SEARCH

WiMAXはどれがお得?サービスやルーターの選び方を紹介!

「モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)」や「ホームルーター」を提供している「WiMAX」。

Wi-Fi環境を作るために、契約を検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし、WiMAXについて調べると「UQ WiMAX」の他にもいろいろなサービスが出てくるため、どれを契約すれば良いのか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では「UQ WiMAXとプロバイダの違い」や「メリット・デメリット」などを詳しく解説します。

利用用途にあわせて、自分にぴったりのWi-Fiを契約しましょう。

プロの本音!店長に聞く!WiMAXのメリット、デメリット

工事不要、即日利用できるのが、WiMAXの大きなメリットです。ただし、家族複数で同時に利用されることが多い方や、動画を長時間見られる方は、やはり固定回線の方が無難です。

月額料金や初期費用にも違いがあり、さまざまな取り扱い会社があるので、自分の要望に合った会社で申し込むのが賢い選び方。

また、Wi-Fiルーターでおすすめなのが、Galaxy 5G Mobile Wi-Fi。スマホのようなタッチパネル式で操作しやすく、5G回線も利用できますよ。

WiMAXとは?UQ WiMAXとプロバイダの違い

出典:UQ WiMAX公式

WiMAXのメリット・デメリットや選び方を紹介する前に「WiMAXってなに?」という点から確認していきましょう。

WiMAXは、UQモバイルやUQ WiMAXを運営している「UQコミュニケーションズ株式会社」の「WiMAXネットワーク」を利用したインターネット通信サービスの総称です。

その中でも「UQコミュニケーションズ株式会社」が、直接WiMAXを提供しているのが「UQ WiMAX」となります。

サービスは「モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)」と、据え置き型の「ホームルーター」の2つ。どちらも工事なしで手軽に使い始められる点がメリットです。

また、WiMAXは「UQ WiMAX」以外に「プロバイダ」からも契約ができます。プロバイダとは「UQコミュニケーションズ株式会社」から「WiMAXネットワーク」を借りてサービスを提供している事業者(MVNO)のことです。

「UQ WiMAX」と「プロバイダ」は同じ通信回線を使い、Wi-Fiルーターも同じ端末を使用します。

では、どのような違いがあるのでしょうか。
3つの項目に分けて確認してみましょう。

「UQ WiMAX」と「プロバイダ」の違い

・料金プラン
・キャンペーン
・本体代金

1つ目の違いは「料金プラン」です
ほとんどのプロバイダがUQ WiMAXの料金プランを軸にサービスを提供していますが、中には独自の料金プランを提供しているものもあります。

UQ WiMAXと比べて半額程度のサービスもあるため、いくつか比較してみたほうが良いでしょう。

2つ目の違いは「キャンペーン」です。
月額料金の割引や現金キャッシュバックなど、プロバイダごとに異なるキャンペーンを開催しています。

この記事で調査した中では、最大19,000円のキャッシュバックを提供しているサービスがありました。

UQ WiMAXでも、電話申し込み限定のキャッシュバックを開催していることもあるようなので、一度問い合わせた上で比較しましょう。

3つ目は「本体代金」の違いです。
キャンペーンの違いにつながりますが、本体代金を割引している場合があります。
取り扱っている機種は同じため、性能は変わりません。

同じ機種であれば、安く購入できたほうがうれしいですね。

次の項目からはUQ WiMAXを基準にWiMAXのサービス内容を詳しく見ていきましょう。

UQ WiMAXのサービス詳細

先に説明したようにUQ WiMAXでは、以下の2つのサービスを提供しています。

サービス内容が異なるため、1つずつ確認していきましょう。

持ち運びができる:モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)のサービス内容

出典:UQ WiMAX公式
モバイル通信端末(ポケットWi-Fi):基本情報
月額料金 4,950円
ギガ放題プラス
モバイルルータープラン
-682円
割引後金額 4,268円
月間データ容量 無制限
(一部制限あり)
持ち運び
最大速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
対応ネットワーク ・5G
・4G LTE
・WiMAX2+

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)は、持ち運び可能なWi-Fiルーターです。
自宅や外出先でもWi-Fi環境を作れるため、外出先でインターネットを使いたい方におすすめです。

また、通信回線は「WiMAX2+」に加え、au「5G/4GLTE」に対応しています。これにより、WiMAX2+がカバーできていなかった「山間部」や「建物の中」もつながりやすくなりました。

