SEARCH

トラッキングは許可してOK?iPhone&Androidの設定方法

最近、iPhoneでアプリを起動したときなどに「トラッキングすることを許可しますか?」という確認のメッセージが表示されるようになりました。

許可してもいいのか、それともしない方がいいのか分からない…という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、そもそも”トラッキング”とは何か、またトラッキングを許可した場合/しない場合の違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

あわせてiPhoneとAndroid端末でトラッキング設定を変更する方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

プロに聞く!トラッキングの便利な使い方・裏ワザ

トラッキング=情報収集…と聞くと不安になることが多いですが、許可することによるメリットもありますよ!興味・関心のある広告が表示しやすくなるので、趣味やインターネットでのお買い物が多い方は「許可」をするのがおすすめです。
全て「許可」をするのではなく、興味のあるアプリや知りたい情報を提供するアプリだけトラッキングをオンにしておくと、必要な情報だけ広告に表示されるようになるので便利です。

そもそもトラッキングって何?

iOS14.5から、一部のアプリで「”アプリ名”が他社のAppやWebサイトを横断してあなたのアクティビティをトラッキングすることを許可しますか?」というメッセージが表示されるようになりました。

この「トラッキング」とは、「追跡する」という意味の英単語、”tracking”から来ている言葉です。

一部のアプリは、ユーザーの”アクティビティ”つまりWeb閲覧履歴や位置情報などをトラッキング(追跡)して、各ユーザーに合わせた最適な広告を表示するために利用しています。
詳細:ユーザーのプライバシーとデータの使用(Apple公式サイト)

例えば、以下のような経験はありませんか?

  • 「スニーカー」と検索したら、その後しばらくスニーカーの広告ばかり表示されるようになった
  • 漫画サイトで漫画を試し読みしたら、漫画の広告ばかり表示されるようになった

このようなことが起きるのは、アプリがトラッキングした情報をもとにして、ユーザー一人ひとりに合わせた広告を表示しているためです。

このような手法でユーザーに最適化された広告は「ターゲティング広告」と呼ばれています。

トラッキングされた情報は他のアプリとも共有される

iPhoneで表示されるトラッキングの許可メッセージには「他社のAppやWebサイトを横断してあなたのアクティビティをトラッキングすることを許可しますか?」とあります。

このメッセージから分かるように、1つのアプリでトラッキングされた情報は、他のアプリとも共有されます。

色々なアプリを使っていても、似たような広告ばかり表示されることがあるのは、トラッキングされた情報がアプリ間で共有されているためです。

自分の使っているアプリが「トラッキング」をしているのか?どんな情報をトラッキングしているのか?を知りたい場合は「設定」アプリから確認でき、トラッキングの「許可」「拒否」を選択することができます。

アプリのトラッキングの設定を確認・変更する

1.「設定」アプリを起動する
2.「プライバシー」を選択する
3.「トラッキング」を選択する

詳しくは「【iPhone】トラッキングの設定を後から変更する方法」の項目で説明しています。

「Appのプライバシー」の部分の「ユーザのトラッキングに使用されるデータ」に記載されているのが、トラッキングに利用されるデータです。

例えば、以下の画像はApp storeの「Facebook」アプリのページです。

Facebookは「連絡先情報」「ID」「その他のデータ」をトラッキングに利用していることが分かります。

「ユーザのトラッキングに使用されるデータ」の部分をタップすると、以下のように詳しい情報を確認できます。

各アプリがどんな種類のデータをトラッキングしているのかについてさらに詳しく知りたい場合は、Apple公式サイトの「データの種類」のページをご覧ください。

トラッキングをしていないアプリでは、Appのプライバシーの部分に「ユーザのトラッキングに使用されるデータ」の表示がありません。

以下の画像は、「NHKニュース・防災」アプリのページです。
App Storeから確認したいアプリをクリックし、ページ下部にある「Appのプライバシー」までスクロールすると表示されます。

画像から見るとNHKニュース・防災アプリはトラッキングをしていないことが分かりますね。
「ユーザに関連付けられないデータ」に表示されているデータは収集されることがありますが、トラッキングには利用されません。

トラッキングを許可する/しないとどうなる?メリットとデメリット

プロはこうしてる!トラッキングの設定状況とその理由

よく利用しているアプリのみ「許可」とし、たまにしか利用しないものや一時的に入れたアプリは「許可しない」など使い分けるようにしています。
許可する・しないは個人の考え方次第ではありますが、アプリ毎にトラッキングを許可したり選択したりできるので、一度、現在の設定がどうなっているか確認すると良いでしょう。自分の調べた履歴や情報を共有したくない際はトラッキング許可をOFFにしておくと良いですし、それでも心配な場合はセキュリティのアプリを入れ漏洩を防ぐとより安心です。

では、トラッキングを「許可」または「Appにトラッキングしないように要求」、どちらを選んだらいいのでしょうか?

