SEARCH SEARCH SEARCH

ユーザーの口コミ情報

【2023年最新版】povoの対応機種を徹底調査!おすすめはどれ?

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

「povoはスマホを販売していないって聞いたけど、どうすればいいの?」と悩んでいませんか? 契約と同時に新しい機種を購入したい場合、困ってしまいますよね。

たしかにpovoは端末を販売していませんが、auオンラインショップなどで購入した端末の持ち込み契約に対応しています。つまり、自分で用意したスマホを利用できるのです。

ただし、機種によっては「動作確認が済んでいない」または「SIMロック解除手続きが必要」となることがあります。念のため、契約手続きをする前に確認しておいたほうが良いでしょう。

本記事では「povoを契約する前に確認しておきたいこと」や「povoで使えるおすすめの機種」を紹介します。

端末購入はauオンラインショップがおすすめ。20GBまでの月額料金は最安!

povoは端末を販売していないため、ほかの窓口で購入する必要があります。購入方法はいくつかありますが、auオンラインショップがおすすめです。

なお、契約前には「動作確認済み端末」と「SIMロック解除の有無」をチェックしておきましょう。

povoは、ほかの格安プランと比べてデータ容量の選択肢が多く、20GBまでの月額料金は最安。大容量プランを上手に使えばさらにお得に利用できます!

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

povoで端末は購入できない!対応機種を調べる方法は?

povoは端末を販売していないため、他社で購入したスマホを利用する必要があります。

ただし、すべての機種が使えるわけではありません。機種によっては対応していなかったり、SIMロック解除が必要だったりします。

この項目では、povoを契約する前に確認しておきたい2つのポイントを紹介します。

povoを契約する前に確認しておきたい2つのポイント

動作確認済み端末をチェックする

動作確認済み端末とは、povoのサービスを問題なく利用できることが確認された端末のことです。

動作確認ができていない端末を利用すると「インターネットにつながらない」「電話が途中で切れる」といったトラブルが発生する可能性があります。

povoの動作確認済み端末は「対応機種・端末」でチェックできます。手順は次のとおりです。

povoで動作確認済み端末をチェックする手順

1.「対応機種・端末」にアクセスして「機種・端末を探す」までスクロールする。
2.「製品カテゴリ(OS選択)」「キャリア」「メーカー」をそれぞれ選択する。
3.「検索する」をタップし、表示される内容を確認する。

出典:povo公式 対応機種・端末

上記の手順で対象機種が確認できた場合「動作確認が済んでいる」と判断できます。次のステップ「SIMロック解除の有無をチェックする」に進んでください。

一方、対象機種が表示されていない場合「動作確認が済んでいない」可能性があります。ほかの機種を購入するなどの対策を取りましょう。

SIMロック解除の有無をチェックする

SIMロック解除は、SIMロック(購入した通信キャリア以外のSIMカードを利用できないようにする制限)を解除するための手続きです。

2021年10月1日以降に発売された機種は制限の対象外のため、手続きは不要。それ以前に発売された端末の解除状況は通信キャリアによって異なります。

ドコモ・au・ソフトバンクで端末を購入した方で、以下の条件に当てはまる場合、SIMロック解除手続きが不要です。

ドコモ・au・ソフトバンクのSIMロック解除状況

・ドコモ:2021年8月27日以降に発売された機種を購入した場合
・au:2021年10月1日以降に発売された機種を購入した場合
・ソフトバンク:2021年5月12日以降にソフトバンク取扱店にて製品を購入した場合

上記の条件に当てはまらない場合は、SIMロック解除手続きが必要となります。それぞれ「店頭・電話・Web」で受け付けているため、問い合わせて手続きをしましょう。

ただし、店頭で手続きをする場合、SIMロック解除手数料が発生することがあります。「電話」または「Web」での手続きがおすすめです。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

povoで使う端末はどこで購入すればいい?

