SEARCH SEARCH SEARCH

ユーザーの口コミ情報

povoは中学生・高校生の子どもでも契約できる?受付基準やサービス内容を深掘り!

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

auが提供するオンライン専用プランのpovoは、中学生・高校生にもおすすめの通信キャリアです。

「基本料0円、必要な分だけトッピングできる」という一風変わった料金プランは、子どものスマホにも最適! データ容量の購入は保護者のアプリで管理できるため、スマホの使い過ぎを防止できます。

また、無料のフィルタリングサービスを活用することで、安心・安全にインターネットを利用できるでしょう。

本記事では、povoのサービス内容を「受付基準・フィルタリングサービス・料金プラン」の3つの項目に分けて解説します。LINEMOやahamoとの月額料金比較もまとめていますので、あわせてご覧ください。

povoならauと同様のフィルタリングサービスを無料で使える!

有害なWebサイトやアプリ、SNSでの誹謗中傷やスマホ依存などから子どもを守るために欠かせないフィルタリングサービス。

povoならauで提供されている「あんしんフィルター for au」と「未成年WEBフィルター」の2つのサービスを無料で利用できます。

「Webサイト/アプリの自動ブロック・利用時間の制限・利用状況の確認」といったフィルタリング機能を活用して、安全にインターネットを使いましょう。

povo モバワン厳選!口コミ・評判掲載中

povoは中学生・高校生の名義で契約できる?

出典:povo公式 キャラクター紹介

povoは中学1年生(13歳以上)から契約可能です。未成年の方が申し込む場合、以下のものが必要になります。下表を参考に準備をしましょう。

未成年の方がpovoを契約するときに必要なもの
未成年の方の
本人確認書類
(いずれか1点)
・運転免許証
・マイナンバーカード
 (個人番号カード)
・在留カード
支払い先情報 クレジットカード ※1
あと払い(ペイディ)
保護者(親権者)の同意 保護者の情報の入力
MNP予約番号 ※2
(乗り換えの場合)
連絡先情報 メールアドレス ※3

※表は右にスクロールできます。
※1. 未成年の方が契約者になる場合、
  保護者名義のクレジットカードを利用できます。
※2. ワンストップ方式非対応サービスからの
  乗り換えの際に必要です。
※3. キャリアメールアドレスは利用できません。

上記のうち、本人確認書類には細かく受付基準が定められています。詳しくは、下記の公式サイトを参照してください。

詳細:povo ご本人さま確認について

また、povoの支払い方法はクレジットカードに限られていましたが、2024年1月23日から「あと払い(ペイディ)」に対応しました。そのため、「あと払い(ペイディ)」を利用することで口座振替やコンビニ支払いができるようになります。

なお、クレジットカードは未成年の方が契約者になる場合に限り、保護者名義のクレジットカードを利用することが可能です。

MNP予約番号は、ワンストップ方式非対応サービスからpovoに乗り換える場合にのみ必要です。最新の対応状況は、総務省公式の下記サイトを確認してください。

詳細:総務省 携帯電話ポータルサイト

また、MNPワンストップについては下記記事で詳しく解説しています。

詳細:モバワン MNPワンストップとは?詳細や手続き方法をわかりやすく解説!

契約後の名義変更は不可!

povoでは契約後の名義変更(譲渡)は受け付けていません。家族間でも変更はできないので、必ず本人名義で契約をするようにしましょう。

なお、povoの名義変更については当サイトの下記記事で詳しく解説しているので、こちらも参照してください。

詳細:モバワン povoで名義変更(譲渡)はできる?各種手続きの必要書類・申し込み方法も確認!

