SEARCH SEARCH SEARCH

iPhoneでの機種変更の手順とは?手続き方法と注意点まとめ

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

INDEX

iPhoneにおいて機種変更をする手順は?手続き方法と注意点まとめ

iPhoneをこれから使うにあたって、機種変更をする手順は慣れていないと心配なものです。

iPhone同士の機種変更は現在とても簡単になっていますし、AndroidスマホからiPhone・またはiPhoneからAndroidスマホへのデータ移行も専用アプリを使えばすぐに行えます。

とはいえ手順を知っていないと、時間がかかってしまったり、途中でわからなくなったりする可能性は少なくありません。

本記事では、iPhoneにおいて機種変更をする方法や注意点についてまとめました。内容をよく確認し、スムーズな機種変更を行いましょう。

iPhoneからiPhoneへのデータ移行は「クイックスタート」がおすすめ!

iPhoneからiPhoneに機種変更をする場合、クイックスタートを利用すれば簡単にデータ移行を行うことができます。

クイックスタートのやり方は、新しいiPhoneを初期設定する際に、近くに今まで使っていたiPhoneをBluetoothがオンになった状態で置き、あとは画面の指示に従って進めていくだけ。

現在は、LINEのアカウントもクイックスタートで移行できるようになったので、非常に便利ですね!

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

iPhoneの機種変更前に確認しておきたいポイント|データ移行方法は?

出典:Apple公式 クイックスタートを使って新しいiPhoneやiPadにデータを転送する

iPhoneへの機種変更は標準の機能や専用アプリを使うことで、簡単に行えます。

iPhoneからiPhoneへの機種変更ならば、機種変更前のiPhoneを用意して「クイックスタート」を利用すれば、あっという間にデータ移行を行えます

また、AndroidスマホからiPhoneの機種変更も、「iOSに移行」アプリを使うことで、多くのデータを移行できるようになりました。

以前は、細かいバックアップ設定なども必要でしたが、現在は大部分が簡略化されています。

なお、データ移行時には基本的にインターネット環境が必要なので、事前にWi-Fi通信が可能な状態にしてから作業を始めてください。

ドコモオンラインショップ限定!
対象スマホが22,000円(税込)割引!

ドコモ 公式サイトはこちら

iPhone同士で機種変更をする流れ|クイックスタートでかんたん!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 142-1024x483.jpg
出典:Apple公式 iPhone 14とiPhone 14 Plus

iPhone同士で機種変更をする場合は、クイックスタートを使いましょう。

新しいiPhoneを初期設定する際に、近くに今まで使っていたiPhoneをBluetoothがオンになった状態で置いておけば、画面の指示に従って「クイックスタート」を利用できます。

クイックスタートで今まで使っていたApple IDでのサインインを行って、インターネットに接続・顔認証または指紋認証を設定したら、あとは基本的に直接端末同士の通信でデータを移行可能です。

現在は、LINEのアカウントもクイックスタートで移行できるようになりました。

データ移行完了まで両方の端末が電源オンになっている必要があるので、事前に両方の端末のバッテリー充電は済ませておきましょう。

iCloudやiTunesを使ったデータ引き継ぎもできる

すぐに売却するなどの理由から手元に今まで使っていたiPhoneがない状態でデータ移行をしたい場合は、事前にiCloudかiTunesにバックアップを取っておけばそのデータで移行作業を行うことができます。

iCloudでのバックアップは、設定アプリの「ユーザー名」→「iCloud」→「今すぐバックアップを作成」で行えます。

あとは、新しいiPhoneの初期設定時にiCloudから復元する項目を選びましょう。

iTunesの場合は、パソコンにiTunesをインストール・起動後iPhoneを接続して、デバイスボタンを押したら「概要」→「今すぐバックアップ」をクリックすればOKです。

新しいiPhoneの初期設定の際にパソコンに接続すれば、iTunesのデバイスボタン→「概要」内の「バックアップを復元」からバックアップを復元してのデータ移行ができます。

注意!一部アプリはクイックスタートで引き継げない

一部のアプリはクイックスタートでデータを移行できず、再度ログインや機種変更手続きなどをしなければいけません。

アプリの画面の指示に従って、機種変更作業を行ってください。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

AndroidスマホからiPhoneへ機種変更をする流れ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: moto.png
出典:IIJmio公式 motorola edge 40

AndroidスマホからiPhoneへ機種変更する場合は、専用のアプリ「iOSに移行」を使うことで、大体のデータを移行することが可能です。

「iOSに移行」アプリでデータを移行可能、引き継げないデータは個別にバックアップする

Google Playから「iOSに移行」アプリをダウンロードしたら、新しいiPhoneの初期設定時に「Androidからデータを移行」を選択しましょう。

あとは画面の指示に従ってAndroidスマホで「iOSに移行」アプリを開いて、iPhoneに表示されたコードを入力すればデータが移行されます。

主に以下のようなデータが移行されます。

  • 連絡先・メッセージ履歴
  • 写真・動画
  • 各種ファイル・フォルダ
  • 設定(ディスプレイ、アクセシビリティ)
  • ブラウザのブックマーク
  • メールアカウント
  • カレンダー
  • AppStoreに提供があるアプリ

移行しきれなかったデータは、クラウドストレージやiTunesなどを利用して個別に移行させましょう。

LINEはQRコードでかんたんにデータ移行OK・その他アプリは手動で再ログインなどを行う

LINEは、機種変更前のAndroidスマホで設定画面を開いて「かんたん引き継ぎQRコード」を選択すればデータ移行用のQRコードを表示できます。

あとは、iPhoneにLINEを入れて起動し、「QRコードでログイン」からAndroidスマホに表示したQRコードをスキャンすれば、直近14日間のトーク履歴を含めてデータ移行可能です。

