SEARCH SEARCH SEARCH

かけ放題つきおすすめ格安SIM会社10選│選び方や注意点についても解説

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

かけ放題つきおすすめ格安SIM会社10選│選び方や注意点についても解説

格安SIM会社で料金を安く抑えつつも、通話はこれまで通り使いたいと考える方も多いのではないでしょうか。

格安SIM会社にも通話かけ放題のオプションがあるため、毎月の通話料を安く抑えることが可能です。

そこで本記事では、かけ放題つきおすすめ格安SIM会社を10社紹介します。

あわせて、かけ放題の選び方や、かけ放題を利用する際の注意点についても触れていくため、格安SIM会社でかけ放題の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

かけ放題オプションは必要?通話料は意外と高額になる場合も!

格安SIM会社は基本料金が安いことから、通話料金を気にせずに通話を繰り返していると、気が付けば通話料金がオプション代よりも高額になってしまっていたというケースもあります。

基本的な通話料金は30秒22円(税込)であり、仮に1日に3分の電話を月の半分行った場合は、通話料金だけで2,000円近くになってしまいます。

かけ放題のオプションが必要かどうか判断するためにも、一度ご自身の通話履歴を振り返り、毎月平均してどのくらいの通話を行っているのか確認することが大切です。

また、長時間の電話はLINEやskypeといったアプリを利用し、予約や要件だけ伝えるような短い電話は通話アプリを使用するといった使い分けをすることによって、通話料金を安く抑えられます。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

かけ放題がある格安SIM会社を選ぶ時のポイント

出典:写真AC公式

かけ放題がある格安SIM会社を選ぶ時のポイントは以下のとおりです。

かけ放題がある格安SIM会社を選ぶ時のポイント

下記にて、それぞれのポイントについてくわしく解説します。

通話時間から選ぶ

格安SIM会社が提供するかけ放題オプションは、通話時間によってオプション料金が異なります。そのため、自分が必要とする通話時間のかけ放題オプションに加入することが大切です。

格安SIM会社が提供するかけ放題オプションは、5分や10分間かけ放題といった時間制限が設けられているものと、無制限の2種類があります。

自身の1回あたりの通話時間にあわせて、どのかけ放題が適しているか見極めましょう。

通話料金から選ぶ

かけ放題オプションは、無料となる通話時間によって月額料金が異なり、無料時間が短いほど安くなります

例えば、5分かけ放題は無料~550円程度が相場ですが、完全かけ放題は無料~1,600円程度が相場です。

格安SIM会社を選ぶ理由のひとつに月額料金の安さが挙げられますが、無意味に完全かけ放題に加入してしまうと逆に料金が高くなってしまう恐れがあります。

自分の通話料金がどのくらいなのか、1回あたりの通話時間がどのくらいなのか確認し、自分の通話頻度に見合った通話オプションを選びましょう。

ahamoの契約数が500万突破!!
ahamoポイ活のおトクなキャンペーンも実施中!

ahamo 公式サイトはこちら

かけ放題つき格安SIM会社10社の料金を比較

本記事で紹介するかけ放題がおすすめな格安SIM会社10社の、5分かけ放題・完全かけ放題を含めた際の、月額料金の最安金額を下記にまとめました。

なお、データ容量は可能な限り3GB前後に統一していますが、各社で適用可能な割引サービスは考慮していません。

かけ放題つき格安SIM会社10社の料金比較
格安SIM会社 5分かけ放題つき
最低料金
完全かけ放題つき
最低料金
楽天モバイル 1,078円 1,078円
UQモバイル 3,245円
※4GB・10分かけ放題
4,345円
※4GB
ワイモバイル 3,245円
※10分かけ放題
4,345円
mineo 2,068円
※5GB・10分かけ放題
2,728円
※5GB
LINEMO 1,540円 2,640円
ahamo 2,970円
※20GB
4,070円
※20GB
povo 1,540円 2,640円
BIGLOBEモバイル 2,233円
※10分かけ放題
イオンモバイル 1,628円 2,728円
IIJmio 1,350円
※2GB
2,250円
※2GB

