SEARCH

UQモバイルとLINEMOのメリットデメリット比較!お得なキャンペーンや料金プラン・通信速度も

LINEMO  UQモバイル

月額料金が安いと評判のキャリアに、UQモバイルとLINEMOがあります。しかし実際、どちらがお得なのか気になりますよね。そこでこの記事では、料金や通信速度などの面からUQモバイルとLINEMOを比較していきます。

記事の最後にはどちらがおすすめなのか、タイプ別に紹介しています。UQモバイルにもLINEMOUQにもメリットやデメリットがありますが、ライフスタイルによって捉え方は異なります。そのため、普段の生活に置き換えて双方のメリットを確認していくといいでしょう。モバイルとLINEMOで迷っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

【結論】UQモバイルとLINEMOはどちらががいいのか?

UQモバイルとLINEMOはどちらがお得なのでしょうか。この記事ではメリットやデメリット、料金体系、通信速度を比較する項目があります。しかし簡単にUQモバイルとLINEMOのどちらがいいのか知りたい方に向けて、結論から解説していきましょう。

サポートやサービスが充実しているのはUQモバイル

サポートやサービスが充実しているのはUQモバイルです。
実店舗が多いでも詳しくご紹介いたしますが、UQモバイルは、実店舗数が多く、専門店であるUQスポットをはじめ、auショップでもUQモバイルのサポートを受付しているため、サポート面での安心感が得られる格安SIMキャリアです。
また、UQモバイルには「使い方サポート」というサービスがあります。使い方サポートではアドバイザーが利用できるアプリや、UQモバイル以外の周辺機器の使い方などを案内してくれます。自分で情報を収集するのが苦手という方や、UQモバイルで提供しているサービスを無駄なく利用したいという方には嬉しいサービスです。

キャンペーンも充実しています。2021年10月時点で、6種類ほどのキャンペーンが存在しているのです。さらに、au PAYを利用しているユーザーにとっては嬉しいキャンペーンがたくさんあります。UQモバイルキャンペーンについて詳しく知りたい方は、後半で紹介している「UQモバイルとLINEMOのキャンペーンを比較」の見出しをご確認ください。

料金の安さ・LINEを多用する方ならLINEMO

​​一方料金の安さを重視する方や、LINEをたくさん使う方ならLINEMOがおすすめです。料金体系については「LINEMOの料金プラン」の見出しで詳しく解説しますが、LINEMOには月額990円(税込)で利用できるプランがあります。このプランは格安SIMの中でもかなり安いプランとなっていて、あまりデータ量を消費しないユーザーには嬉しいプランです。そのため、とにかく月額料金を安くしたいという方にはLINEMOが最適です。

また、LINEの通信料が無制限使い放題になったり、LINEアプリを使用してもデータ消費が無かったりと、LINEヘビーユーザーに嬉しいメリットも存在しています。キャンペーンにはLINEのスタンプや壁紙の購入に使用できるポイントをプレゼントしてもらえるサービスもあるので、LINEヘビーユーザーは必見です。

UQモバイルのメリットとデメリット

出典:UQモバイル

店長の声”UQモバイルのメリット・デメリット”

まずは現役店長から「特に伝えたい!メリットデメリット」をご紹介します。

メリット
・60歳以上におトク!くりこしプランSなら通話かけ放題をつけても2,398円/月
 詳細:60歳以上通話割
・格安SIMながらスマホ端末の購入ができる。
・全国に店舗を構えており、店頭でのアフターサービスも可能
・節約モードやギガの繰り越しがある。

デメリット
・UQくりこしプランとLINEMOミニプランでは圧倒的にLINEMOが安い。
・LINEもデータ容量が消費される。(ただし低速度の節約モードで消費せず使用は可能)
・自宅セット割を入れないと990円で使用できない。

では、UQモバイルにはどのようなメリットとデメリットが存在しているのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

節約モードやデータ繰り越しが使える

UQモバイルのメリットは、節約モードが使えることです。UQモバイルでは節約モードという機能があります。これは通信速度を遅く設定することで、データ消費量をカウントせずに使用できるという機能です。節約モードにしてもSNSやブラウジングであれば特に問題なく使用できます。そのため、いざという時にサクサクとインターネットを利用したい方は、通常では節約モードにしておくという工夫をしておくといいでしょう。