月間データ容量は無制限となっていますが、一定の条件を超えると通信速度が制限されてしまいます。制限の基準については「完全無制限ではない」で確認しましょう。

コンセントをさすだけ:ホームルーターのサービス内容

出典:UQ WiMAX公式
ホームルーター:基本情報
月額料金 4,950円

ギガ放題プラス
ホームルータープラン

-682円
割引後金額 4,268円
月間データ容量 無制限
(一部制限あり)
持ち運び ×
最大速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
対応ネットワーク ・5G
・4G LTE
・WiMAX2+

※価格は税込表示です。

ホームルーターは、工事不要で使える据え置き型のWi-Fiルーターです。
月額料金や最大速度はモバイル通信端末(ポケットWi-Fi)と同じ条件となっています。

しかし、自宅での使用が多い方には、ホームルーターがおすすめです。
光回線サービスも含めて検討しましょう。

WiMAXのルーターの種類と性能」で紹介する「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」は、Wi-Fi 6 4ストリームに対応しており、最大同時接続数も20台と大容量のデータ通信もサクサク使えます。
詳細:Speed Wi-Fi HOME 5G L12

ホームルーターが自宅での使用におすすめの理由

・最大接続回線数が多い
・「Wi-Fi 6 4ストリーム」に対応している

「最大接続回線数」と「Wi-Fi 6 4ストリーム」は、複数回線の同時接続や大容量通信に関係のある機能です。自宅での使用が多く、複数人で使うことを想定している場合は、ホームルーターが適しているでしょう。

ただし、ホームルーターの場合も一定の条件を超えると通信速度が制限されてしまいます。
通信量が多くなる可能性がある場合は、光回線サービスも含めて検討しましょう。

プラスエリアモードを使えば、利用可能エリアが広がる

UQ WiMAXの料金プランには「モード」と呼ばれるオプションがあります。

以下の2つの「モード」のうち、どちらを選択するかによって利用できるエリアが変わります。
月額料金にも違いがあるため、確認した上で契約しましょう。

UQ WiMAX「モード」:基本情報
  利用エリア 月間データ容量 通信回線 追加料金
スタンダードモード
(初期設定)
通常のエリア 上限なし ・au 5G
・au 4G LTE
・WiMAX 2+
なし
プラスエリアモード スタンダードモードより
広いエリア
15GB 1,100円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

「プラスエリアモード」に設定すると月額1,100円(税込)の追加料金が発生する代わりに、利用可能エリアが広がります。

どれくらいのエリアで利用できるようになるのか、以下の「エリアマップ」の画像を比較してみましょう。
左が「スタンダードモード(初期設定)」、右が「プラスエリアモード」です。

出典:au公式 エリアマップ

マップの縮尺の関係で全国を表示できませんが、山間部の利用可能エリアが広がっていることが分かります。お住まいのエリアが画像に表示されていない方は「エリアマップ」にアクセスして、確認してみてくださいね。

「auスマートバリュー」または、UQモバイル「自宅セット割 インターネットコース」適用時は、以下の特典が受けられます。

「auスマートバリュー」「自宅セット割」を適用した場合の特典

・「プラスエリアモード」の月額料金が無料になる
・「プラスエリアモード」利用中の月間データ容量が30GBに増量される

いずれかの割引を適用できる場合は、ぜひ活用しましょう。

WiMAXを使用するメリット

出典:Unsplash公式

続いて、WiMAXを使用するメリットを紹介します。

「UQ WiMAX」だけでなく「プロバイダ」にも当てはまる内容もあるため、あわせて確認しましょう。

工事不要で使い始められる

WiMAXの最大のメリットは、工事不要で使い始められる点です。

例えば、光回線サービスのように工事が必要なサービスを利用する場合は、使い始めるまでに数週間から数ヵ月かかってしまいます。さらに、多くの場合工事費も発生してしまいます。

一方でWiMAXの場合は、店頭申し込みなら最短当日、オンライン申し込みでも2週間程度で使い始められるでしょう。また、もちろん工事費は発生しません。

さらに「モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)」は持ち運び可能なため、日本国内の対応エリアならどこでも利用できます。外出先で仕事などをする方には、とても大きなメリットとなりますね。