13歳未満の子どもに持たせる場合は保護者名義で契約を

13歳未満の子どもがpovoのサービスを利用する場合、保護者の名義で契約し「利用者登録」をする必要があります。申し込みに必要なものは以下のとおりです。

保護者の名義でpovoを契約する際に必要なもの
保護者の
本人確認書類
(いずれか1点)
・運転免許証
・マイナンバーカード
 (個人番号カード)
・在留カード
支払い先情報 クレジットカード ※1
あと払い(ペイディ)
MNP予約番号 ※2
(乗り換えの場合)

※表は右にスクロールできます。
※契約可能回線数は最大5回線です。
※1. 契約者名義のクレジットカードのみ利用できます。
※2. ワンストップ方式非対応サービスからの
  乗り換えの際に必要です。

保護者の名義で契約する場合、子ども(利用者)の本人確認書類は不要です。契約者情報の入力後、利用者の情報を登録してください。

なお、申し込み手順は、以下の動画でわかりやすく解説しています。手続きを始める前にぜひチェックしてみてください。

動画内において支払い方法はクレジットカードのみと紹介していますが、現在は「あと払い(ペイディ)」にも対応しています。

povo モバワン厳選!口コミ・評判掲載中

povoならauと同じフィルタリングサービスが使える!

出典:写真AC公式

子どもが安心・安全にインターネットを使えるよう、通信キャリア各社はフィルタリングサービスの提供を行っています。

povoでは、auが提供する2つのフィルタリングサービスを無料で利用可能事前にサービス内容を確認し、ルールを決めておくことで「トラブルに巻き込まれないか心配」「勉強に集中できなくならない?」といった不安を解消できるでしょう。

ここでは以下の2つの項目に分けて、フィルタリングサービスの基本的な情報を紹介します。

povoならauと同じフィルタリングサービスが使える!

あんしんフィルター for au

「あんしんフィルター for au」は、子どもの年齢や利用用途にあわせて、Webサイトやアプリの使用を管理・制限できるサービスです。主に以下の4つの機能に対応しています。

あんしんフィルター for auの主な機能
フィルタリングの種類 サービス概要
Webサイト
/アプリのフィルター
・子どもにふさわしくないWebサイトや
 アプリが自動でブロックされる。
・Wi-Fiを利用しているときにも
 フィルタリングが適用される。
利用時間の制限 ・インターネットとアプリの利用を制限できる。
・利用時間帯は曜日ごとに設定可能。
利用状況の確認 ・過去7日間のインターネットの
 利用状況を確認できる。
・Webサイトのジャンルと閲覧回数を確認できる。
エリア検索 ・子どもの現在の周辺エリア(最小で半径50m、
 最大で半径4,000m)を表示できる。
・子どもには検索されたことがSMSで通知される。

※表は右にスクロールできます。

上記のうち「Webサイト/アプリのフィルター」では、小学生・中学生・高校生・高校生プラスの4段階からフィルタリング強度を選択できます

たとえば「小学生」ではゲーム関連のWebサイトが制限されますが「中学生」以上なら利用可能です。制限の対象となるWebサイトへのアクセスを個別に許可することもできるため、まずは学齢にあわせて設定しましょう。

なお、iPhoneなどのiOS端末はアプリの個別許可に対応していません。事前に下記公式サイトで詳細情報を確認した上で利用してください。

詳細:あんしんフィルター for au

未成年WEBフィルター

「未成年WEBフィルター」は、子どもに不適切だと判断されたWebサイトへのアクセスを自動的に制限するサービスです。以下にカテゴリ別の利用可否をまとめましたので、参考にしてください。

未成年WEBフィルター:カテゴリ別の利用可否
フィルタリングカテゴリ 利用可否
違法・不法情報 × 制限
出会い / アダルト / 暴力
/ ギャンブル / 飲酒・喫煙
× 制限
フィッシング / ウイルスなど
セキュリティに問題があるWebサイト
× 制限
SNS / 掲示板などのコミュニケーション 〇 許可
グラビア / オカルト / 懸賞 〇 許可
ゲーム / 占い / 電子書籍
/ 動画配信 / 芸能情報
〇 許可
ショッピング / オークション 〇 許可
Webメール 〇 許可