前の項目では「povoは端末を販売していない」とお伝えしました。では、新しい機種はどこで購入すれば良いのでしょうか。ここでは、おすすめの購入方法を紹介します。

まずは、どのような購入方法があるのか一覧で確認してみましょう。

povoで使う端末を購入できる窓口

・auショップ / auオンラインショップ
・ほかの通信キャリアの店舗 / オンラインショップ
・家電量販店
・その他オンラインショップ など

povoで使う端末を購入する場合、購入方法は上記の4つに分けられます。中でも、もっともおすすめの窓口は「auオンラインショップ」です。

povoを提供しているauのオンラインショップで購入することで、次のようなメリットがあります。

povoで使う端末をauオンラインショップで購入するメリット

・povoと一緒に契約を管理しやすい
・キャンペーンが適用されることがある
・スマホの購入は全品送料無料
・povoの周波数にあわせて製造された機種が販売されている ※1

※1. povoの周波数はauと同じです。

また、auオンラインショップは機種だけの購入にも対応しています。機種代金をauで分割しながら、povoを利用できるのです。

povoへの乗り換えで月額料金を抑えつつ、最新のハイスペック機種をゲットしましょう。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

povoが最適?大手通信キャリアの格安プランを比較!

povoは、auのオンライン専用プランとして提供されているサービスです。基本料金は0円、使いたい分だけ“トッピング”するという斬新な料金設定で話題を集めています。

たとえば「データ追加3GB(30日間)」の利用料金は990円(税込)です。auからの乗り換えなら、大幅に月額料金を下げられるでしょう。

しかし、ほかの大手通信キャリアが提供する格安プランも気になるところ。ドコモは「ahamo」、ソフトバンクは「LINEMO」を提供しており、それぞれ人気上昇中です。

ここでは「povo・ahamo・LINEMO」の月額料金比較を紹介します。

povo・ahamo・LINEMOの月額料金比較
データ容量 povo ahamo LINEMO
3GB 990円 990円
20GB 2,700円 2,970円 2,728円
60GB 6,490円 ※1
100GB 4,950円 ※2
150GB 12,980円 ※3

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。
※一部30日以上利用できるサービスを選出しています。
※1. 利用可能日数は90日間です。
※2. 大盛りオプション加入時のデータ容量・月額料金です。
※3. 利用可能日数は180日間です。

3つの格安プランを比較すると「povoのデータ容量の選択肢が多いこと」がわかります。上記以外にも「データ使い放題(24時間):330円(税込)/回」や「データ追加1GB(7日間):390円(税込)/回」が用意されており、使い勝手が良いのです。

また、20GBまでの月額料金が最安なのもうれしいポイント。長期間利用できるトッピング「60GB(90日間)」と「150GB(180日間)」を期間いっぱいまで使うと仮定し、ひと月あたりの利用料金に分割すると、さらにお得に使えることがわかります。

長期間利用できるトッピングを分割した場合の料金シミュレーション
トッピング名 料金 ひと月あたりの
利用料金
ひと月あたりの
データ容量(目安)
データ追加60GB
(90日間)
6,490円 2,163円 20GB
データ追加150GB
(180日間)
12,980円 2,163円 25GB

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

ひと月あたりの利用料金は、どちらも月額2,163円(税込)。データ容量をひと月あたりに分割すると、60GB(90日間)は20GB150GB(180日間)は25GBという計算になります。

毎月のデータ使用量を自己管理する必要はありますが、安さを求める方にはおすすめです。

ただし「料金プランのシンプルさ」では、ahamoとLINEMOのほうが優れています。また、ひと月あたりのデータ使用量が25GB以上100GB以下の方には、ahamoが適しているでしょう。

それぞれの特徴を理解した上で選択してください。

3年連続顧客満足度1位を獲得!
LINEのトークや通話もデータ消費量ゼロ!

LINEMO 公式サイトはこちら

ahamoの契約数が500万突破!!
Disney+とのおトクなキャンペーン実施中!

ahamo 公式サイトはこちら

povo対応|安さを求める方におすすめの機種3選!

ここからは、povoで使える「安さを求める方におすすめの機種」を紹介します。

いずれもauオンラインショップで購入可能です。気になる機種があったら公式サイトをチェックしてみてください。

povo対応|安さを求める方におすすめの機種3選!

arrows We|気軽に使えるスマホならarrows Weがおすすめ!
Xperia Ace III|Xperia独自のバッテリー性能を搭載!3年後も快適に使える
Redmi Note 10 JE|約4,800万画素のメインカメラを搭載!コスパを求める方に

arrows We|気軽に使えるスマホならarrows Weがおすすめ!

