SEARCH SEARCH SEARCH

2023年後半~Apple、iPhoneで新「アクセシビリティ機能」の提供開始予定

Apple

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

Appleは5月16日に公式サイトにて、今年後半にリリース予定のiPhoneの新機能を発表した。

発表された新しいアクセシビリティ機能では、主に認知・視覚・発話障がいを持つユーザーをサポートする機能が導入され、これによりさまざまな障がいを持つユーザーがより簡単に、自立してiPhoneやiPadを使用できる。

出典:apple公式

「Assistive Access」では、認知障がいを持ったユーザー向けに、大きく見やすいデザインや、視覚的なコミュニケーションを好むユーザー向きの絵文字だけのキーボード、カスタマイズ可能な独自のインターフェイスで、基本的な機能の使いやすさを向上させる。

非発話者は「Live Speech」を使うことで、電話やFaceTimeなど音声会話中でも自分がタイピングした文章を瞬時に読み上げてもらうことが可能となる。

また、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などの病気で、将来的に発話能力を失うリスクのある人のためのツールとして開発された「Personal Voice」という機能では、自分の声を使って合成音声を作成することができる。
「Personal Voice」を登録しておくことで、発話能力を失ったあとも自分そっくりな音声でのコミュニケーションが可能となる。

出典:apple公式

他にも視覚障がいのあるユーザーのための拡大鏡機能である「Point and Speak」や、その他さまざまなアップデートを予定。

これら新機能が搭載されたOSは、今年の後半に提供が開始される。

人気のアクセサリー続々!
5,000円(税込)以上の購入で送料無料!

この記事を書いた人

アルファインターナショナル
アルファインターナショナル

アルファインターナショナルの社員であり、携帯・格安SIMの販売店運営という強みを活かし、現場のリアルな声を情報発信しています。