また、UQモバイルではデータ繰り越しが可能です。データ繰り越しとは1ヵ月に使用できるデータ通信量が余った場合、翌月に繰り越せる機能です。ユーザーによっては月ごとに利用するデータ通信量が異なる場合もあるでしょう。こうしたユーザーは、データ繰り越しを利用することで月額料金が無駄になりません。ただし、翌月に繰り越したデータは翌々月には利用できないので注意してください。

データ使用量に合わせてプランを選べる

UQモバイルのプランについては「UQモバイルの料金プラン」で詳しく解説しますが、UQモバイルには3つのプランがあります。そのため、データ使用量にあったプランを選択できます。さらに上記で解説したように、データ繰り越しを使用すれば余ったデータを翌月に使用できます。そのため、月額料金が無駄になることがありません。

実店舗が多い

格安SIMの中には、実店舗を持たずオンラインのみ問い合わせや手続きを受け付けているところもあります。しかしユーザーの中には、直接店員に合ってサービス内容を説明して欲しい方や、疑問をすぐに解決したい方もいるでしょう。

UQモバイルでは、全国各地に取扱店や専門ショップが設置されています。そのため、オンラインでの問い合わせや手続きが不安な方にとっては、UQモバイルが利用しやすいです。また、トラブルが起こっても対応してもらえるので安心です。

通話料金がプラン内に含まれていない

一方で、UQモバイルには通話料金がプラン内に含まれていないというデメリットがあります。UQモバイルで通話すると、どんなプランに入っていても通話の時間ごとに料金がかかってしまいます。

au回線しか選択できない

また、UQモバイルではau回線しか選択できません。UQモバイルはauのサブブランドであるので、au回線しか提供されていないのです。

au回線しか提供されていないことのデメリットは、ソフトバンクやドコモで使用していたスマホでUQモバイルに加入する場合、SIMロック解除が必要になることです。ソフトバンクやドコモで販売されている端末にはSIMロックがかかっていて、そのままSIMカードを差し込んでも利用できないのです。そのため、SIMロック解除の手続きを行う必要があります。

ただし、auからUQモバイルに乗り換える場合は、SIMロック解除は必要ありません。これまで通りau回線を使用できるので、auユーザーにとっては安心です。

LINEMOのメリットとデメリット

出典:LINEMO

店長の声”LINEMOのメリット・デメリット”

現役店長からLINEMOの「特に伝えたい!メリットデメリット」をご紹介します。

メリット
・3GBが990円と何しろ安い!
・LINEがギガフリーで利用できる。
・20GBのスマホプランの場合、LINEスタンプが実質無料で使い放題。
・困りごとはLINEで相談できる。

デメリット
・店舗が無いので対面での相談はできない。
・オンラインでの手続きのみ。
・オプションなどのサービスが少ない。

ここからはLINEMOのメリットとデメリットについて解説していきます。

LINEの通信料が無制限使い放題に

LINEMOのメリットは、LINEの通信料が無制限で使い放題であることです。登場してから、日本人の多くがメッセージのやり取りや通話に使用しているLINE。最近ではEメールやSMSよりもLINEをはじめとしたチャットアプリを使ったやりとりが主流となっています。そのため、LINEの通信料が無制限であることは大きなメリットになるでしょう。

オプションをつければ通話が無料に

また、LINEMOでは通話オプションがあります。通常、通話をすると30秒ごとに22円かかるのですが、月額550円(税込)を払えば5分以内の国内通話が何度でも無料にできます。

LINEMOならLINEの通話をデータ消費量をかけずに利用することができますが、仕事でスマホを使用することがある場合は、LINEアプリを利用できないこともあります。このような方は、5分以内の短い通話を月に3回以上することがあるならば、付けておくとお得なオプションになっています。

また、キャンペーンを利用すれば契約から1年間は月額費用無料で使用することもできます。詳細は、「UQモバイルとLINEMOのキャンペーンを比較」をご確認ください。

キャリアメールが使えなくなる

UQモバイルと共通ではありますが、LINEMOもキャリアメールが使えなくなるというデメリットがあります。auやドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアを解約すると同時に、キャリアメールが使用できなくなるのです。

サービスの中にはメールアドレス登録の際にキャリアメールしか使用できないものもあります。また、キャリアメールを使用すればスパムとして認識されることないという利点もあります。こうしたことから、仕事のやり取りなどでキャリアメールを利用し続けたい方には向いていないでしょう。

