SEARCH SEARCH SEARCH

ユーザーの口コミ情報

楽天モバイルの5Gは快適?対応エリアや速度、料金プランなど解説

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

5Gとは、「第5世代移動通信システム(5th Generation)」の略で、前世代の4Gに比べて「20倍の通信速度」「10倍の台数の端末で同時接続が可能」「遅延が10分の1」といった進化を遂げています。

5Gにはメリットが多く、「できれば5Gを使いたい」と考える方は多いでしょう。

現在、大手通信キャリアは、それぞれの5G対応エリアを急速に拡大させており、使える地域も増えてきました。

楽天モバイルもその1つです。

本記事では、楽天モバイルの5G対応エリアや提供しているサービス内容、速度に関する実際の口コミなどを紹介します。

楽天モバイルでの5G利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

楽天モバイルでの5G利用や5G対応端末は非常にお得!

5Gの対応エリアは広がってきてはいますが、他社と比較すると少し出遅れている感じはあります。ただし、エリアは急速に拡大中のため、今後は大いに期待できます!

楽天モバイルの料金プランはワンプランで、5Gの利用は非常に安価でお得です。
また、5G対応の端末は高価なイメージがありますが、楽天モバイルでは他社よりも最安値で購入できるため、非常におすすめです。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

楽天モバイル5Gの対応エリアは狭い?今後の展開予定

出典:楽天モバイル公式 通信・エリア

上のマップは東京都周辺のものです。

KDDIと新協定を締結しローミングエリアを拡大したことにより、これまでつながりにくかった屋内や繁華街、高層ビル、地下鉄などで以前よりもつながりやすくなることが予想されています。

それにともない、98.4%だった人口カバー率は、ドコモ・au・ソフトバンクと同等の業界最高水準99.9%まで向上する見込みです。

これまで「通信速度が遅い」「屋内に入ると圏外になる」という口コミが多々あり、楽天モバイルへの契約に踏み切れなかった方も、通信速度や対応エリアが改善されることにより安心して契約することができます。

出典:楽天モバイル公式 通信・エリア

大阪府など東京都以外の全国主要都市でも5G対応エリアは拡大中。マップからは、特に大阪府のカバー率が高いことがわかります。

現状は主要都市周辺をメインに展開されている5G対応エリアですが、楽天モバイルは2024年3月末までの5Gサービス拡大予定エリアを公開しています。

現在5G対応のエリアに含まれていないものの、今後楽天モバイルで5Gを利用したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細:5Gサービス拡大予定エリア

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

楽天モバイルの通信速度?楽天回線エリアとパートナー回線エリアの違い

出典:楽天モバイル公式

楽天モバイルには「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」という2つの回線エリアがあります。

「パートナー回線エリア」とは、「楽天回線エリア」外で、パートナーであるau回線にローミング接続されるエリアのことです。

従来のプランでは、「楽天回線エリア」はデータ無制限、「パートナー回線エリア」では月5GBまでの高速データ通信が可能でしたが、Rakuten最強プランではパートナー回線エリアにおける高速データ容量の制限を撤廃し、日本全国の通信エリア内で、データ無制限で利用できるようになりました。

そのため、いずれのエリアでも速度やデータ量を気にせず存分に使うことができるでしょう。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

楽天モバイルのサービスまとめ

出典:楽天モバイル公式 2023年6月1日サービス開始!Rakuten最強プラン(料金プラン)

楽天モバイルは、自社回線を持つ大手通信キャリアの1つ。

もともと自社回線を持たない格安SIM会社でしたが、2020年4月より自社回線を持つ大手通信キャリアとしてサービスを開始しました。

楽天モバイルの料金プランは、「Rakuten最強プラン」の1種類だけです。

このプランは従量課金制であり、「すべての方に最適」だと言われています。

月額の上限は3,278円(税込)となっており、楽天回線エリア・ パートナー回線エリア問わず容量は無制限で使えます。

Rakuten最強プランのプラン料金
利用データ量 月額利用料金
〜3GB 1,078円
〜20GB 2,178円
20GB〜無制限 3,278円

※ 価格は税込表示です。

楽天回線エリア・ パートナー回線エリア問わず データが無制限で使え、どれだけ使っても月額3,278円(税込)以上はかかりません。

この点がRakuten最強プランの最大の魅力と言えます。

申し込み時の契約事務手数料、契約解除料は無料なので気軽に乗り換えができます。

楽天モバイルでかかる手数料など
手数料など 金額
契約事務手数料 0円
契約解除料 0円

 