※表の価格は税込です。
※表は右にスクロールできます。

上記の表を見ると、3GB程度の場合は、5分かけ放題も完全かけ放題も楽天モバイルが最も安いことがわかります。

楽天モバイルでは、専用の通話アプリRakuten Linkを使用することで、国内通話が無料になります。

ただし、Rakuten Linkはインターネット回線を利用して通話するアプリのため、電話回線よりも音質や繋がりが不安定になる恐れがあります。

電話回線の品質を重視したいのであれば、次に安いのはIIJmio(2GB)です。

自身の通話頻度や求める質にあわせて、適した格安SIM会社を選びましょう。

3年連続顧客満足度1位を獲得!
LINEのトークや通話もデータ消費量ゼロ!

LINEMO 公式サイトはこちら

かけ放題がある格安SIM会社おすすめ10選

かけ放題があるおすすめ格安SIM会社を10社紹介します。

かけ放題がある格安SIM会社おすすめ10選

下記にて、それぞれの格安SIM会社の特徴や通話オプションについて解説するためぜひ参考にしてください。

楽天モバイル

出典:楽天モバイル公式 Rakuten最強プラン(料金プラン)

楽天モバイルは格安SIM会社ではなく大手通信キャリアですが、格安SIM会社並に料金が安いため紹介します。

楽天モバイルの料金プラン
楽天モバイル 項目
月額料金 ・~3GB:1,078円
・~20GB:2,178円
・無制限:3,278円
データ容量 無制限

※表の価格は税込です。

楽天モバイルには、Rakuten Linkという専用の通話アプリがあり、Rakuten Linkから発信すると国内通話が無料でかけ放題となります。

ただし、アプリの場合はインターネット回線による通話となるため、電話回線よりも音質やつながりが不安定になる恐れがあります。

コストの安さを重視し、音質やつながりに大きなこだわりがない方におすすめです。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

UQモバイル

出典:UQモバイル公式 【公式】UQ mobile・UQ WiMAX

UQモバイルは、auのサブブランドとして提供されている格安SIM会社です。

他の格安SIM会社と比べて店舗数が多いため、店舗でのサポートが受けやすい特徴があります。

UQモバイルの月額料金とかけ放題オプションは下記のとおりです。

UQモバイルの料金プラン
UQモバイル コミコミプラン トクトクプラン ミニミニプラン
データ容量 20GB
※10分かけ放題付き
1~15GB 4GB
月額料金 3,278円 3,465円
※1GB以下の月は2,277円
2,365円
各種割引適用後の
月額料金※1
3,278円 2,178円
※1GB以下の月は990円
1,078円
対象割引サービス ・自宅セット割:-1,100円
・家族セット割:-550円
 ※上記割引は併用不可
 au PAY カードお支払い割:-187円
通話オプション 完全かけ放題:1,100円 ・10分かけ放題:880円
・完全かけ放題:1,980円
・通話パック(60分/月):550円

※表の価格は税込です。
※表は右にスクロールできます。
※1自宅セット割・au PAYカードお支払い割適用時

4GBから20GBまでの料金プランがありますが、4GBまでのミニミニプランは、データ容量の上限超過時には通信速度が300kbpsになります。

一方で、1~15GBおよび20GBのトクトクプラン・コミコミプランであれば、 データ容量の上限を超過しても1Mbpsで使えるため、基本的にはトクトクプランかコミコミプランがおすすめです。

そして、UQモバイルはauのサブブランドということもあり、通信速度が速く安定しているというメリットがあります。

また、60歳以上でトクトクプランかミニミニプランに加入している場合は、完全かけ放題が永年1,100円割引となり、月額880円(税込)で利用できます。

通信速度が速い格安SIM会社が良い、店舗でサポートを受けたいという方はUQモバイルもおすすめです。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

