SEARCH SEARCH SEARCH

ユーザーの口コミ情報

【2024年最新版】ソフトバンクのiPhone価格一覧!10万円以上お得に購入する方法とは

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

2023年9月に発売されたiPhone 15を含め、現在はたくさんのiPhoneが販売されていますね。

種類が増えてきたことで選択肢が広がりますが、どの機種にすればいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

昨年のモデルと比べてどこが進化しているのか、価格が高くなった分だけのメリットがあるのか気になりますよね。

この記事では、ソフトバンクで販売中のiPhoneの価格と特徴について詳しく解説します。iPhoneをお得に購入する方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

店長監修!ソフトバンクでiPhoneを買うメリット・デメリット

メリット:「新トクするサポート」など、端末の購入費用のサポートが利用できます。
分割で機種を購入し、2年後にまた機種変更をするとお得に機種変更ができるプログラムです。使っていた端末を下取りに出すことで残債の最大24回分が支払い不要になりとてもオトクに最新機種が使えます。

デメリット:端末を一括で購入する場合は、Apple Storeで購入した方が安くなります。支払い方法によって、選択するのが良いですね。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

ソフトバンクでiPhoneを購入するのがおすすめな方

出典:ソフトバンク公式

ソフトバンクでiPhoneを購入するのがおすすめなのは、以下のような方です。

ソフトバンクでiPhoneを購入するのがおすすめな方

・2年ごとに機種変更する方
・機種変更するときに下取りに出せる方
・ソフトバンクの固定回線を利用している方
・ソフトバンクの料金プランが適している方

 

上記に当てはまらない方は、これから紹介するキャンペーンが適用されない可能性があり、お得に購入できない場合があります。

ソフトバンクなどの通信キャリアで購入するよりも、Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを購入した方がお得かもしれません。この点も踏まえて確認していきましょう。

ソフトバンクで購入できるiPhoneの価格一覧

出典:ソフトバンク公式 iPhone

ここからは、ソフトバンクで購入できるiPhoneの価格を紹介していきます。まずは一覧で確認し、機種ごとの特徴を確認してみましょう。

ソフトバンクで購入できるiPhone価格表

まずは、最新のiPhone 15シリーズからiPhone 12シリーズまで、iPhoneの価格を確認していきましょう。
※本体価格は同シリーズで最も低い本体容量の本体価格です。
※「新トクするサポート」適用価格は25ヵ月目で機種変更した場合の金額です。

機種名 本体価格 「新トクするサポート」
適用価格
iPhone 15 Pro 185,760円~ 96,120円~
iPhone 15 Pro Max 229,680円~ 120,840円~
iPhone 15 145,440円~ 74,640円~
iPhone 15 Plus 163,440円~ 84,000円~
iPhone 14 Pro 175,680円~ 61,824円~
iPhone 14 Pro Max 201,600円~ 71,784円~
iPhone 14 137,520円~ 41,784円~
iPhone 14 Plus 158,400円~ 51,864円~
iPhone 13 115,200円~ 22,008円~
iPhone 13 mini 116,640円~ 22,008円~
iPhone 12 111,600円~ 22,008円~
iPhone SE(第3世代) 73,440円~ 22,008円~

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

48回分割を組み、25ヵ月目で機種変更すると適用される「新トクするサポート」を使うことにより、合計金額は約半額になります。
詳細:新トクするサポート

「新トクするサポート」を適用させるためには、使用している端末を下取りに出す必要がありますが、最大で10万円以上の免除になるため、とてもお得です。

特に、2023年12月現在、iPhone 14が41,784円(税込)~、iPhone 13/iPhone 13 miniは22,008円(税込)~購入可能と大変お得になっています。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

iPhone 15 Pro / 15 Pro Maxの価格や特徴

iPhone 15 Pro。ブラックチタニウム、ホワイトチタニウム、ブルーチタニウム、ナチュラルチタニウムの4つの仕上げ。
出典:Apple公式

「iPhone 15 Pro/15 Pro Max」は、2023年9月22日に発売されたiPhoneのハイエンドモデルです。まずは価格を見てみましょう。

機種名 容量 価格 「新トクするサポート」
適用価格
iPhone 15 Pro 128GB 185,760円 96,120円
256GB 211,680円 109,200円
512GB 248,400円 130,680円
1TB 285,120円 150,360円
iPhone 15 Pro Max 256GB 229,680円 120,840円
512GB 266,400円 140,400円
1TB 293,040円 155,040円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※「新トクするサポート」適用価格は25ヵ月目で機種変更した場合の金額です。
※2023年12月時点の金額です。

