SEARCH

auからワイモバイルへ乗り換えるメリット・デメリット!シミュレーション&乗り換え手順と注意点も

au から ワイ モバイル

月々の携帯料金が高いと困っている人も多いはず。
auを始めとする大手キャリアは、回線の安定性や通信速度の速さは魅力だけれど、月額料金が高いですよね。

月々の通信料金を抑えるべく、ワイモバイルへの乗り換えを検討している人のために、本記事では、乗り換えによって、具体的にどれくらい安くなるのかを表を使って詳しく解説します。

また、乗り換えのメリットデメリットについても、詳細な項目を挙げてわかりやすく説明します。

もうすでにワイモバイルへ乗り換えを決めている人にも、乗り換え手順を詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

auからワイモバイルに乗り換えるときの注意点・よくあるトラブル

・au回線が無いとau PAYカードの年会費がかかる場合があります。
下記、詳細ページから条件を確認しておきましょう。

 詳細:au PAY カードの年会費

・家族割ご加入の場合、解約によって契約者以外の家族の料金が高くなる場合があるため、家族割グループ内の契約状況の確認が必要です。

詳細:解約・MNP転出をご検討中のお客さま

・契約解除料が発生する場合があるので、MNP転出前に契約状況を確認しておきましょう。

・auからワイモバイルへのMNP転出に伴い「au ID」が変更になります。
 au解約後もauPAY残高は継続利用は可能です。Pontaポイント/au WALLET ポイントもポイントの有効期限内であればご利用可能です。

《シミュレーション》乗り換えると料金がこんなに安くなる

さて、まずは auからワイモバイルへ乗り換えることで料金が具体的にいくらくらい安くなるのかを見ていきましょう。

結論から言うと、auのピタットプラン(4GBから7GB)からワイモバイルのMプランに乗り換えると、月額料金が最高3,487円(税込)安くなります。

月額3,000円以上違うとなると、1年、2年で考えるとますます大きな金額になるのが確かです。

実際のシュミレーションでauとワイモバイルのプランを比較する前に、今一度、au、ワイモバイルの料金プランをそれぞれ振り返ってみましょう。

auの月額料金プラン

 

プラン データ容量 月額利用料金
使い放題MAX 5G/
使い放題MAX 4G
使い放題 7,238円
ピタットプラン 5G/
ピタットプラン 4G LTE
(新auピタットプランN)
~1GB 3,465円
1GB超~4GB 5,115円
4GB超~7GB 6,765円

 ※価格は税込表示です。

ワイモバイルの月額料金プラン

プラン データ容量 月額利用料金
S ~3GB 2,178円
M ~15GB 3,278円
L ~25GB 4,158円
※価格は税込表示です。
auとワイモバイルの比較ポイント

auのプランだと、1GB以下でも、月額3,465円(税込)。しかしワイモバイルだと15GBまで利用して月額3,278円(税込)と、使用できる容量は大きいのに、auより割安です。

また、同じくauのプランの場合、1GB超から4GBまで5,115円(税込)ですが、ワイモバイルでは4,158円(税込)で25GBまで利用できます。

auピタットプラン1GBまでとワイモバイルのSプランを比較

では、auのピタットプランの1GBまでのプランと、ワイモバイルのプランSの比較から見てきましょう。

キャリア au(ピタットプラン1GB~) ワイモバイル(S) 差額
月額料金 3,465円 2,178円 1,287円
1年 41,580円 26,136円 15,444円
2年 83,160円 52,272円 30,888円
※価格は税込表示です。

auはピタットプランの最安(1GBまでの)プランが月額3,465円(税込)です。

しかしワイモバイルのSプランは3GBまでが月額2,178円。

月額1,278円(税込)安いという計算となります。

差額

  • 1年分…15,444円(税込)
  • 2年分…30,888円(税込)

auからワイモバイルに乗り換えることで、2年後には大きな節約効果があることがわかります。

auのピタットプラン4GB超から7GBのプランと、ワイモバイルの15GBプランの比較

次は、auのピタットプラン4GB超から7GBのプランと、ワイモバイルの15GBプランを比べてみましょう。

キャリア au(ピタットプラン4GB~7GB) ワイモバイル(M) 差額
月額料金 6,765円 3,278円 3,487円
1年 81,180円 39,336円 41,844円
2年 162,360円 78,672円 83,688円
※価格は税込表示です。

auのピタットプランの4GB超から7GBのプランが月額6,765円(税込)ですが、ワイモバイルのMプランは15GBまで月額3,278円(税込)で、3,487円(税込)安いです。

