SEARCH SEARCH SEARCH

【どっちがいい?】iPhoneのメリット/デメリット・口コミ/評判を徹底調査!

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

スマホにはiPhoneとAndroidの2つの種類があり、それぞれ使える機能や特徴が異なります。新しい機種を購入するときに「どっちを選べばいいの?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、スマホの機種変更を検討している方に向けて、iPhoneの「メリット・デメリット」と「おすすめ機種」を詳しく解説します。各項目では、X(旧Twitter)に投稿された口コミ・評判も紹介しますので、あわせてご覧ください。

iPhoneはシンプルで直感的な操作感が魅力、幅広い世代におすすめ!

シンプルなデザインが採用されているiPhoneなら直感的な操作が可能です。利用している方が多く、操作方法を相談しやすいのもうれしいポイント。家族や友人にiPhoneユーザーがいる方には特におすすめです!

ただし、Androidと比較して本体価格が高めなことや、カスタマイズ性が低いことなどのデメリットもあるので、自分の使い方や好みにあわせて選ぶようにしましょう。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

iPhoneの5つのメリット・利点|良い口コミ・評判も紹介!

まずは、iPhoneを利用するメリット・利点を紹介します。以下の5つの項目に分けて、詳しく確認していきましょう。

操作性がシンプルで直感的

出典:Apple公式 iOS 17でiPhoneがよりパーソナルで直感的に

シンプルで直感的な操作性はiPhoneの代表的な魅力の1つです。2023年7月にリリースされたiOS 17の説明文には“よりパーソナルで直感的なものにしました”と記載されており、画面表示や操作方法にもこの理念が反映されていることがわかります。

また、Appleは毎年新しいモデルを発売していますが、そのどれもが同じOSに対応しています。新しい機種に変更しても操作方法が大きく変わらないため、快適に使い始められるでしょう。

※「OS」とは、スマホの動作に関係するソフトウェアのことを指します。Appleが開発し、iPhoneに搭載されているのが「iOS」。Googleが開発し、Androidスマホに搭載されているのが「Android OS」です。iPhoneとAndroidスマホの主な違いは、それぞれのOSに由来しています。

X(旧Twitter)に投稿された口コミ・評判

ここでは、X(旧Twitter)に投稿された「iPhoneの操作性」に関する口コミ・評判を紹介します。

https://twitter.com/ren_1997_0906/status/1715914389373722820

iPhone 15に機種変更したことで使いやすさを感じられているようです。お花のケースも素敵ですね!

iPhoneのコントロールセンターでは「Wi-Fiのオン/オフ」や「画面の明るさの調整」などができます。また、機能の追加や削除も可能です。自分好みにカスタマイズすることで、より使いやすくなるでしょう。

アプリのセキュリティが高い

出典:Apple公式 App Store

iPhoneを含むiOS端末では、Apple独自のプラットフォームである「App Store」を使ったアプリのダウンロードが可能です。

App Storeには約180万のアプリが登録されており、そのすべてをエキスパートによって審査することでコンテンツの安全性を保っています。

ここでは、Appleが公開する「App Store Reviewガイドライン」の一文を見てみましょう。

App Store Reviewガイドライン:安全性についての説明

App StoreからAppをインストールする際、ユーザーはその安全性、つまり、Appに不適切または不快なコンテンツが含まれず、デバイスを損傷することがなく、使用しても物理的な危害が生じないことを前提として期待しています。
(中略)ユーザーを動揺させ、不快にさせることを目的としている場合、App StoreでAppを公開することはできません。
出典:Apple Developer公式 App Store Reviewガイドライン

アプリには「スマホやタブレットに追加することで新しい機能を利用できる」という魅力がありますが、中には悪意のあるものも含まれます。

しかし、Appleが実施する厳粛な審査を通過していることがわかっていれば、余計な心配をせずに新しいサービスを利用できるでしょう。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