出典:auオンラインショップ公式 arrows We(アローズ ウィー) FCG01
arrows We:性能表
メーカー FCNT
カラー ローズゴールド / ホワイト / ブラック
ROM / RAM容量 64GB / 4GB
画面サイズ 約5.7インチ
サイズと重量 ・高さ:約147mm 幅:約71mm 厚さ:約9.4mm
・重量:約172g
CPU Snapdragon 480 5G(オクタコア)2.0GHz+1.8GHz
カメラ ・メインカメラ:約1,310万画素+約190万画素
・サブカメラ:約500万画素
バッテリー 4,000mAh
そのほかの機能 5G対応 / おサイフケータイ / NFC
防水/防塵(IPX5/IPX8 / IP6X) / 生体認証(指紋)

※表は右にスクロールできます。

arrows Weは、2021年12月に発売された「FCNT(旧富士通)」のAndroidスマホです。キャッチコピーは「使いやすさにこだわった、おサイフにやさしい5Gスマホ」。

定価2万円台とリーズナブルですが、日常生活に役立つ機能がしっかり搭載されています。ここでは、arrows Weの特徴を一覧で見ていきましょう。

arrows Weの特徴一覧

・丸洗い/アルコール除菌対応
・防水/防塵/耐衝撃に対応
・arrows史上最大級の大容量バッテリーを搭載
・文字やアイコンが大きくなる「シンプルモード」に対応
・詐欺対策など、防犯機能を搭載

上記のうち「丸洗い・アルコール除菌対応」は、近年多くのAndroidスマホに搭載されている便利な機能です。手を洗うついでにスマホを洗浄し、常に清潔な状態を保てます。

また「防水/防塵/耐衝撃」にも対応。約1.5mの高さからの落下試験をクリアしているため、安心して利用できます。はじめてスマホを使う方や、本体価格を抑えたい方に最適です。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

Xperia Ace III|Xperia独自のバッテリー性能を搭載!3年後も快適に使える

出典:auオンラインショップ公式 Xperia Ace III(エクスペリア エース マークスリー)SOG08
Xperia Ace III:性能表
メーカー SONY
カラー グレー / ブルー
ROM / RAM容量 64GB / 4GB
画面サイズ 約5.5インチ
サイズと重量 ・高さ:約140mm 幅:約69mm 厚さ:約8.9mm
・重量:約162g
CPU Snapdragon 480 5G Mobile Platform
(2.0GHz/2 + 1.8GHz/6)
カメラ ・メインカメラ:約1,300万画素
・サブカメラ:約500万画素
バッテリー 4,500mAh
そのほかの機能 5G対応 / おサイフケータイ / NFC
防水/防塵(IPX5/IPX8 / IP6X) / 生体認証(指紋)

※表は右にスクロールできます。

Xperia Ace IIIは、2022年6月に発売された「Xperiaシリーズ」のエントリーモデルです。本体価格の定価は2万円台とお手頃。片手で操作しやすいコンパクトなボディのため、子どものスマホデビューにもおすすめです。

バッテリー容量は、1日中しっかり使える4,500mAhを採用。消費電力を抑える「STAMINAモード」を設定すれば、さらに長時間使い続けられます。

また、Xperia独自のバッテリー性能「いたわり充電」や「充電最適化技術」にも対応。充電時のバッテリー負荷が軽減され、3年後も快適に使い続けられます。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

Redmi Note 10 JE|約4,800万画素のメインカメラを搭載!コスパを求める方に

出典:auオンラインショップ公式 Redmi Note 10 JE(レッドミー ノート テン ジェイイー) XIG02
Redmi Note 10 JE:性能表
メーカー Xiaomi
カラー クロームシルバー / グラファイトグレー
ROM / RAM容量 64GB / 4GB
画面サイズ 約6.5インチ
サイズと重量 ・高さ:約163mm 幅:約76mm 厚さ:約9.0mm
・重量:約200g
CPU Snapdragon 480 5G Mobile Platform
(2GHz/2+1.8GHz/6)
カメラ ・メインカメラ:約4,800万画素+約200万画素+約200万画素
・サブカメラ:約800万画素
バッテリー 4,800mAh
そのほかの機能 5G対応 / おサイフケータイ / NFC
防水/防塵(IPX8 / IP6X) / 生体認証(指紋 / 顔)

※表は右にスクロールできます。

Redmi Note 10 JEは、2021年8月に発売された「Xiaomi」のエントリーモデルスマホです。こちらも本体価格の定価は2万円台。リーズナブルな価格設定となっています。

メインカメラには最大4,800万画素のトリプルレンズを搭載。背景をぼかした撮影や、被写体に約4cmまで接近したマクロ撮影を楽しめます。

このほか「5G対応・おサイフケータイ・防水/防塵」といった便利な機能を揃えています。海外メーカーのAndroidスマホを使ってみたい方にもおすすめです。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

povo対応|ハイスペックを求める方におすすめの機種3選!