UQ mobile公式サイトはこちら

ワイモバイル

出典:ワイモバイル公式 シンプル2 S/M/L

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして展開されている格安SIM会社です。

先ほど紹介したUQモバイルと同じく大手通信キャリアのサブブランドのため、実店舗でのサポートにも対応しています。

ワイモバイルの料金プラン
ワイモバイル シンプル2 S シンプル2 M シンプル2 L
月額料金 2,365円 4,015円 5,115円
データ容量 4GB 20GB 30GB
対象割引サービス ・おうち割光セット(A):-1,100円
※シンプル2 M・Lの場合-1,650円
・家族割引:-1,100円※2回線目以降
 ※上記割引は併用不可
 PayPayカード割:-187円
割引適用後の月額料金 1.078円 2,178円 3,278円
通話オプション ・10分かけ放題:880円
・無制限かけ放題:1,980円

※表の価格は税込です。
※表は右にスクロールできます。

ワイモバイルでは、2023年10月3日より「シンプル2」の提供が開始されました。データ容量は4GB・20GB・30GBが用意されており、従来のシンプルS/M/Lと比べてより多くのデータ容量の利用が可能です。

ワイモバイルは1回線目の月額料金は高いものの、2回線目以降は家族割引を適用すれば1,100円(税込)割引されます。

シンプル2 Mであれば1回線目は月額4,015円(税込)、2回線目以降は月額2,915円(税込)となるため、家族での乗り換え時におすすめの格安SIM会社です。

また、かけ放題オプションも10分かけ放題と完全かけ放題の2つ用意されています。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

mineo

出典:mineo公式

mineoは、関西電力のグループ会社オプテージの格安SIM会社です。

ドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線が選べるため、大手通信キャリア3社のいずれかを使っている方であれば、SIMロック解除なしで乗り換えられます。

mineoの月額料金とかけ放題オプションの料金は下記のとおりです。

mineoの料金プラン
プラン名 月額料金
マイピタ・1GB 1,298円
マイピタ・5GB 1,518円
マイピタ・10GB 1,958円
マイピタ・20GB 2,178円
マイそく・スーパーライト
(最大32kbps)
250円
マイそく・ライト
(最大300kbps)
660円
マイそく・スタンダード
(最大1.5Mbps)
990円
マイそく・プレミアム
(最大3Mbps)
2,200円
通話オプション ・10分かけ放題:550円
・完全かけ放題:1,210円
・10分通話パック:110円

※表の価格は税込です。
※表は右にスクロールできます。

スマホを使う頻度が少ない方は1GBプランが選べますし、大容量が必要な方は20GBプランが選べます。

また、10分かけ放題と完全かけ放題が選べるだけでなく、mineoの専用通話アプリ「mineoでんわ」を使うことで、通常30秒22円(税込)を30秒10円(税込)と通話料自体を安く抑えることも可能です。

かけ放題オプションを使わなくても通話料を抑えられるため、通話の頻度がそこまで多くない方であれば、mineoでも問題ないでしょう。

マイピタ(デュアルタイプ)で契約すると
最大6ヵ月間月額990円(税込)!

mineo 公式サイトはこちら

LINEMO

出典:LINEMO公式

LINEMOはソフトバンクが運営するオンライン専用プランです。

ソフトバンクと同じ品質で回線を利用できるため、通信品質の良さと料金の安さが魅力です。

LINEMOの料金プラン
LINEMO 項目
月額料金 ・3GB:990円
・20GB:2,728円
データ容量 3GB/20GB
通話オプション ・5分かけ放題:550円
・完全かけ放題:1,650円
 ※キャンペーンで
  7ヵ月間550円割引

※表の価格は税込です。

LINEMOは小容量3GBのプランが月額990円(税込)で使えるだけでなく、通話オプションはキャンペーンで7ヵ月間550円(税込)の割引が適用されます。

5分かけ放題であれば7ヵ月間無料で使えるため、かけ放題を使うかどうか迷っている方も気軽に試せます。

また、LINEMOではLINEアプリ利用時のデータ容量の消費がノーカウントとなるため、長電話はLINEアプリ、短い電話や予約の電話は通常の通話アプリなどのように、使い分けることも可能です。

3年連続顧客満足度1位を獲得!
LINEのトークや通話もデータ消費量ゼロ!

