SEARCH SEARCH SEARCH

ユーザーの口コミ情報

ドコモのシェアパックについて:受付終了後もプラン変更の価値はある?

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

ドコモのシェアパックについて:受付終了後もプラン変更の価値はある?

家族でスマホを契約する際に導入を検討することが多いシェアパック。

ドコモでは、2019年5月31日まで「ベーシックシェアパック」「ウルトラシェアパック」を提供していましたが、すでに提供を終了しています。

本記事ではドコモのシェアパックのプラン内容や、シェアパックからのプラン変更におすすめの料金プランを紹介します。

ドコモのシェアパックへの加入を検討していた方や、シェアパックからのプラン変更を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ドコモのシェアパックは2019年5月31日に新規受付を終了!

ドコモは、「ベーシックシェアパック」「ウルトラシェアパック」という2つのシェアパックを提供していました。

しかし、これらのシェアパックは2019年5月31日に新規受付を終了しています。

現在ドコモではシェアパックの提供が行われていないため、シェアパックを検討していた方は、他のプランを選ばなければなりません。

ドコモは近年、小容量プランを低価格で提供するなどプランの幅も充実しているので、シェアパックを契約したかったという方でも選びやすいラインナップとなっています。

ドコモオンラインショップ限定!
対象スマホが22,000円(税込)割引!

ドコモ 公式サイトはこちら

ドコモのシェアパックの概要と特徴

出典:NTTドコモ公式 ベーシックシェアパック・ウルトラシェアパック

ドコモのシェアパックは、主回線の方がシェアパックを契約し、子回線の方がシェアオプションに加入することでグループ内で主回線のデータ容量を共有できるプランです。

シェアパックに加入するためには、主回線でドコモの基本プランへの加入が必要です。

シェアパックの対象だった料金プラン

・カケホーダイプラン
・カケホーダイライトプラン
・シンプルプラン
・データプラン

上記の料金プランの月額料金+シェアオプションの料金550円(税込)+SPモードの料金330円(税込)で利用することができます。

なお、上記の基本プランはデータ通信がついていないため、データ通信を行う場合は使った分だけデータ料金が発生してしまいます。

そのため、契約する基本プランを決定した後は、データ通信に対応したパケットパック(シェアプラン含む)を組み合わせていく必要があります。

ベーシックシェアパックは従量課金制

ベーシックシェアパックは、グループ内で使ったデータ容量に応じて月額料金が変動するプランです。

ベーシックシェアパックの料金
  データ容量 月額料金
ステップ1 ~5GB 7,150円
ステップ2 ~10GB 9,900円
ステップ3 ~15GB 13,200円
ステップ4 ~30GB 16,500円

※価格は税込表示です。

従量課金制のシェアパックとなっており、5GBを使い切った後は自動的にステップ2に移行します。

最大でも30GBまでとなっていたため、比較的データ容量を使わない家庭で選ばれています。

カケホーダイプランに加入して、ベーシックシェアパックを契約した場合の月額料金の例は以下のとおりです。

ベーシックシェアパックの月額料金一例

・カケホーダイプラン:2,970円
・ベーシックシェアパック(~30GB):16,500円
・SPモード:330円
・合計:19,800円

※価格は税込表示です。
※子回線は別途シェアオプションの料金550円(税込)がかかります。

グループ内の人数にもよりますが、3人家族だと一人あたり6,600円(税込)+シェアオプションの料金となります。

利用可能なデータ容量を考えても、近年登場したahamoなどのプランの方がお得だと言えるでしょう。

ウルトラシェアパックは定額制

ウルトラシェアパックは定額制のプランとなっており、最初に決めたデータ容量をグループ内でシェアします。

ウルトラシェアパックの料金
  データ容量 月額料金
ウルトラシェアパック30 30GB 14,850円
ウルトラシェアパック50 50GB 17,600円
ウルトラシェアパック100 100GB 27,500円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

ウルトラシェアパックは、ベーシックシェアパックよりも大容量のプランが用意されていました。

そのため、ベーシックシェアパックではデータ容量が足りないという方向けのプランと言えます。

しかし、近年のドコモのプランと比べると月額料金が高額なため、2023年現在でシェアパックを選ぶ必要性は薄いでしょう。

ドコモオンラインショップ限定!
対象スマホが22,000円(税込)割引!

ドコモ 公式サイトはこちら

シェアパック廃止後の新プランへの移行:検討すべきポイント

ドコモのシェアパックは2023年時点で廃止されており、新規申し込みができません。

そのため、シェアパックを検討していた方はその他の料金プランを選ぶことになります。

なお、現在のドコモでは小容量から大容量まで幅広いプランを提供しているため、シェアパックを契約中の方もプランの見直しがおすすめです。

ここからは、ドコモで現在提供している以下のプランを解説します。

ドコモを検討している方で、どの料金プランを契約するか決めかねている方は、ぜひ参考にしてください。

ドコモオンラインショップ限定!
対象スマホが22,000円(税込)割引!