続いてiPhone 15 Pro/15 Pro Maxの仕様を確認しましょう。

  iPhone 15 Pro iPhone 15 Pro Max
容量 128GB・256GB・512GB・1TB 256GB・512GB・1TB
画面インチ数 6.1インチ 6.7インチ
カメラ Pro 48MPカメラシステム
(望遠、広角、超広角)
Pro 48MPカメラシステム
(望遠、広角、超広角)
チップ A17 Proチップ A17 Proチップ
バッテリー 最大23時間のビデオ再生 最大29時間のビデオ再生

※表は右にスクロールできます。

本体のカラーは、ブラックチタニウム・ホワイトチタニウム・ブルーチタニウム・ナチュラルチタニウムの4色展開で、全てのカラーが金属感をもったデザインとなっています。

従来の機種から進化した点で注目すべきポイントは以下の3つです。

  • 本体重量
  • カメラ性能
  • CPU/GPU性能

iPhone 15 Pro・iPhone 15 Pro Maxの本体側面には、iPhoneではじめてチタニウムが採用されています。従来のモデルで使われていたアルミニウムよりも軽い素材のため、iPhone 14 Pro/14 Pro Maxよりもそれぞれ19gも軽量化。

次にカメラ性能です。マクロ撮影や光学ズーム、センサーシフト式光学手ブレ補正だけでなく、iPhone 15 Pro MaxではiPhone初の光学5倍ズームが可能になりました。

iPhone 14 Proでもとてもきれいな写真撮影が可能でしたが、これまで以上に撮影の幅が広がっています。

チップが「A17 Proチップ」に進化したことにより、リアルな映像を作り出す技術「レイトレーシング」は、iPhone 14 Proシリーズでと比べて最大4倍速くなり、画像や映像の処理速度に直接影響するGPU速度は、iPhone 12 Proと比べて最大70%高速になりました。

最高クラスの性能と軽量化を同時に実現したスマホといえるでしょう。

なお、iPhone 15 Proシリーズについて、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

iPhone 15 / 15 Plusの価格や特徴

iPhone 15。ブラック、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクの5つの仕上げ。
出典:Apple公式

続いてベーシックモデル「iPhone 15 /15 Plus」の価格を見ていきましょう。

機種名 容量 価格 「新トクするサポート」
適用価格
iPhone 15 128GB 145,440円 74,640円
256GB 166,320円 85,920円
512GB 206,640円 107,160円
iPhone 15 Plus 128GB 163,440円 84,000円
256GB 184,320円 95,520円
512GB 224,640円 117,000円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※「新トクするサポート」適用価格は25ヵ月目で機種変更した場合の金額です。
※2023年12月時点の金額です。

次に、仕様を確認していきましょう。

  iPhone 15 iPhone 15 Plus
容量 128GB・256GB・512GB 128GB・256GB・512GB
画面インチ数 6.1インチ 6.7インチ
カメラ デュアル48MPカメラシステム
(広角、超広角)
デュアル48MPカメラシステム
(広角、超広角)
チップ A16 Bionicチップ A16 Bionicチップ
バッテリー 最大20時間のビデオ再生 最大26時間のビデオ再生

※表は右にスクロールできます。

本体のカラーは、ブラック・ブルー・グリーン・イエロー・ピンクの5色展開です。

iPhone 14 Proシリーズで初めて導入されたDynamic Islandを標準搭載し、これまでよりも大画面ディスプレイを活かした操作が可能になりました。

また、これまではProシリーズにしか搭載されていなかった4,800万画素のメインカメラが採用され、無印シリーズでも高画質な写真撮影が可能となっています。

そのほか、待望のUSB-Cコネクタへの対応が大きな変化です。これにより、互換性のある機器の幅が広がり使い勝手が良くなったといえるでしょう。

最新のiPhoneが欲しいという方や価格を抑えて高性能なカメラを使いたい方におすすめです。

なお、iPhone 15シリーズについて詳しくはこちらの記事で紹介しています。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

iPhone 14 Pro /14 Pro Maxの価格や特徴

iPhone 14 Pro
出典:Apple公式

「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」は、2022年に発売されたiPhoneシリーズのハイエンドモデルです。
まずは、価格を見ていきましょう。