LINEMO 公式サイトはこちら

ahamo

出典:ahamo公式

ahamoはドコモが提供している格安プランです。

厳密には格安SIM会社ではありませんが、格安SIM会社並に近い料金設定をしています。

さらに、ドコモの格安プランという位置づけとなるため、通信速度もドコモの通常のプランと変わりません

ahamoの月額料金とかけ放題オプションは下記のとおりです。

ahamoの料金プラン
ahamo 項目
月額料金 ・20GB:2,970円
・100GB:4,950円
データ容量 20GB/100GB
通話オプション ・5分かけ放題:無料
・完全かけ放題:1,100円

※表の価格は税込です。

ahamoは、通常の20GBプランと、80GBを追加することで合計100GBを使える「ahamo大盛り」の2つの料金プランがあります。

多くの方は20GBプランで問題ないと思いますが、自宅にインターネット回線がなく、動画視聴などを頻繁に利用する方であれば、100GBを契約するのがおすすめです。

また、ahamoは5分かけ放題が料金プランに無料でついているという特徴があります。

美容院の予約など数分で完了する電話がほとんどという方にも、ahamoはおすすめです。

ahamoの契約数が500万突破!!
ahamoポイ活のおトクなキャンペーンも実施中!

ahamo 公式サイトはこちら

povo

出典:povo公式 料金プラン詳細

povoはauが提供しているオンライン専用プランです。

大手通信キャリアであるauが提供している料金プランのため、通信速度が速いという特徴があります。

ただし、LINEMOやahamoとは月額料金のシステムが大幅に違うため、注意しなければいけません。

povoは基本料金0円で、必要に応じてデータ容量やかけ放題のトッピングをしていく課金方式です。

povoの料金プラン
povo 項目
月額料金 0円
データトッピング ・1GB(7日間):390円
・3GB(30日間):990円
・20GB(30日間):2,700円
・60GB(90日間):6,490円
・150GB(180日間):12,980円
通話トッピング ・5分かけ放題:550円
・無制限かけ放題:1,650円
データ容量 1GB~150GB

※表の価格は税込です。
※表は右にスクロールできます。

自宅などに光回線がある場合は、データ容量を購入することなく、通話かけ放題だけトッピングするという使い方も可能です。

ただし、180日間以上有料トッピングの購入がない場合などは、利用停止や契約解除が行われることがあります。

他の格安SIM会社とは異なる料金形態となっていますが、通話かけ放題がメインでデータ容量は必要ないという方にpovoはおすすめです。

povo モバワン厳選!口コミ・評判掲載中

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル公式 料金プラン

BIGLOBEモバイルは、光回線のプロバイダであるBIGLOBEが提供する格安SIM会社です。

ドコモ・auの2つの回線に対応しているため、これらのスマホを使っている場合はSIMロック解除なしで乗り換えられます。

BIGLOBEモバイルの月額料金とかけ放題オプションは下記のとおりです。

BIGLOBEモバイルの料金プラン
BIGLOBEモバイル 項目
1GB 1,078円
3GB 1,320円
6GB 1,870円
12GB 3,740円
20GB 5,720円
30GB 8,195円
通話オプション ・3分かけ放題:660円
・通話パック60:660円
・10分かけ放題:913円
・通話パック90:913円

※表の価格は税込です。

1~30GBまで幅広い料金プランが用意されていますが、12GB以上は高額になっているためおすすめできません。

また、かけ放題オプションは3分・10分かけ放題と、月に60分または90分無料のオプションが用意されています。

完全かけ放題オプションはないため、注意してください。

上記の他にBIGLOBEモバイルには、月額308円(税込)のエンタメフリーオプションというものが用意されています。
エンタメフリーオプションは、YouTubeやAmazon Musicといった人気動画配信サービスや音楽配信サービスなど対象サービスをデータ消費なく使えるオプションです。

