SEARCH

ワイモバイルのテザリングは無料で使える!iPhone・Androidでの接続方法を紹介

テザリングを使ってタブレットをネットにつなげる方法がわからない」「モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)と比べてどちらがおトクなのか知りたい」と悩んでいませんか?

テザリングはとても便利なサービスですが、接続方法が少しわかりにくいですよね。

また、ポケットWi-Fiと使い方が似ているので、どちらがいいのか悩んでしまう気持ちもわかります。

そんなお悩みを解決するため、この記事ではテザリングの中でもおトクと言われているワイモバイルのテザリングに焦点を当てて解説していきます。

記事の中では、テザリングの接続方法やポケットWi-Fiとの違いについても説明しているので是非参考にしてくださいね。

店長監修!ワイモバイルのテザリングでよくある質問

ショップでよくある質問を”現役店長”に聞いてみました!

・テザリングを使うのに使用料金はかかる?
・テザリングってどうやって使うの?

当記事で、詳しくご説明していきますね!

そもそもテザリングって何?

出典:ワイモバイル

はじめに、テザリングとはどんなサービスなのか確認してみましょう。

テザリングとは、スマートフォンやタブレットからWi-Fiを飛ばせるようにするサービスです。

テザリングを利用するとWi-Fiに対応したゲーム機やタブレット、パソコンを使ってインターネットに接続できるようになります。

上記のデバイスが、インターネットに接続できるようになれば、ゲーム機ならオンラインゲーム、タブレットやパソコンなら動画視聴に使うこともできますよ。

テザリングは、「スマートフォンのデータ容量を他の端末で利用できるサービス」ということですね。

テザリングの接続方法は3つ

テザリングについてもう少し細かく見ていきましょう。

まずは、テザリングの接続方法についてです。

テザリングの接続方法は、Wi-Fi接続、Bluetooth接続、USB接続の3種類あります。

一般的にはWi-Fi接続が使われていますが、それぞれメリットとデメリットがあります。
ひとつずつ見ていきましょう。

Wi-Fi接続

Wi-Fi接続は、通常のWi-Fiと同じようにスマートフォンからWi-Fiの電波を飛ばします。
接続したいデバイスでWi-Fiをキャッチすることで、インターネット通信が可能になります。

他の方法と比較すると通信速度は速く、ケーブルを使用する手間もないため、使い勝手は一番良いでしょう。

また、Wi-Fiとして表示される名前やパスワードの変更もできるため、セキュリティ面も心配ありません。

一点気になるところは、電池消耗が激しいことです。

Wi-Fiの電波を飛ばすためには、多くの電力が必要になるため長時間の使用には適していないでしょう。

Bluetooth接続

Bluetooth接続は、イヤホンやヘッドホンによく使われている接続方法ですね。

テザリングの場合も同じように、スマートフォンとデバイスをBluetoothで接続をすることで、インターネット通信が使えるようになります。

Bluetooth接続の場合は、電池消耗が少ない代わりに通信速度が遅いという特徴があります。

使用できる通信速度は1〜3Mbps程度です。
ネット検索などであれば不便を感じない速度ですが、動画視聴などは読み込みに時間がかかってしまうこともあるでしょう。

USB接続

USB接続は、パソコンへ接続する際に利用する接続方法です。

有線接続のため、安定した高速通信が利用できますが、使用できる端末が限定されてしまいます。

スマートフォンの電池消耗は少なめな上、パソコンから充電をしながら使用できます。
そのため、長時間の使用でも問題なく使うことができるでしょう。

メリット デメリット
Wi-Fi接続 ・高速通信
・ 手軽に使える
電池消耗が多い
Bluetooth接続 電池消耗が少ない 通信速度が遅い
USB接続 ・ 充電しながら使える
・ 安定した通信速度
・ 端末が限定される
・ ケーブルが必要

ポケットWi-Fiと何が違う?