ドコモ 公式サイトはこちら

ahamoの契約数が500万突破!!
ahamoポイ活のおトクなキャンペーンも実施中!

ahamo 公式サイトはこちら

eximo

出典:NTTドコモ公式 eximo
eximo:基本情報
  eximo
データ容量 〜1GB 1GB〜3GB 3GB~無制限
月額料金 4,565円  5,665円 7,315円
国内通話料 家族間通話無料 ※1
家族以外への通話:22円/30秒

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※1. 同一「ファミリー割引」グループに加入している場合、
  国内通話は無料となります

eximoは月間データ容量が無制限かつ従量課金制の料金プランです。

個人で契約する場合は月額料金が高額になりやすいですが、各種割引を適用することで月額料金をお得にできます。

eximoで適用可能な割引は「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割/home 5G セット割」「dカードお支払い割」があり、全て適用させた場合は合計で2,387円(税込)の割引となります。

データ容量無制限を月々5,000円以下で利用できるのはかなりお得だと言えるでしょう。

また、eximoの場合テザリングも無制限で利用することができるため、自宅のWi-Fi替わりとして利用した場合は、月々の通信費をさらに節約することができます。

シェアパックと比べると、eximoの方が一人あたりが使えるデータ容量は多くなります。しかし、少ないデータ容量で足りていた方の場合は月額料金が高額になってしまう可能性があります。

ドコモオンラインショップ限定!
対象スマホが22,000円(税込)割引!

ドコモ 公式サイトはこちら

irumo

出典:NTTドコモ公式 irumo
irumo:基本情報
  irumo
データ容量 0.5GB ※1 3GB 6GB 9GB
月額料金 550円 2,167円 2,827円 3,377円
国内通話料 22円/30秒
超過時の通信速度 最大128kbps 最大300kbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※1. 0.5GBの通信速度は送受信最大3Mbpsとなります。

irumoは、ドコモが提供する小容量が魅力的な新プランです。

自身のデータ使用量にあわせて好きなプランを選択することができる料金プランとなっており、最安で0.5GB 550円(税込)から利用することができます。

irumoは小容量プランのため、少ない容量で問題ないという方にピッタリのプランです。

シェアパックを契約していて、毎月のデータ使用量が少ない方であれば、irumoを契約することで月額料金をお得にすることができますよ。

しかし、「みんなドコモ割」は対象外(0.5GBプラン以外は、回線数のカウント対象には含まれます)であることや、10GB以上の容量は選択できないといったところはデメリットと言えるでしょう。

また、0.5GBプランの場合、通信速度は最大3Mbpsとなりエリアに関わらず4G(LTE)ネットワークでの利用となります。各種割引も適用対象外となるため、注意が必要です。

使い方にあわせて選べる4つのプラン
オンライン手続きは契約事務手数料無料!

irumo公式サイトはこちら

ahamo

出典:ahamo公式
ahamo:基本情報
  ahamo
データ容量 20GB 100GB
月額料金 2,970円 4,950円
国内通話料 ・1回あたり5分間の国内通話が無料
・超過後:22円/30秒
超過時の通信速度 最大1Mbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

ahamoは、月額2,970円(税込)という安さで「1回あたり5分以内の国内通話かけ放題」と「海外でも基本データ容量20GBが利用可能」という格安プランです。

また、+1,980円で「ahamo大盛り」オプションを契約すると、合計100GBの大容量を月額4,950円(税込)で利用することができます。

ahamoは、基本的にオンライン専用プランのため、オンラインでの契約を推奨しています。

店舗での契約サポートも可能ですが、その場合3,300円(税込)の契約事務手数料が発生するため、Webでの手続きに慣れている方向けのプランと言えるでしょう。

自身が使っているデータ容量によっておすすめできるプランが変わるため、毎月使っているデータ容量を確認してから、乗り換えるプランを決めましょう。

ahamoの契約数が500万突破!!
ahamoポイ活のおトクなキャンペーンも実施中!

ahamo 公式サイトはこちら

ドコモオンラインショップ限定!
対象スマホが22,000円(税込)割引!

ドコモ 公式サイトはこちら

まとめ

・ドコモのシェアパックは2019年5月31日に新規受付を終了済み
・ドコモの新プランの方がシェアパックよりお得に契約できる可能性が高い
・eximo、irumo、ahamoはそれぞれ特徴が異なる
・自身の使うデータ容量に合わせて契約するプランを選ぶと良い
・eximoはデータ無制限で利用可能、テザリングも無制限で使える
・月々のデータ利用量が9GB以下で収まる場合はirumoがおすすめ
・ahamoは2,970円(税込)で20GB、追加オプションの加入で合計100GBまで利用可能

※2023年8月27日時点の調査内容です。

この記事の参考・引用サイトまとめ

  1. NTTドコモ公式 ベーシックシェアパック・ウルトラシェアパック
  2. NTTドコモ公式 eximo
  3. irumo公式
  4. ahamo公式
公式サイトはこちら