SEARCH SEARCH SEARCH

iPhoneを探す/紛失モードの設定方法・解除方法を詳しく解説!

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

日頃から使っているスマホが手元からなくなってしまうと、とても困りますよね。不便なだけでなく、個人情報が漏えいしてしまう危険性もあるため、素早い対応が求められます。

使用しているスマホがiPhoneなら「iPhoneを探す」と「紛失モード」の利用がおすすめです。

位置情報の確認に加えて、端末のロック、連絡先を記載したメッセージの表示などができます。紛失したiPhoneの捜索に役立つでしょう。

しかし、これらのサービスを利用するには「事前準備」が必要です。
また、実際に紛失してしまったときに備えて、使い方を確認しておいたほうが良いでしょう。

この記事では「iPhoneを探す」と「紛失モード」について、詳しく解説します。

万が一のために事前の準備が必要。iPhoneを紛失しても慌てないで対処する方法

iPhoneやiPadなどの別のデバイスを使い、「iPhoneを探す」で紛失したApple製品を地図上で確認することができます。

紛失したときに慌てないよう、普段から「パスコードの設定」「iPhoneを探すの有効化」「紛失したとき用のデバイス」を準備しておいてください。

「iPhoneを探す」および、デバイスのロックやメッセージの表示などを行う「紛失モード」は、「iCloud.com」もしくは「探す」アプリで利用が可能です。

本記事では、上記のみならず、紛失時の対応を幅広く紹介していきます。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

事前準備|紛失する前に確認しておく3つのこと

出典:Apple公式 Appleの「探す」ネットワークで、新たに他社製のアイテムを見つけることが可能に

iPhoneを紛失してしまったときに最善の対策を取れるように、以下の3つの項目を確認しておきましょう。

それぞれ詳しく解説します。

パスコードを設定しておく

iPhoneを紛失または盗難にあった際、保存されている情報を守るためには、パスコードを設定しておく必要があります。

他人が開けないようにパスコードを設定しておけば、情報の漏えい、悪用される可能性を大幅に減らすことが可能です。

現在のiPhoneでは、6桁のパスコードを設定するように求められます。「6桁は長い!」と感じる方もいると思いますが、セキュリティの強度を高める目的では6桁のパスコードがおすすめです。

※パスコードの設定は「カスタムの英数字コード(任意の桁数)」「カスタムの数字コード (任意の桁数) 」「4桁の数字コード」から選択できます。

「Face ID」や「Touch ID」を上手に活用して、セキュリティ強度を高めましょう。

iPhoneのパスコードの設定手順は、以下のとおりです。

「Face IDを搭載したiPhone」パスコードの設定手順

1.「設定」を開き「Face IDとパスコード」をタップする。
2.「パスコードをオンにする」または「パスコードを変更」を選択する。

1. 「設定」を開き「Face IDとパスコード」をタップする。

2. 「パスコードをオンにする」または「パスコードを変更」を選択する。

「Touch IDを搭載したiPhone」パスコードの設定手順

1.「設定」を開き「Touch IDとパスコード」をタップする。
2.「パスコードをオンにする」または「パスコードを変更」を選択する。

1. 「設定」を開き「Touch IDとパスコード」をタップする。

2. 「パスコードをオンにする」または「パスコードを変更」を選択する。

さらに、画面下部の「データを消去」をオンにした場合、パスコードの入力を10回失敗すると、iPhone上の全てのデータが消去されるようになります。よりセキュリティを高めたい方は設定しておきましょう。

「iPhoneを探す」を有効にしておく

この記事で紹介する「iPhoneを探す」および「紛失モード」を利用するには、対象のデバイスの「iPhoneを探す」をオンにしておく必要があります。

以下の手順に沿って、設定しておきましょう。

「iPhoneを探す」を有効にする方法

1.「設定」を開き、画面上部の自分の名前が表示されている部分をタップする。
2.「探す」→「iPhoneを探す」と進める。
3.「iPhoneを探す」をオンにする。

1.「設定」を開き、画面上部の自分の名前が表示されている部分をタップする。

2.「探す」→「iPhoneを探す」と進める。

3.「iPhoneを探す」をオンにする。

このとき「”探す”ネットワーク」と「最後の位置情報を送信」をあわせてオンにしておくことを推奨します。

「”探す”ネットワーク」は、対象のiPhoneがオフライン・省電力モード・電源オフの状態になっても、同サービスを利用しているほかの方のデバイスから発信される電波を使って位置情報を特定できるサービスです。