出典:ワイモバイル

テザリングとポケットWi-Fiは違いがあまりないと思われがちですが、料金や使い勝手など大きく異なる箇所があります。

そのため使用用途に合わせて選ぶことが大切です。

月額料金と契約期間の違い

ワイモバイルのテザリングは月額料金が無料です。
その上、オプションの申し込みや別途回線契約をする必要もありません。

一方、ポケットWi-Fiの場合は月額料金が発生し、別途回線の契約が必要になります。

月額料金は提供元の会社によって異なりますが、おおよそ3,000円〜5,000円です。

また、ポケットWi-Fiの契約期間は2年または3年で設定されます。

途中で解約をすると契約解除料金が発生してしまうため、気軽に契約することはできませんね。

通信品質と使用感の違い

テザリングの通信品質は、ポケットWi-Fiと比べると劣ります。

スマートフォンの電波と同じ回線を使用しているため、スマートフォンの電波が悪いときや混雑しているときは影響を受けやすいでしょう。

ポケットWi-Fiの通信品質は、Wi-Fiを飛ばすための端末ということもあり、通信速度や通信安定性も高くなっています。

最新のポケットWi-Fiは5G通信を利用できるため、さらに高速で安定したインターネットが可能になっています。

そのため、動画視聴や仕事での大きな容量のデータ通信にも使えるということですね。

使用感の違い

テザリングは、接続が簡単でスマートフォンと接続したい端末以外に荷物がいらないため気軽に使うことができます。

ただ、テザリングを使用しているときはバッテリーの消耗が激しいため長時間の使用には適していません。

また、スマートフォンのデータ容量を使用するため、たくさん使うとデータ容量が少なくなってしまうといったデメリットもあります。

ポケットWi-Fiは、スマートフォンのようなさまざまな機能がついていない上、電池パックも大きく作られているため長時間の使用にも適しています。

また、スマートフォンのデータ容量を使用しないため、使いすぎて速度制限にかかる心配もありません。

たくさん使う方にとっては、ポケットWi-Fiがとても使いやすく感じるということですね。

ただ、ポケットWi-Fiを使いたいときは、ポケットWi-Fiを持ち運ぶ必要があります。
ポケットWi-Fiの重さは、約150g〜200gです。
平均的な重さのスマートフォンを1台多く持ち運ぶようなイメージをするとわかりやすいと思います。

スマートフォンだけで使えるテザリングに比べると携帯性は悪いと言えるでしょう。

テザリングとポケットWi-Fiどっちがおすすめ?

テザリングとポケットWi-Fiのメリット、デメリットについて紹介しましたが、「結局どっちがおすすめなの?」と感じていると思います。

どちらがおすすめなのかについては、使い方によって異なるため「テザリングがおすすめな人」と「ポケットWi-Fiがおすすめな人」を簡単に分けてみたいと思います。

テザリングがおすすめな人

・料金をかけずに気軽に使いたい人
・高速通信や大容量データ通信をあまり求めない人

ポケットWi-Fiがおすすめな人

・料金がかかっても、高速通信や大容量データ通信を使いたい人
・スマートフォンとは別に荷物が増えても問題のない人

 

ここまでの比較を踏まえて、分けるとこのようになります。
実際の使用頻度や使用エリアによって異なる部分はありますが、参考にしてみてください。

テザリングの口コミ

店長に聞く!テザリングでよくあるトラブルと対策アイテム

テザリングは、外出先でノートPCやタブレットが使えてお仕事ができたり、SIM無しのスマホに電波を飛ばしてお子さまがゲームに使えたりととても便利な機能です。
しかもワイモバイルの高速データ通信が、複数端末で使えるのはとても便利ですよね。

ただし、バッテリー消費には注意が必要です。
特に、Wi-Fi接続やBluetooth接続ではバッテリー消費が激しいので、気づいたらバッテリー切れしてしまった、なんてこともよくあるトラブルです。
テザリングを使用する予定があるときは「モバイルバッテリー」を持ち歩いておくととても便利ですよ。

Twitterにテザリングの投稿発見したので、いくつか紹介していきます。

他社の回線が繋がらない時などにもテザリングは役立ちますね!

フリーWi-Fiが使えないときにもiPadが使用できるのはうれしいですよね!