データ繰り越しがない

そしてLINEMOではデータ繰り越しができません。データ繰り越しとはプラン内で利用できるデータ量が余った場合、翌月に繰り越せるサービスです。月によってデータ利用量が異なる場合に便利なサービスですが、LINEMOにはデータ繰り越しはありません。そのため、月額料金を無駄なく利用するには、必要以上のプランに加入しないことがポイントとなります。

ただしLINEMOには「ミニプラン」と「スマホプラン」という2種類のプランしか存在しません。プランの内容については以下の見出し「LINEMOの料金プラン」で詳しく解説しますが、月によってデータ使用量が異なる方は大きなデメリットになるかもしれません。

選べるプランが少ない

料金プランについては「LINEMOの料金プラン」で詳しく紹介しますが、LINEMOにはプランが2種類しかありません。プランに合わせてデータ使用量を調整できるのであれば月額料金を無駄なく使用できます。しかしデータ繰り越しがない以上、データが余ってしまうというデメリットは発生してしまいます。

①料金プランで比較

では料金面ではUQモバイルとLINEMOのどちらがいいでしょうか。ここからは具体的な料金プランを比較してみましょう。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランと料金体系は、以下のようになっています。

くりこしプランS +5G くりこしプランM +5G くりこしプランL +5G
データ量 3GB 15GB 25GB
月額基本料 1,628円 2,728円 3,828円
通話料 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒
※価格は税込表示です。

UQモバイルには、「くりこしプランS +5G」「くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」という3種類のプランがあります。それぞれ3GB、15GB、25GBまで使用できます。利用するデータ量に合わせて柔軟にプランを選べるため便利です。

ただし、3GBまでしか利用できない「くりこしプランS +5G」の場合、1GBあたり500円以上と大変割高になっています。

また、「くりこしプランM +5G」は2,728円(税込)で15GBまでしか利用できなのですが、LINEMOの「スマホプラン」の場合は同じ2,728円(税込)で20GBまで利用できます。

ただし、UQモバイルには自宅セット割と、データ繰り越しが存在します。自宅セット割を適用することで、LINEMOと同等価格で使用可能です。
自宅での回線をauでんきや、自宅セット割対象のインターネットサービス、またはルーターサービスを使用できる方や、データをある程度利用する方、月によってデータ消費量が異なる方にはUQモバイルがおすすめです。

LINEMOの料金プラン

LINEMOの料金プランと料金体系は、以下のようになっています。

ミニプラン スマホプラン
データ量 3GB 20GB
月額基本料 990円 2,728円
通話料 22円/30秒 22円/30秒
SMS通信料 3.3円/通(70文字以内) 3.3円/通(70文字以内)
※価格は税込表示です。

一方LINEMOには、「ミニプラン」「スマホプラン」の2種類があります。それぞれ3GB、20GBまで利用できます。1ヵ月あたりのデータ消費量が少ない方や、Wi-fi環境下でインターネットを利用する方には、月額990円で利用できる「ミニプラン」がおすすめです。1GBあたり300円程度で、UQモバイルよりも600円ほど安いです。

ただし、プランが2種類しか存在せず、データ繰り越しが出来ません。そのため、毎月のデータ消費量が20GBほどになる方にはLINEMOでも問題ありませんが、月によって使用量が異なる方には向いてないでしょう。

料金比較シミュレーション

では1年間それぞれのプランを利用した場合、料金はどのようになるのでしょうか。具体的に比較することで、どちらがお得なのかがよくわかります。ここからはそれぞれのプランを1年間使用した場合の料金を比較していきましょう。

3GB未満の場合

プラン名 くりこしプランS +5G(UQモバイル) ミニプラン(LINEMO)
金額 19,536円 11,880円
※価格は税込表示です。

1ヵ月のデータ使用量が3GB未満の場合、LINEMOのミニプランの方が1年間で7,656円(税込)も安く利用できます。そのため、月額料金を安くしたい方やWi-fiを経由してインターネットを利用する方なら、LINEMOのミニプランがおすすめです。