機種名 容量 価格 「新トクするサポート」
適用価格
iPhone 14 Pro 128GB 175,680円 61,824円
256GB 201,600円 61,824円
512GB 238,320円 61,824円
1TB 275,040円 61,824円
iPhone 14 Pro Max 128GB 201,600円 71,784円
256GB 220,320円 71,784円
512GB 257,040円 71,784円
1TB 281,520円 71,784円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※「新トクするサポート」適用価格は25ヵ月目で機種変更した場合の金額です。
※2023年12月時点の金額です。

続いてiPhone 14 Pro/14 Pro Maxの仕様を見ていきましょう。

  iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
容量 128GB・256GB・512GB・1TB 128GB・256GB・512GB・1TB
画面インチ数 6.1インチ 6.7インチ
カメラ Pro 48MPカメラシステム
(望遠、広角、超広角)
Pro 48MPカメラシステム
(望遠、広角、超広角)
チップ A16 Bionicチップ A16 Bionicチップ
バッテリー 最大23時間のビデオ再生 最大29時間のビデオ再生

※表は右にスクロールできます。

本体のカラーは、ディープパープル・ゴールド・シルバー・スペースブラックの4色展開です。

基本性能はiPhone 13 Proシリーズと大きく変わりませんが、従来よりもアウトカメラ・インカメラともに性能がアップディスプレイにDynamic Islandを採用など、これからのiPhoneの水準を上げるような進化がなされています。

バッテリーも大容量になり長時間の利用が可能で、iPhone 14 Pro Maxは、画面サイズが6.7インチになり、バッテリー容量もさらに大きくなっています。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

iPhone 14 / 14 Plusの価格や特徴

ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)RED、ブルー、パープル、イエローを含む6色すべてのiPhone 14を斜めから見た図と、イエローのiPhone 14の前面を斜めから見た図。
出典:Apple公式

2022年に発売されたベーシックモデル「iPhone 14/14 Plus」の価格を見ていきましょう。

機種名 容量 価格 「新トクするサポート」
適用価格
iPhone 14 128GB 137,520円 41,784円
256GB 161,280円 51,864円
512GB 201,600円 51,864円
iPhone 14 Plus 128GB 158,400円 51,864円
256GB 179,280円 51,864円
512GB 220,320円 51,864円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※「新トクするサポート」適用価格は25ヵ月目で機種変更した場合の金額です。
※2023年12月時点の金額です。

次に、仕様を確認していきましょう。

  iPhone 14 iPhone 14 Plus
容量 128GB・256GB・512GB 128GB・256GB・512GB
画面インチ数 6.1インチ 6.7インチ
カメラ デュアル12MPカメラシステム
(広角、超広角)
デュアル12MPカメラシステム
(広角、超広角)
チップ A15 Bionicチップ A15 Bionicチップ
バッテリー 最大20時間のビデオ再生 最大26時間のビデオ再生

※表は右にスクロールできます。

本体のカラーは、ブルー・パープル・ミッドナイト・スターライト・PRODUCT REDの5色展開です。

2017年発売の「iPhone 8 Plus」以来、約5年ぶりに大画面の「Plus」モデルが復活したため話題となりました。

まだ一世代前のモデルですが、iPhone 15シリーズ発売に伴い値下げされたため、新トクするサポートを利用すれば、どのモデルでも実質5万円程度で購入することできます。

そのため、高性能iPhoneを求めている方で、最新にこだわりがなく価格を抑えたいという方におすすめと言えるでしょう。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

iPhone 13 / 13 miniの価格や特徴

出典:Apple公式

続いて、2021年9月24日に発売されたシリーズのベーシックモデル、「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」の価格を見ていきましょう。

機種名 容量 価格 「新トクするサポート」
適用価格
iPhone 13 128GB 115,200円 22,008円
iPhone 13 mini 128GB 116,640円 22,008円
256GB 134,640円 22,008円
512GB 169,920円 22,008円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※「新トクするサポート」適用価格は25ヵ月目で機種変更した場合の金額です。
※2023年12月時点の金額です。

続いてiPhone 13/13 miniの仕様を確認していきましょう。

  iPhone 13 iPhone 13 mini
容量 128GB・256GB・512GB 128GB・256GB・512GB
画面インチ数 6.1インチ 5.4インチ
カメラ デュアル12MPカメラシステム
(広角、超広角)
デュアル12MPカメラシステム
(広角、超広角)
チップ A15 Bionicチップ A15 Bionicチップ
バッテリー 最大19時間のビデオ再生 最大17時間のビデオ再生