動画視聴や音楽ストリーミングの利用が多い方におすすめと言えるでしょう。

BIGLOBE mobile モバワン厳選!口コミ・評判掲載中

イオンモバイル

出典:イオンモバイル公式

イオンモバイルはスーパーで有名なイオンが提供する格安SIM会社です。

1GB単位で選べる豊富な料金プランと、3つのかけ放題オプションを提供しており、さまざまな組み合わせに対応できます。

イオンモバイルの主な料金プランとかけ放題の種類は下記のとおりです。

イオンモバイルの料金プラン
イオンモバイル 項目
0.2GB
(60歳以上の方のみ)
748円
0.5GB 803円
1GB 858円
2GB 968円
3GB 1,078円(60歳以上は858円)
通話オプション ・5分かけ放題:550円
・10分かけ放題:935円
・完全かけ放題:1,650円

※表の価格は税込です。
※表は右にスクロールできます。

月額料金に関してはその他の料金プランもあるため、くわしく知りたい方はイオンモバイル公式サイトをチェックしましょう。

かけ放題オプションも5分・10分・完全かけ放題の3つがあるため、自分の使い方にあわせて決められます。

対面でのサポートを希望する方やイオンに通う機会が多い方にもイオンモバイルはおすすめです。

ドコモ回線とau回線に対応!
近くのイオンでサポート受けられる!

イオンモバイル

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

IIJmio

IIJmioのロゴ
出典:IIJmio公式

IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブが運営する格安SIM会社であり、数多くの格安SIM会社の中でも老舗の部類に入るほど長い実績を持っています。

IIJmioの料金プラン
IIJmio 月額料金
2GB 850円
5GB 990円
10GB 1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円
通話オプション ・5分かけ放題:500円
・10分かけ放題:700円
・完全かけ放題:1,400円

※表の価格は税込です。
※表は右にスクロールできます。

IIJmioは専用アプリ不要で通話料が30秒あたり11円(税込)になるため、通常の通話料も安いのが特徴です。
さらに、同じmioIDの回線同士ならファミリー割引により、30秒8.8円(税込)とさらに安い料金で通話できます。

かけ放題は3種類あり、5分・10分・完全かけ放題から選べます。

他社と比較してもかけ放題のオプション料金が安く、前章で比較した際には楽天モバイルに次ぐ安さとなりました。

電話回線を使いたい・料金を安くしたい方は、IIJmioがおすすめです。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

条件別かけ放題つきおすすめ格安SIM会社

本章では、条件別のかけ放題がおすすめな格安SIM会社をそれぞれピックアップしていきます。

専用アプリ不要や5分かけ放題がお得など、さまざまなシチュエーション下でのおすすめ格安SIM会社を紹介するため、ぜひ参考にしてください。

専用アプリがいらないかけ放題がある格安SIM会社

専用アプリ要らずで、かけ放題が使える格安SIM会社は以下のとおりです。

専用アプリ不要でかけ放題が使える格安SIM会社

・LINEMO
・ahamo
・povo
・mineo
・UQモバイル
・ワイモバイル
・イオンモバイル
・IIJmio

上記8社であれば、専用アプリを使わずに従来の通話アプリでかけ放題が利用できます。

専用のアプリを使うかけ放題は、従来の通話アプリから発信するとかけ放題が適用されないというデメリットがあります。

わざわざ専用アプリをインストールするのが面倒な方や、専用アプリを使い忘れそうだという方は、上記の格安SIM会社がおすすめです。

5分かけ放題がおすすめの格安SIM会社

5分かけ放題がある格安SIM会社は下記の5社です。

5分かけ放題があるおすすめの格安SIM会社

・LINEMO
・ahamo
・povo
・イオンモバイル
・IIJmio

ahamoは5分かけ放題が無料ですが、料金プランが最安でも月額2,970円(税込)となるため、かけ放題をメインで使う上での月額料金で考えると、IIJmioやpovoの方がお得です。

5分かけ放題はかけ放題の対象となる通話時間が5分しかないため、短い通話の回数が多い方におすすめのオプションです。

美容院の予約や、短い予定を伝えるだけの通話が多い方は5分かけ放題に加入しておくと良いでしょう。

ahamoの契約数が500万突破!!
ahamoポイ活のおトクなキャンペーンも実施中!

ahamo 公式サイトはこちら

3年連続顧客満足度1位を獲得!
LINEのトークや通話もデータ消費量ゼロ!