続いて、povoで使える「ハイスペックを求める方におすすめの機種」を紹介します。こちらもすべてauオンラインショップで購入可能です。気になる機種があったら公式サイトをチェックしてみてください。

​​povo対応|ハイスペックを求める方におすすめの機種3選!

Google Pixel 6a|Googleが作るAndroidスマホをお手頃価格で使える
AQUOS sense7|価格は抑えたいけど、性能にもこだわりたい方にはこちら
Galaxy S23 Ultra|約2億画素のカメラを搭載!ハイスペックスマホを求める方に

Google Pixel 6a|Googleが作るAndroidスマホをお手頃価格で使える

出典:auオンラインショップ公式 Google Pixel 6a(グーグル ピクセル シックスエー)
Google Pixel 6a:性能表
メーカー Google
カラー チャコール / チョーク / セージ
ROM / RAM容量 128GB / 6GB
画面サイズ 6.1インチ
サイズと重量 ・高さ:約152.2mm 幅:約71.8mm 厚さ:約8.9mm
・重量:178g
CPU Google Tensor Titan M2 セキュリティ コプロセッサ
カメラ ・メインカメラ:1,220万画素+1,200万画素
・サブカメラ:800万画素
バッテリー 4,410mAh
そのほかの機能 5G対応 / おサイフケータイ / NFC
防水/防塵(IPX7 / IP6X) / 生体認証(指紋)

※表は右にスクロールできます。

Google Pixel 6aは、2022年7月に発売された「Pixelシリーズ」のミドルレンジモデルです。
Googleが開発・製造するAndroidスマホとして人気を集める本機種には、どのような魅力があるのでしょうか。2つのポイントに分けて紹介します。

1つ目は「Google Pixelにあわせて作られたOSを使える」です。OSは、Operating System(オペレーティングシステム)の略で、スマホの動作を管理・制御する役割を持つソフトウェアのこと。

市場に流通しているAndroidスマホには、Googleが開発・管理している「Android OS」が搭載されており、スマホメーカーはこのOSにあわせて製品を作ります。

Google Pixel 6aも同じくAndroid OSを搭載していますが、ほかのスマホメーカーとは状況が異なります。スマホもOSも同じGoogleが開発しているため、常にベストな状態を保てるのです。

2つ目は「比較的お手頃な価格で購入できる」です。Pixelシリーズの中で“廉価版”という立ち位置にあるGoogle Pixel 6aは、ハイエンドモデルと比べてお手頃な価格で購入できます。

「Google Pixelを使ってみたいけど、使いこなせるか不安」と感じている方にもおすすめできます。2023年5月には廉価版としての最新モデルであるGoogle Pixel 7aも発売されており、こちらもおすすめですよ。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

AQUOS sense7|価格は抑えたいけど、性能にもこだわりたい方にはこちら

出典:auオンラインショップ公式 AQUOS sense7(アクオス センスセブン)SHG10
AQUOS sense7:性能表
メーカー シャープ
カラー ライトカッパー / ブルー / ブラック
ROM / RAM容量 128GB / 6GB
画面サイズ 約6.1インチ
サイズと重量 ・高さ:約152mm 幅:約70mm 厚さ:約8.0mm
・重量:約158g
CPU Snapdragon 695 5G Mobile Platform
(2.2GHz/2+1.8GHz/6)
カメラ ・メインカメラ:約5,030万画素+約800万画素
・サブカメラ:約800万画素
バッテリー 4,570mAh
そのほかの機能 5G対応 / おサイフケータイ / NFC
防水/防塵(IPX5/IPX8 / IP6X) / 生体認証(指紋/顔)

※表は右にスクロールできます。

AQUOS sense7は、シャープが開発・製造する「AQUOSシリーズ」のミドルレンジモデルです。バランスの良さが魅力の機種ですが、特に「バッテリー」と「カメラ」の性能が優れています。

バッテリー性能のポイントは、シャープ独自の省エネディスプレイ「IGZO OLED」。表示内容や操作に応じて画面の書き換え頻度を制御し、消費電力を抑えます。

さらに、充電を自動で制御する「インテリジェントチャージ」に対応。熱によるバッテリーの負担を減らし、電池の劣化を防ぎます。

続いてカメラ性能です。メインカメラにはハイエンドモデルにも劣らない「1/1.55inch大型センサー」を搭載。センサーが大きくなることで、取り込む光の量が多くなり、写真のざらつき(ノイズ)が減ります。夜景などをはっきりと、鮮明に撮影できるようになるのです。