差額

  • 1年分…41,844円(税込)
  • 2年分…83,688円(税込)

容量の大きいプランだと、auからワイモバイルへ乗り換えることで、より節約効果が高いことがわかりますね。

乗り換えるメリット

月々の料金が安くなる

auからワイモバイルへ乗り換えることで一番大きいのは、月額料金が安くなることです。

低容量プランであれば、月額1,287円安くなる

まず、auとワイモバイルそれぞれの低容量プランを比較してみましょう。

キャリア au(ピタットプラン~1GB~) ワイモバイル(シンプルS)
3GB
差額
月額料金 3,465円 2,178円 1,287円
※価格は税込表示です。

この表から、auのピタットプラン1GBを利用している人がワイモバイルのSプランに乗り換えた場合、月額1,287円安くなることがわかります。

ワイモバイルのSプランとは、月間データ容量が3GBのサービスです。

auのピタットプランは容量1GBまでのプランで3,465円ですが、ワイモバイルは容量3GBまでのプラン2,178円です。

容量が増えて、料金が高くなるのではなく、逆に安くなるところがポイントです。

月額料金は、ワイモバイルが圧倒的に安いことがわかりました。

中容量プランであれば、月額3,487円安くなる

次は、中容量のプランを比較してみましょう。

キャリア au(ピタットプラン4GB~7GB) ワイモバイル(シンプルM)
15GB
差額
月額料金 6,765円 3,278円 3,487円
※価格は税込表示です。

この表から、auのピタットプラン(4GBから7GB)を利用している人がワイモバイルのMプランに乗り換えた場合、月額3,487円安くなります。

容量は2倍になるのに、料金はほぼ半額。いかにワイモバイルが安いかがわかります。

契約解除料・契約事務手数料がかからない

オンラインストアで契約すれば契約事務手数料なし

auからワイモバイルへMNPする場合、オンラインストアで契約すると事務手数料がかかりません。

店舗で契約する場合は事務手数料がかかります。オンラインでの手続きは難しくないので、ぜひオンラインストアで契約して、事務手数料を節約したいところですね。

契約解除料がかからない

ワイモバイルはかつて2年という長い最低利用期間と契約解除料がありましたが、2019年10月1日からその縛りがなくなりました。解約しても、契約解除料がかかりません。

万一サービスに満足がいかず、別のキャリアに乗り換えたくなったとしても、契約期間の縛りや契約解除料がないのは安心ですね。

詳細:ワイモバイルの契約解除料について

お得な特典がある

auからの乗り換えでシンプルM/Lプランを契約すると、PayPayボーナスが最大3,000円相当プレゼントされるお得な特典があります。

注意点は2つあります。

  • ワイモバイルに申し込みをする前にエントリーする必要がある
  • 前月末までに作成されたYahoo! JAPAN IDがエントリー対象なので、すでに以前からYahooIDを所有している人向け
キャリア PayPayボーナス
シンプルS 500円相当
シンプルM・L 3,000円相当
※価格は税込表示です。

特典をもらうには、以下の流れで手続きすることが必要です。

①エントリー…ワイモバイルに申し込み前にエントリーする

②申し込み…エントリー日の翌月末までに、店舗もしくはネットからシンプルS/M/Lを契約する

③ワイモバイルサービスの初期登録 …申込日の翌月末までに、エントリーしたYahoo!Jmobileサービスの初期登録をする

詳細:ワイモバイルスマホ初期設定方法  
   新どこでももらえる特典

「Yahoo!プレミアム」など関連サービスが利用可能

ワイモバイルには、「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」というお得なサービスがあります。

Yahoo! プレミアムとは、ヤフーの各種サービスをおトクに利用できる会員向けサービスです。

  • ワイモバイルを利用していれば、追加料金なしで利用できる。
  • 「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」でのお買い物すると、ボーナスがもらえる
  • 「読み放題プレミアム」で雑誌・マンガが読み放題になる
  • あんしん補償
  • Yahoo!ショッピングやPayPayモールで買い物すると、PayPay残高またはヤフーカードでの決済額の最大+2% 相当が戻ってくる

通常は有料会員向けのサービスですが、ワイモバイルと契約している場合は追加料金なしで利用できます。

詳細:Yahoo!プレミアム For Y!mobile

取扱店と専門ショップが全国におよそ4,000店舗以上ある

ワイモバイルの強みは取扱店舗と専門ショップが全国におよそ4,000以上ある点です。

格安SIMはオンラインのみの受付で、自分ひとりで設定等をすべて行わなければいけない場合が多いのですが、ワイモバイルの場合は、ソフトバンクのサブブランドであるため、取扱店が多いだけではなく、専門ショップもあります。