契約期間や契約解除料がない

UQ WiMAXでは2022年4月1日以降、2年契約または3年契約の新規受付を終了しました。
そのため、今後の契約では「契約期間」「契約解除料」が発生しなくなっています。

途中で解約した場合の契約解除料がネックとなり、契約できなかった方もいるため、うれしい変更と言えるでしょう。

ただし、プロバイダが提供しているWiMAXの契約は、それぞれ「契約期間」や「契約解除料」が異なるため注意が必要です。

キャッシュバックのキャンペーンを受ける場合は、契約解除料が3万円程度発生する可能性もあります。契約時にしっかりと確認しておきましょう。

au・UQモバイルのセット割引の対象となる

auやUQモバイルを利用している方が、WiMAXを契約すると、インターネットとのセット割引が適用されます。

月額料金の割引は、それぞれ以下の通りです。

au・UQモバイルのセット割引
通信キャリア 割引名 割引金額
au auスマートバリュー 1,100円
UQモバイル 自宅セット割
インターネットコース
S/M:638円
L:858円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

「プラスエリアモードについて」で紹介した、利用可能エリアを広げるオプション「プラスエリアモード」月額1,100円(税込)を無料にし、エリア内の月間データ容量を30GBに増量する特典も適用されます。

WiMAXを利用する場合は「auスマートバリュー」、もしくは「自宅セット割引インターネットコース」を適用した方がお得と言えますね。

5G対応の高速通信を使える

現在、WiMAXが提供している以下の機種は、5G回線に対応しています。
5Gエリア内ならこれまで以上の高速通信を利用できますよ。

5G回線対応のWi-Fiルーター

◆モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

◆ホームルーター
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11

5Gエリアで利用した場合の最大速度は「下り:2.7Gbps」です。一般的な光回線サービスの下り最大速度が1Gbpsのため、十分な速度と考えられるでしょう。

WiMAXを使用するデメリット

出典:Unsplash公式

WiMAXにはさまざまなメリットがありますが、やはりデメリットも存在します。デメリットを知り、目的にあわせて選択しましょう。

紹介するデメリットは、以下の3つです。

エリアや建物によっては速度が遅い場合がある

先に紹介したメリットでは「5Gの高速通信に対応しており、十分な速度が使える」とお伝えしました。しかし、使い方によっては速度に不満が出てしまう可能性があります。

理由として、WiMAXの通信方式が挙げられます。

WiMAXは光回線サービスのような有線の固定回線とは違い、電波をキャッチしてWi-Fiとして飛ばしています。そのため、屋内で利用する場合、電波が壁や建物に遮断されてしまい通信が不安定になってしまうことがあるのです。

数年前と比べるとつながりやすくなりましたが、エリアや建物によっては不満を感じることもあると考えられます。使い方や目的にあわせて固定回線を選択する必要があるでしょう。

完全無制限ではない

WiMAXは月間データ容量無制限のWi-Fiルーターですが、完全無制限ではありません。「大容量通信」や「複数人での利用」をした場合、通信速度が制限される可能性があるため注意が必要です。

では、どれくらいのデータ容量を使用したら速度制限がかかるのでしょうか。2022年2月1日に基準が変更されているため、変更前と後を確認してみましょう。

WiMAXの通信速度制限の基準
  制限の基準
変更前 直近3日間の通信量が、合計15GB以上の場合に制限
変更後 一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、
混雑する時間帯の通信速度を制限する場合がある

※表は右にスクロールできます。

上記のように、基準が変更された後は明確な数字が記載されておらず、少し分かりづらくなっています。

そこで、どのような基準で制限されるのかUQ WiMAXに問い合わせてみたところ、以下のような内容がわかりました。

通信速度の基準についてUQ WiMAXの解答

・明確なデータ通信容量が決まっているわけではないため、回答できない
・しかし、制限が厳しくなったわけではなく、緩和されている
・実際に3日間で20GB以上使っても制限がかからなかったという情報もある

UQ WiMAXへの問い合わせの結果、速度制限の対象となるデータ容量はわかりませんでした。

しかし、話を聞いてみると制限が緩和されていることがわかりました。
3日間で20GBのデータ容量があれば、1人での使用なら十分だと考えられますね。

専用のルーターが必要

WiMAXのサービスを利用するには、対応している専用のWi-Fiルーターが必要です。

現在、UQ WiMAXでは、以下の3つのWi-Fiルーターを販売しています。

UQ WiMAXで販売中のWi-Fiルーター

◆モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

◆ホームルーター
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12

また、上記の機種以外に「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」という1世代前のホームルーターも現在の料金プランで利用可能です。

