SEARCH SEARCH SEARCH close

iPhoneのデータ通信量を節約する8つの方法

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

「月末付近になると、データ通信量が足りなくなる……」と悩んでいませんか?

契約しているデータ容量を超過し、速度制限にかかると、快適にインターネットが使えなくなります。

解決策としては「データ容量を増やす」「データ通信量を節約する」の2つが挙げられます。

前者は、契約中の通信キャリアで料金プランを変更し、データ容量を増やす方法。手軽に問題を解決できますが、月額料金は高くなります。

そのため、本記事では後者の「データ通信量を節約する」に焦点を当てて解説していきます。

モバワンYouTubeにて動画公開中!

動画では、SNS系アプリでのデータ節約術を紹介しています。本文にないテクニックも紹介しているので、ぜひご覧ください。

初期設定で機能が「オン」になっていることも。設定を見直すことが節約に

iPhoneのデータ通信量を節約するには、いくつかの方法があります。

不要な機能がオンになっている場合は、オフにするだけでも節約が可能です。また、あまり知られていない「解析と改善の送信をオフにする」といった対応もあります。

8つの方法について紹介していますので、参考にしてみてください。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

どれくらいで1GB?データ通信量の目安を確認!

はじめに、どのサービスをどれくらい使うと1GBを消費するのか、データ通信量の目安を確認しておきましょう。

自分に適したデータ容量を知ることで、最適な料金プランを選択できるようになります。

データ通信量1GBの目安
Webページ閲覧 約3,000ページ
メール(テキストのみ) 20万通
動画(標準画質) 2.3時間
音楽ストリーミング 11.5時間
音声通話 56時間

※表は右にスクロールできます。
詳細:データ通信量が消費する目安を教えてください。

上記の表や、契約中の通信キャリアのマイページからデータ使用量・残量などを確認し、自身の使い方を把握しましょう。

■関連記事
ワイモバイルの通信量を調べる方法。過去分の確認は可能?
UQモバイル|通信量を確認する方法と計算がおかしいときの対処法
楽天モバイルでデータ通信量を確認する方法は?

モバワンチャンネル:【ソフトバンク】ギガ数を確認する方法【My SoftBankアプリ徹底解説】

iPhoneのデータ通信量を節約する方法8選!

ここからは、iPhoneのデータ通信量を節約する方法を紹介します。細かいものを挙げると他にもありますが、効果を感じやすい方法に厳選しました。

以下の8項目に分けて確認していきましょう。

Wi-Fiでしか使わないアプリのモバイル通信をオフにする

最初に紹介する方法は「Wi-Fiでしか使わないアプリのモバイル通信をオフにする」です。

データ通信量を消費する通信方法の「モバイル通信」は、アプリごとにオン/オフを切り替えられます。

設定の変更方法・手順は、以下の通りです。

アプリのモバイル通信をオフにする方法

1.「設定」を開き「モバイル通信」をタップする。
2. 下にスクロールし、アプリごとにオン/オフを設定する。

アプリの一覧には、これまでのデータ通信量の合計が多い順に表示されます。この点も踏まえて設定すると、効果を感じやすいでしょう。

Wi-Fiアシスト機能をオフにする

「Wi-Fiアシスト」とは、接続しているWi-Fiの通信状態が悪いときに、自動でモバイル通信に切り替える機能です。

Wi-Fiの接続をオフにしないため、対象のWebページを引き続き読み込むことができます。
iOS 9から利用できるようになりました。

快適な通信を使うためには役立つ機能ですが、意図せずモバイル通信を使ってしまう可能性があります。
可能な限り節約したい方は、オフにしておいたほうが良いでしょう。

設定方法の手順は以下の通りです。

Wi-Fiアシストの設定方法・手順

1.「設定」を開き「モバイル通信」をタップする。
2. 下にスクロールし「Wi-Fiアシスト」をオフにする。

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

iOSアプリの中には「バックグラウンド更新」の機能を持つものがあります。

バックグラウンド更新とは、アプリを起動していないときにも情報を更新し続ける機能。例えば、ショッピングサイトのアプリなら商品やセールの情報が、音楽アプリならヒットチャートの情報が常に更新されます。

こちらもiPhoneを最大限活用するには必要な機能ですが、データ通信量を消費してしまいます。
常に最新の情報にしておく必要がないアプリは、オフにしておきましょう。