サポート体制が充実している

出典:Appleサポート公式

Appleは「電話・チャット・店舗」の3つの窓口で各種相談を受け付けており、親切で丁寧な対応に定評があります。

中でも、全国のApple Storeや正規サービスプロバイダでは、店頭スタッフによる対面サポートを実施中。対象店舗では、修理や交換にも対応しています。店頭窓口を用意しているスマホメーカーは少ないため、大きなメリットとなるでしょう。

X(旧Twitter)に投稿された口コミ・評判

ここでは、X(旧Twitter)に投稿された「iPhoneのサポート体制」に関する口コミ・評判を紹介します。

こちらはAppleのチャットサポートを利用した方の口コミです。“親切丁寧過ぎて惚れてまいそう”と感じるほどのサポートを受けられるのはAppleくらいなのではないでしょうか。

Appleの電話サポートに関する口コミです。時間帯にはよりますが、Appleの窓口はつながりやすい印象があります。こちらの方もすぐに問題を解決できたようですね!

ユーザーが多く相談しやすい

日本は世界でも有数のiPhone大国と言われており、国内のシェアは67%を超えています(2022年時点 ※1)。

近年、Google PixelをはじめとしたAndroidスマホの人気が高まっていますが、それでもiPhoneを利用している方のほうが圧倒的に多い状況です。

たとえば、周りにユーザーが多ければ、操作方法やトラブルに関する相談ができます。また、ネット上の情報を活用することで、よりスムーズに問題を解決できるでしょう。

※1. 出典:総務省 令和5年版 情報通信白書|データ集

ケース・フィルムの種類が豊富

出典:Apple公式 iPhone アクセサリーを購入する(日本)

ケースやフィルムなど、アクセサリの種類が豊富な点もiPhoneのメリットの1つです。

Appleが販売する純正のケースやMagSafeウォレットには高級感があり、特に人気があります。AirPods ProやAirTagをセットで購入すれば、さらに快適に安全に利用できるでしょう。

また、サードパーティ製(非純正品)にも優れた製品が多数登場しています。最新機種だけでなく、数世代前のモデルに適合する商品が流通しているのもうれしいポイントです。

X(旧Twitter)に投稿された口コミ・評判

ここでは、X(旧Twitter)に投稿された「iPhoneのケース・フィルム」に関する口コミ・評判を紹介します。

https://twitter.com/take2525_nico/status/1717541864549863546

「iPhoneと比べてAndroidスマホ用のケースは種類が少ない」と感じている方は多いようです。キャラクターとのコラボグッズなどは、特にその傾向が強いでしょう。

人気のアクセサリー続々!
5,000円(税込)以上の購入で送料無料!

iPhoneの5つのデメリット・欠点|悪い口コミ・評判も紹介!

ここまでの項目では、iPhoneに「直感的に操作できる」「ユーザーが多く相談しやすい」といったメリットがあることがわかりました。しかし、その一方で以下のようなデメリットもあります。それぞれ詳しく確認していきましょう。

本体価格が高い

出典:Unsplash公式

Androidスマホの中には、はじめてスマホを使う方や、多くの機能を求めない方に向けた「エントリーモデル」と呼ばれるジャンルがあります。価格帯は1万円〜4万円程度となっており、非常にリーズナブルです。

また、4万円〜8万円程度の「ミドルレンジモデル」や、8万円〜20万円以上の「ハイエンドモデル」の機種も登場しており、使い方や目的にあわせて選択できます。

一方、iPhoneのもっとも安価なモデルは、2022年3月に発売された「iPhone SE (第3世代) /64GB」で、本体価格は62,800円(税込)です ※1。iPhoneの中ではエントリーモデルに相当する本機種ですが、Androidスマホと比べると5万円程度の開きがあります。

また、iPhoneの中でも標準的なモデルで、ミドルレンジモデルに当てはまる「iPhone 15」の本体価格は124,800円(税込)〜です ※2。やはり、Androidスマホと比べて価格が高いと言えるでしょう。

