SEARCH

ワイモバイルとソフトバンクの違いは料金プランだけじゃない?サービスや通信品質も徹底比較して解説!

大手キャリアブランドのソフトバンクと、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイル。格安SIMは月額が安いイメージがあると思いますが、実際のところサービスや通信品質など総合的に比べてどのように違うのでしょうか。

ここではソフトバンクとワイモバイルのサービス・通信品質・料金などを徹底的に比較し、それぞれどんな人に向いているのかまとめました。格安SIMのワイモバイルに乗り換えるべきか迷っている人はぜひ参考にしてください。

ワイモバイルとソフトバンクの関係性

出典:Adobe Stock 

「ワイモバイル(Y!mobile)」はソフトバンク株式会社に合併され、ソフトバンクのサブブランドという位置づけされた通信キャリアです。
それぞれどのような通信キャリアなのか解説していきます。

ワイモバイルとは

ワイモバイル(Y!mobile)は、上述した通りソフトバンクのサブブランドの通信キャリア会社ですが、他の格安SIMとの大きな違いは、ソフトバンクの回線を使用しているということです。

通常格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手回線の一部を借りて通信を行うため、通信速度が遅かったり安定しなかったりいった問題が挙げられます。
しかしワイモバイルはソフトバンクの回線を使用できるため、混雑しやすい時間帯でも安定した速度を保つことができることが、とても大きなメリットといえるでしょう。

ソフトバンクとは

ソフトバンクは、auやドコモと並ぶ大手通信キャリアの会社です。
通信速度の速さはもちろん、さまざまなデータプランを提供しています。
国内での売り上げを伸ばし続けており、これからも成長が見込まれる会社であると言えます。

ソフトバンクは主に大容量プランに力を入れている印象で、動画サービスなどを多く利用する人にとって魅力的なサービスを展開しています。


公式サイトはこちら

ワイモバイルとソフトバンクの違いを比較

出典:Adobe Stock 

プロがひとこと!ソフトバンクとワイモバイルの大きな違い

料金プランの特徴が大きく違います。
ソフトバンクは従量制と無制限プランの2択で、ワイモバイルはデータ利用量に応じて、3段階のプランから選べます。

ワイモバイルとソフトバンクの主なサービスを比較してみましょう。

  ワイモバイル ソフトバンク
データ容量 3GB、15GB、25GB 1GB、2GB、3GB、無制限
通話料金 22円(30秒) 22円(30秒)
通話オプション ・誰とでも定額770円
・スーパーだれとでも定額1,870円
・準定額オプション+ 880円
・定額オプション+ 1,980円
データ繰越 可能 不可
データ追加購入 ・550円(0.5GB) ・550円(0.5GB)
・1,100円(1GB)
家族割り 1,188円 1,210円

※表は右にスクロールできます。

上記の表を見ると、ワイモバイルとソフトバンクは同じ系列の会社のため、サービス体系が似ている部分もあります。
ただ、前述のとおり、ソフトバンクは1~3GBまでの少容量プランと無制限の大容量プランがしかなく、15GB程度の中容量データプランの設定がないことが特徴です。

ここからは、以下の項目について細かく比較していきます。

  • サービス内容
  • 料金プラン
  • 使用可能な端末
  • 回線・通信速度

サービス内容を比較

ワイモバイルとソフトバンクは元を辿れば同じ会社なので、提供しているサービス内容は同等です。
格安SIMでありながら、大手通信キャリアと同等のサービスを提供できるのは、ワイモバイルならではの強みといえるでしょう。

  ワイモバイル ソフトバンク
キャリアメール ○(無料) ○(無料)
留守番電話 ○(無料) ○(無料)
SMS
テザリング
キャリア決済 ワイモバイルまとめて支払い ソフトバンクまとめて支払い
店舗数 880 2,300

※表は右にスクロールできます。

ワイモバイルのサービス内容

ワイモバイルは、ソフトバンクと比較して遜色ないサービス内容となっています。
キャリアメールは(@ymobile.ne.jp)が利用でき、留守番電話も無料で使うことができます。

店舗数も880店舗と、店舗を持たない格安SIM会社も多いことを考えると、かなり多いといえるでしょう。

ソフトバンクのサービス内容

ソフトバンクではS!メール(@softbank.ne.jp)というキャリアメールを使用し、SMSや留守番電話、テザリングなど必要な機能は基本的にすべて揃っています。