設定方法の手順は以下の通りです。

アプリのバックグラウンド更新の設定方法・手順

1.「設定」を開き「一般」→「Appのバックグラウンド更新」と進む。
2. 一覧から対象のアプリのオン/オフを切り替える。

画面上部の「Appのバックグラウンド更新」をタップすると、一括で変更できる画面に進みます。「オフ」「Wi-Fi」「Wi-Fiとモバイル通信」の3択で選択できるため、必要に応じて切り替えましょう。

iPhoneの動作が重くなる原因や、容量を減らす方法はこちらでも紹介しています。

アプリの自動ダウンロードをオフにする

ダウンロードしたアプリは、新しい機能やセキュリティ情報を更新するために、定期的にアップデートされます。

初期設定ではモバイル通信でもダウンロードされるようになっており、所有しているアプリの数によっては通信量がかさんでしまいます。

節約を目的とするのなら、設定をオフに変更したほうが良いでしょう。
設定の変更方法・手順は、以下の通りです。

アプリの自動ダウンロードをオフにする方法・手順

1.「設定」を開き、下にスクロール。「App Store」をタップする。
2.「モバイルデータ通信」の項目の「自動ダウンロード」をオフにする。

「自動ダウンロード」の下に表示されている「Appダウンロード」では、モバイル通信でダウンロードをする際、確認の通知を出す設定ができます。

モバイル通信を使ったアプリのダウンロード、または更新をしたい場合はこちらを選択しましょう。

位置情報が不要なアプリはオフにする

iOSアプリでは「位置情報サービス」が使われています。
「マップ」や「iPhoneを探す」が代表的ですが、他にも多くのアプリで使用されているのです。

位置情報の特定方法としては「GPS」が有名です。GPSは人工衛星の情報を使っているため、データ通信量は発生しません。

しかし、それだけでは精度が低いため「モバイル通信」も使用されています。
比較的大きな通信量になるため、不要なアプリはオフにしておきましょう。

設定方法・手順は以下の通りです。

アプリの位置情報サービスをオフにする方法・手順

1.「設定」を開き「プライバシーとセキュリティ」→「位置情報サービス」と進む。
2. 下にスクロールし、オフにしたいアプリを選択する。
3.「しない」「次回または共有時に確認」「このAppの使用中」の中から選択する。

1.「設定」を開き「プライバシーとセキュリティ」→「位置情報サービス」と進む。

2. 下にスクロールし、オフにしたいアプリを選択する。
3. 「しない」「次回または共有時に確認」「このAppの使用中」の中から選択する。

「このAppの使用中のみ許可」に設定すると、起動している間のみ位置情報を利用するようになります。目的にあわせて設定しましょう。

動画・SNSアプリの設定を変更する

アプリにはいろいろな種類がありますが、中でも「動画アプリ」「SNSアプリ」はデータ通信量が多くなりがちです。アプリごとの設定を変更して通信量を節約しましょう。

ここでは、以下のサービスの設定方法を紹介します。

アプリの設定変更:紹介するサービス

YouTube

YouTubeでは「モバイルネットワーク接続時の画質設定」を変更します。モバイルネットワークに接続しているときに低画質にすることによって、節約できます。

設定の変更方法・手順は、以下の通りです。

YouTube:モバイルネットワーク接続時の画質設定の変更方法

1.「YouTube」アプリを開き、右上のアカウントマークをタップする。
2.「設定」→「動画の画質設定」→「モバイルネットワーク接続時」と進む。
3. 「自動(推奨)」「高画質」「データセーバー」から選択する。

1.「YouTube」アプリを開き、右上のアカウントマークをタップする。

2.「設定」→「動画の画質設定」→「モバイルネットワーク接続時」と進む。

3. 「自動(推奨)」「高画質」「データセーバー」から選択する。

「データセーバー」を選択することで低画質になり、データ通信量を節約できます。

Amazon Prime Video

Amazon Prime Videoでは「ストリーミング品質の設定」を変更します。

Wi-Fiに接続しているときは、高画質での再生が可能です。設定の変更方法・手順は、以下の通りです。

Amazon Prime Video:ストリーミング品質設定の変更方法

1.「Prime Video」アプリを開き、右下の「マイアイテム」をタップする。
2. 右上の「設定(歯車マーク)」→「ストリーミング再生・ダウンロード」と進む。
3.「ストリーミング品質」を開き「最高」「高」「中」から選択する。

1.「Prime Video」アプリを開き、右下の「マイアイテム」をタップする。

2. 右上の「設定(歯車マーク)」→「ストリーミング再生・ダウンロード」と進む。

3 「ストリーミング品質」を開き「最高」「高」「中」から選択する。

Twitter

Twitterでは「動画の自動再生の設定」を変更します。設定の変更方法・手順は以下の通りです。

Twitter:動画の自動再生設定の変更方法

1.「Twitter」アプリを開き、左上のアカウントマークをタップする。
2. 下にスクロールし「設定とプライバシー」をタップする。
3.「アクセシビリティ、表示、言語」→「データ利用の設定」と進める。
4.「データセーバー」をオンにする。