LINE以外のアプリは、アプリごとに再ログインなどを行いましょう。

機種変更前の端末で操作が必要なアプリがある場合は、確認して操作をしておきましょう。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

iPhoneからAndroidスマホに機種変更をする手順

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 14-4.png
出典:Apple公式 iPhone 14とiPhone 14 Plusを購入

iPhoneからAndroidスマホに機種変更をする場合は、Android 12以降のOSを搭載していれば、LightningケーブルとUSB-Cなどのこれから使うAndroid端末に対応する端子が備わったケーブルで機器同士を接続して初期設定をするとデータを移行ができます。

写真や連絡先、音楽など必要なものを選んで、データを移す仕組みとなっています。

Android 11以前の機種はGoogle Oneアプリでバックアップできる

Android 11以前の機種へiPhoneからデータを移行させたい場合は、Google OneアプリをApp Storeで入手し、Googleアカウントでログイン(持っていなければアプリ内で作成可能)しましょう。

あとは、アプリに必要なデータを同期させ、iPhoneの設定アプリで「iMessage」と「FaceTime」をオフにしてから、新しいAndroidスマホへログインすればデータが自動的に同期されます。

同期しきれなかったデータは、パソコンやクラウドストレージなどを経由してデータを移動させましょう。

LINEはQRコードでデータ移行、その他アプリも手動で再ログインなど必要

iPhoneからAndroidスマホへデータ移行をする場合も、QRコードでかんたんに手順を進められます。

iPhoneのLINEの設定画面で「かんたん引き継ぎQRコード」を選びコードを表示し、AndroidスマホにLINEを入れて「QRコードでログイン」からスキャンしましょう。

その他のアプリについても、機種変更後に再ログインなどが基本的に必要となるので注意してください。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

UQ mobile公式サイトはこちら

新しい端末へSIMカードを入れ替える際に確認したい注意点とは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sim.png
出典:UQモバイルオンラインショップ公式 ご注文内容の入力

新しいiPhoneへSIMカードを入れ替える際に、気をつけたい注意点について解説します。

SIMカードのサイズや向きに注意

SIMカードには、標準SIM・microSIM・nanoSIMの3種類のサイズがあります。

初期のモデルを除いたiPhoneやAndroidスマホは、基本的にnanoSIMが利用可能です。

万が一、SIMのサイズが違う場合は、契約している大手通信キャリアなどでSIMカードをnanoSIMに変更する必要があります。

また、破損を防ぐためにSIMカードを入れる向きや裏表も間違えないように注意しましょう。

SIMカードの接触部分に触らない、カードやトレイはなくさずに!

SIMカードの金色の接触部分を触ると、正常に認識しなくなる恐れがあるので触らないよう注意してください。

また、SIMカードやトレイは小さいので、なくさないように気をつけましょう。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

最後に、iPhoneの機種変更における知っておきたい注意点を確認!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: se32.png
出典:Apple公式 iPhone SE

最後に、iPhoneの機種変更において知っておきたい注意点についてまとめました。

事前にAppleIDやパスワードを確認しておく

データ移行時にApple IDやパスワードを求められる場合があるので、事前にIDとパスワードを確認しておきましょう。

忘れているとアプリのダウンロードなどができず、データをスムーズに移行できない可能性があります。

中古品は一旦初期化してからのデータ移行がおすすめ

中古のiPhoneは、過去の所有者のデータが残っている恐れもあるので、一度初期化してからデータ移行を行いましょう。

また、手持ちのiPhoneやAndroidスマホを手放す際も、自分でしっかり初期化しておくことでデータの流出などを防げます。

iPhone同士の機種変更では両方の端末を事前に最新OSにアップデートする

iPhoneから新しいiPhoneへ機種変更する場合は、両方の端末を事前に最新OSにアップデートしておくことがおすすめです。

両方の端末のOSのバージョンを揃えておくことで、エラーなどのトラブルが起きにくく、スムーズにデータを移行できます。

データ容量は充分な大きさの機種を選ぶ

新しいiPhoneのデータ容量が機種変更前の端末よりも少ないと、データを移行しきれない恐れがあります。

必要に応じてデータを減らしておくか、元のiPhoneのデータ容量と同じ~それより多いストレージのモデルを選びましょう。

LINEの14日前より古いトーク履歴は個別にバックアップ可能

QRコードでのログインであれば、直近14日間のトーク履歴も移行できるLINEですが、もっと古いデータを残したい場合は、相手とのトーク画面内の設定画面→「その他」→「トーク履歴を送信」からバックアップを作成できます。

作成したデータをクラウドストレージなどに保存しておけば、後からトーク内容を確認できます。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

まとめ

・iPhone同士の機種変更はクイックスタートで簡単にデータ移行可能
・iCloudやiTunesなら機種変更前のiPhoneがなくてもデータを復元可能
・iPhoneからAndroidへの機種変更はケーブルで両者を接続すればOK
・AndroidからiPhoneへの機種変更は「iOSへ移行」アプリを使えば簡単に行える
・SIMカードは入れる向きに注意、接触部分は触らないように気をつける
・LINEはQRコードでデータ移行可能、iPhone同士ならクイックスタートで移行できる

2023年7月22日時点の調査内容です。

この記事の参考・引用サイトまとめ

  1. Apple公式 クイックスタートを使って新しいiPhoneやiPadにデータを転送する
  2. Apple公式 iPhone 14とiPhone 14 Plus
  3. IIJmio公式 motorola edge 40
  4. Apple公式 iPhone 14とiPhone 14 Plusを購入
  5. UQモバイルオンラインショップ公式 SIMカード
  6. Apple公式 iPhone SE
公式サイトはこちら