SEARCH

《2021年最新》スマホのプロが全部斬る!povoのメリットデメリット・通信速度・料金プランは?

povo 口コミ

povoの口コミ・評判、メリットデメリット・通信速度・料金プランについて、
スマホのプロと、リアルな”一般ユーザーの声”をまとめました!

総まとめ!povoユーザーの口コミ、評判

傾向

  • 全体:機種変更ができない事、手続きやサポートがオンラインのみである不満の声は多い
  • 料金プラン:乗り換えをして安くなったという声が多い
  • トッピング:自由に組み合わせられるのは好評だが少し手間がかかる、という声も。
  • 通信速度:不満の声は少ない。速度制限後については賛否両論

povoは2021年3月にリリースしたばかりで、まだ慣れない方も多いですが、料金プラン、トッピング、通信速度については批判的な声が少ないです。
2021年9月にpovo2.0として、月額基本料金0円でオールトッピングのプランを打ち出したことも話題です。

ただ、機種変更ができないことへの不満や、サポート体制への不満の声は多いようです。
2021年夏以降にサービスが変わるという告知以降、アナウンスがないことでユーザーからの不満が積もっているのは事実ですが、こちらの動きにも注目ですね。


公式サイトはこちら

povoってどう?スマホのプロの本音

オンライン限定の不安はあり。自力で対応できればコスパは◎

実店舗をもたないオンライン専用サービスのため、店舗窓口や電話対応がありません。

問い合わせ対応がチャット限定で、相談窓口等のアフターフォローがないため、各種手続きや故障などでお困りのお客様が、auの販売代理店に来店いただくことがよくあります。

auの代理店でもpovoのサポートとして対応することができないので、お客様の解決に繋がらないケースが多々あります。

トッピング(サービス)に関しては、povo1.0の時は他社と比べてしまうと飛びぬけて優れているものがない印象でしたが、基本料金0円+オールトッピングという他のキャリア各社と違うプランの打ち出しで、柔軟に対応できる魅力的なサービスになりました。

◇povoのベースプラン

プラン名 povo2.0
データ通信容量 0GB
※トッピングによるデータ容量の追加などがない場合、通信速度は送受信最大128kbpsとなります。
月額料金 0円
※180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります。
国内通話料金 30秒あたり22円 (税込)
※0570 (ナビダイヤル)・衛星船舶電話など、料金が異なる通話先があります。
国内SMS利用料 送信: 1通あたり3.3円 (税込) 70文字まで
受信: 無料
※機種により最大全角670文字まで送信可能です。ただし、全角134文字までは2通分、それ以降は全角67文字ごとに1通分の送信料がかかります。

◇povoのトッピング一覧

1.データトッピング

トッピング名 料金/回
データ使い放題 (24時間) 330円)
データ追加1GB (7日間) 390円
データ追加3GB (30日間) 990円
データ追加20GB (30日間) 2,700円
データ追加60GB (90日間) 6,490円
データ追加150GB (180日間) 12,980円
※価格は税込表示です。

2.通話トッピング

トッピング名 料金/回
5分以内通話かけ放題 月額550円
通話かけ放題 月額1,650円
※価格は税込表示です。

3.コンテンツトッピング

トッピング名 料金/回
DAZN使い放題パック (7日間) 760円
smash.使い放題パック (24時間) 220円
※価格は税込表示です。


公式サイトはこちら

大手三社+オンライン専用:料金プラン比較

◇料金プラン比較表(5G対応プラン、各種割引適用前)

会社名(元) プラン名 通信容量/月額料金
0-1GB 1-2GB 2-3GB 3-4GB 4-5GB 5-7GB 7-10GB 10-15GB 15-20GB
povo
(au)
povo ①基本料金0円
トッピング(オプション)
/0-150GBで追加
au ピタットプラン 5G ①0-1GB
/3,278円
②1-4GB
/4,928円
③4-7GB
/6,578円
使い放題MAX 5G ①無制限
/7,238円
ahamo
(docomo)
ahamo ①0-20GB
/2,970円
docomo 5Gギガライト ①0-1GB
/3,465円
②1-3GB
/4,565円
③3-5GB
/5,665円
④5-7GB
/6,765円
5Gギガホプレミア ①0-3GB
/5,665円
②無制限
/7,315円
LINEMO
(SoftBank)
LINEMO ①0-3GB
990円
②3-20GB
2,728円
SoftBank ミニフィットプラン+ ①0-1GB
/3,278円
②1-2GB
/4,378円
③2-3GB
/5,478円
メリハリ無制限 ①0-3GB
/5,588円
※3GB以下なら自動で1650円引
②無制限
/7,238円

 ※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。


公式サイトはこちら

povoのメリット・デメリット

メリット

  • 基本料金が安くトッピングでその月の状況に合わせて柔軟に使えるので、家族割引や契約回線の数に関係なく、一人でも安く高容量で使えます。
  • au回線を使用しているので、回線速度や通信範囲など通信面は安定しています。
  • オンライン完結なので、auからの乗り換えであれば、手続きは簡単です。
  • 各種プランやオプションの切替をした際に適用されるタイミングが早いです。

デメリット

  • キャリアメールが使えないのでメールアドレスは別途作る必要があります。
  • すべてオンラインのチャット対応のため、故障時などすぐに対応できないのが不便という声が多いです。
    直接話して解決できるようなアフターフォローがないことは、オンライン手続きに慣れないシニア層やスマホ初心者にはストレスに感じる事が多いようですね。
  • 現状、povoでは端末の販売がなく、機種変更がありません。
    自分で端末を準備するか、auのオンラインで購入してから乗り換えをするなどオンライン手続きに慣れた方でないと難しいかと思います。
  • 機種変更ができるようになる時期のアナウンス含め、各種内容の不透明さは散見されますね。

スマホのプロが断言!povoは”こんな人におすすめ”

20GB以内で単回線で安く使いたい方!