トラッキングを許可すると(または許可しないと)どうなるのか、またそれぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

「トラッキングを許可」を選択した場合

まず、トラッキングを「許可」を選択した場合のメリット、デメリットを確認しておきましょう。

トラッキングを許可した場合

メリット
・自分が興味・関心のある(可能性が高い)広告が表示されるようになる

デメリット
・収集されたデータが”データブローカー”によって自分の望まない仕方で利用される可能性がある
※データブローカー:個人情報を収集・売買することで利益を得ている企業のこと

トラッキングは、「ターゲティング広告(各ユーザーに最適化された広告)」のために利用されています。

そのため、トラッキングを許可すれば、”自分が今関心を持っているものは何か、どこに住んでいるのか”などの情報をアプリが収集できるので、興味・関心のある広告が表示されやすくなります。

出典:Unsplash

また、広告の効果測定も行われるため、”どの広告がクリックされたのか、されなかったのか”などのデータをアプリが収集し、より関心の高い広告が表示されるようになっていきます。

Twitter上にもこんな声が上がっていました。

自分が今欲しいと思っているものの広告が表示されるようになります。こんな商品があったんだ!という出会いも増えそうですね。

自分の関心を自動的に認識して、おすすめの広告を表示してくれるのは便利ですね!

ただし、こうしたメリットの反面、ちょっと気になって何かの商品やサービスを検索しただけなのに、関連する広告がずっと表示されてうっとうしく感じるという方もいるかもしれません。

表示されている広告から自分の興味・関心がある程度分かってしまうため、それをほかの人に見られて恥ずかしい思いをする、というシチュエーションも考えられます。

ターゲティング広告がうっとうしい・迷惑と感じる場合は、トラッキングを許可しない設定にしておきましょう。

また、トラッキングを許可する最大のデメリットは、収集されたデータが”データブローカー”に渡り、自分の望まない仕方で利用される可能性があるという点です。

出典:Unsplash

データブローカーの所有するデータは不正行為の検出など有益な目的のために用いられることも多くあるため、「データブローカー=悪」というわけではありません。

ただ、自分のプライベートな情報が収集され、自分の知らないところで管理され、利用されているというのは多くの方にとってあまり気持ちの良いものではないと思います。

どんなデータが収集され、どのように利用されているのかは、あなたのデータの一日(Apple公式サイト)で分かりやすく解説されています。

必要以上の情報を収集されるリスクを少しでも低くしたい方は、「トラッキングしないよう要求する」を選択するか、信頼できるアプリだけに許可するようにするといいかもしれませんね。

「Appにトラッキングしないよう要求」を選択した場合

前提として、「Appにトラッキングしないよう要求」を選択した場合でも、アプリの機能が制限されることはありません。トラッキングを許可した場合と同じように、全ての機能を使えます。

「Appにトラッキングしないよう要求」を選択した場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

トラッキングしないよう要求した場合

メリット
・ターゲティング広告が表示されなくなる
・必要以上の情報が収集されなくなるため、プライバシー保護になる

デメリット
・自分に関係のない広告が表示されるようになる
・アプリの運営者が収益を上げにくくなり、サービス停止やアプリの有料化などにつながる可能性がある

「Appにトラッキングしないよう要求」を選択すると、ターゲティング広告が表示されなくなります

そのため、一度見ただけの商品の広告がいつまでも表示され続けてうっとうしい…などということは起きません。(もちろん、広告自体は引き続き表示されます)

また、アプリが必要以上の情報を収集できなくなるため、プライバシーの保護にも役立ちます。

ただし、「Appにトラッキングしないよう要求」を選択すれば、情報の収集が全く行われなくなるというわけではありません。

セキュリティ上の目的などに必要な情報の収集は引き続き行われます。もっと詳しく知りたい方は、Apple公式サイト「ユーザーのプライバシーとデータの使用」のページをご参照ください。

一方で、ターゲティング広告が表示されないというのはデメリットにもなります

Twitter上の声を見てみましょう。

広告視聴が必須のアプリを使うときに、全く関心のない広告ばかり表示される、というのも確かに困りますね。

トラッキングをブロックしていると、すでに使っているアプリの広告が表示される、という声もありました。

このように、「Appにトラッキングしないよう要求」を選択すると、アプリがトラッキング情報を利用できなくなるため、自分が興味・関心の全くない広告ばかり表示されるようになる可能性があります。

また、ユーザーが「Appにトラッキングしないよう要求」を選択するのは、無料アプリの運営者にとってはあまりうれしいことではありません

「ターゲティング広告」はアプリ運営者にとって収益性が高い広告です。

無料アプリは広告によって収益を上げているため、ターゲティング広告を利用できなくなることはアプリ運営者の収益減につながります。

出典:Unsplash

「Appにトラッキングしないよう要求」を選択するユーザーが増えると、アプリ運営者が広告による収益を得にくくなり、アプリの運営が難しくなるという結果につながる可能性もあります。