LINEMO 公式サイトはこちら

無制限かけ放題がおすすめの格安SIM会社

本記事で紹介した格安SIM会社の中では、楽天モバイルのみ0円で完全かけ放題が利用でき、他の会社は1,000円以上のオプション料金が発生します。

完全かけ放題オプションは、5分や10分など時間制限のあるかけ放題オプションと比べて高額になるため、契約するプランによっては月額料金が高くなりやすいです。

そのため、月額料金を抑えつつ完全かけ放題を利用したい方は、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイル以外の完全かけ放題オプションを契約する場合は、契約するプランを低容量プランにして、料金を抑えてみてはいかがでしょうか。

シニア向けのお得なかけ放題がある格安SIM会社

ワイモバイルは60歳以上のシニアの方のみ、完全かけ放題が月額880円(税込)で利用できます。

また、UQモバイルでも同様に60歳以上であればお得に利用できる特典があり、かけ放題が880円(税込)で利用可能です。

ワイモバイルもUQモバイルもシニアの方であれば月額1,100円(税込)割引されるため、他社よりも完全かけ放題が使いやすいといえます。

UQモバイルとワイモバイルは店舗でのサポートが受けられるというメリットもあるため、高齢の方やスマホデビューを検討中の方も安心して契約できるでしょう。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

UQ mobile公式サイトはこちら

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

かけ放題つき格安SIM会社を選ぶ時に注意すべきポイント

かけ放題つき格安SIM会社を選ぶ時に注意すべきポイントは以下の通りです。

かけ放題つき格安SIM会社を選ぶ時に注意すべきポイント

・かけ放題がプランに含まれているのかオプション加入が必要なのか
・通話時間の制限はあるのか
・制限時間を超えた場合の通話料金はいくらなのか
・専用アプリは必要なのか

格安SIM会社のプランによっては、UQモバイルやahamoのようにプランの中にかけ放題が組み込まれていることもあります。

事前に、自分が契約するプランにかけ放題が入っているのか、それとも別途加入が必要なのか確かめるようにしましょう。

また、格安SIM会社によって通常の通話料が異なる場合があるため、5分や10分などのかけ放題を利用する際は、時間超過後にどのくらい料金がかかるのか知っておくことも大切です。

中には専用アプリから通話しないと割引やかけ放題が使えない格安SIM会社もあるため、契約前に確認することをおすすめします。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

マイピタ(デュアルタイプ)で契約すると
最大6ヵ月間月額990円(税込)!