※表は右にスクロールできます。
※制限は個別に解除できません。

なお、Wi-Fi利用時には上記の制限が適用されません。前述した「あんしんフィルター for au」とあわせて利用し、有害サイト/アプリから子どもを守りましょう。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au OnlineShop

中学生・高校生の子どもにpovoはおすすめ?料金プランをチェック

出典:povo公式 料金プラン詳細

「基本料0円、必要な分だけトッピングできる」という特徴を持つpovoは、中学生や高校生にもおすすめの通信キャリアです。ユーザー自身で料金プランをカスタマイズする必要はありますが、使い方によっては業界最安値級になります。

まずは、データ容量を追加できる「データトッピング」を一覧で確認しましょう。

※povoのデータトッピングの正しい名称は「データ追加〇GB(〇日間)」ですが、以下の文章内では「〇GB(〇日間)」と短縮して記載します。

povo:データトッピング一覧
データ容量(有効期限) 金額/回
1GB(7日間) 390円
3GB(30日間) 990円
20GB(30日間) 2,700円
60GB(90日間) 6,490円
150GB(180日間) 12,980円
データ使い放題(24時間) 330円

※価格は税込表示です。
※データ容量超過後は、最大128kbpsの
 速度制限が実施されます。

現在、povoでは基本的に上記6種類のデータトッピングが提供されています。それぞれ異なる有効期限が設定されているため、事前に確認し、目的にあったものを選択してください。

たとえば「3GB(30日間)」と「20GB(30日間)」には30日間の有効期限が設定されており、一般的な通信キャリアと同じような使い方ができます。ひと月3GBなら月額990円(税込)、ひと月20GBなら月額2,700円(税込)のようなイメージです。

一方「60GB(90日間)」と「150GB(180日間)」には有効期限が長く設定されているため、使い方によってはさらに月額料金を節約できます。

たとえば「60GB(90日間)」を3ヵ月間に分けて使った場合、ひと月に使えるデータ容量は20GB、月額料金は2,163円(税込)となるのです。以下に有効期限にあわせてデータ容量を割り振った場合の実質月額料金をまとめましたので、参考にしてください。

60GB・150GBを有効期限にあわせて割り振った場合の実質月額料金
  データ容量 実質月額料金
60GB
(90日間)
20GB
(60GB÷3ヵ月)
2,163円
(6,490円÷3ヵ月)
150GB
(180日間)
25GB
(150GB÷6ヵ月)
2,163円
(12,980円÷6ヵ月)

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

■関連記事
povoの料金プランを深掘り解説!メリット・デメリットや料金シミュレーションもチェック

電話をよくかける方には「通話トッピング」がおすすめ!

povoは電話をよくかける方に向けて、2種類の「通話トッピング」を提供しています。

povo:通話トッピング
  5分以内通話かけ放題 通話かけ放題
月額料金 550円 1,650円
サービス
内容
1回5分以内の
国内通話が
かけ放題になる。
24時間いつでも
国内通話が
かけ放題になる。
超過後の
国内通話料
22円/30秒

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※購入後、解除登録をするまでは自動で継続されます。

「5分以内通話かけ放題」は、1回あたり5分以内の国内通話がかけ放題になるトッピングです。ひと月の合計通話時間が13分以上の方は、加入することで月額料金を節約できます。