※表は右にスクロールできます。

本体のカラーはピンク・ブルー・ミッドナイト・スターライト・(PRODUCT)REDの5種類となっています。

iPhone 13/13 miniの注目すべきポイントは、以下の3つです。

  • レンズの配置とサイズ
  • カメラ性能
  • 本体のサイズ

まず、背面レンズの配置が縦並びから斜めに変更されました。

またインカメラの周りの「ノッチ」と呼ばれる黒い枠の部分が20%コンパクトになりました。

本体の厚みは0.25mm厚くなり、重さもやや重くなっています。
10g程度の違いですが、長時間使用していると疲れを感じてしまうかもしれません。

また、カメラ性能が大きく進化しており、動画撮影にはProにしか搭載されていなかった「シネマティックモード」が搭載されています。

これにより、ピント調整機能が向上し、動きのある動画撮影もきれいな撮影が可能になりました。

現在では、新トクするサポートを利用すれば、どのモデルでも実質2万円程度でお得に購入することできます。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

iPhone 12 / 12 miniの価格や特徴 ※miniは取り扱い終了

出典:Apple公式

続いては、2020年発売シリーズのベーシックモデル「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」です。
早速価格を見てみましょう。

機種名 容量 価格 「新トクするサポート」
適用価格
iPhone 12 64GB 111,600円 22,008円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※「新トクするサポート」適用価格は25ヵ月目で機種変更した場合の金額です。
※2023年12月時点の金額です。

iPhone 12/12 miniは今や3世代前のモデルのため、在庫が少なく64GBのモデルしか取り扱っていません。新トクするサポート以外での購入がおすすめです

次に、仕様を見てみましょう。

  iPhone 12 iPhone 12 mini
容量 64GB・128GB・256GB 64GB・128GB・256GB
画面インチ数 6.1インチ 5.4インチ
カメラ デュアル12MPカメラシステム
(広角、超広角)
デュアル12MPカメラシステム
(広角、超広角)
チップ A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ
バッテリー 最大17時間のビデオ再生 最大15時間のビデオ再生

※表は右にスクロールできます。

本体のカラーは、パープル・ブルー・グリーン・ホワイト・ブラック(PRODUCT)REDの6色展開です。

5Gに対応しているため、最新モデルのiPhoneと同様の高速通信が利用できます。

また、処理能力に関係のあるチップが進化したことにより従来モデルよりも処理能力が向上しました。

iPhone 12 miniは、iPhoneシリーズで初めて小型モデルのフルディスプレイに対応した機種です。
そのため本体のサイズは小さくなりましたが、画面サイズは5.4インチとなっています。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

iPhone SE(第3世代)の価格や特徴

すべてのカラーのiPhone SEを斜めから見た図と、ミッドナイトのiPhone SEの前面を斜めから見た図。カラーは(PRODUCT)RED、スターライト、ミッドナイトの3つ。
出典:Apple公式

iPhone SE(第3世代)は、iPhoneシリーズ廉価版の後継機種です。
価格は以下のようになっています。

機種名 容量 価格 「新トクするサポート」
適用価格
iPhone SE(第3世代) 64GB 73,440円 22,008円
128GB 81,360円 26,784円
256GB 99,360円 52,560円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※「新トクするサポート」適用価格は25ヵ月目で機種変更した場合の金額です。
※2023年12月時点の金額です。

価格は全ての容量で10万円を切り、64GBは8万円を切っています。格安スマホとまでは言えませんが、とても求めやすくなっていますね。

ただし、現在ではiPhone 13シリーズのほうが安く購入できる場合もあるため、単にコスパを考えるのであれば、別の選択肢も検討したほうがよいでしょう。

  iPhone SE(第3世代)
容量 64GB・128GB・256GB
画面インチ数 4.7インチ
カメラ シングル12MPカメラ(広角)
チップ A15 Bionicチップ
バッテリー 最大15時間のビデオ再生

本体のカラーは、ブラック・ホワイト・(PRODUCT)REDの3色展開です。

iPhone SE(第3世代)は、iPhone 8の見た目でiPhone 13の性能が使える機種です。

カメラ性能や、フルディスプレイでない点はiPhone 8と大きく変わりませんが、処理能力に関係のあるチップはiPhone 13シリーズと同様のものを使用しています。