「最後の位置情報を送信」は、紛失したiPhoneのバッテリー残量が少なくなったときに、位置情報をAppleに自動で送信するサービスです。

どちらも、実際に紛失してしまったときに役立つと考えられます。

紛失したときに使えるデバイスを準備しておく

「iPhoneを探す」および「紛失モード」を利用する際、捜索・設定するためのApple製デバイス(iPhone・iPad)を用意しておきましょう。

Android端末では「iPhoneを探す」や「探す」アプリが利用できないため、原則Apple製デバイスが必要です。

とはいえ、非常時用のiPhoneや、モバイル通信を使えるiPadを所有していない方も多いでしょう。

そのような方は、家族や友人などに協力してもらえるように声をかけておきましょう。その際は、Apple IDが必要となるため、非常時に使用できるよう控えておくことをおすすめします。

iPhoneを紛失したら「iPhoneを探す」の「紛失モード」をONにする

iPhoneを紛失したときは「iPhoneを探す」と「紛失モード」を活用しましょう。

「iPhoneを探す」とは「iCloud.com」もしくは、対象のデバイスの「探す」アプリで、紛失したiPhoneを捜索できるサービスです。同じAppleIDでサインインすることで、利用できます。

「紛失モード」は、「iPhoneを探す」に含まれているサービスのうちの1つです。オンにすることで、対象のiPhoneをロックして、他人が個人情報にアクセスできなくなります。

紛失モードを使用し、ロックしたiPhoneは以下の状態になります。

紛失モードを使用し、ロックしたiPhoneに起こること

・Apple IDのメールアドレスに確認メールが送信される。
・iPhoneの画面に紛失中であることと連絡方法が記載されたメッセージを表示できる。
・電話やFaceTimeは、引き続き利用できる。
・iPhoneの現在位置と移動履歴が地図上で確認できる。
・該当するデバイスの場合、支払い用カードやその他のサービスは停止する。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

「iPhoneを探す・紛失モード」の利用方法・設定手順

ここからは、実際に「iPhoneを探す」と「紛失モード」の利用方法・手順を紹介します。
「iCloud.com」と「探す」アプリに分けて、確認していきましょう。

​​iCloud.comで紛失モードを有効にする方法

1.「iCloud」にアクセスし、ログインする。
2.「全てのデバイス」または「画面上部のデバイス名」をクリックし、対象のデバイスを選択。位置情報を確認する。
3.「紛失モード」をクリックする。
4.「パスコード」の設定を求められた場合、入力する。
5. 連絡先情報の入力を求められたら、連絡可能な電話番号を入力する。

1. 「iCloud」にアクセスし、ログインする。

出典:Apple公式 iCloud

2. 「全てのデバイス」または「画面上部のデバイス名」をクリックし、対象のデバイスを選択。位置情報を確認する。

出典:Apple公式 iCloud

3.「紛失モード」をクリックする。

出典:Apple公式 iCloud

4. 「パスコード」の設定を求められた場合、入力する。
5. 連絡先情報の入力を求められたら、連絡可能な電話番号を入力する。

出典:Apple公式 iCloud
「探す」アプリで紛失モードを有効にする方法

1. Apple製デバイスで「探す」を開く。
2.「デバイスを探す」を開き、対象のiPhoneをタップ。位置情報を確認する。
3.「紛失としてマーク」の「有効にする」を選択し、内容を確認して「続ける」をタップする。
4.「パスコード」の設定を求められた場合、入力する。
5.「連絡先情報」「メッセージ」を入力し「次へ」をタップする。
6. 右上の「有効にする」をタップする。

1. Apple製デバイスで「探す」を開く。

2. 「デバイスを探す」を開き、対象のiPhoneをタップ。位置情報を確認する。

3. 「紛失としてマーク」の「有効にする」を選択し、内容を確認して「続ける」をタップする。

4. 「パスコード」の設定を求められた場合、入力する。
5. 「連絡先情報」「メッセージ」を入力し「次へ」をタップする。

6. 右上の「有効にする」をタップする。

少しの時間でも情報を抜き取られる危険性があります。地図上で確認したiPhoneが近くにあり、すぐに取りに行く場合も、念の為「紛失モード」にしておきましょう。

また「iPhoneを探す」で、紛失しているiPhoneからサウンドを再生することができます。「周りの人に気づいてほしい」「近くにあるはずだけど見つからない」といったときに活用してください。

