比べても安価な設定となっています。

また、端末販売が充実していることも強みの一つ。iPhone、Androidともにラインナップが豊富で、お得なセールも定期的に開催されています。

OCN モバイル ONEの概要
項目 詳細
プラン/月額料金
(音声SIMの場合)
500MB/月コース:550円
1GB/月コース:770円
3GB/月コース:990円
6GB/月コース:1,320円
10GB/月コース:1,760円
回線の種類 ドコモ
平均ダウンロード速度
みんそく調べ)
56.97Mbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

SIMのみ契約で他社から乗り換えると
dポイント6,600ポイントプレゼント!

irumo公式サイトはこちら

・OCN モバイル ONEに関する良い口コミ

端末販売の安さに対する良い口コミが多く見られました。初期費用が少なく済むので、この方のように、モバイルルーターとして使ったり、サブ機として契約したりする方も多いようです。

・OCN モバイル ONEに関する悪い口コミ

大容量プランがほしいという口コミが多く見られました。以前は20GBプランも存在していましたが、現在は小容量プランのみの提供となっています。
現時点では、NTT系列の会社で20GB以上のプランを使うには、ahamoかドコモを使うしかありません。

SIMのみ契約で他社から乗り換えると
dポイント6,600ポイントプレゼント!

irumo公式サイトはこちら

格安SIM会社の口コミ・評判に関するよくある質問

Q
そもそも格安SIM会社ってどんなサービス?
A

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルは、大手通信キャリア(MNO)と呼ばれ、それぞれ自社所有の回線でサービスを提供しています。

一方、格安SIM会社(MVNO)は、これら大手通信キャリアの回線を借りて運営をしている会社のことを指します。

格安SIM会社は一般的に、通信速度を制限したり、店舗を持たずに運営したりすることでコストを抑え、大手通信キャリアよりも低価格な料金プランを提供しています。

Q
格安SIM会社をおすすめできない方の特徴は?
A

格安SIM会社と大手通信キャリアを比べた際、もっとも大きな違いとして挙げられるのは、通信速度の遅さです。

本記事では「みんそく」調べの平均ダウンロード速度を紹介していますが、40Mbps程度の会社が多く見られます。一方、ドコモの平均ダウンロード速度を見てみると150.67Mbpsとなっており、4倍弱の数値を記録しています。

多少高くてもかまわないから、高速な通信を利用したいという方には格安SIM会社は向いていないと言えるでしょう。

また、格安SIM会社の多くは、申し込みやサポートがネット中心となっており、初期設定などは自分でマニュアルを見ながら行うことが一般的です。

こうした作業に不安がある方も、格安SIM会社は不向きかもしれません。

Q
結局格安SIM会社はどこがいいの?
A

本記事で挙げた格安SIM会社だけを見ても、「料金が安い」「プランが豊富」「使い放題プランがある」「オプションが充実」「端末販売が安い」など、多様なメリットがそれぞれに存在しています。

どの項目を重視するかは人それぞれなので、どこの会社がいいと一概に言うことはできません。

ただ、現在大手通信キャリアを利用している方で、「品質はそこまで下げたくないけれど、料金はもう少し下げたい」と考えている方は、サブブランドであるワイモバイルやUQモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

この2社は、通信速度が比較的速く、全国に店舗を展開しており対面によるサポートも受けられるので、大手通信キャリアとも大きく変わらない使い方をすることができます。

初めての方は、サブブランドで格安SIM会社に慣れ、その後、さらに料金の安い会社や、特徴的なプランを提供する会社への乗り換えを検討すると良いでしょう。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

まとめ

・格安SIM会社は全体的に価格が安く、多彩なプランを提供している
・IIJmioは価格、通信品質など、平均点が高い
・イオンモバイルは細かく分かれた料金プランが魅力
・NUROモバイルは価格が安く、カウントフリーオプションが魅力
・mineoには無制限プランがある
・ワイモバイルとUQモバイルは大手通信キャリアと大きく変わらない使用感で、実店舗があることも強み
・OCN モバイル ONEは小容量プランと端末販売が充実
・速度やサポート体制にこだわる方は大手通信キャリアがおすすめ

2023年11月20日時点の調査内容です。

この記事の参考・引用サイトまとめ

  1. おすすめの格安SIMランキング2022年 オリコン顧客満足度調査|調査企業21社の比較・クチコミ・評判
  2. 実際の利用者3,579人が評価した『格安SIM』『格安スマホ』ランキング(2022年オリコン顧客満足度®調査)|オリコン株式会社のプレスリリース
  3. みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト
  4. 格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio
  5. イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】
  6. 格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】
  7. 【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで
  8. 【公式】UQ mobile(モバイル)│格安スマホ/格安SIMで通話もネットもおトクに
  9. OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | OCN

この記事を書いた人

OGAWA
OGAWA

編集プロダクションで編集・ライターとしてのキャリアをスタート。主にビジネス、旅行ジャンルなどの雑誌・書籍・ムック本を制作。独立後は、ウェブライティングの仕事も開始し、ガジェット系や各種生活情報などのジャンルも執筆しています。

公式サイトはこちら