3GB〜15GB未満の場合

プラン名 くりこしプランM +5G(UQモバイル) スマホプラン(LINEMO)
金額 32,736円 32,736円
※価格は税込表示です。

1ヵ月のデータ使用量が3GB〜15GB未満の場合、UQモバイルのくりこしプランM +5GとLINEMOのスマホプランは同じ金額で利用できます。ただし、LINEMOのスマホプランは1ヵ月に20GB利用できます。そのため、同じ料金で多くデータを利用したい方はLINEMOのスマホプランがおすすめです。一方、15GBよりも少ない月が発生するのでデータ繰り越しを利用したい、という方ならUQモバイルのくりこしプランM +5Gがいいでしょう。

15GB〜20GB未満の場合

プラン名 くりこしプランL +5G(UQモバイル) スマホプラン(LINEMO)
金額 45,936円 32,736円

1ヵ月のデータ使用量が15GB〜20GB未満の場合、LINEMOのスマホプランの方がUQモバイルのくりこしプランL +5Gよりも1年間で13,200円(税込)安くなります。ただし使用できるのはUQモバイルのくりこしプランL +5Gが1ヵ月で25GBであるのに対し、LINEMOのスマホプランが1ヵ月で20GBです。そのため、使用料が20GB未満で抑えられるならばLINEMOのスマホプランが最適です。

20GB〜25GB未満の場合

くりこしプランL +5G(UQモバイル)
45,936円

1ヵ月のデータ使用量が20GB〜25GB未満の場合、UQモバイルでもっともデータを利用できるくりこしプランL +5Gがいいでしょう。LINEMOのスマホプランは20GBまでしか利用できないので、データ消費量が20GB以上でサクサクとインターネットを使いたいならUQモバイルがおすすめです。

②通信速度で比較

では、UQモバイルとLINEMOの通信速度はどのように違うのでしょうか。通信速度を優先したい方にとっては、重要なポイントです。ここでUQモバイルとLINEMOの通信速度を比較してみましょう。時間帯によっても速度は異なるので、ライフスタイルに合わせて使用する時間帯の速さをチェックしてみてください。

UQモバイルの通信速度の口コミ・評判

UQモバイルの平均通信速度は以下の通りです。

時間帯 Ping 下り 上り
50.64ms 44.81Mbps 9.32Mbps
54.77ms 38.47Mbps 7.67Mbps
夕方 49.31ms 48.78Mbps 10.17Mbps
49.44ms 43.07Mbps 12.1Mbps
深夜 54.14ms 50.79Mbps 9.29Mbps

UQモバイルは「みんなのネット回線速度」によると、上記のような通信速度となっています。UQモバイルは下り(受信)の場合、LINEMOよりもやや遅くなっています。しかし、上り(送信)の場合はLINEMOよりもUQモバイルの方が通信速度が速いです。

通信速度が遅くて困る

UQモバイルは一般的には通信速度が速いとされているのですが、夕方〜夜にかけて速度が遅くなる傾向にあります。そのため、会社員の方であれば退勤してから就寝するまでの間に通信速度が遅く感じることもあるでしょう。サクサクとインターネットを利用したいという方にとっては不満に思うようです。

LINEMOの通信速度の口コミ・評判

LINEMOの平均通信速度は以下の通りです。

時間帯 Ping 下り 上り
41.94ms 60.1Mbps 11.82Mbps
42.7ms 25.81Mbps 10.14Mbps
夕方 42.21ms 40.57Mbps 11.27Mbps
38.72ms 53.21Mbps 12.77Mbps
深夜 39.62ms 30.01Mbps 10.43Mbps

LINEMOは「みんなのネット回線速度」によると、上記のような通信速度となっています。上りに関しては時間帯によってもあまり速度に変化はないのですが、下り(受信)についてはLINEMOはUQモバイルに比べて、20Mbpsほど速くなっています。

回線品質はソフトバンクと同じくらい

回線品質については、回線を利用しているソフトバンクとあまり変わらないという評判があります。時間帯については昼と深夜が通信速度が速いので、インターネットを利用する時間帯によってはLINEMOの方がいいでしょう。また、ソフトバンクから乗り換える方にとっては、同じ回線を利用しているので安心です。

③キャンペーンで比較

中にはキャンペーンの内容によってキャリアを選ぶ人もいるでしょう。普段利用しているサービスによっては、大きなメリットに感じることもあります。そこでここからは、UQモバイルとLINEMOのキャンペーンを比較していきます。

UQモバイルのキャンペーン

UQモバイルキャンペーン画像
出典:UQモバイル

UQモバイルでは2021年10月18日時点、6種類のキャンペーンが実施されています。

・初めての電子書籍購入で使えるクーポン
・au PAYでポイント還元
・くりこしプラン +5G データプレゼントキャンペーン
・UQ→auのりかえ特典!
・ご利用のスマホ(他社スマホもOK!)の下取りサービス開始!
・SIM変更手数料がおトク!