※1. 比較対象は、記事執筆時点でApple Storeに在庫があるモデルに限定しています。
※2. iPhone 15 128GBの本体価格です。

X(旧Twitter)に投稿された口コミ・評判

ここでは、X(旧Twitter)に投稿された「iPhoneの本体価格」に関する口コミ・評判を紹介します。

「そろそろ機種変更したいけれど、iPhoneは高くて購入に踏み切れない」と感じている方は多いようです。電話やメールの利用が中心の方は、Androidスマホのミドルレンジモデルを候補に入れてみても良いでしょう。

SDカードに対応していない

iPhoneはSDカードに対応していないため、写真や動画などのデータは本体の内部ストレージに保存する必要があります。

iCloudなどのクラウドサービスが普及したことで、残容量に困るケースは少なくなりましたが「途中で容量を追加できない」という点はデメリットとなるでしょう。

ちなみにAndroidスマホの中にもSDカード非対応機種がいくつかあります。たとえば、Googleの純正スマホ「Google Pixel」はすべてのモデルでSDカードが利用できません。

このことから、スマホでSDカードを利用する方が少なくなっているとも考えられます。

X(旧Twitter)に投稿された口コミ・評判

ここでは、X(旧Twitter)に投稿された「iPhoneのSDカード」に関する口コミ・評判を紹介します。

こちらはAndroidスマホからiPhoneへの機種変更を検討している方の口コミです。「SDカードに対応していないこと」と「イヤホンジャックが搭載されていないこと」が気になるようですね。

対応していないアプリ・サービスがある

メリットの「アプリのセキュリティが高い」でも紹介したように、AppleはApp Storeで取り扱うコンテンツに対して厳しい審査を実施しています。

Apple公式サイト「App Store」に“100万以上のアプリの提出を、不快で、有害で、危険で、違法なコンテンツであることを理由に却下しました”と記載されていることからも、その厳しさがうかがえるでしょう。

一方、Android向けに提供されている「Google Play ストア」は、比較的自由なプラットフォームとして知られており、企業が開発した公式のサービスから、個人が開発したサービスまで約200万種類のアプリが公開されています。

これまで見たことのないユニークなアプリを使いたい方には、Androidスマホが適しているかもしれません。

ホーム画面のカスタマイズ性が低い

出典:Unsplash公式

比較的自由にホーム画面の配置やデザインを変更できるAndroidスマホと比べて、iPhoneはカスタマイズできる範囲が限られています。

2020年11月にリリースされたiOS 14以降を搭載した機種では、ホーム画面にアプリの情報を表示する機能「ウィジェット」が利用できますが、いまだ発展途上だと考えられます。

そのため、AndroidスマホからiPhoneに変更した後で「もっと自由にカスタマイズしたい!」と感じる方も少なくないようです。

また、多くのAndroidスマホでは、画面を分割して2つのアプリを同時に操作できる機能「マルチウィンドウ」を利用できますが、iPhoneは対応していません。

これまでこの機能を使っていた方は、機種変更することで不便を感じてしまう可能性があります。事前に把握しておきましょう。

指紋認証に対応していない

ここ数年でスマホの生体認証機能が大幅に進化し、ほとんどの機種で「顔認証」や「指紋認証」が使えるようになりました。中でもAndroidスマホには、顔認証と指紋認証の両方の機能を搭載したモデルが多く登場し、さらに利便性を高めています。

一方のiPhoneは、2017年11月発売の「iPhone X」以降は認証方法をFace ID(顔認証)に統一しており、指紋認証機能は採用していません。廉価版モデルである「iPhone SE シリーズ」にはTouch ID(指紋認証)が搭載されていますが、こちらはFace IDが非対応です。

マスクを付ける機会が多い現代では、指紋認証が使えないことで不便を感じる場面が度々あります。iPhone 12以降(iOS 15.4以降)の機種ではマスクをしていてもFace IDによるロック解除ができるようになりましたが、うまく動作しないケースもあるでしょう。

日頃どのような使い方をしているのか、振り返った上で選択することが大切です。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

iPhoneとAndroidスマホはどっちがいい?こんな方におすすめ!