対象のiPhoneがデバイスのリストに表示されない場合「iPhoneを探す」が有効になっていないことが考えられます。

該当する場合の対処法は「「iPhoneを探す」がオフになっている場合の対応方法・手順」で詳しく解説します。

「紛失モード」を解除する方法・手順

続いて、紛失したiPhoneが見つかったときの「iPhoneを探す」の解除方法を紹介します。

紛失モードに設定したデバイスが手元にある場合は、パスコードを入力することで解除可能です。特に問題がない場合は、こちらの方法で解除しましょう。

「​​iCloud.com」または「探す」アプリを使って解除する場合の手順は、以下のとおりです。

​​iCloud.comで紛失モードを無効にする方法

1. ​​「iCloud」で「全てのデバイス」をクリックし、対象のiPhoneを選択する。
2.「紛失モード」→「紛失モードを停止」の順にクリックし「紛失モードを停止」を再度クリックする。

​​1. 「iCloud」で「全てのデバイス」をクリックし、対象のiPhoneを選択する。

出典:Apple公式 iCloud

2.「紛失モード」→「紛失モードを停止」の順にクリックし「紛失モードを停止」を再度クリックする。

出典:Apple公式 iCloud
「探す」アプリで紛失モードを無効にする方法

1. Apple製デバイスで「探す」を開く。
2.「デバイスを探す」を開き、対象のiPhoneをタップする。
3.「紛失としてマーク」の下の「有効化済み」をタップする。
4.「紛失モードをオフにする」→「オフにする」と選択する。

1. Apple製デバイスで「探す」を開く。

2. 「デバイスを探す」を開き、対象のiPhoneをタップする。

3. 「紛失としてマーク」の下の「有効化済み」をタップする。
4. 「紛失モードをオフにする」→「オフにする」と選択する。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

iPhoneが見つからない場合の対応方法・手順

ここからは「iPhoneを探す」や「紛失モード」を利用しても、紛失したiPhoneが見つからない場合の対応方法・手順を解説します。

紛失したiPhoneが見つからない場合の対処法

1. iPhoneを紛失したことを警察に届け出る。
2.「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」の加入状況を確認する。
3. iPhoneを消去する。
4. 通信キャリアに問い合わせる。
5.「信頼できるデバイスのリスト」から、紛失したiPhoneを削除する。

1. iPhoneを紛失したことを警察に届け出る。

警察に届け出る際、iPhoneのシリアル番号を求められる場合があります。

シリアル番号の調べ方は「iPhone、iPad、iPod touch でシリアル番号や IMEI を確認する」をご覧ください。

2. 「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」の加入状況を確認する。

「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」に加入している場合、補償請求をすることで新しいiPhoneと交換ができます。

加入状況が不明な場合は「Appleサポートセンター」に問い合わせましょう。

Appleサポートセンター

電話番号:0120-277-535
受付時間 :月〜金:9:00〜19:00 / 土日祝:9:00〜17:00

3. iPhoneを消去する。

iCloud.comの「iPhoneを探す」もしくは、Apple製デバイスの「探す」アプリから、対象のiPhoneを消去してください。iPhoneを消去すると、全てのデータがリセットされ、工場出荷時の状態になります。

「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」を使用した場合は、補償の申請が承認されてから実行してください。

4. 通信キャリアに問い合わせる。

現在契約中の通信キャリアに紛失したことを伝え「通信・テキスト送信・データ送信」に使われないように手配してもらいましょう。

保証に加入している場合は内容を確認し、必要に応じて申請してください。

5. 「信頼できるデバイスのリスト」から、紛失したiPhoneを削除する。

ここまでの手順を済ませたら​​「信頼できるデバイスのリスト」から、紛失したiPhoneを削除しましょう。

「信頼できるデバイスのリスト」からiPhoneを削除する手順は、以下のとおりです。

「信頼できるデバイスのリスト」からiPhoneを削除する手順

1.「Apple IDを管理」にアクセスし、サインインする。
2.「デバイス」をクリックし、対象のiPhoneを選択する。
3.「アカウントから削除」を選択する。
4.「iPhoneを削除しますか?」で「削除」を選択する。

1.「Apple IDを管理」にアクセスし、サインインする。

出典:Apple公式 Apple IDを管理

2.「デバイス」をクリックし、対象のiPhoneを選択する。

出典:Apple公式 Apple IDを管理

3.「アカウントから削除」を選択する。
4.「iPhoneを削除しますか?」で「削除」を選択する。

出典:Apple公式 Apple IDを管理

「iPhoneを探す」がオフになっている場合の対応方法・手順

ここまで「iPhoneを探す」と「紛失モード」を使った対処法について紹介してきましたが、設定をしていない状態で紛失してしまうこともあるでしょう。

ここからは「iPhoneを探す」がオフになっている場合の対応方法・手順を紹介します。

「iPhoneを探す」がオフになっている場合の対応方法・手順

1. Apple IDのパスワードを変更する。
2. ほかのアカウントのパスワードを変更する。
3. iPhoneを紛失したことを警察に届け出る。
4. 通信キャリアに問い合わせる。
5.「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」の加入状況を確認する。
6.「信頼できるデバイスのリスト」から、紛失したiPhoneを削除する。