ワイモバイルのテザリングについて

次に、ワイモバイルのテザリングサービスについて確認していきましょう。
ワイモバイルで使用することでのメリットや活用方法もありますよ。

ワイモバイルのテザリングは申し込み不要、無料で使える

ワイモバイルのテザリングは、申し込み不要、無料で使えます。

多くの携帯会社では、申し込みが必要で、月額500円〜1,000円ほど料金が発生するため、ワイモバイルはとてもおトクだと言えるでしょう。

そのため、テザリングを利用することが確定している場合は、テザリングの料金も加味した上で料金比較を行う必要がありますね。

SIMフリーの端末でも使える

ワイモバイル以外で購入したSIMフリー端末を利用中の場合も、テザリングを無料で利用できるようになっています。

使っているSIMフリー端末がテザリングを使えるか調べる際には「SIMカード単体のご契約」をご覧ください。

動作確認済み端末に記載されている端末は、テザリングに対応していると判断できます。

比較的新しいAndroidやiPhoneの端末なら基本的には利用できますが、対応していない端末もあるため一度確認しておきましょう。

シェアプランで古い端末をテザリング専用として再利用できる

出典:ワイモバイル

ワイモバイルのシェアプランを活用することで、以前使っていた端末を再利用して、テザリング専用端末として利用できます。

シェアプランを利用する場合は、基本料金が発生してしまいますが、メインで使っているスマートフォンのバッテリーを消費せずに使うことができます。

また、SIMカードが入る(セルラーモデル)のタブレット端末を利用したい場合は、シェアプラン子回線のSIMカードを挿入することで、テザリングを使わずにインターネットができます。

親回線1つに対して3回線まで子回線をつけられるため、使い方に合わせて契約をしましょう。

親回線の対象は、下記のプランに加入中のスマートフォンまたはタブレットです。

  • シンプルS/M/L
  • スマホプラン/スマホベーシックプラン
  • データプラン/データベーシックプラン

子回線の月額料金は、親回線の料金プランによって異なります。

現在申し込みできる「シンプルS/M/L」の場合は、以下の料金になります。

親回線料金プラン 子回線の月額料金
シンプルS 1,078円
シンプルM/L 539円
※価格は税込表示です。

シェアプランを上手に使って、スマートフォンやタブレットを活用したいですね。

ワイモバイルでテザリングをする際の注意点

ワイモバイルでテザリングを使用する際は、下記の3つに注意しましょう。

  • テザリングに対応している端末なのか
  • テザリングを使いすぎていないか
  • 接続できない場合は、APN設定が正しく設定できているか

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

テザリングに対応している端末なのか確認

ワイモバイルでテザリングを使用するには、テザリングに対応している端末を使用している必要があります。

ワイモバイルで購入した端末であればほとんどの機種で使えますが、SIMフリー端末を使って乗り換えを検討している方は事前に確認しておいた方が安心でしょう。

ワイモバイルのテザリングに対応しているのか、については「SIMカード単体のご契約」で確認できます。

テザリングを多用する方は速度制限に注意

テザリングで接続したデバイスで、通信量をたくさん消費する動画視聴やゲームなどを使う場合は、速度制限にかかってしまう場合があります。

ワイモバイルの料金プランは、大容量プランに対応しているため、最大30GBまで使用できます。

  S M L
月間データ容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
データ増量オプション適用時
月間データ容量
5GB 20GB 30GB
データ増量オプション適用時
月額料金(1年間無料)
2,728円 3,828円 4,708円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

上記のプランの30GBでも足りない場合は、ポケットWi-Fiや固定通信サービスもしくは大手携帯キャリアの無制限プランを使用した方がいいかもしれません。

全てのプランは紹介できませんが、参考までにワイモバイルのポケットWi-Fiとソフトバンクの無制限プランを比較してみましょう。

  ワイモバイル シンプルL
(データ増量オプション適用)
ワイモバイル ポケットWi-Fi
(アドバンスモード)
ソフトバンク 
メリハリ無制限
月額料金 4,708円 4,818円 7,238円
月間データ容量 30GB 無制限 無制限
(データシェア、テザリングは30GBまで)

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

ワイモバイルのポケットWi-Fiは、月間データ容量無制限ですが、3日間で10GB使用すると18時から翌日の1時ごろまで通信速度が1Mbpsに制限されるので気をつけましょう。

また、ソフトバンクの「メリハリ無制限」はデータシェアとテザリングのデータ容量が30GBまでとなっており、超過した場合は128kbpsに速度が制限されてしまいます。