mineo 公式サイトはこちら

格安SIM会社でかけ放題を使うメリット・デメリット

本章では、格安SIM会社でかけ放題を使うメリット・デメリットについて解説します。

格安SIM会社は料金が安くかけ放題のオプションを気軽に利用しやすいメリットがある一方で、本当に必要なのかわからないまま使い続けてしまうというリスクもあります。

自分の通話量や頻度で、本当にかけ放題が必要なのかどうか考え、利用するようにしましょう。

格安SIM会社でかけ放題を利用するメリット

出典:写真AC公式

格安SIM会社でかけ放題を利用するメリットは以下のとおりです。

格安SIM会社でかけ放題を利用するメリット

・通話料金が一定になる
・LINEやSkypeよりも通話品質が良い
・通話時間を気にすることなく話せる

かけ放題を利用することで、毎月の通話料金が一定になります。

また、インターネット回線を利用するLINEやSkypeなどのアプリでの通話と比べて、通話品質も優れています。

さらに、かけ放題に加入することで通話時間を気にしなくて良くなるメリットもあります。

5分かけ放題や10分かけ放題の場合は気にしなければいけませんが、完全かけ放題に加入した場合は、思う存分通話が楽しめるでしょう。

格安SIM会社でかけ放題を利用するデメリット

出典:写真AC公式

かけ放題を利用するデメリットは、毎月の支払い料金が高くなりやすいことです。

ほとんどの格安SIM会社は、かけ放題が有料オプションになっているため、かけ放題に加入していない方と比べると月額料金は高くなります。

また格安SIM会社は料金がそもそも安いため、念のために加入していたかけ放題を、不要なのにそのまま放置してしまうケースもあります。

かけ放題に加入する・料金を見直す際は本当にかけ放題が必要なのか、事前に把握してから申し込むことをおすすめします。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

UQ mobile公式サイトはこちら

格安SIM会社のかけ放題についてよくある質問

Q
かけ放題を利用できる最安の格安SIM会社は?
A

かけ放題のオプション料金がかからないという点では、5分かけ放題が無料で使えるahamoが最安です。

通話品質を気にせずとにかく安さを重視したいのであれば楽天モバイルがおすすめです。

ahamoは無制限かけ放題にする場合も月額料金は1,100円(税込)と、他社より安い点も魅力といえます。

また、ahamoは専用アプリではなく従来の通話アプリで電話回線による通話が可能のため、音質も良く聞こえやすいです。

品質と料金の安さをふまえると、かけ放題を利用したいなら、ahamoがおすすめです。

Q
プランの変更は後からでもできる?
A

格安SIM会社のかけ放題はオプションになっていることがほとんどのため、申し込み後でも変更できます。

そのため最初は5分かけ放題を使ってみて、5分以上の通話が多いと感じたあとに10分かけ放題に変更することも可能です。

Q
かけ放題は利用しないといけないの?
A

かけ放題を利用しなくても全く問題はありません

しかし通話の頻度や回数が多い場合や、長時間の通話が1ヵ月に1回でもある場合はかけ放題に加入したほうが安く抑えられます。

格安SIM会社の通話料金は通常だと30秒22円(税込)であり、1日に3分の電話を20日行うと仮定した場合は、通話料金だけで2,640円(税込)になってしまうからです。

Q
かけ放題の対象外になる通話はどんな時?
A

かけ放題の対象外になりやすい通話は以下のとおりです。

かけ放題の対象外になりやすい電話番号

・国際電話
・留守番電話センターへの通話
・ナビダイヤル(0570)
・テレドーム(0180)
・番号案内(104)
・着信転送サービス

上記の電話番号は無料通話対象外となるため、発信する際は充分気を付けましょう。

Q
ガラケーでもかけ放題は加入できる?
A

ガラケーでもかけ放題オプションに加入できる格安SIM会社はあります。

ガラケーが動作確認済みになっている格安SIM会社であれば、かけ放題オプションに加入可能です。

ワイモバイルでは4G対応ガラケーの購入も可能のため、ぜひチェックしてみてください。

Q
海外対応のかけ放題はある?
A

楽天モバイルであれば、日本から海外へ・海外から海外への国際通話がかけ放題になるオプションが月額980円(税込)で使えます。

かけ放題をつけないと国によって所定の通話料がかかってしまうため、海外へ通話する頻度が高い方は楽天モバイルがおすすめです。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

まとめ

・かけ放題には無制限と時間制限ありの2種類がある
・自分の通話時間や通話料に合わせて選ぶことが大切
・ahamoのようにかけ放題の料金がプランに組み込まれている格安料金プランもある
・かけ放題を使っても無料対象外の電話番号もあるため注意が必要
・楽天モバイルはRakuten Linkを使うと無料で国内通話かけ放題
・UQモバイルやワイモバイルにはシニア割があり、60歳以上の通話がお得
・通話時間を気にせずに電話したい方はかけ放題への加入がおすすめ

2023年9月13日時点の調査内容です。

公式サイトはこちら