SEARCH SEARCH SEARCH

ユーザーの口コミ情報

IIJmioの初期費用はどれくらいかかる?契約事務手数料が安くなる方法を大公開!

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

IIJmioの初期費用はどれくらいかかる?

格安SIM会社の中でも屈指の安さを誇る「IIJmio」。

充実した機能や手厚いサポートにも定評があり、顧客満足度1位を獲得している人気の格安SIM会社です。

そんなIIJmioへの乗り換えを検討しているあなたは、「初期費用ってどれくらいかかるのかな?」と気になってるのではないでしょうか。

そこで本記事では、IIJmioの初期費用について詳しく解説していきます。

また、契約事務手数料が安くなる方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

IIJmioの初期費用は3種類!

IIJmioの契約時にかかる費用は「契約事務手数料」「SIMカード発行手数料」「端末代」の3つです。

契約事務手数料の3,300円(税込)は、事前に数百円のエントリーパックを購入することでなくすことができますが、利用できなくなるキャンペーンもあるので、自身の乗り換えるタイミングに開催しているキャンペーンを確認して、お得な方を利用しましょう。

初月の月額利用料金は日割りで計算してくれるので、いつでも損なく乗り換えることが可能です。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

IIJmioの初期費用は契約事務手数料+SIMカード発行手数料+端末代

IIJmio顧客満足度1位の広告画像
出典:IIJmio公式

IIJmioの初期費用は、大きく分けて「契約事務手数料」「SIMカード発行手数料」「端末代」の3つがあります。

それぞれにかかる費用は、以下の通りです。

IIJmioの初期費用
手数料 料金
契約事務手数料 3,300円
SIMカード発行手数料 ・タイプD:433.4円
・タイプA:446.6円
・eSIM:220円
端末代 端末によって異なる

※価格は税込表示です。

端末代については、SIMカードと端末をセット購入する方のみ必要になります。

つまり、契約内容に関わらず発生するのは「契約事務手数料」と「SIMカード発行手数料」の2つになります。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

エントリーパッケージを利用して初期費用を安く抑えよう

出典:IIJmio公式 えらべるSIMカード

IIJmioを契約する際にエントリーパッケージを利用すると、初期費用を安く抑えることができます。

エントリーパッケージには紙パッケージ版とダウンロード版があり、それぞれにエントリーコードの情報が載っています。

いずれかを購入してIIJmioの公式Webサイトから申し込みをすることで、契約事務手数料を無料にすることが可能です。

IIJmioのエントリーパッケージは、AmazonやYahoo!ショッピング、その他のサイトから購入でき、価格は以下の通りです。

IIJmioエントリーパッケージの価格
販売元 料金
Amazon 380円(紙パッケージ版)
350円(ダウンロード版)
Yahoo!ショッピング 280円(紙パッケージ版)
ヨドバシカメラ 1,650円(紙パッケージ版)

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※2023年9月5日時点の料金です。

エントリーパッケージの利用手順

エントリーパッケージを利用する手順は、以下の通りです。

IIJmioのエントリーパッケージご利用手順

1.「サービス開始のお申し込み」をクリック
2.「事前支払いした(IIJmio音声パック等)」をクリック
3.「SIMカードなし」をクリック
4.エントリーコードを入力する

エントリーパッケージを利用する際の注意点

エントリーパッケージで申し込めるのは「ギガプラン」と「従量制プラン」

IIJmioでは、月額料金を支払って決まったデータを使うギガプランと、使った分だけ支払う従量制プランがあります。

エントリーパックは、このどちらも申し込み可能です。

ちなみに、従量制プランは1GB 528円(税込)~ですが、ギガプランであれば2GB 410円(税込)~から契約でき、データの追加も1GB 220円(税込)で可能なので、毎月2GB以上使う場合はギガプランの方がお得です。