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

<料金プラン比較表>楽天モバイルと他の通信キャリア

ここまでは楽天モバイルだけを見てきました。

この章では、他の大手通信キャリアや格安SIM会社と比較してみます。

大手通信キャリアと比較(ドコモ・au・ソフトバンク)

大手通信キャリアの各プランと比較した結果が以下の表です。
※ 各種割引等は含まずに計算しています。

大手通信キャリアの料金プランを比較
キャリア 楽天モバイル ドコモ au ソフトバンク
プラン Rakuten
最強プラン
5Gギガホ
プレミア
5G
ギガライト
使い放題
MAX 5G
スマホミニ
プラン5G
メリハリ
無制限
ミニフィット
プラン+
〜3GB 1,078円 5,665円 4,565円 5,588円 5,665円 5,588円 5,478円
〜4GB 2,178円 7,315円 5,665円 7,238円 6,215円 7,238円

〜5GB
〜7GB 6,765円
〜20GB
20GB〜無制限 3,278円

※ 価格は税込表示です。
※ 表は右にスクロールできます。

データ通信量がどれだけあったとしても楽天モバイルが最安値であることがわかります。

株式会社MM総研が2021年に行った調査によると、スマホの月間データ通信量は平均8.72GBでした。
詳細:スマートフォン利用者の月額利用料金は4,845円 ≪ プレスリリース | 株式会社MM総研

仮に平均値である8.72GBを毎月使った場合、大手通信キャリアとの間でどの程度の差が生じるのか確認してみましょう。

毎月8.72GB(スマホの月間データ通信量の平均値)使った場合の料金比較
キャリア 楽天モバイル ドコモ au ソフトバンク
プラン Rakuten
最強プラン
5Gギガホ
プレミア
使い放題
MAX 5G
メリハリ
無制限
1ヵ月 2,178円 7,315円 7,238円 7,238円
1年間 26,136円 87,780円 86,856円 86,856円
2年間 52,272円 175,560円 173,712円 173,712円
1ヵ月間の差額 5,137円 5,060円 5,060円
1年間の差額 61,644円 60,720円 60,720円
2年間の差額 123,288円 121,440円 121,440円

※ 価格は税込表示です。
※ 表は右にスクロールできます。

毎月8.72GB使うと想定した場合、他の大手通信キャリアでは月額利用料金は3倍以上かかります。

1ヵ月で5,000円以上の差がつき、1年間で6万円以上、2年間で12万円以上の差になります。

5Gの高速通信を使う場合、データ通信量が同じであっても楽天モバイルを使うだけでかなりの節約になります。

他の主要通信キャリアと比較(ワイモバイル・UQモバイル・LINEMO・ahamo・povo)

続いて、他の主要通信キャリアである、ワイモバイル・UQモバイル・LINEMO・ahamo・povoと比べてみます。

まずはそれぞれのキャリアの料金プランを確認してみます。

他の主要通信キャリアとの料金プラン比較
キャリア 楽天モバイル ワイモバイル UQモバイル LINEMO ahamo povo ※2
プラン Rakuten
最強プラン
シンプル
S
シンプル
M
シンプル
L
くりこし
プランS+5G
くりこし
プランM+5G
くりこし
プランL+5G
ミニ
プラン
スマホ
プラン
ahamo データ追加
3GB(30日間)
データ追加
20GB(30日間)
利用回線 楽天 ソフトバンク au ソフトバンク ドコモ au
月額料金 1,078円〜3,278円 2,178円 3,278円 4,158円 1,628円 2,728円 3,828円 990円 2,728円 2,970円 990円 2,700円
データ容量 無制限 ※1 3GB 15GB 25GB 3GB 15GB 25GB 3GB 20GB 20GB 3GB 20GB