ネットから来店予約をすれば、待ち時間なく利用できるのもメリットです。

通信速度が速い

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであるため、優先的にソフトバンク回線を使用できます。

よって、他の格安SIMと比べると、通信速度が速く、品質も安定しているのが特徴です。

  • 平均ダウンロード速度…64.47Mbps
  • 平均アップロード速度…15.6Mbps

出典:みんなのネット回線速度 格安SIMの通信速度ランキング

一定量を超えた場合は、データ通信速度が低速化しますが、それでもシンプルM/Lであれば、最大1Mbpsの速度で通信できます。

1Mbpsあれば、LINEでのテキストのやりとりはもちろん、TwitterやInstagramなどのSNSのやりとりは問題ありません。

128kbpsの場合は、Twitterなどのテキスト中心のやりとりなら少し遅さは感じつつもできなくはありません。LINEのメッセージのやりとりも同様です。

プラン 制限時の速度
シンプルS 128kbps
シンプルM・L 1Mbps
※価格は税込表示です。

Enjoyパック

出典:ワイモバイルのEnjoyパック

Enjoyパックはワイモバイルを利用するなら、加入して損はないお得なサービスです。

月額550円かかりますが、代わりに500円のクーポンが利用できるのが、嬉しいところ。

とても高還元で、PayPayモールやYahoo!ショッピングのお買い物でPayPayボーナスが最大8%戻ってきます。

以下のような人に特におすすめです。

  • Yahoo!ショッピングを利用することが多い
  • 通信容量がオーバーするので追加パケットが必要となりやすい
  • Tポイントを貯めたい
  • PayPayの利用頻度が高い

パケットマイレージ

パケットマイレージは、Yahoo!Japanなどのサービスを使えば使うほど、マイルが貯まるサービスです。

貯まったマイルのランクに応じて、高速で使えるデータ容量の追加料金が無料になるなります。

出典:ワイモバイルのパケットマイレージ・パケくじ

パケットマイレージは、Yahoo! JAPANなどのサービスを使うとマイルが貯まり、貯まったマイルのランクに応じて高速で使えるデータ容量の追加料金が無料となるサービスです。

最大ランクのプラチナであれば、高速通信容量が無制限に追加できます。

マイルの貯め方は以下です。

  • 毎日Yahoo!Japanにログイン(初回ログイン時はボーナスマイルが80マイル貯まる)
  • Yahoo!ショッピングやヤフオク!などの商品を購入

詳細:ワイモバイルのパケットマイレージ

乗り換えるデメリット

無制限の使い放題プランはない

auには月額7,238円の使い放題MAX5G/4Gというプランがあります。

料金はそこそこしますが、追加パケット代が必要なく、使い放題なところが魅力ですね。

ワイモバイルの場合は一番容量の大きいプランはシンプルLというプランで、25GBの容量です。

25GBあれば、SNSや多少の動画視聴はできますが、YouTubeや動画サービスなどで多数の視聴をする人、ゲームをプレイしたい人にとっては、少し容量が少なく感じるかもしれません。

大手携帯キャリアに比べて端末の選択肢は多くない

ワイモバイルは、auに比べると、取り扱いしている端末が少ないのが現状です。

逆にauなら、iPhoneはほぼ全種類揃っていて、Androidも42種類取り扱いがあります。

使いたい機種がワイモバイルにはない場合は、SIMフリーの端末を自身で用意するのもひとつの手段でしょう。

その場合、SIM動作確認済機種一覧を確認必要があります。

詳細:ワイモバイルSIM動作確認機種一覧

iPhoneとAndroidの取り扱いの比較

au ワイモバイル
iPhone iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Max
iPhone 13・iPhone 13 mini
iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Max
iPhone 12・iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS・iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8・iPhone 8 Plus
iPhone 7・iPhone 7 Plus
iPhone SE(第1世代)
iPhone11
iPhone12
iPhone12 mini
iPhoneSE
Android auで選べる機種の42種類 ワイモバイルで選べる機種の17種類

auのキャリアメールは使えなくなる

auからワイモバイルへ乗り換えると、auのキャリアメールは使用できなくなります。

auのメールアドレスで手続きしていたサービスは、変更が必要です。

その代わり、ワイモバイルでは専用メールアドレス、ドメインが使えます。

  • Y!mobileメール(@yahoo.ne.jp)
  • MMS(@ymobile.ne.jp)
  • SMS(電話番号)

通常、格安スマホだと、メールアドレスを提供していないことが多いのですが、ワイモバイルでは申し込み不要、月額料金も無料でキャリアメールを使うことができます。

詳細:ワイモバイルのメールアドレスってどうなるの?