  • ”安く””高容量”を家族割りなどなしの”単回線”で使いたい人。
  • 毎月の状況に合わせて調整しながら”最安値”で使いたい人。
  • 移動時間程度など、”動画を見る頻度が少ない”人。
  • 他キャリアで通信量だけで”月3,000以上支払いしている”人。
  • 使いたい”機種を自分で用意できる”人。

povoの料金プランに関する評判・口コミ

スマホ販売員による評価・本音

料金プランは自分で作れる!

  • プランが自由なことが魅力ですが、自分で組み立てることに慣れていない方は戸惑うかもしれません。
  • 月の使用料によって柔軟に最安値で対応できます。
  • 機種変更ができないので、auに一度戻さなければいけないのは手間になります。

SNSユーザーからの評判・口コミ

乗り換えして基本料金が安くなっという声です。
乗り換え前に機種端末を分割していたようですが、分割払いって長く感じますよね。

24時間データ使い放題が便利という声はよく聞きますね。

5G対応であれば、自宅以外でのテレワークなど仕事でも使えそうです。

povoではキャリアメールが使えないので、先にメールの整理をしておく必要があります!
auからの乗り換えであれば、オンラインで即日可能ですよ。

新料金プランのpovo2.0についての声です。

難しくなった、という意見もありますが、組み合わせ出来ることで自分の好きなようにカスタムできることがお得に感じる方も多いはずです。


公式サイトはこちら

povoのトッピング(オプション)に関する評判・口コミ

スマホのプロによる評価・本音

auより安い!けど、必要かどうかは見極めて

auの通話放題のオプションより安くなっているのが良い所です。

通話をあまりしない方や、自宅のWi-Fi環境に主にいる方には必要ない場合が多いので、必要かどうかは見極めが必要ですね。

SNSユーザーからの評判・口コミ

24時間データ使い放題のトッピングは好評です!
月末に20GB超えてしまって、通信制限かかってしまった場合でも、すぐに適用されるのは助かりますね。

5分以内通話かけ放題(550円/月)のトッピングをつけている方の口コミです。

予約や問い合わせなどの電話はたいがい5分以内でおわりますし、長電話しない方には好評です。

超過分だけの請求なので、少しだけ超過してしまった際にも最低限の請求で済むのは嬉しいですね。

通信容量が20GBを超過すると、通信速度が最大1Mbpsになります。
トッピングを申込するまでが苦戦されたようですが、コストパフォーマンスとしては満足されているようですね。

やはりデータ使い放題24時間(220円)のトッピングは人気です!

ちなみに、データ追加 1GB(550円)のトッピングもあるので、月の残りの日数と容量の仕様目安にあわせて使い分けたいですね。

povoは解約したようですが、満足して使っていたようです。
通信回線はauなので、速度やエリアについては快適という意見は多いです。
今は契約期間の縛りや手数料もないので、うまく使い分けていきたいですね。


公式サイトはこちら

povoの通信速度に関する評判・口コミ

スマホのプロによる評価・本音

回線は安定!auよりは遅く感じる事も?

au回線を使用しているので安定しています。
利用していて速度やエリアなど気になることはほとんどないです。

一部で電波がauの時よりも悪い気がする、という声はありますが、公式で発表されている情報では差がないはずなので情報としては不明瞭ですね。

SNSからの評判・口コミ

通信の速度には定評があります!
山間部や離島など、エリアによる差はもちろんありますが、首都圏では否定的なコメントは少ないですね。

速度テストをわかりやすくツイートしてくださっていますね!

ちなみにZenfone8は公式サイト上では非対応機種です。

非対応機種でも使用できる場合がありますが、自己責任となりますのでご注意くださいね。

UQモバイルとの比較のスピードテストの結果ですね。
平日昼間は遅いと言われがちですが123Mbpsでています!
UQモバイルとの比較もされていますが、これはエリア差もあるかと思うので
すべての皆さんに参考になる意見ではないはずです。

20GB超過すると1Mbpsに速度制限がかかるはずですが、動画視聴ができる程度の速度がでているようです。

環境による差は多く発生していますね。


公式サイトはこちら

まとめ

  • 料金プランは基本料金が0円+トッピングと自由に組み合わせたい人向け
  • トッピングは種類が多く、特に24時間データ使い放題が好評
  • 対応端末の種類、機種変更ができないこと、オンライン専用であることへの不満は多い
  • 回線については安定しており速度も問題ないという声が多い
【ワイモバイル】オンライストア限定 最大18,000円割引中!詳細はこちら