「通話かけ放題」は、24時間いつでも国内通話がかけ放題になるトッピングです。ひと月の合計通話時間が38分を超える方は加入したほうが良いでしょう。

povo モバワン厳選!口コミ・評判掲載中

子どものスマホ代を節約!格安プランとの月額料金比較

ここからは「子どものスマホ代を節約したい!」と考えている方に向けて、大手通信キャリアが提供する格安プランとの月額料金比較を紹介します。

データ容量・月額料金・特徴をチェックした上で、子どもの使い方にあったサービスを見つけてください。

子どものスマホ代を節約!格安プランとの月額料金比較

povoとLINEMOの月額料金比較

出典:(左)povo公式 料金プラン詳細(右)LINEMO公式

月額料金比較の結果を見る前に、LINEMOの基本情報と特徴を紹介します。まずは以下の一覧表をご覧ください。

povoとLINEMO:料金プランの基本情報
  povo ※1 LINEMO
ミニプラン スマホプラン
データ容量 3GB
(30日間)
20GB
(30日間)
60GB
(90日間)
150GB
(180日間)
3GB 20GB
月額料金 990円 2,700円 6,490円 12,980円 990円 2,728円
制限時の
通信速度
最大128kbps 最大300kbps 最大1Mbps
国内通話料 22円/30秒 22円/30秒
海外
データ通信
海外トッピングの購入が必要 国際サービスへの加入が必要

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※1. データトッピングのうち、30日以上利用できるもののみ記載しています。

LINEMOはソフトバンクのオンライン専用プランとして「ミニプラン(3GB)」と「スマホプラン(20GB)」の2つの料金プランを提供しています。どちらにも、LINEのデータ消費がゼロになる「LINEギガフリー」が付帯しているため、LINEをよく使う方におすすめです。

またスマホプランには、1,000万種類以上の対象スタンプ・絵文字が使い放題になる「LINEスタンプ プレミアム for LINEMO」が無料で付帯しています。

この点を踏まえた上で、povoとLINEMOの月額料金比較をチェックしていきましょう。

povoとLINEMOの月額料金比較
データ容量 povo ※1 LINEMO povoとの
金額差
〜3GB 3GB(30日間)
:990円
3GB
:990円
+-0円
〜20GB 20GB(30日間)
:2,700円
20GB
:2,728円
+28円
〜60GB 60GB(90日間)
:6,490円
〜150GB 150GB(180日間)
:12,980円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※1. データトッピングのうち、
  30日以上利用できるもののみ記載しています。

上記のうち「povoとの金額差」の項目を確認すると、3GB・20GBの月額料金には目立った違いがないことがわかります。20GBの比較ではLINEMOのほうが月額28円(税込)高い結果となっていますが、大きな差ではありません。

なお、前述のとおり60GB(90日間)や150GB(180日間)のプランをひと月換算すると、月額料金は実質2,163円(税込)となるため、LINEMOのスマホプランよりも565円(税込)安く利用できます。

また、ひと月20GB超の料金プランを求めている方にもpovoがおすすめです。povoでは60GB・150GBまでの大容量プランが提供されているため、インターネットをたくさん使いたい方も満足できるでしょう。

povo モバワン厳選!口コミ・評判掲載中

3年連続顧客満足度1位を獲得!
LINEのトークや通話もデータ消費量ゼロ!

LINEMO 公式サイトはこちら

povoとahamoの月額料金比較

出典:(左)povo公式 料金プラン詳細(右)ahamo公式

こちらも、月額料金比較の結果を見る前に基本的な情報と特徴を紹介します。まずは以下の一覧表をご覧ください。

povoとahamo:料金プランの基本情報
  povo ※1 ahamo
ahamo ahamo大盛り ※2
データ容量 3GB
(30日間)
20GB
(30日間)
60GB
(90日間)
150GB
(180日間)
20GB 100GB
月額料金 990円 2,700円 6,490円 12,980円 2,970円 4,950円
制限時の
通信速度
最大128kbps 最大1Mbps
国内通話料 22円/30秒 1回5分以内の国内通話かけ放題
(超過後:22円/30秒)
海外
データ通信
海外トッピングの購入が必要 20GBまで無料 ※3