そのため、処理速度がとても速くサクサクと使うことができるのです。

サイズ感はコンパクトでホームボタンを搭載しています。iPhone 8以前のような操作感のiPhoneが好みの方には、とてもおすすめの機種となっています。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

ソフトバンクでiPhoneをお得に購入する方法・ポイント

教えて店長!ソフトバンクでiPhoneを購入する際の注意点

「新トクするサポート」などで端末費用のサポートを受けて購入した後に、譲渡や「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」等の手続きをしてしまうと、25ヵ月目以降の端末費用がお支払い不要になる特典が消滅してしまうので注意しましょう。

機種変更や譲渡など、契約変更はおトクにできるか損をするかの分かれ道。タイミングを確認してから手続きすることが必須です!

続いて、ソフトバンクでiPhoneをお得に購入する方法を紹介していきます。

ソフトバンクでは、お得な分割方法に加えてキャンペーンも開催していますよ。

最大24回分の機種代金が支払い不要になる「新トクするサポート」を利用

出典:ソフトバンク公式

以前は「トクするサポート+」という名前でしたが、2021年11月17日から名前が変更されリニューアルしました。

新トクするサポート」は4年分割で契約をして、2年後に特典を申し込むことで、残りの2年分の支払いが不要になるサービスです。

例えば、最新機種のiPhone 15 Pro:128GBは、本体価格185,760円(税込)ですが、最大で約9万円も免除されるということです。とても大きい割引ですね。

ただし、「新トクするサポート」を適用させるためにはいくつかの条件があるので、確認しておきましょう。

新トクするサポート 適用条件

・48回分割で対象機種を購入する
・25ヵ月以降の特典申し込み時に端末回収
・端末回収時にソフトバンクの回収・査定条件を満たしていること

 

特典申し込みをして、端末を回収する際に、ソフトバンクの回収・査定条件を満たしていない場合は、端末の回収に加えて22,000円(不課税)の支払いが必要になります。

また、状態や分割の残債金額によって、回収ができない場合もあるため注意しましょう。

以前は特典利用時に機種変更をする必要がありましたが、「新トクするサポート」に変更されてから機種変更は必須ではなくなりました。

次回の機種でも同様の購入方法を使いたい場合はソフトバンクでの機種変更がお得ですが、無理に縛られなくなったのはうれしいですね。

他社からの乗り換えで最大21,984円割引となる「オンラインショップ割」を利用

出典:ソフトバンク公式 オンラインショップ割

他社からの乗り換えの際、オンラインで手続きを行うと、最大21,984円(税込)の値引きが受けられる「オンラインショップ割」がお得です。

iPhoneの場合は、上記で扱った最新のiPhone 15シリーズまでが最大の21,984円(税込)の値引きを受けられます。

先に紹介した「新トクするサポート」も併用可能なため、とてもお得に購入できますよ。

例えば、iPhone 15 Pro:128GBを購入する場合は以下のようになります。

  通常価格 オンラインショップ割
適用後
新トクするサポート
適用後
iPhone 15 Pro:128GB 185,760円 163,776円 74,136円

※表は右にスクロールできます。
※価格は税込表示です。
※「新トクするサポート」適用価格は25ヵ月目で機種変更した場合の金額です。

2年後に端末回収をした場合の実質負担金額は74,136円(税込)になりました。最新のiPhoneが74,136円(税込)で使えるのはかなり安いですね。

「オンラインショップ割」の適用条件は以下の通りです。

「オンラインショップ割」適用条件

◆キャンペーン期間内に以下のサイトから対象機種を購入すること
・ソフトバンクオンラインショップ
・ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイト
◆対象機種の購入と同時にソフトバンクへの乗り換えを行うこと
◆「自宅受け取り」を選択すること

 

また、新規契約の方を対象に「U22 オンラインショップ割」というキャンペーンも行っています。

出典:ソフトバンク公式 U22 オンラインショップ割

キャンペーン内容は、5歳から22歳以下の方が「使用者」になり対象機種を「新規」で購入した際に最大21,984円(税込)の機種代金値引きが受けられるというものです。