出典:Unsplash公式

ここまでの内容を踏まえた上で「iPhoneが適している方」と「Androidスマホが適している方」の特徴をまとめて紹介します。以下の内容を参考に、自分の使い方にあった機種を見つけてください。

iPhoneはこんな方におすすめ!

・シンプルで直感的な操作ができる機種を求めている方
・利用者が多い、人気の機種を探している方
・セキュリティやサポート体制の充実を求めている方
・たくさんの種類の中から、自分にあったケースやフィルムを見つけたい方

Androidスマホはこんな方におすすめ!

・エントリーモデル(1万円〜4万円程度)の機種を探している方
・SDカード対応の機種を求めている方
・ホーム画面やウィジェットをカスタマイズして使いたい方
・顔認証と指紋認証の両方に対応した機種を使いたい方

Androidスマホのメリット・デメリットはこちら

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

2023年最新版|iPhoneのおすすめ機種ランキング3選!

ここからは、現在Apple Storeで取り扱いのあるiPhoneの中でも特におすすめの機種を3つ紹介します。項目ごとに、機種のスペック表と特徴を確認していきましょう。

2023年最新版|iPhoneのおすすめ機種ランキング3選!

iPhone 15 Pro

出典:Apple公式 iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Max
iPhone 15 Pro:スペック表
カラー ナチュラルチタニウム / ブルーチタニウム
/ ホワイトチタニウム / ブラックチタニウム
画面サイズ 6.1インチ
高さ × 幅 × 厚さ 146.6mm × 70.6mm × 8.25mm
重量 187g
チップ A17 Proチップ
ストレージ容量 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
バッテリー 最大23時間のビデオ再生
アウトカメラ 48MPメイン / 12MP超広角 / 12MPの3倍望遠
インカメラ 12MPカメラ
そのほかの
機能
eSIM対応 / アクションボタン
/ 防沫/耐水/防塵 ※1 / Face ID / Apple Pay
/ 緊急SOS / 衝突事故検出 / 高速充電
/ MagSafe/ デュアルSIM(nanoSIMとeSIM)
/ 5G対応 など

※表は右にスクロールできます。
※1. IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)

「iPhone 15 Pro」は、2023年9月に発売されたiPhone 15シリーズのフラッグシップモデルです。本体側面にはiPhoneではじめてチタニウムが採用され、旧モデルと比べ19gの軽量化に成功しました。

航空宇宙産業にも使われるチタニウムは硬度が高く、耐熱性に優れ、断熱性に優れています。腐食しづらく、綺麗な状態で使い続けられるのもメリットの1つです。

また、メインカメラには「48MPメイン・12MP超広角・12MPの3倍望遠」のトリプルレンズを搭載。より多くの光を取り込む機能「クアッドピクセルセンサー」に対応しており、暗い場所でも鮮明な写真が撮影できます。

高性能なスマホを求めている方にはぴったりのモデルだと言えるでしょう。

ドコモオンラインショップ限定!
対象スマホが22,000円(税込)割引!

ドコモ 公式サイトはこちら

iPhone 15

出典:Apple公式 iPhone 15とiPhone 15 Plus
iPhone 15:スペック表
カラー ブラック / ブルー / グリーン / イエロー / ピンク
画面サイズ 6.1インチ
高さ × 幅 × 厚さ 147.6mm × 71.6mm × 7.80mm
重量 171g
チップ A16 Bionicチップ
ストレージ容量 128GB / 256GB / 512GB
バッテリー 最大20時間のビデオ再生
アウトカメラ 48MPメイン・12MP超広角
インカメラ 12MPカメラ
そのほかの機能 eSIM対応 / 防沫/耐水/防塵 ※1 / Face ID
/ Apple Pay / 緊急SOS / 衝突事故検出
/ 高速充電 / MagSafe / 5G対応
/ デュアルSIM(nanoSIMとeSIM)など

※表は右にスクロールできます。
※1. IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)