料金プランを比較

ワイモバイルとソフトバンクの料金プランを比較して、わかる大きな違いはプラン設定でしょう。
同じGB数での比較は3GBでしかできませんが、概してワイモバイルの方が低価格でスマートフォンを利用できるサービスであるといえます。

 

  ワイモバイル ソフトバンク
1GB 3,278円
2GB 4,378円
3GB 2,178円 5,478円
15GB 3,278円
25GB 4,158円
無制限 7,238円

※税込金額

ワイモバイルは3GB、15GB、25GBとユーザーのニーズに幅広く対応したプラン設定となっています。
一方でソフトバンクは、1~3GBまでかそれ以降は無制限プランがカバーすることになります。

どちらがいいかは一概には言えませんが、料金重視であればワイモバイル、データ容量重視ならソフトバンクであるといえるでしょう。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの料金プランはソフトバンクと比べると、自分にあったプランを選択しやすいでしょう。
データ容量が3GB追加される「データ増量オプション(550円/月)」が1年間無料で適用できるので(2021年9月)、さらにお得に利用できる点もありがたいポイントです。

料金プラン
プラン名 内容 料金 通話料金
シンプルS 〜3GBまで 2,178円

22円/30秒

シンプルM 〜15GBまで 3,278円
シンプルL 〜25GBまで 4,158円

※表は右にスクロールできます。

通話オプション
プラン名 内容 料金
だれとでも定額 1回10分無料 770円
スーパーだれでも定額S 24時間かけ放題 1,870円

※税込金額
※表は右にスクロールできます。

「家族割」か「おうち割 光セット」のいずれかを適用すると月額から1,188円割引きになります。
さらに学割も適用できればさらに最大12ヵ月間1,100円引きといったサービスを展開していることもあるので、タイミングによってはさらに安く利用できるでしょう。

ソフトバンクの料金プラン

ソフトバンクでは、1~3GBもしくは無制限の大容量の2択となるため、3GB以上使うのであれば、無制限プランを選択せざるを得ないプラン設定になっています。
また、スマートフォンを初めて使う人向けのコンパクトなプランがあります。

通話オプション
プラン名 内容 料金 通話料金
メリハリ無制限 無制限 7,238円 22円/30秒
ミニフィットプラン+ 〜1GB 3,278円
〜2GB 4,378円
〜3GB 5,478円
スマホデビュープラン 3GB 990円(12ヵ月間)
2,178円(14ヵ月以降)
1回5分以内無料

※税込金額
※表は右にスクロールできます。

 

プラン名 内容 料金
準定額オプション+ 1回5分無料 880円
定額オプション+ 24時間かけ放題 1,980円

※税込金額
※表は右にスクロールできます。

あまりデータを使わない人や、逆にたくさん使う人にとっては便利なプランですが、中間層の人にとっては選びづらい料金プランかもしれません。

使用可能な端末の違い

ワイモバイルとソフトバンクで使用できるiPhoneの機種は以下の通りです。

ワイモバイル ソフトバンク
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 11
・iPhone13 Pro Max
・iPhone13 Pro
・iPhone13
・iPhone13 mini
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone SE
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11
・iPhone 8
・iPhone 7

※表は右にスクロールできます。

ワイモバイルではソフトバンクのように最新機種がすぐに入荷されることはあまりないですが、5G対応機種なども扱っています。
どうしても最新機種をすぐに使いたいという場合には、ソフトバンクの方が魅力に映るかもしれませんね。

回線・通信速度の違い

ワイモバイルとソフトバンクの回線や通信速度は、どちらも同じです。
実際に計測読み込み速度を計測しても、お昼や夜の時間であっても両者に大きな差は見られませんでした。
ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであり同じ回線を利用するため、通信速度の品質は保たれます。

ワイモバイルで速度制限がかかった場合でもシンプルSで最大300kbps、シンプルM・Lで最大1Mbpsの速度が保たれ、快適に閲覧できるでしょう。


公式サイトはこちら

ワイモバイルを利用するメリット

出典:Adobe Stock 

プロが一言!ワイモバイルのメリット

格安スマホのなかでは店舗数が1番多く、どなたでもすぐショップに行き、相談したり手続きしたりできます。

オンラインでの手続きに不安がある方やしっかりサービスを確認したい方にはショップがあるということは安心源です。

ワイモバイルを利用するメリットは、以下のことが挙げられます。

  • 料金が圧倒的に安くなる
  • 家族で使うと割引が受けられる

ワイモバイルは、大手キャリアと同じ安定した回線であるにもかかわらず利用料金が圧倒的に安いことが、最大の魅力です。
さらに家族割りなど割引を併用すると、最安値レベルまで金額が抑えられ、さらにお得に利用できます。