「本体価格は抑えたいけど、性能にもこだわりたい!」という方に最適な1台だと考えられます。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

Galaxy S23 Ultra|約2億画素のカメラを搭載!ハイスペックスマホを求める方に

出典:auオンラインショップ公式 Galaxy S23 Ultra(ギャラクシー エストゥエンティスリー ウルトラ)SCG20
Galaxy S23 Ultra:性能表
メーカー SAMSUNG
カラー クリーム / グリーン / ファントムブラック ※1
ROM / RAM容量 256GB・512GB・1TB ※1 / 12GB
画面サイズ 約6.8インチ
サイズと重量 ・高さ:約163mm 幅:約78mm 厚さ:約8.9mm
・重量:約234g
CPU Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy
(3.36GHz/1+2.8GHz/4+2.0GHz/3)
カメラ ・メインカメラ:約1,200万画素+約2億画素+約1,000万画素+約1,000万画素
・サブカメラ:約1,200万画素
バッテリー 5,000mAh
そのほかの機能 5G対応 / おサイフケータイ / NFC
防水/防塵(IPX5/IPX8 / IP6X) / 生体認証(指紋/顔)

※表は右にスクロールできます。
※1. クリーム・グリーンは256GBのみ。ファントムブラックは512GB・1TBのみの販売となっています。

Galaxy S23 Ultraは、2023年4月に発売された「Galaxyシリーズ」のハイエンドモデルです。処理能力やバッテリー性能など、あらゆる面で優れていますが、ここでは「カメラ性能」について解説します。

広角カメラの画素数は、なんと約2億画素。16画素を1画素に結合し、画素あたりの受光量を増やす「ピクセルビニング」に対応しており、目では捉えられない光をキャッチします。明るい場所で綺麗に撮影できるのは当然ながら、暗い場所でも美しく仕上げられます。

メインカメラには4つのレンズが搭載されており「超広角・広角・望遠」の3つの撮影方法に対応。中でも望遠カメラは、光学10倍×デジタル10倍で最大100倍ズームを実現しました。天体望遠鏡を覗いたような、鮮明な撮影が可能です。

スマホで高画質な写真や動画を撮影したいと考えている方に、ぴったりのスマホだと言えるでしょう。

対象のiPhone・Androidスマホ
購入で最大22,000円(税込)割引!

au 公式サイトはこちら

まとめ

・povoは端末を販売していないため、ほかの窓口で購入する必要がある
・購入方法はいくつかあるが、auオンラインショップがおすすめ
・機種によっては動作確認が済んでいないことがあるため、注意が必要
・また、SIMロック解除手続きが必要となることがある
・povoはほかの格安プランと比べてデータ容量の選択肢が多い
・20GBまでの月額料金は最安、大容量プランを上手に使えばさらにお得になる
・本記事で紹介したおすすめ機種は以下の6つ
 1. arrows We
 2. Xperia Ace III
 3. Redmi Note 10 JE
 4. Google Pixel 6a
 5. AQUOS sense7
 6. Galaxy S23 Ultra

2023年5月8日時点の調査内容です。

この記事の参考・引用サイトまとめ

  1. povo公式
  2. povo公式 対応機種・端末
  3. povo公式 機種変更お手続き
  4. povo公式 トッピング一覧
  5. ahamo公式 料金・データ量
  6. LINEMO公式 LINEMOの料金プラン
  7. auオンラインショップ公式 送料
  8. auオンラインショップ公式 arrows We(アローズ ウィー) FCG01
  9. auオンラインショップ公式 Xperia Ace III(エクスペリア エース マークスリー)SOG08
  10. auオンラインショップ公式 Redmi Note 10 JE(レッドミー ノート テン ジェイイー) XIG02
  11. auオンラインショップ公式 Google Pixel 6a(グーグル ピクセル シックスエー)
  12. auオンラインショップ公式 AQUOS sense7(アクオス センスセブン)SHG10
  13. auオンラインショップ公式 Galaxy S23 Ultra(ギャラクシー エストゥエンティスリー ウルトラ)SCG20

この記事を書いた人

望月 聖也
望月 聖也

大手通信キャリアの代理店で7年間働いた経験を活かし、スマホ・光回線系のメディアを中心にフリーライターとして活動中。複雑な料金プランやサービスを、わかりやすくかみ砕いて解説します。

公式サイトはこちら