※1 パートナー回線エリアの場合は5GBまでです。
※2 povoは基本料金0円・データ容量0GBの基本プラン(povo2.0)にデータ追加をトッピングしていく形態です。
今回は他のキャリアに揃え、3GB・20GBのデータ追加で表を作成しています。
※ 価格は税込表示です。
※ 表は右にスクロールできます。

それでは、平均値である8.72GBを毎月速度制限なしで使う場合の料金を比較してみましょう。

毎月8.72GB(スマホの月間データ通信量の平均値)使った場合の料金比較
キャリア 楽天モバイル ワイモバイル UQモバイル LINEMO ahamo povo
プラン Rakuten
最強プラン
シンプル
M
くりこし
プランM+5G
スマホ
プラン
ahamo データ追加
20GB(30日間)
1ヵ月 2,178円 3,278円 2,728円 2,728円 2,970円 2,700円
1年間 26,136円 39,336円 32,736円 32,736円 35,640円 32,400円
2年間 52,272円 78,672円 65,472円 65,472円 71,280円 64,800円
1ヵ月間の差額 1,100円 550円 550円 792円 522円
1年間の差額 13,200円 6,600円 6,600円 9,504円 6,264円
2年間の差額 26,400円 13,200円 13,200円 19,008円 12,528円

※ 価格は税込表示です。
※ 表は右にスクロールできます。

安さが魅力的な他の主要キャリアと比べても、平均的な利用量であれば楽天モバイルが最安値であることがわかります。

1ヵ月の利用料金で比べれば大きな差ありませんが、1年間で6,000円〜13,000円以上、2年間で13,000円〜26,000円以上の差がつきます。

料金プランの比較では、楽天モバイルが最も安くなるケースが多いことがわかりました。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

<端末価格比較表>楽天モバイルで最新のiPhoneが安く買える

また、楽天モバイルには、最新のiPhoneが安く買えるというメリットもあります。

楽天モバイルのiPhone 14シリーズとiPhone SE(第3世代)の販売価格は、大手通信キャリアのなかで最安値です。

実際に販売価格を比較してみます。(2023年5月時点の販売価格となります。)

出典:4キャリアのiPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Plus、iPhone 14などの本体価格比較表

iPhone 14 Pro Maxの販売価格
データ容量 128GB 256GB 512GB 1TB
楽天モバイル 165,900円 180,900円 210,900円 240,900円
ドコモ 201,850円 220,330円 257,070円 289,300円
au 201,925円 220,355円 257,100円 293,845円
ソフトバンク 201,600円 220,320円 257,040円 281,520円

※ 価格は税込表示です。
※ 表は右にスクロールできます。

iPhone 14 Proの販売価格
データ容量 128GB 256GB 512GB 1TB
楽天モバイル 150,900円 165,900円 195,900円 225,900円
ドコモ 174,130円 198,880円 238,480円 275,220円
au 175,860円 201,925円 238,555円 275,415円
ソフトバンク 175,680円 201,600円 238,320円 275,040円

※ 価格は税込表示です。
※ 表は右にスクロールできます。

iPhone 14の販売価格
データ容量 128GB 256GB 512GB
楽天モバイル 120,910円 135,900円 165,900円
ドコモ 138,930円 161,480円 201,740円
au 140,640円 161,770円 201,925円
ソフトバンク 140,400円 161,280円 201,600円

※ 価格は税込表示です。
※ 表は右にスクロールできます。

iPhone 14 Plusの販売価格
データ容量 128GB 256GB 512GB
楽天モバイル 135,900円 150,900円 180,900円
ドコモ 158,180円 179,520円 220,330円
au 158,490円 179,850円 220,355円
ソフトバンク 158,400円 179,280円 220,320円

