SEARCH SEARCH SEARCH

iOS 17.3提供開始。盗難対策を強化したマイナーアップデート

Apple

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

Appleは、iPhone向けのアップデートとして「iOS 17.3」を提供開始した。設定からiPhoneをアップデートすることで利用可能となる。

なお、iOS 17に対応しているのは、iPhone XR以降のシリーズまたはiPhone SE(第2世代)/iPhone SE(第3世代)のみのため、iPhone XやiPhone 8以前の機種では利用できない。

本アップデートで追加されたのは、「盗難デバイスの保護」機能。

パスワードやクレジットカード情報などを利用する場合に、パスコードではなく生体認証(Face IDやTouch ID)が必要になるなど、本人以外の利用を制限することが可能になっている。

セキュリティは任意で設定できるが、盗難や紛失を気にする方はオンにしておくことをおすすめする。

アップデート手順やアップデートできない場合の対処法は以下の記事を参照。
iPhoneがアップデートできない原因と対処法!最新のiOSに対応している機種は?

前回のアップデート「iOS 17.2」で追加された新機能「空間ビデオ」

この記事を書いた人

アルファインターナショナル
アルファインターナショナル

アルファインターナショナルの社員であり、携帯・格安SIMの販売店運営という強みを活かし、現場のリアルな声を情報発信しています。