SEARCH SEARCH SEARCH

7/21~IIJmioで発売の「motorola edge 40」、「Pixel 7」とどちらがいいのか!?

IIJmio

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

2023年7月21日より、モトローラの最新ミドル~ハイエンドモデル「motorola edge 40」「motorola razr 40 ultra」がIIJmioで発売される。

motorola edge 40 は、高性能のシステムを搭載しながら、比較的手を出しやすい価格で発売されることから人気を獲得しているモトローラのミドルハイレンジシリーズの一つ。

シリーズを通して、一般的なハイエンドモデルと同等の処理性能をもっており、カメラ性能にもこだわっている。

出典:モトローラ公式 motorola edge 40

メインカメラにはスマホで利用できる最大口径レベルのレンズを搭載したことで、暗いところでも光を取り込み美しい写真が撮影が可能。また、従来のモデルより防水・防塵性能が向上し、おサイフケータイにも対応していることから普段使いがしやすいスマホになっている。

国内の通信キャリアでは、現状IIJmioのみが販売予定。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

さて、ミドル~ハイエンドモデルとして人気のAndroidスマホといえば、Google Pixelシリーズを浮かべる方も多いのではないか。こちらも性能やカメラ機能に定評のある大人気シリーズである。

実際に購入を迷っている方は、以下の表で2022年10月に発売されたGoogle Pixelの最新モデル「Google Pixel 7」とのスペック比較をしてみてほしい。

motorola edge 40/Google Pixel 7 性能比較
  motorola edge 40 Google Pixel 7
本体価格 57,800円 ※1 68,220円 ※2
カラー イクリプスブラック / ルナブルー Lemongrass / Snow / Obsidian
サイズ 約158.4×72mm×7.58mm(最薄部) 約155.6×73.2×8.7mm
重量 約171g 約197g
ディスプレイ 6.55インチ 6.3インチ
メモリ RAM:8GB / ROM:256GB RAM:8GB / ROM:128GB・256GB
CPU MediaTek Dimensity 8020 Google Tensor G2
バッテリー 4,400mAh
急速充電/ワイヤレス充電対応
4,355mAh
急速充電/急速ワイヤレス充電対応
アウトカメラ 約5,000万画素メイン
+ 約1,300万画素 超広角(120°)/マクロ 
約5,000万画素(広角)
+約1,200万画素(ウルトラワイド)
インカメラ 約3,200万画素 約1,080万画素
防水・防塵 IP68 IPX8/IP6X
生体認証 指紋認証 / 顔認証 指紋認証 / 顔認証

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※1. 価格はIIJmioの定価です。
※2. 価格はau/128GBの定価です。

見ての通り、性能面で違いはほとんどない。ただし、本体価格はmotorola edge 40の方が約1万円安く、Google Pixelで256GBを選択する場合、金額はさらに差が開くことになる。

ただし、Google Pixelはいち早くOSアップデートに対応する点や、au/ソフトバンクなどの大手通信キャリアで取り扱いがある点など、単純な性能面以外でのメリットもあるため、一概にどちらが良いとはいえない。

それぞれ割引も適用可能なため、通信キャリアの公式ページから割引価格も確認することをおすすめする。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

モトローラ特集

この記事を書いた人

アルファインターナショナル
アルファインターナショナル

アルファインターナショナルの社員であり、携帯・格安SIMの販売店運営という強みを活かし、現場のリアルな声を情報発信しています。