携帯の利用料を抑えたい人は、ワイモバイルがおすすめです。


公式サイトはこちら

ワイモバイルを利用するデメリット

出典:Adobe Stock 

ワイモバイルを利用するときのデメリットは25GB以上のプランがないことが挙げられます。

25GB以上使ってしまっても、通信はできますが、速度が制限されてしまいます。
25GB以上使うかもしれない人にとって、上限が25GBであることはデメリットといえるかもしれません。


公式サイトはこちら

ソフトバンクを利用するメリット

出典:Adobe Stock

プロから一言!ソフトバンクのメリット

ソフトバンクショップでは、ご高齢者や初めてスマホを持つ方向けに”スマホ教室”を行っています。
スマホのわからないことをアドバイザーが親切に教えてくれるので、これからスマホを持ちたいという方には大きなメリットです。

ソフトバンクを利用するメリットは以下のようなことが挙げられます。

  • 無制限プランがある
  • 手厚いサポートが受けられる

ワイモバイルをはじめ、多くの格安SIMには無制限プランがないケースが多いです。
データ容量を気にすることなく、速度制限などを気にすることなく使いたいヘビーユーザーの方に無制限プランは魅力的でしょう。
また店舗数が多く、いざというときのサポートいが手厚いことも大手キャリア通信会社ならではのメリットと言えます。


公式サイトはこちら

ソフトバンクを利用するデメリット

DEMERIT
出典:Adobe Stock

ソフトバンクを利用するデメリットは、利用料が高いことの1点に絞られるのではないでしょうか。
1~3GBの少量データプランか無制限プランと両極端なプランですが1~3GBのプランでいいのであれば、ワイモバイルの方が安いです。
料金よりもデータ容量重視の方にソフトバンクはおすすめです。


公式サイトはこちら

実際に使用したときの料金をシミュレーション

出典:Adobe Stock

それでは実際に2年間使用した場合、どの程度料金差が出てくるのかシミュレーションしてみましょう。

  • 一番安価なプランを使用する場合
  • 最大容量のデータを使用する場合

上記の条件のもと、できるだけ似ているプランで想定しています。

一番安価なプランを使用する場合

ソフトバンクとワイモバイルでそれぞれに最も安いプランを適用させた場合を比較します。

  ワイモバイル ソフトバンク
プラン シンプルS+誰とでも定額 ミニフィットプラン+
準定額オプション
内容 ~3GB、1回10分通話無料 ~1GB、1回5分無料
月額料金 2,948円(2,178円+770円) 4,158円(3,278円+880円)
2年使用時の合計 70,752円 99,792円

※税込金額
※表は右にスクロールできます。

最も安いプランにした場合、29,040円の差でソフトバンクが高くなりました。
ワイモバイルの最安プランが3GBであるのに対し、ワイモバイルは1GBでこの価格差です。

仮にソフトバンクを3GBに合わせた場合、月額6,358円、2年で152,592円となり、ワイモバイルとの差額は81,840円とかなり大きいことがわかります。

少量〜中量のデータ量でいいのであれば、断然ワイモバイルが安いことがわかるでしょう。

最大容量のデータを使用する場合

最大容量のプランを選択した際の、料金シミュレーションをしてみます。

 

  ワイモバイル ソフトバンク
プラン シンプルL+誰とでも定額 メリハリ無制限+
準定額オプション
内容 ~25GB、1回10分通話無料 無制限GB、1回5分無料
月額料金 4,158円+770円 7,238円+880円
2年使用時の合計 118,272円 194,832円

※税込金額
※表は右にスクロールできます。

比較した結果、料金の差額は76,560円でソフトバンクが高いという結果になりました。
ワイモバイルは25GBであるのに対し、ソフトバンクは無制限のプランです。
3GBと比較して価格差は小さいため、まだ妥当な印象を受けます。

25GB以上のヘビーユーザーの人にはソフトバンクの無制限プランがおすすめでしょう。

シミュレーション結果からわかる選び方のポイント

これらのシミュレーションから、大容量データの使用が譲れないという人はソフトバンクがおすすめですが、安定した通信でコストを抑えたい、あまりお金をかけたくない人には断然ワイモバイルがおすすめであると言えます。