「iPhone 15」は、2023年9月に発売されたiPhone 15シリーズのミドルレンジモデルです。

iPhone 14 Proとともに登場し、話題を呼んだ「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」を標準搭載。画面上部のノッチ(黒い切り抜き)を有効活用することで、さらに直感的な操作が可能になりました。

また、メインカメラには“無印モデル”ではじめてとなる「48MPデュアルカメラシステム(約4,800万画素)」を採用。iPhone 14・iPhone 14 Plusの「12MPデュアルカメラシステム(約1,200万画素)」と比べて、大幅な進化を遂げています。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

iPhone SE (第3世代)

出典:Apple公式 iPhone SE
iPhone SE (第3世代) :スペック表
カラー ミッドナイト / スターライト / (PRODUCT)RED
画面サイズ 4.7インチ
高さ × 幅 × 厚さ 138.4mm × 67.3mm × 7.3mm
重量 144g
チップ A15 Bionicチップ
ストレージ容量 64GB / 128GB / 256GB
バッテリー 最大15時間のビデオ再生
アウトカメラ 12MPメインカメラ
インカメラ 7MPカメラ
そのほかの機能 eSIM対応 / 防沫/耐水/防塵 ※1 / Touch ID
/ Apple Pay / 緊急SOS/ 高速充電 / 5G対応
/ デュアルSIM(nanoSIMとeSIM)など

※表は右にスクロールできます。
※1. IEC規格60529にもとづくIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)

「iPhone SE (第3世代)」は、2022年3月に登場したSEシリーズの最新モデルです。

廉価版としてのイメージが強い本機種ですが、処理速度に関係するチップには、iPhone 14と同じ「A15 Bionicチップ」を搭載。オンラインゲームもサクサクと楽しめます。

また、指紋認証機能「Touch ID」対応のホームボタンが搭載されているのも大きなメリット。iPhone 7やiPhone 8と同じように使いたいと考えている方にも最適です。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

「UQ mobile公式サイトはこちら

まとめ

・iPhoneには以下の5つのメリット・利点がある
1. シンプルにデザインされており、直感的に操作できる
2. ユーザーが多く、トラブルへの対処法が見つかりやすい
3. アプリのセキュリティが高く、安心して利用できる
4. 電話・チャット・店舗の3つの窓口でユーザーをサポートしている
5. ケースやフィルムなど、アクセサリの種類が豊富
・一方、iPhoneにはデメリットもある
1. Androidスマホと比べて本体価格が高い
2. SDカードを使ったストレージ容量の追加に対応していない
3. ホーム画面のカスタマイズ性が低い
4. アプリの審査が厳しく、対応していないサービスがある
5. 顔認証・指紋認証ともに対応している機種がない

2023年10月28日時点の調査内容です。

この記事の参考・引用サイトまとめ

  1. Apple公式 iPhone
  2. Apple公式 iOS 17でiPhoneがよりパーソナルで直感的に
  3. Apple公式 iOS 17
  4. Apple公式 App Store
  5. Apple公式 お近くのApple Store
  6. Apple公式 iPhone アクセサリーを購入する(日本)
  7. Apple公式 iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Max
  8. Apple公式 iPhone 15とiPhone 15 Plus
  9. Apple公式 iPhone SE
  10. Apple Developer公式 App Store Reviewガイドライン
  11. Apple サポート公式
  12. Apple サポート公式 お問い合わせ
  13. Apple サポート公式 Face ID に対応している iPhone と iPad のモデル
  14. Apple サポート公式 マスク着用時に Face ID を使う
  15. 総務省公式 令和5年版 情報通信白書|データ集
  16. Android Developers公式 マルチウィンドウのサポート
  17. Google Play公式 Google Playと、ビジネスを世界へ
  18. Google Play公式 Google Play の Android アプリ

この記事を書いた人

望月 聖也
望月 聖也

大手通信キャリアの代理店で7年間働いた経験を活かし、スマホ・光回線系のメディアを中心にフリーライターとして活動中。複雑な料金プランやサービスを、わかりやすくかみ砕いて解説します。

公式サイトはこちら