SIMカード発行手数料は無料にならない

エントリーパッケージを購入すれば、契約事務手数料の3,300円(税込)は無料になりますが、SIMカード発行手数料は変わらず発生します。初期費用がすべて無料になるわけではないので注意しましょう。

SIMカードは好きなものを選べる

エントリーパッケージを利用してIIJmioに申し込むからと言って、選択できるSIMカードの種類が限られることはありません。「eSIM」をはじめとする「音声通話SIM」、「SMS対応SIM」、「データSIM」の全てのSIMカードが利用可能となっています。

選択したSIMカードは後日、お申し込みから最短3~4日で自宅に届きます。

端末とのセット購入も可能

スマホの画像
出典:Unsplash公式

端末をセット購入する場合でも、エントリーパッケージの利用が可能です。

端末をセットで購入する際は、本人確認書類が必要となり、本人確認が完了した住所のみのお届けとなります。

キャンペーンが利用できないことがある

エントリーパッケージはキャンペーンとの併用ができないケースが多く、割引対象端末を特別価格で購入できなくなるので注意が必要です。

結果的に損をしてしまうケースもあるため、キャンペーン内容はホームページをよく確認してから利用するようにしてください。

エントリーパッケージとウェルカムパックの違いは?

先ほど紹介したように、エントリーパッケージにはSIMカードが同梱されていません。

一方で、似たような名前のウェルカムパックにはSIMカードが同梱されています。

その分ウェルカムパックパックは、エントリーパッケージと比べると値段が上がり、3,000円程度となっています。

エントリーパッケージを購入すれば、SIMカード発行手数料とあわせても1,000円に満たないので、エントリーパッケージの購入がおすすめです。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

IIJmioの初期費用に関するキャンペーンを活用しよう

現在、IIJmioでは初期費用の割引キャンペーンを実施しています。

以下では、キャンペーン内容について詳しく解説しているので、さっそく見ていきましょう。

キャンペーンを使えば契約事務手数料が半額になる

出典:IIJmio公式サマーキャンペーン

IIJmioには「初期費用割引キャンペーン」があり、適用されると契約事務手数料が半額になります。

IIJmioの契約事務手数料は3,300円(税込)なので、キャンペーンを利用すれば1,650円(税込)で契約可能です。

なお、eSIMを契約する方は、契約事務手数料が2,750円(税込)割引の550円(税込)になります。

キャンペーンを利用するには、2023年9月30日までに申し込む必要があるので、お得に契約するなら今がチャンスです。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

IIJmioは初月料金を日割り計算してくれるのでいつ乗り換えてもOK

IIJmioのロゴ
出典:IIJmio公式

IIJmioへの乗り換えを検討している方の中には、「いつ乗り換えるのがお得なんだろう?」と気になっている方も多いでしょう。

ありがたいことに、IIJmioは初月料金を日割り計算してくれるので、どのタイミングで契約しても損をすることはありません。

ただし、利用開始月に付与されるデータ容量も日割りされるので、月中や月末に契約する場合は使い方に注意しましょう。

データシェア機能を利用するならSIMカードは最初から追加しよう

複数の回線でデータ通信量をシェアできる「データシェア機能」を利用する方は、最初からSIMカードを追加で申し込むと良いでしょう。

申し込みをする際、同時に複数の回線を契約することで、データシェア機能を即時利用できます。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

まとめ

・IIJmioの初期費用は「契約事務手数料」「SIMカード発行手数料」「端末代」の3つ
・エントリーパッケージでは契約事務手数料を0円にできるが、キャンペーンとの併用ができない場合も多い
・キャンペーン(期間限定)を活用すると契約事務手数料を半額(1,650円(税込))にできる
・IIJmioは初月料金を日割り計算してくれる(いつ乗り換えても損をすることはない)

2023年9月5日時点の調査内容です。

この記事の参考・引用サイトまとめ

  1. IIJmio公式
  2. IIJmio公式 えらべるSIMカード
  3. IIJmio公式サマーキャンペーン
公式サイトはこちら