公式サイトはこちら

家族みんなで使用するときの料金をシミュレーション

出典:Adobe Stock

家族みんなで同じキャリアを使用したときに、どのくらい料金が変わるのかをシミュレーションしてみましょう。

  • ワイモバイルを使用する場合
  • ソフトバンクを使用する場合

4人家族(学生2人、大人2人)が家族割りを適用した上で、2年間利用した場合の料金を比べてみます。
それぞれ似たようなプランになるよう、以下のような設定にしています。

ソフトバンク ・プランはメリハリ無制限×2人(2人学生)、ミニフィットプラン+(~3GB)×2
※新みんな家族割適用。おうち割、光セット、学割は適用なし
ワイモバイル ・プランはシンプルL×2人(学生)、シンプルM×1人、シンプルS×1人
※家族割適用。おうち割、光セット、学割は適用なし

家族でワイモバイルを使用する場合

  大人(主回線) 大人 子(学生) 子(学生)
プラン シンプルS シンプルM シンプルL シンプルL
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円 4,158円
家族割 -1,188円 -1,188円 -1,188円
ワイモバ学割
月額料金合計 2,178円 2,090円 2,970円 2,970円
2年使用時の合計 52,272円 50,160円 71,280円 71,280円
2年使用時
家族の合計
244,992円

※税込金額
※表は右にスクロールできます。

家族でソフトバンクを使用する場合

 

  大人(主回線) 大人 子(学生) 子(学生)
プラン ミニフィットプラン+
(3GB)
ミニフィットプラン+
(3GB)
メリハリ無制限 メリハリ無制限
月額料金 5,478円 5,478円 7,238円 7,238円
家族割 -1,210円 -1,210円
ワイモバ学割
月額料金合計 5,478円 5,478円 6,028円 6,028円
2年使用時の合計 131,472円 131,472円 144,672円 144,672円
2年使用時
家族の合計

552,288円

※税込金額
※表は右にスクロールできます。

家族でソフトバンクを利用した場合、2年間の家族の使用料は、なんと倍以上の552,288円でした。

学割は毎年年末〜5月末までの申し込みで適用されます(2021年10月現在)。
ソフトバンクの学割内容は変更となる可能性もありますが、2021年の割引内容と同等の6ヵ月間3,938円割引が適用されれば、上記の合計金額より、47,256円安くなります。

シミュレーション結果からわかるキャリアによる差額

上記のシミュレーションはあくまでも一例ではありますが、倍以上の金額差が出る結果となりました。
学割がないときの差額は307,296円、学割を効かせた場合でも、288,640円の差額が出てきます。
2年間でこの差はかなり大きいと言わざるを得ません。

ソフトバンクは無制限プランであるのに対し、ワイモバイルは25GBまで使えるプランであることが大きな違いですが、金額差と比較してみあった金額であるかどうかは見極める必要があるでしょう。

25GBでも十分動画など楽しめるのでどうしても大容量にこだわるという人でない限り、ワイモバイルに比べるとソフトバンクは経済的負担が大きいでしょう。


公式サイトはこちら

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える方法

出典:Adobe Stock

現在ソフトバンクを使用していてワイモバイルに乗り換えたい人は以下の手順で、手続きを行いましょう。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるときの手順

①ソフトバンクでMNP予約番号を取得
②ワイモバイルに利用申込み手続き
③手続き完了でソフトバンクは自動解約される

①ソフトバンクでMNP予約番号を取得

まずは現在使用しているキャリア会社であるソフトバンクでMNP予約番号を取得しましょう。現在の携帯番号を引き継ぐために必要な10桁の番号です。

MNP予約番号は以下の2箇所で無料で取得できます。

  • ソフトバンクの店舗
  • ソフトバンクの電話窓口
ソフトバンクの問い合わせ先

受付時間:9:00~20:00(年中無休)
SoftBank携帯からの電話:*5533
それ以外の電話から:0800-100-5533

 

ワイモバイルへ乗り換える際は、契約事務手数料は無料です。
MNP予約番号の発行や、SIMロック解除(一部有料)、新規契約事務手数料まで無料で行えるのも、嬉しいポイントです。
事務手数料やSIMロック解除が有料であるケースも多いことを考えるとフォスとバンクからワイモバイルへの乗り換えはお得であるといえるでしょう。