SIMロックの解除が必要

いままでauで使っていたスマホやiPhoneをワイモバイルでも利用する場合は、SIMロック解除の必要があります。

SIMロックとは

特定の通信会社のSIMカードしか使えないように、スマホやiPhoneなどにかけられた制限です。

SIMロック解除の流れ

オンライン(My au)かau取扱店でSIMロック解除はすることができます。

  • オンライン :My au

国の指導により、2021年10月1日(金)以降に新たに発売された製品については、SIMロックは原則として撤廃され、キャリアの乗り換えがしやすくなりました。

詳細:auのSIMロック解除の手続き

契約解除料がかかる

auを解約する場合、契約解除料がかかる可能性のあるプランは以下です。

  • 「2年契約N」
  • 「2年契約」

これらは、2年間の継続利用を条件にau携帯電話の基本使用料を割引きするサービスです。

auで上記の契約プランに入っている場合は、更新期間以外に解約すると、契約解除料が発生します。

更新期間は申込の月から24カ月目、その翌月と翌々月です。

それぞれ、以下の契約解除料が発生します。

契約解除料
「2年契約N」 1,100円
「2年契約」 10,450円
※価格は税込表示です

詳細:契約解除料のかかる契約について

MNP転出手数料について

2021年4月1日から、他の通信事業者に乗り換える際の手数料(MNP転出手数料)3,300円(税込)は廃止となっていますので、ご安心ください。

詳細:「携帯電話番号ポータビリティ」の手数料を廃止

乗り換えた方の口コミや評判

auからワイモバイルに乗り換えた方の”ショップでの”評判

金額面でとても安くなったという声が多いです。
auのピタットプランとワイモバイルのSプランで比較すると、ワイモバイルのSプランの方が安くなるため、
データ通信量の使用が少ないローユーザーは金額面で大きくメリットがあるようです。

良い口コミ・評判

ワイモバイルSIMを使った名古屋でのスピードテストの結果の口コミですが、速さには満足されているようです!

Yahoo!プレミアムのサービスのお得感は大きいようです!

ワイモバイルの利点として、Yahooメールの汎用性の高さ、通信品質、ショップの対応などさまざまな点が挙げられています。良いところだらけということがわかります。

通信相度も思ったより変わらない、朝夕落ちたとしても微々たるものという口コミもあります。

悪い口コミ・評判

au回線の安定した品質とに比べると、ワイモバイルの速度は遅く感じる人もいるようです。

乗り換える手順

おおまかな手順の流れ

SIMロック解除
auからMNP予約番号を取得する
ワイモバイルに申込むために必要な書類を用意する
オンラインストアでワイモバイルに契約を申し込む
ワイモバイルへ回線の切り替えを行う
SIMカードの挿入
APN設定

出典:ワイモバイル 申し込みから利用開始までの流れ

SIMロック解除

auで購入したスマートフォンをワイモバイルで利用可能にするためには、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除の手順

SIMロック解除は、オンライン(My au)もしくは店舗で行います。

オンラインの場合はMy auにログインし、画面に従います。

店舗ではサポートを受けつつ解除できますが、事務手数料がかかるので注意しましょう。

SIMロック解除の手段は2通り

  • オンライン:My au(手数料無料)
プラン 方法 事務手数料 時間帯
オンライン My au 0円 9:00~21:30
店舗 au Style/auショップ 3,300円 店舗営業時間内
※価格は税込表示です。