テザリングとして使用する場合はワイモバイルと大きく変わらないため注意が必要です。

ワイモバイルで、通信速度制限に頻繁にかかるようなら、データ使用量に合わせて検討してみてくださいね。

デバイスによってはAPN設定の変更が必要

端末によっては、APN設定を正しく行っていても接続できないことがありますが、その場合はAPN設定のAPNタイプを変更することで接続が改善することがあります。

ワイモバイルの公式情報では、APNタイプの設定を「default,mms,supl,hipri」と設定するように記載されています。

テザリングが接続できない場合は、ここに「tehter,dun」を追加してください。

変更後のAPNタイプは「default,mms,supl,hipri,tether,dun」になっていると思います。

この設定を行うことで、接続が改善することが多いのですが、改善しない場合は端末に問題があるかもしれません。

その場合は、ワイモバイルショップやカスタマーセンターに相談しましょう。

iPhoneでのテザリング利用手順

ここからは、実際にiPhoneでテザリングを利用する際の手順を解説していきます。
画像付きでわかりやすく説明していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

Wi-Fi接続

まずは、iPhoneでWi-Fi接続をする方法を解説していきます。

iPhoneのテザリング、Wi-Fi接続の手順

1. ホーム画面から設定アプリを開く
2. 「インターネット共有」をタップ
3. 「”Wi-Fi”のパスワード」をタップ、パスワードを変更
 変更が完了したら、右上の「完了」をタップ
4. 「他の人の接続を許可」をタップしてオンにする
5. Wi-Fiがオフになっている場合は、ポップアップが表示されるので「Wi-Fiをオンにする」をタップ
6. 接続したいデバイスのWi-Fi設定画面からiPhoneを選択して、パスワードを入力

1.はじめに、ホーム画面から設定アプリを開いてください。

2.次に「インターネット共有」をタップしてください。

3.「”Wi-Fi”のパスワード」をタップして、パスワードを変更してください。
変更が完了したら、右上の「完了」をタップしてください。

4.「他の人の接続を許可」をタップしてオンにしてください。

5.Wi-Fiがオフになっている場合は、ポップアップが表示されるので「Wi-Fiをオンにする」をタップします。

6.接続したいデバイスのWi-Fi設定画面からiPhoneを選択して、パスワードを入力してください。

これでWi-Fiテザリングの設定は完了しました。

Bluetooth接続

次に、iPhoneでBluetooth接続をする方法を解説していきます。

iPhoneのテザリング、Bluetooth接続の手順

1. ホーム画面から設定アプリを開く
2. 「インターネット共有」をタップ
3. 「他の人の接続を許可」をタップしてオンにする
4. Wi-Fiがオフになっている場合は、ポップアップが表示されるので「BluetoothとUSBのみ」をタップ(Wi-Fiを利用したい場合は「Wi-Fiをオンにする」でも大丈夫です)
5. iPhoneをBluetoothデバイスとして、接続したいデバイスとペアリング
6. iPhoneで「ペアリング」をタップするか接続したいデバイスに表示されているコードを入力
7. 接続したいデバイスでiPhoneと接続する

1.はじめに、ホーム画面から設定アプリを開いてください。

2.次に「インターネット共有」をタップしてください。

3.「他の人の接続を許可」をタップしてオンにしてください。

  1. Wi-Fiがオフになっている場合は、ポップアップが表示されるので「BluetoothとUSBのみ」をタップします(Wi-Fiを利用したい場合は「Wi-Fiをオンにする」でも大丈夫です)。

5.iPhoneをBluetoothデバイスとして、接続したいデバイスとペアリングします。

6.iPhoneで「ペアリング」をタップするか接続したいデバイスに表示されているコードを入力してください。

7.接続したいデバイスでiPhoneと接続します。

これでBluetooth接続が完了しました。

USB接続

続いて、iPhoneでUSB接続をする方法を解説していきます。

iPhoneのテザリング、USB接続の手順

1. ホーム画面から設定アプリを開く
2. 「インターネット共有」をタップ
3. 「他の人の接続を許可」をタップしてオンにしてください。
4. Wi-Fiがオフになっている場合は、ポップアップが表示されるので「BluetoothとUSBのみ」をタップ(Wi-Fiを利用したい場合は「Wi-Fiをオンにする」でも大丈夫です)
5. iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続
6. パソコンの「ネットワーク環境設定」でネットワークサービス一覧からiPhoneを選択する

1.はじめに、ホーム画面から設定アプリを開いてください。

2.次に「インターネット共有」をタップしてください。

3.「他の人の接続を許可」をタップしてオンにしてください。

4.Wi-Fiがオフになっている場合は、ポップアップが表示されるので「BluetoothとUSBのみ」をタップします(Wi-Fiを利用したい場合は「Wi-Fiをオンにする」でも大丈夫です)。