「お気に入りの無料アプリが有料になってしまった…」なんていうことも起きるかもしれません。

信頼できるお気に入りのアプリだけ、アプリ開発者への応援の意味でトラッキングを「許可」してもいいかもしれませんね。

【iPhone】トラッキングの設定を後から変更する方法

トラッキングの確認のメッセージが表示されたけど、意味が分からずどちらかを選択してしまった…という方もおられると思います。

そこで、iPhoneのトラッキングの設定を後から変更する方法をご紹介します(iOS15の場合)。

ここではiPhoneの設定方法を解説しています。Android端末の設定方法を知りたい方は、この記事の【Android】トラッキングの設定を後から変更する方法をご覧ください

アプリごとに個別に変更する方法

アプリごとに個別にトラッキングの設定を変更するには、「設定」を開いて画面を下までスクロールしてください。

すると、現在iPhoneにインストールされているアプリの一覧が表示されます。

アプリは数字順→アルファベット順→あいうえお順→漢字順で並んでいるので、設定を変更したいアプリを探しましょう。

ここでは「UNIQLO」アプリを選択(タップ)してみました。

アプリ個別の画面を開くと、一番下に「トラッキングを許可」の項目があります。

トラッキングを許可する場合は、スイッチをON(緑色)にしてください。

スイッチをONにする際は、「トラッキングを許可」の確認メッセージが表示されるので、「許可」をタップします。

許可しない場合は、スイッチをOFF(グレー)にしておきましょう。

一括で設定を変更する方法

一度iPhoneのトラッキング設定をすべて見直してみたいという場合は、一括で設定するのがおすすめです。

一括でトラッキングの設定を変更するには、「設定」を開いて 「プライバシー」をタップしてください。

「プライバシー」画面で、上から2番目の「トラッキング」を選択します。

すると、「トラッキング」の画面が表示されます。

画面一番上には、「Appからのトラッキング要求を許可」の項目がありますが、このスイッチをオフにすれば、全てのアプリのトラッキングを停止できます。

このスイッチをONにすると、下にあるスイッチでアプリ個別にトラッキング許可のON/OFFができるようになります。

注意点

「Appからのトラッキング要求を許可」スイッチをオフにすると、今までトラッキングを許可していたアプリのトラッキングも一括で停止されます。

一度「 Appからのトラッキング要求を許可」スイッチをOFFにすると、すべてのアプリのスイッチもOFFになります。

再度ONにしたい場合は一つ一つスイッチをONにし直す必要があるので注意してください。

(参考)トラッキングをONにできない場合

以下の条件に該当する場合は、トラッキングをONにできません。

  • 子ども用アカウントを使っているユーザまたは18歳未満のユーザが自分のApple IDでサインインしている場合
  • Apple IDが、教育機関によって管理されているか、トラッキングを制限する構成プロファイルを使っている場合
  • Apple IDが3日以内に作成されたものである場合

この条件に該当していないのにトラッキングがONにできないという場合は、iPhoneの再起動と、アプリのアップデートを試してみてください。

それでも変化がない場合は、Appleサポートに問い合わせすることをおすすめします。

さらに詳しい情報についてはApp がアクティビティを追跡してもよいか確認してくる場合(Apple公式サイト)をご覧ください。

【Android】トラッキングの設定を変更する方法

Androidのアプリも、iPhoneのアプリと同じようにトラッキングを行っています。

現状Android端末ではアプリごとにトラッキングの許可に関するメッセージが表示されませんが、設定画面からトラッキングの設定を変更できます。

設定方法は以下の通りです。

使用端末

シャープのAQUOS sense4 liteを利用した操作方法をご紹介しています。

Androidでは端末によって項目の名称などが異なる場合があるので、一例として参考にしてください。

「設定」アプリを開き、「プライバシー」を選択します。

「プライバシー」の画面で「詳細設定」をタップ。

追加の項目が表示されるので、「広告」をタップしてください。

「広告」の画面で「広告のカスタマイズをオプトアウトする」のスイッチをONにすれば、トラッキングを一括でOFFにできます。

Androidではアプリごとにトラッキングを許可/許可しないを設定できません。

まとめ

・トラッキングとは、各ユーザーに最適化された「ターゲティング広告」を表示するためにデータを収集すること
・トラッキングを許可すると、自分が興味・関心のある広告が表示されやすくなる
・トラッキングをしないよう要求すると、自分には関係のない広告が表示されやすくなる
・トラッキングを許可すると便利な反面、必要以上のデータが収集される可能性もある
・メリット・デメリットをよく考えて、信頼できるアプリにだけトラッキングを許可するのもよい

2022年2月24日時点の調査内容です。

【ワイモバイル】オンライストア限定 最大18,000円割引中!詳細はこちら