※ 価格は税込表示です。
※ 表は右にスクロールできます。

iPhone SE(第3世代)の販売価格
データ容量 64GB 128GB 256GB
楽天モバイル 62,800円 69,800円 84,800円
ドコモ 73,370円 82,280円 104,500円
au 70,935円 82,190円 103,415円
ソフトバンク 73,440円 81,360円 99,360円

※ 価格は税込表示です。
※ 表は右にスクロールできます。

いずれの機種も楽天モバイルが最安値であることがわかりました。

他の大手通信キャリアより2万円以上安く買える機種もあります。

最新のiPhoneをできるだけ安く入手したい方にとっても、楽天モバイルはおすすめです。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

楽天モバイル5Gの速度は?ユーザーの口コミ

では、楽天モバイルで5Gを使った場合、速度はどのくらいなのでしょうか。

ここからは楽天モバイルの速度に関するツイートを見ていくことにします。

楽天モバイルの5G通信で、かなりの速度が出ているという報告ツイートがありました!

5Gの速度が遅くて使い物にならず、4Gに切り替えたら繋がらなくなったという口コミも
使っているエリアなどによって、状況が大きく変わるようですね…。

郊外(地方)でも、楽天モバイルで5Gが利用できたという口コミがありました。速度も速い!

やはり楽天モバイルの5Gは繋がる場所が限られているのが難点のようです。
ただし、5Gに繋がらなくても4Gの満足度が高いとのことですね。

やはり5Gエリアであれば、相当のスピードが出ていますね。

口コミからわかったのは、楽天モバイルの5Gは速度は速いが、利用できる場所が限られるということでした。

5G対応エリアの拡大が待ち望まれます。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

楽天モバイルの5Gプランはどんな方におすすめ?

ここまで解説してきた内容を踏まえ、どんな人に楽天モバイルの5Gがおすすめなのでしょうか?

下記のような状況に該当する方が最適です。

楽天モバイルで5Gを使うのにおすすめな方

・生活圏が楽天モバイルの5G対応エリアに入っている
・生活圏が楽天回線エリアおよびパートナー回線エリアである
・5Gを安い月額料金で使いたい
・データ容量を無制限に使いたい
・料金プランはシンプルなものが良い
・最新のiPhoneを安く購入したい

逆に、生活圏が楽天回線エリア・パートナー回線エリアでない方や、5G対応エリアに入っていない方は、快適に使えない可能性が高いです。

エリアの問題もありますが、楽天モバイルの5Gは非常にコストパフォーマンスに優れています。
乗り換えなど検討される方にも、ぜひともおすすめです。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

プラン料金6ヵ月0円!
スマホとセット利用で20,000ポイント還元

まとめ

・楽天モバイルの5Gエリアは主要都市を中心に拡大中
・新プラン「Rakuten最強プラン」はパートナー回線エリアでもデータ無制限で利用可能
・他の大手通信キャリアとの比較では、楽天モバイルの月額料金が最も安い
・楽天モバイルなら最新のiPhoneを他の大手通信キャリアよりも安く購入できる
・通信速度に関する口コミでは、エリアによって満足度が大きく異なる

2023年6月時点の調査内容です。

この記事の参考・引用サイトまとめ

  1. 楽天モバイル公式 通信・エリア
  2. 楽天モバイル公式 5Gサービス拡大予定エリア
  3. 楽天モバイル公式 2023年6月1日サービス開始!Rakuten最強プラン(料金プラン)
  4. 楽天モバイル公式
  5. 株式会社MM総研 スマートフォン利用者の月額利用料金は4,845円 ≪ プレスリリース
  6. 楽天モバイル公式 4キャリアのiPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Plus、iPhone 14などの本体価格比較表

この記事を書いた人

モバワン編集部
モバワン編集部

アルファインターナショナルとともにモバワンのサイトを運営。メディア出身者が編集長を務め、日々有益な情報の発信に努めています。

公式サイトはこちら