SEARCH SEARCH SEARCH

ソフトバンク回線の3Gサービス終了が4月に延期

SoftBank

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

2024年1月31日に予定していた「ソフトバンク回線の3G回線停波」が、同年4月15日に延期となった。

能登半島地震の影響で、一部のユーザーが携帯電話・スマホの切り替え手続きが難しくなっているという背景からの延期である。被災地の状況を踏まえて、さらに終了日を延期する場合もあるとのことだ。

3Gサービスは、au(KDDI)では2022年3月末に終了済み、ドコモでは2026年3月に終了予定で、3G回線のみに対応している端末では、それ以降データ通信と音声通話が利用できなくなる。

ソフトバンク回線の3G停波延期に伴い、ソフトバンク・ワイモバイルはもちろんのこと、mineoやNUROモバイルなどのソフトバンク回線を使用した格安SIM会社の3Gサービスも4月15日まで延長されたが、ギリギリになると手続きが混み合う可能性があるため、余裕をもって手続きすることをおすすめする。

なお、店舗での手続きは、来店予約を行うことでスムーズに対応してもらうことが可能。

参考動画

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

この記事を書いた人

アルファインターナショナル
アルファインターナショナル

アルファインターナショナルの社員であり、携帯・格安SIMの販売店運営という強みを活かし、現場のリアルな声を情報発信しています。