5.iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。

6.パソコンの「ネットワーク環境設定」でネットワークサービス一覧からiPhoneを選択してください。

これでUSB接続は完了しました。

Androidでのテザリング利用手順

次に、Androidで、テザリングを利用するときの手順を解説していきます。
ひとつずつ確認しながら設定してみましょう。

Wi-Fi接続

まず、AndroidでWi-Fi接続をする方法を解説していきます。

Androidのテザリング、Wi-Fi接続の手順

1. ホーム画面から設定アプリを開く
2. 設定アプリ内の「その他」をタップして、「ネットワークとインターネット」→「テザリング」の順に進む
3. テザリング画面が開いたら「Wi-Fiテザリング」をタップしてONにする

 

Androidのテザリング、Wi-Fi接続詳細設定の手順

1. テザリング画面の中の「Wi-Fiテザリング設定」をタップ
2. ネットワーク名(他の端末で表示される名前)を入力する
3. セキュリティタイプを選択
4. 必要に応じてパスワードを入力

1.はじめに、ホーム画面から設定アプリを開いてください。

2.次に、設定アプリ内の「その他」をタップして、「ネットワークとインターネット」→「テザリング」の順に進んでください。

出典:ワイモバイル

3.テザリング画面が開いたら「Wi-Fiテザリング」をタップしてONにしてください。

出典:ワイモバイル

これでWi-Fiテザリングの設定は完了です。

続いて、Wi-Fiテザリングの詳細設定の方法も解説していきます。

Wi-Fiテザリングの詳細設定方法

1. テザリング画面の中の「Wi-Fiテザリング設定」をタップしてください。
2. ネットワーク名(他の端末で表示される名前)を入力してください。
3. セキュリティタイプを選択します。
4. 必要に応じてパスワードを入力してください。

これで、ネットワーク名とパスワードの設定が完了しました。

Bluetooth接続

次に、AndroidでBluetooth接続をする方法を解説します。

Androidのテザリング、Bluetooth接続の手順

1. ホーム画面から設定アプリを開く
2. 設定アプリ内の「その他」をタップして「ネットワークとインターネット」→「テザリング」の順に進む
3. テザリング画面が開いたら「Bluetoothテザリング」をタップしてONにする

1.はじめに、ホーム画面から設定アプリを開いてください。

2.次に、設定アプリ内の「その他」をタップして「ネットワークとインターネット」→「テザリング」の順に進んでください。

出典:ワイモバイル

3.テザリング画面が開いたら「Bluetoothテザリング」をタップしてONにしてください。

出典:ワイモバイル

これでBluetooth接続が完了しました。

USB接続

最後に、AndroidでUSB接続をする方法を解説します。

Androidのテザリング、USB接続の手順

1. ホーム画面から設定アプリを開く
2. 設定アプリ内の「その他」をタップして、「ネットワークとインターネット」→「テザリング」の順に進む
3. スマートフォンとパソコンをUSBケーブルで接続する
4. スマートフォン上に「USB充電」画面が表示されたら「OK」をタップ
5. テザリング画面内の「USBテザリング」をタップしてONにする

1.はじめに、ホーム画面から設定アプリを開いてください。

2.次に、設定アプリ内の「その他」をタップして、「ネットワークとインターネット」→「テザリング」の順に進んでください。

出典:ワイモバイル

3.スマートフォンとパソコンをUSBケーブルで接続してください。

4.スマートフォン上に「USB充電」画面が表示されたら「OK」をタップしてください。

5.テザリング画面内の「USBテザリング」をタップしてONにしてください。

出典:ワイモバイル

これで、USB接続が完了しました。

まとめ

・ワイモバイルのテザリングは無料で、申し込み不要で使える
・テザリングを使用することで、ゲーム機やタブレット、パソコンなどのデバイスでインターネット通信ができるようになる。
・テザリングの接続方法は、Wi-Fi接続、Bluetooth接続、USB接続がある
・テザリングを使うときは、スマートフォンがテザリングに対応しているかを確認する
・使いすぎると、スマートフォンのデータ容量が少なくなってしまうので注意する

2021年12月5日時点の調査内容です。

【ワイモバイル】おトクなキャンペーン実施中1詳細はこちら width=