1. Apple IDのパスワードを変更する。

ほかのiPhoneやiPad、パソコンなどで「Apple IDを管理」にアクセスして、Apple IDのパスワードを変更しましょう。

これによって、紛失したiPhoneでApple IDに関連した情報にログインしようとしたときに、パスワードを求められるようになります。

2. ほかのアカウントのパスワードを変更する。

続いて、ほかに登録しているアカウントのパスワードを変更しましょう。遠隔でログアウトできる機能があるコンテンツを使っている場合は、実行しておくと安心です。

3. iPhoneを紛失したことを警察に届け出る。

警察に届け出る際、iPhoneのシリアル番号を求められる場合があります。シリアル番号の調べ方は「iPhone、iPad、iPod touch でシリアル番号や IMEI を確認する」をご覧ください。

4. 通信キャリアに問い合わせる。

現在契約中の通信キャリアに紛失したことを伝え「通信・テキスト送信・データ送信」に使われないように手配してもらいましょう。

保証に加入している場合は、内容を確認し、必要に応じて申請してください。

5. 「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」の加入状況を確認する。

「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」に加入している場合、補償請求をすることで新しいiPhoneと交換ができます。

加入状況が不明な場合は「Appleサポートセンター」に問い合わせましょう。

Appleサポートセンター

電話番号:0120-277-535
受付時間 :月〜金:9:00〜19:00 / 土日祝:9:00〜17:00

6. 「信頼できるデバイスのリスト」から、紛失したiPhoneを削除する。

ここまでの手順を済ませたら​​「信頼できるデバイスのリスト」から、紛失したiPhoneを削除しましょう。

「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」を使用した場合は、全ての承認が終了してから実行してください。

「信頼できるデバイスのリスト」からiPhoneを削除する手順は、以下のとおりです。

「信頼できるデバイスのリスト」からiPhoneを削除する手順

1.「Apple IDを管理」にアクセスし、サインインする。
2.「デバイス」をクリックし、対象のiPhoneを選択する。
3.「アカウントから削除」を選択する。
4.「iPhoneを削除しますか?」で「削除」を選択する。

「iPhoneを探す・紛失モード」に関するよくある質問

最後に「iPhoneを探す・紛失モード」に関するよくある質問を紹介します。
不明点がある方は、ぜひ参考にしてください。

Q
「紛失モード」をオフにしても使えない機能があるときの対処法は?
A

紛失モードを設定したときに停止したカード(Apple Pay、学生証、エクスプレスカード用に設定されたクレジットカードまたはデビットカード)は、紛失モードをオフにするだけでは使えるようになりません。

「設定」を開き、Apple IDに再度サインインすることで利用できるようになります。

Q
紛失中にiPhoneの電源が切れた。位置情報は探せる?
A

「iOS 15」以降を搭載したiPhoneが「”探す”ネットワーク」をオンにしている場合、電源をオフにしてから24時間以内なら「iPhoneを探す」で捜索できます。

また「最後の位置情報を送信」をオンにしておくことで、電源が切れる前の位置情報がAppleに送信されます。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

まとめ

・iPhoneを紛失したときのために「パスコードの設定」「iPhoneを探すの有効化」「紛失したとき用のデバイス」を準備しておく
・「iPhoneを探す」では、所有しているApple製品を地図上で確認できる
・「紛失モード」では、デバイスのロックやメッセージの表示など、紛失時に役立つ機能が利用できる
・「iPhoneを探す」および「紛失モード」は「iCloud.com」もしくは「探す」アプリで利用できる
・iOS 15以降のiPhoneを紛失した場合、電源が切れてからも24時間は捜索できる

2022年8月14日時点の調査内容です。

この記事を書いた人

望月 聖也
望月 聖也

大手通信キャリアの代理店で7年間働いた経験を活かし、スマホ・光回線系のメディアを中心にフリーライターとして活動中。複雑な料金プランやサービスを、わかりやすくかみ砕いて解説します。

楽天モバイル スマホそのまま乗り換え6,000ポイントプレゼント 今すぐ申し込む