1.「Twitter」アプリを開き、左上のアカウントマークをタップする。
2. 下にスクロールし「設定とプライバシー」をタップする。

3.「アクセシビリティ、表示、言語」→「データ利用の設定」と進める。

4.「データセーバー」をオンにする。

「データセーバー」をオンにすることで、画面下部に表示されている項目が一括で変更されます。個別で設定したい場合は、それぞれ変更しましょう。

LINE

LINEでは「動画の自動再生の設定」を変更します。設定の変更方法・手順は、以下の通りです。

LINE:動画の自動設定の変更方法

1.「LINE」アプリを開き、右上の「設定(歯車のマーク)」をタップする。
2.「写真と動画」→「動画の自動再生」と進む。
3.「自動再生しない」「Wi-Fiのみ」「モバイル通信とWi-Fi」から選択する。

1.「LINE」アプリを開き、右上の「設定(歯車のマーク)」をタップする。

2.「写真と動画」→「動画の自動再生」と進む。

3. 「自動再生しない」「Wi-Fiのみ」「モバイル通信とWi-Fi」から選択する。

iCloudの設定を変更する

iCloudとは「データのバックアップ」や「iOS端末同士のデータの共有」ができる機能です。

モバイル通信をオフにすることで、通信量の節約が期待できます。設定の変更方法を見ていきましょう。

iCloudのモバイル通信をオフにする方法

1.「設定」を開き「モバイル通信」をタップする。
2. 一番下までスクロールし「iCloud Drive」と「iCloud バックアップ」をオフにする。

モバイル通信を使って一部の情報をバックアップしたい場合は、上記の設定をせずに「iCloudバックアップ」の設定変更がおすすめです。以下の手順に沿って進めてください。

iCloudでバックアップする項目の変更方法

1.「設定」を開き、画面上部に表示されている名前をタップする。
2.「iCloud」を開き、少し下にスクロール。不要な項目をオフにする。

解析と改善の送信をオフにする

「解析と改善」とは、iPhoneの使用状況データをAppleに送信することで、Apple製品の品質向上に協力する設定です。データは毎日、自動で送信されます。

オン/オフの設定は、iPhoneの初期設定時に選択したものが適用されています。あまり大きな通信量ではありませんが、気になる方はオフにしておきましょう。

設定の変更方法・手順は、以下の通りです。

解析と改善の送信をオフにする方法

1.「設定」を開き「プライバシーとセキュリティ」をタップする。
2. 下にスクロールし「解析と改善」をタップする。
3.「iPhone 解析を共有」をタップし、オフにする。

iPhoneのデータ通信量の節約に関するよくある質問

最後に「iPhoneのデータ通信量の節約」に関するよくある質問を紹介します。
不明点がある方は、ぜひご覧ください。

Q
データ通信量が急に増えた!原因と対処法は?
A

これまでの使い方と同じにもかかわらず、データ通信量が増加している場合「アプリやOSのアップデート」が原因になっている可能性があります。

アプリの大型アップデートやOSのダウンロードは、比較的大きな通信量を消費します。本記事で紹介した対処法の中でも、以下の項目を見直してください。

Q
iPhoneでデータ通信量の上限を設定する方法はある?
A

iPhoneは、Androidのようにデータ通信量の上限を設定する方法はありません。

通信キャリアなどが提供しているアプリを活用して、自分でデータ通信量を管理する必要があります。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

まとめ

◆iPhoneのデータ通信量を節約する方法8選
1. Wi-Fiでしか使わないアプリのモバイル通信をオフにする
2. Wi-Fiアシスト機能をオフにする
3. アプリのバックグラウンド更新をオフにする
4. アプリの自動ダウンロードをオフにする
5. 位置情報が不要なアプリはオフにする
6. 動画・SNSアプリの設定を変更する
7. iCloudの設定を変更する
8. 解析および改善の送信をオフにする
・データ通信量が急に増えた場合、アプリやOSがアップデートされた可能性がある
・iPhoneにデータ通信量の上限を設定する機能はない

2022年8月21日時点の調査内容です。

この記事を書いた人

望月 聖也
望月 聖也

大手通信キャリアの代理店で7年間働いた経験を活かし、スマホ・光回線系のメディアを中心にフリーライターとして活動中。複雑な料金プランやサービスを、わかりやすくかみ砕いて解説します。

楽天モバイル スマホそのまま乗り換え6,000ポイントプレゼント 今すぐ申し込む