au Styeleやauショップで手続きする場合に必要なもの

本人確認書類…運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカードなど

My auからの解除は製造番号を確認しておくと便利

iPhoneの場合…[設定]→「一般]→[情報]の画面で確認可能

または、電話アプリで「*#06#」と入力すると15桁の製造番号(IMEI)が確認できます。

スマホ(Androidなど)の場合… 電話アプリで「*#06#」と入力すると15桁の製造番号(IMEI)が確認できます。

注意

2021年10月1日(金)以降に発売されたau携帯電話をご購入された人は、SIMロック解除の手続き不要です。

詳細:auのSIMロック解除の手続き

利用する端末がワイモバイルで動作確認済みかも確認しましょう。

詳細:ワイモバイル動作確認済み機種一覧

auからMNP予約番号を取得する

SIMロックを解除したら、次はauからMNP予約番号を取得します。

MNP予約番号を取得することで、これまで使用していた電話番号を、ワイモバイルでも引き継き利用することができます。

MNPとは

MNPとは、正確には携帯電話番号ポータビリティのことを言います。
現在利用している電話番号そのままに他社に乗り換えることができるサービスです

MNP予約番号を取得する方法

MNP予約番号を取得する方法は以下の3つとなります。

プラン 取得方法 受付時間帯
web My au ・EZweb 24時間
auショップ au Style/auショップ・auスクエア 店舗営業時間内
電話 0077-75470 (無料) 9:00~20:00
※価格は税込表示です。
  • My au
    TOPでの予約→ 画面上部「スマートフォン・携帯電話」 → ご契約内容/手続き →お問い合わせ/お手続き  → MNPご予約
  • EZweb
    EZwebでの予約→ボタン → トップメニューまたはauポータル トップ  → My au → ログイン → 申し込む/変更する  → au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)

必要なもの
電話 なし
web ログインID、パスワード、ネットワーク暗証番号(4桁)
店頭 本人確認書類

その後、いよいよワイモバイルへの申し込み準備に入ります。

MNP予約番号の有効期限に注意

MNP予約番号には、有効期限がありますので、ワイモバイルへの申し込みが遅くならないように注意しましょう。通常予約当日を含めて15日間です。

有効期限が切れてしまった場合には取得しなおしが必要です。追加費用はかかりませんのでご安心ください。

ワイモバイルに申し込むために必要な書類を用意する

MNP予約番号を取得したら、いよいよワイモバイルに申し込みます。

必要書類を用意しましょう。

ワイモバイルに申し込むには、店頭で申し込む方法と、オンラインで申し込む方法の2種類あり、用意する必要のあるものが異なります。

店頭で申し込む場合の必要書類

本人確認書類(通常免許証、健康保険証+補助書類、マイナンバーカード、在留カード+補助書類のいずれか)
②月々の利用料金のお支払い手続きに必要なもの(本人名義のクレジットカードまたはキャッシュカード)
③印鑑(口座振替希望の場合は金融機関のお届け印が必要)
④MNP予約番号

オンラインで申し込む場合の必要書類

本人確認書類(通常免許証、健康保険証+補助書類、マイナンバーカード、在留カード+補助書類のいずれか)
②本人名義のクレジットカード
③MNP予約番号

オンラインでの申し込みの場合は口座振替はできないので注意しましょう。

また、店頭で申し込む場合は事務手数料が3,300円(税込)かかります。

オンラインは事務手数料がかからないのでお得です。

オンラインストアで契約を申し込む

 必要書類を用意したら、いよいよ契約に入ります。

オンラインストアで契約を申し込む方法と、実店舗で契約を申し込む方法の2種類があります。

店舗で申し込む場合は、かんたん来店予約をすると、待ち時間を短縮できます。

ワイモバイルのオンラインストアで申し込む方は下記のボタンをクリックしてください。

参照:ワイモバイルオンラインストア
  • SIMカードのみ購入の方はワイモバイルオンラインストアの[SIM」をクリックします。
    詳細:SIM
  • iPhoneを購入してから契約したい方は[iPhone]をクリックします。
    詳細:iPhone
  • スマートフォンを購入してから契約したい方は[スマートフォン」をクリックします。
    詳細:スマートフォン