それ以外の機種は現在の料金プランで使用ができないため、旧機種の購入を検討している方は気をつけましょう。

WiMAXを比較するポイント・選び方

出典:UQ WiMAX公式 主なWiMAX提供会社

現在WiMAXを提供しているプロバイダは、UQ WiMAXを含めて24社あります。

では、その中からどのようなプロバイダを選べば良いのでしょうか。
ここからは、WiMAXを比較するときのポイントや選び方を、以下の3つの項目に分けて紹介します。

WiMAXを比較するポイント・選び方

それぞれ詳しく見ていきましょう。

料金プランで選ぶ

WiMAXの料金プランは、UQ WiMAXを基準に設定されていることが多いのですが、全く異なる場合もあります。

特に「光回線プロバイダ」のWiMAXは、独自の料金プランを使い、月額料金に割引が適用している傾向があります。その場合、契約期間や契約解除料が高く設定されていることもあるため、注意が必要です。

プロバイダが提供しているWiMAXの契約を検討している場合は、以下のUQ WiMAXの情報を基準にして比較しましょう。

UQ WiMAX:基本情報
月額料金 4,950円
ギガ放題プラス モバイルルータープラン
ギガ放題プラス ホームルータープラン
-682円
割引後金額 4,268円
契約期間 なし
契約解除料 なし
契約事務手数料 3,300円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

また「割引がいつ終了するのか」「終了したらいくらになるのか」についてもチェックしておくことが大切ですよ。

キャンペーンで選ぶ

WiMAXでは、プロバイダごとに新規契約キャンペーンを開催していることがあります。
キャンペーンの内容によっては、実質負担金額が大きく変わるため、比較した上で契約しましょう。

現在、UQ WiMAXで開催しているキャンペーン・割引は、以下の2つです。

UQ WiMAXで開催しているキャンペーン・割引

・au・UQモバイルとのセット割引
・WiMAX +5G はじめる割

「au・UQモバイルとのセット割引」の割引金額などの説明は「au・UQモバイルのセット割引の対象となる」で紹介しているため、まだ見ていない方はチェックしてください。

「WiMAX +5G はじめる割」は、UQ WiMAXの料金プランから最大25ヵ月、月額682円(税込)の割引をするキャンペーンです。基本的には自動適用ですが、契約時には適用されているかを確認しましょう。

支払方法で選ぶ

WiMAXの支払方法の多くは、クレジットカードに限定されています。
しかし、中には口座振替に対応しているサービスもあるため、クレジットカードを持っていない方は事前に確認しておきましょう。

UQ WiMAXの支払方法は、以下の通りです。

UQ WiMAXの支払方法

・クレジットカード
・口座振替(店舗で契約する場合のみ)

UQ WiMAXでは、店舗契約の場合のみ口座振替に対応しています。
オンライン申し込みはクレジットカード利用が必須のため、注意しましょう。

WiMAXのルーターの種類と性能

ここからは、現在WiMAXで販売されているWi-Fiルーターを紹介します。

紹介するWi-Fiルーターは、以下の3つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Speed Wi-Fi 5G X11:モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)

出典:UQ WiMAX公式 Speed Wi-Fi 5G X11
Speed Wi-Fi 5G X11:基本情報
最大速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
対応ネットワーク ・5G
・4G LTE
・WiMAX2+
最大同時接続数 17台
無線LAN規格 2.4GHz/5GHz
バッテリー容量 4,000mAh
バッテリー使用時間 ・連続通信時間
 約490分(初期設定時)
・連続待受時間
 約400時間(初期設定時)

※表は右にスクロールできます。

Speed Wi-Fi 5G X11は、NECプラットフォームズ株式会社が製造しているモバイル通信端末(ポケットWi-Fi)です。

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最大約8時間の連続通信が可能です。
さらに『ロングライフ充電・省電力モード』といった、バッテリーの劣化や消費を抑える機能を搭載していますよ。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi:​​モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)