②ワイモバイルに利用申込み手続き

次に、ワイモバイルに、MNP予約番号を提示し利用申し込みの手続きを行います。
MNP予約番号の有効期限は、取得後15日間なので、乗り換え時は有効期限が切れていないことを確認してください。有効期限が過ぎるとMNP予約番号は無効となりますが、再度無料で発行できます。

またオンラインストアで申し込む際は、MNP予約番号取得後2日以内に申し込む必要があり、通常の15日の有効期限よりもかなり短く設定されていることに注意してください。

ワイモバイルの手続きは、以下から行えます。

申し込みの際に必要なもの

・MNP予約番号
・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
・通帳(キャッシュカード)と金融機関届出印(※口座振替の場合)
・クレジットカード(※クレジットカード払いの場合)
・機種購入費用(端末購入する場合)

 

上記のものを用意した上で、手続きに進みましょう。

③手続き完了でソフトバンクは自動解約される

ワイモバイルの申し込みが完了すれば、直後からワイモバイルを使用できるようになります。
それと同時にSoftBankが自動的に解約され使えなくなります。
ソフトバンクの解約手続きは必要ありません。


公式サイトはこちら

ワイモバイルに乗り換える場合の注意点

出典:Adobe Stock

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合は、以下のことに注意しましょう。

  • 端末をそのまま使用するならSIMロック解除が必要
  • 今までのアドレスでメールが見れなくなる
  • ソフトバンクのキャンペーンが対象外になる

端末をそのまま使用するならSIMロック解除が必要

auやソフトバンクなどキャリア会社でスマートフォンを購入した場合、契約した携帯電話会社のSIMカード以外は使用できないよう、SIMカードにロックがかかっていることが一般的です。
他社のSIMカードを使えるように、SIMカードのロックを外すことを「SIMロック解除」といいます。

ただしソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を使っていて同じ会社であっても、SIMロック解除が必要であることに注意してください。

SIMロック解除は、ソフトバンクショップもしくはMy SoftBank内で行えます。
機種購入当日からSIMロック解除は可能ですが、クレジットカード払い以外の方法で機種を購入した場合に限り、有料となります(3,300円)。
オンラインやクレジット払いだった場合は無料でロックを解除できます。

今までのアドレスでメールが見られなくなる

ソフトバンクを解約するとこれまで使用していたキャリアメールアドレス(@i.softbank.jp)は使用できなくなります。
ワイモバイルでもキャリアメールは使えますが、アドレスは異なることに注意しましょう。
そのため大切なメールはあらかじめバックアップをとっておいてください。

iCloudやGmailに移動させておく方法が一般的です。

バックアップの方法

1.標準メールアプリからアカウント追加(iCloudやGmail、Outlookなど)
2.受信フォルダ内の編集ボタンを押す
3.移動ボタンを押して移動先を選ぶ

 

受信ボックスだけでなく、下書きやゴミ箱も移動できるので、必要なものはすべて移動させておくといいでしょう。また、連絡先やサイト登録などにキャリアメールを使用していた場合にも、前もってアドレスの変更をしておくとスムーズです。

特にiPhoneの場合は、Apple IDに設定しているケースが多いので、解約前に変更しておきましょう。


公式サイトはこちら

ソフトバンクのオプションが対象外になる

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えで、これまで利用していたキャンペーンが対象外になることがあるため注意しましょう。

対象外になるソフトバンクのオプションの例

・ホワイトコール24
・ホワイトBB
・海外パケットし放題
・アメリカ放題

 

ソフトバンクからそのまま引き継げるものもありますが、必ずしもすべて同じように利用できるわけではないため、乗り換え前に必要なオプションやキャンペーンがあれば、引き継げるのかどうか確認しておいてください。


公式サイトはこちら

まとめ

今回はワイモバイルとソフトバンクのサービスや速度制限、料金、料金シミュレーションを比較しました。ワイモバイルはソフトバンクの高速回線を使用しているにもかかわらず、圧倒的な低価格を提供しています。最大で25GBまでのプランが設定されており、日常生活で使う分には十分なプランです。

一方で、ソフトバンクは25GB以上使う人向けにぴったりな無制限プランを展開しています。格安SIMには無制限プランは設けられていないことが多いため、25GB以上のデータを使う人にはおすすめのプランだといえます。

携帯料金を抑えたいと思っている人は、ワイモバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。
タイミングによってはキャッシュバックキャンペーンなどを行なっていることもあり、さらにお得に利用できるかもしれません。
一度、確認してみてください。

【ワイモバイル】おトクなキャンペーン実施中1詳細はこちら width=