ここからは、オンラインストアでの契約の流れを説明します。

オンラインストアでの流れ

プランオプションの選択
②お客様情報の入力
③本人確認書類アップロード
④同意事項を確認
⑤申し込み完了
⑥申し込み完了メールを受け取る

上記の流れで申し込み完了となります。

MNP予約番号が必要です

auで取得したMNP予約番号を使用して、ワイモバイルに申し込みする必要があります

出典:ワイモバイル オンラインストアで申し込む

ワイモバイルへの回線の切り替えを行う

申し込みが完了し、SIMカード、もしくは端末とSIMカードが届いたら、ワイモバイルへの回線の切り替えが必要となります。

回線の切り替えとは

今まで使用していた電話番号を新しいSIMカードに移行させる作業のことです

回線切り替えに必要な情報

携帯電話番号
②契約時に設定した4桁の暗証番号

具体的な流れ

回線の切り替えは電話もしくはオンラインで行えます。

電話の場合は、音声ガイダンスに従い進めます。

オンラインの場合は回線切り替えページで行います。

回線切り替え後、auは自動解約となります。

1、2時間経過すると、auの回線で通話は利用不可、インターネットも繋がらなくなります。

SIMカードの挿入

回線切り替えが完了した後、ワイモバイルから届いたSIMカードを端末に挿入します。

届いたSIMカードを挿入するときは、端末の電源を必ずオフにしてください。

  • iOS端末の場合

側面にある小さい穴にSIMピンを差し、SIMカードトレーを引き出してください。

  • Android端末の場合

各端末の取扱説明書を参照してください。SIMピンが必要な場合もあります。

詳細:ワイモバイル 新しいSIMカードの挿入

APN設定を行う

APNとは「Access Point Name(アクセス・ポイント・ネーム)」のことです。

APNの設定を行うことで、安定したインターネット通信が出来るようになる利点があります。

APN設定が必要なのは、以下です。

  • Androidの一部の機種
  • ワイモバイルで購入したiPhone12とiPhone12 mini

Androidの場合、機種によってAPNが自動で設定されている場合があります。

iPhoneの場合、iPhone 12以外はすべてAPN設定は不要です

詳細:ワイモバイルスマホ初期設定方法

  • ワイモバイルで購入したiPhone 12 iPhone12mini …APN設定
  • SIMフリーで購入したiPhone…APN設定

ワイモバイルへの乗り換えで受けられるキャンペーン

下取りプログラム

出典:下取りプログラム

ワイモバイルの下取りプログラムは、乗り換えと同じタイミングでスマホを買い替えたお客様にとってお得なプログラムです。

これまで利用していたスマホを下取りに出すことで、査定された下取り額を機種代金から割引してもらえたり、PayPayボーナスで受け取れたりします。

以下2種類の特典があります。

2種類の特典

  • PayPayボーナス
  • 購入機種代金値引き

下取りプログラムの対象機種、特典金額一覧は以下です。

対象機種・特典金額一覧(PayPayボーナス)

対象機種・特典金額一覧(購入機種代金値引き)

オンラインでの申し込み方法

オンラインストアで希望の機種やプランを選ぶと、画面一番下に下取りプログラムの選択肢があるので、クリックします。

その後、下取りに出す機種を選ぶ一覧が表示されるため、選択します。

出典:ワイモバイルオンラインストア

申込が完了すると、端末と別便で「端末送付キット」が届けられます。

必要事項を確認し、下取り端末を返送します。

詳細:下取りプログラム

注意点

PayPayボーナスで特典を受け取る場合は、事前にPayPayアカウントの登録をしておきましょう。

「端末送付キット」に必要書類と下取り端末を入れ、送付することで、はじめて下取りの申込みが完了したことになります。

詳細:ワイモバイル 下取りプログラム

家族割引キャンペーン

出典:ワイモバイル家族割引サービス

家族割引は、家族と一緒にワイモバイルを利用する場合に割引が受けられるサービスです。

対象プラン

1回線目(親回線の対象料金プラン)

  • シンプルS/M/L
  • スマホベーシックプラン
  • Pocket Wi-Fiプラン2(ベーシック)
  • データベーシックプラン

2回線目(子回線)以降が、シンプルS/M/Lの場合は、月額1,188円(税込)割引となります。

2回線目(子回線)以降が、スマホベーシックプラン、PocketWi-Fi2(ベーシック)、データベーシックプランLの場合は月額550円(税込)割引となります。

ひとりで複数回線契約する場合もカウントされます。

血縁、婚姻で親等数の制限がなく、別住所でも可能なのが便利です。また、同住所であれば別性も可。

該当の人はお得になるので、ぜひ使ってみましょう。

まとめ

本記事では、auからワイモバイルへ乗り換えると、料金的に非常にお得であることを解説いたしました。

  • auのピタットプラン(~1GB)とワイモバイルSプラン(~3GB)の月額料金の差額が1,278円(税込)
  • auのピタットプラン(4GB~7GB)とワイモバイルMプラン(~15GB)の月額料金の差額が3,487円(税込)

乗り換えの手順

  1. ワイモバイルのWebサイト上で契約方法を選択し、必要に応じてSIMロック解除
  2. auからMNP予約番号を取得する
  3. 必要書類を用意してワイモバイルのオンラインストアで申し込む
  4. 回線の切り替えと初期設定、APN設定を行う

2021年10月時点の調査内容です。

【ワイモバイル】おトクなキャンペーン実施中1詳細はこちら width=