出典:UQ WiMAX公式 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi:基本情報
最大速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
対応ネットワーク ・5G
・4G LTE
・WiMAX2+
最大同時接続数 10台
無線LAN規格 2.4GHz/5GHz
バッテリー容量 5,000mAh
バッテリー使用時間 ・連続通信時間
 約1,000分(初期設定時)
・連続待受時間
 約790時間(初期設定時)

※表は右にスクロールできます。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは「Samsung」が製造しているモバイル通信端末(ポケットWi-Fi)です。

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最大16時間の連続通信に対応しています。また、5.3インチの大画面ディスプレイにより、スマホと同じような操作感を実現しています。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12:ホームルーター

出典:UQ WiMAX公式 Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi HOME 5G L12:基本情報
最大速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
対応ネットワーク ・5G
・4G LTE
・WiMAX2+
最大同時接続数 20台
無線LAN規格 2.4GHz/5GHz

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は、NECプラットフォームズ株式会社が製造しているホームルーターです。

コンセントを差すだけ:ホームルーターのサービス内容」でも紹介した「同時接続台数が多い」「Wi-Fi 6 4ストリーム」に対応しているといった特徴があるため、複数端末の接続や大容量のデータ通信もサクサク使えます。

自宅での使用が多い場合は「ホームルーター」がおすすめですよ。

WiMAXルーターを選ぶポイント

出典:Unsplash公式

最後にWiMAXのWi-Fiルーターを選ぶポイントを紹介します。
先に紹介した3つのWi-Fiルーターの他、中古で購入を検討している方も必見です。

WiMAXルーターを選ぶポイントは、以下の3つです。

最大速度と対応ネットワークで選ぶ

1つ目のポイントは「最大速度と対応ネットワーク」です。
旧端末の購入を検討している場合は、最新機種と性能が離れすぎていないかを確認しましょう。

以下の表は、現在販売中のWiFiルーターの「最大速度と対応ネットワーク」です。

最大速度と対応ネットワーク
最大速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
対応ネットワーク ・5G
・4G LTE
・WiMAX2+

 

また、現在受付中の料金プランに対応しているWi-Fiルーターは、以下の4つとなっています。
対応していない機種では、申し込みできない可能性があるため注意しましょう。

現在受付中の料金プランに対応しているWi-Fiルーター

◆モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)
・Speed Wi-Fi 5G X11
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

◆ホームルーター
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11

操作性で選ぶ

モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)を購入する場合は「操作性」も大切です。
現在販売中の以下の2つでも、いくつかの違いがあります。

現在販売中のモバイル通信端末(ポケットWi-Fi)

・Speed Wi-Fi 5G X11
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

例えば、Speed Wi-Fi 5G X11はディスプレイが小さいのですが、表面に物理ボタンがついています。一方、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは、約5.3インチのディスプレイが搭載されており、スマホのように操作が可能となっています。

どちらが使いやすいのかは人それぞれのため、一度操作してみた上で購入してみると良いでしょう。

バッテリーの容量で選ぶ

「バッテリー容量」も、モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)を購入する場合にチェックが必要なポイントです。

こちらも現在販売中の機種だと、以下のような違いがあります。

UQ WiMAXのWi-Fiルーター:バッテリー性能比較
  Speed Wi-Fi 5G X11 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
バッテリー容量 4,000mAh 5,000mAh
バッテリー使用時間 連続通信時間
約490分(初期設定時)
連続待受時間
約400時間(初期設定時)
連続通信時間
約1,000分(初期設定時)
連続待受時間
約790時間(初期設定時)

※表は右にスクロールできます。

モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)は、外出時に使える点がメリットとなるため、バッテリーはとても大切なポイントですね。

まとめ

・WiMAXには「UQ WiMAX」とその他の「プロバイダ」が提供しているサービスがある
・「プロバイダ」は「UQコミュニケーションズ株式会社」に電波を借りてサービスを提供している
・WiMAXには「モバイル通信端末(ポケットWi-Fi)」と「ホームルーター」の2つのサービスがある

◆WiMAXを使用するメリットは以下4つ
・工事不要で使い始められる
・契約期間や契約解除料がない
・au・UQモバイルのセット割引の対象となる
・5G対応の高速通信を使える

◆一方、WiMAXを使用するデメリットは以下の3つ
・エリアや建物によっては速度が遅い場合がある
・完全無制限ではない
・専用のルーターが必要

2022年4月3日時点の調査内容です。

公式サイトはこちら