こちらもiPhoneは、iPhone 15シリーズまで対応しています。

細かい適用条件は以下の内容です。

「U22 オンラインショップ割」適用条件

・キャンペーン開催期間中に「ソフトバンクオンラインショップ」で対象機種を購入すること
・対象機種の購入と同時にソフトバンクの回線を新規契約すること
・「自宅受け取り」を選択すること
・使用者の年齢が5歳以上、22歳以下であること

 

さらに「U22 オンラインショップ割」も「新トクするサポート」との併用が可能です。

例えば、iPhone SE(第3世代)の場合、支払総額24円(税込)になります。

こちらも非常に大きい割引になるため、対象の方はぜひ適用させましょう。

下取りプログラムを利用

ソフトバンクでは、これまで使用していた機種を下取りに出すことで「新しい端末代金からの値引き」または「PayPayポイント付与」を受けることができます。

前の機種で「新トクするサポート」や「トクするサポート+」などに加入中で特典を適用したい場合は、下取りプログラムを併用できないため注意してくださいね。

機種代金値引きとPayPayポイント付与は金額が異なるため、好きな方を選びましょう。

新型iPhone発売後のタイミングを狙う

出典:Apple公式

以前iPhoneは価格が下がりにくいという特徴がありましたが、近年は新型iPhoneの発売に合わせて1世代前、2世代前の機種が値下げされるようになりました。

iPhoneはどれも高性能な機種ばかりなので、1、2年前の機種でもまだまだ現役で使えます。

最新機種にこだわりがない方は、毎年秋頃の新製品発売後に合わせて機種の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

ソフトバンクのオンラインショップでの購入もお得!

ソフトバンクで機種を購入する際は、オンラインショップでの購入がおすすめです。

ここまで紹介してきた「オンラインショップ割」「U22 オンラインショップ割」に加えて、通常3,850円(税込)発生する契約事務手数料も無料になるからです。

また、店舗に行かなくていいので待ち時間がなく、自分の好きな時間に手続きができるのもうれしいですよね。

オンラインショップでの購入手順

ここからはオンラインショップの購入手順を紹介していきます。
まずは、全体の流れを確認しましょう。

  1. 必要なものを準備する
  2. 機種を選択する
  3. 申し込みをする
  4. 審査を待つ
  5. 商品を受け取る

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

1. 必要なものを準備する

iPhoneを購入する際は、以下のものが必要です。

ソフトバンクのオンライン申し込みに必要なもの

機種変更の場合
・My SoftBankのアカウントもしくはソフトバンク携帯電話番号と暗証番号
・連絡先メールアドレス

新規契約、乗り換えの場合
・本人確認書類
・支払い手続きに必要なもの(クレジットカード)
・MNP予約番号(乗り換えのみ)※
・連絡先メールアドレス

※MNPワンストップ化により、オンライン手続き時にMNP予約番号は不要。

 

2. 機種を選択する

出典:ソフトバンク公式

ソフトバンクオンラインショップで希望の機種を選択してください。
機種のカラーや容量を選択したら、次へ進みます。

3. 申し込みをする

出典:ソフトバンク公式

料金プランやお客様情報など、申し込みに必要な情報を入力して登録してください。

4. 審査を待つ

契約に伴い審査が行われます。
審査内容や混雑状況により、かかる時間が異なるため連絡が来るまで待ちましょう。

5. 端末を受け取る

審査が終わり、手続きが完了するとご自宅に端末が届きます。
初期設定や開通手続きを行い、回線が切り替われば手続きが完了します。

PayPayでのお買い物で
PayPayポイントがザクザク貯まる!

SoftBank 公式サイトはこちら

まとめ

・ソフトバンクでは最新のiPhone 15シリーズからiPhone 12やiPhone SE(第3世代)まで取り扱っている
・ソフトバンクでiPhoneを購入するなら、機種代金が最大半額になる「新トクするサポート」がお得!
・乗り換えの方は、オンライン手続きの「オンラインショップ割」適用でさらに最大21,984円(税込)値引き!
・新規契約かつ5歳から22歳以下の方はオンライン手続きで「U22 オンラインショップ割」で最大21,984円(税込)値引き!

2023年12月15日時点の調査内容です。

この記事を書いた人

望月 聖也
望月 聖也

大手通信キャリアの代理店で7年間働いた経験を活かし、スマホ・光回線系のメディアを中心にフリーライターとして活動中。複雑な料金プランやサービスを、わかりやすくかみ砕いて解説します。

公式サイトはこちら