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※1. データトッピングのうち、30日以上利用できるもののみ記載しています。
※2. 大盛りオプション(月額1,980円(税込))に加入した状態のデータ容量・月額料金です。
※3. 海外利用15日経過後に送受信最大128kbpsの通信速度制限がかかります。

ahamoはドコモの格安プランとして、ひと月20GBのデータ容量を使える「ahamo(月額2,970円(税込))」を提供しています。月額料金には「1回5分以内の国内通話かけ放題」と「ひと月20GBの海外データ容量」が含まれており、非常にお得です。

また「大盛りオプション(月額1,980円(税込))」を追加すれば、ひと月100GBの大容量プランを利用できます。「節約したいけどインターネットもたくさん使いたい!」と考えている方に最適な通信キャリアだと言えるでしょう。

この点を踏まえた上で、povoとahamoの月額料金比較を紹介します。

povoとahamoの月額料金比較
データ容量 povo ※1 ahamo povoとの
金額差
〜3GB 3GB(30日間)
:990円
20GB
:2,970円
+1,980円
〜20GB 20GB(30日間)
:2,700円
+270円
〜60GB 60GB(90日間)
:6,490円
100GB
:4,950円 ※1
-1,540円
〜100GB 150GB(180日間)
:12,980円
-8,030円
〜150GB

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※1. データトッピングのうち、
  30日以上利用できるもののみ記載しています。
※2. 大盛りオプション(月額1,980円(税込))に
  加入した状態のデータ容量・月額料金です。

上記のうち「〜3GB・〜20GB」の金額差を確認すると、いずれもpovoの月額料金が安いことがわかります。3GB以上・20GB以下に収まる方や、前述した付帯サービスに魅力を感じない方にはpovoがおすすめです。

一方、60GB以上のデータ容量ではahamoの月額料金が安い結果となりました。たとえば「ahamo:100GB」と「povo:60GB(90日間)」では、ahamoのほうがひと月40GB多い上、月額1,540円(税込)安く利用できます。

そもそもpovoの大容量トッピングはひと月で使い切ることを前提としたものではないため、20GB〜100GBの料金プランを探している方にはahamoが適しているでしょう。

povo モバワン厳選!口コミ・評判掲載中

ahamoの契約数が500万突破!!
ahamoポイ活のおトクなキャンペーンも実施中!

ahamo 公式サイトはこちら

まとめ

・povoは未成年(13歳以上)の契約に対応している
・povoは名義変更に対応していないため、本人(利用者)名義での契約がおすすめ
・未成年の方が契約者になる場合、支払い方法は保護者のクレジットカードとあと払い(ペイディ)が使える
・13歳未満の子どもがpovoのサービスを利用するには、保護者の名義で契約する必要がある
・保護者の名義で契約する場合、子どもの本人確認書類は不要
・povoではauで提供されているフィルタリングサービスを無料で利用できる
・必要な分だけデータ容量をトッピングできるpovoは中学生・高校生にもおすすめ

2024年1月7日時点の調査内容です。

この記事の参考・引用サイトまとめ

  1. povo公式
  2. povo公式 お子さまの初めてのスマホは安心のpovo2.0がオススメ!
  3. povo公式 料金プラン詳細
  4. povo公式 ご本人さま確認について
  5. povo公式 トッピング一覧
  6. povo公式 povo2.0ご利用にあたっての確認事項/ ご契約にあたっての確認事項
  7. povo公式 ご利用手続き(新規契約のお客さま)
  8. povoサポート公式 未成年者の名義で契約できますか?
  9. povoサポート公式 家族内での名義変更をしたい場合はどうしたらいいですか?
  10. au公式 あんしんフィルター for au
  11. au公式 未成年WEBフィルター
  12. LINEMO公式
  13. ahamo公式

この記事を書いた人

望月 聖也
望月 聖也

大手通信キャリアの代理店で7年間働いた経験を活かし、スマホ・光回線系のメディアを中心にフリーライターとして活動中。複雑な料金プランやサービスを、わかりやすくかみ砕いて解説します。

楽天モバイル スマホそのまま乗り換え6,000ポイントプレゼント 今すぐ申し込む