初めての電子書籍購入でもらえるクーポン

UQモバイルで初めて電子書籍を購入する際に、クーポンがもらえます。そのクーポンとは「ブックパス for au PAY マーケット」で今使用できる500円クーポンのことで、電子書籍の購入に使用できます。

au PAYでポイント還元

ローソンやナチュラルローソンを利用する方には、au PAYでポイント還元してもらえるキャンペーンがお得です。クリスマスやおせちなどの対象商品を予約すると、200円(税込)ごとに20ポイント還元されます。1ポイントあたり1円として利用できるので、au PAYユーザーにとってお得です。

くりこしプラン +5G データプレゼントキャンペーン

UQモバイルには2019年9月に新規受付を終了した「おしゃべりプラン」や「ぴったりプラン」というプランがありました。これらのプランに加入していた方に向けて、「くりこしプラン +5G データプレゼントキャンペーン」というキャンペーンが実施されています。現在新規受付をしている「くりこしプラン +5G 」に加入することで、加入プランによって異なるデータ容量を特典としてもらえるのです。

UQ→auのりかえ特典!

UQモバイルからauへの乗り換えで、対象の料金プランに加入すると、おトクな特典が適用されます。手数料が無料になる、MNP予約番号不要、月額料金が最大3,850円×12ヵ月間で最大46,200円割引になるなど、特典が多数あります。

ご利用のスマホ(他社スマホもOK!)の下取りサービス開始!

MNP新規・機種変更をしたスマホを下取りしてもらえるサービスがあります。これは他社スマホでも対象で、スマホの機種によって応じた金額を還元してもらえます。そのため、UQモバイルに安く乗り換えることが可能です。

SIM変更手数料がおトク!

VoLTE非対応SIMカードの終了に伴って、VoLTE非対応SIMカード利用者に向けて手数料割引サービスが実施されています。SIMカード発行手数料・機種変更手数料3,300円(税込)が割引になり、実質無料でVoLTE対応SIMカードへ変更することができます。

LINEMOのキャンペーン

出典:LINEMO

一方LINEMOでは、2021年10月18日時点、3種類のキャンペーンが実施されています。

PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン

LINEMOでは他社からの乗り換えや新しい電話番号で契約したユーザーに向けて「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」を行なっています。「ミニプラン」に加入した方には3,000円相当、「スマホプラン」に加入した方には10,000円相当の PayPayボーナスがプレゼントされます。

通話オプション割引キャンペーン

5分以内の国内通話が無料になる通話オプション、「通話準定額」に加入した方には、1ヵ月あたりのオプション料金550円(税込)が1年間無料になるサービスがあります。また、「通話定額」という通話時間・回数が無制限で、国内通話かけ放題のオプションを付けたユーザーは、月額1,650円(税込)のところを、1年間月額1,100円(税込)で利用できます。

LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン

LINEヘビーユーザーに嬉しい「LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン」というキャンペーンが実施されています。これはLINEMOの「スマホプラン」を契約し、LINEスタンプ プレミアムに加入しているユーザーに、LINEポイント240ポイントが毎月プレゼントされるというサービスです。

まとめ

UQモバイルとLINEMOのメリットデメリットのご紹介と、料金プランや通信速度、キャンペーンでそれぞれ比較をしました。
その上で、それぞれをおすすめしたいのは以下の方です。

◆UQモバイルがおすすめ
・ 1ヵ月でたくさんデータを消費する
・ 料金プランの選択肢が多いほうがいい
・ お得なキャンペーンを活用したい

◆LINEMOがおすすめ
・ 月額料金をとにかく安く抑えたい
・ LINEのサービスを多く使っている

UQモバイルとLINEMOのそれぞれの特徴を理解したうえで後悔しない乗り換えをして、お得で快適なスマホライフを手に入れましょう!

2021年10月時点の調査内容です。

公式サイトはこちら