SEARCH

ワイモバイルの支払方法は? おすすめのクレジットカードも紹介

ワイモバイルの契約を考えている方で、どのような支払方法に対応しているのか知りたい、という方は多いのではないでしょうか。

自分が普段使っている支払方法でワイモバイルを契約できることが分かれば、契約時の手間も少なく済みますよね。

そこで今回は、ワイモバイルで料金を支払う際の支払方法や手順について解説していきます。

あわせて支払い時の注意点などについても紹介していくので、ワイモバイルの契約を考えている方は参考にしてみてくださいね。

プロに聞く!ワイモバイルでおすすめな支払方法は?

クレジットカードでの支払いがおすすめです!なかでも「PayPayカード」はワイモバイルとの相性がよく、よりお得に使えます。ワイモバイルスマホユーザーは、PayPayモールやYahoo!ショッピングでの買い物でポイント還元されるなど、ネットショッピングがとてもお得に使える特典が多くありますよ。
詳細:ワイモバイルスマホユーザーはネットショッピングが毎日お得!

《一覧表》ワイモバイルの支払方法は5種類ある

ワイモバイルでは、新規契約時や契約後の支払方法の変更、口座引き落としができなかった場合を含め、以下5つの支払方法に対応しています。

支払方法 契約手続き 条件 メリット デメリット 注意点
クレジットカード 利用可能会社
VISA/Mastercard/JCB/American
Express/Diners Club
・手数料がかからない
・ポイントが貯まる
クレジットカードを持って
いない場合は発行が必要
請求先の名義と同じ名義の
クレジットカードのみ登録可
口座振替 対象金融機関
詳細:口座振替でお支払い
クレジットカードの
作成が不要
口座登録までに1~2ヵ月間
ほど時間がかかる
残高不足で引落としができない
場合の料金滞納に注意
デビットカード 〇(一部) 利用可能会社
VISA/Mastercard/JCB
セキュリティ面の心配がなく、
手軽に使える
オンラインショップでの契約時は
手続きできない
請求情報の開示前に
引落としが入る場合がある
PayPay × ・契約時に設定できない
・ワイモバイルとの連携設定が必要
PayPay残高を有効に使える ・支払設定ができない
・機種代金の支払対象外
PayPay残高で支払い対象外
となる料金がある
店頭支払い × ・契約時に設定できない
・ショップへの来店が必要
急ぎで支払いをしたい場合に
対応してもらえる
・営業時間が限られている
・200円(税込)がかかる
事前に来店予約をした方が
訪問時にスムーズ

※表は右にスクロールできます。

それでは、それぞれ見ていきましょう。

1.クレジットカード

出典:Pixabay公式

ほとんどの通信キャリアで対応しているクレジットカード支払いですが、ワイモバイルに関してもクレジットカードでの支払いが可能です。

利用可能なクレジットカードの種類は以下の通り。

利用可能なクレジットカードの種類

・VISA
・MasterCard
・JCB
・American Express
・Diners Club

上記の5種類に対応しているので、日本国内ではほぼ全てのクレジットカードが使えると考えていいでしょう。

メリットデメリットや注意点

クレジットカード
メリット ・手数料がかからない
・ポイントが付く
デメリット クレジットカードを持って
いない場合は発行が必要
注意点 請求先の名義と同じ名義の
クレジットカードのみ登録可

通信キャリアの支払方法として1番メジャーなものがクレジットカード払いですが、クレジットカード払いであれば手数料もかからず、クレジットカード側でポイントが貯まる点がメリットとなるでしょう。

またクレジットカードが利用停止になっていない限り必ず請求に加算されるので、料金を払い忘れる心配もありません。

ただし、クレジットカードを持っていない場合は、カードの発行が必要なので手間になるかもしれません。これを機に、ほとんどの買い物や支払いに使えるクレジットカードを一枚持っておくこともおすすめです。

変更申し込み手順

それではクレジットカードへの変更申し込み手順について解説していきます。

契約後の支払方法変更は「My Y!mobile」で手続きが可能です。
ここでは My Y!mobileを利用して、支払方法をクレジットカードへ変更する手順を解説します。

1.My Y!mobileにログインし、「支払方法変更」をタップ

出典:ワイモバイル公式 お支払方法の変更

2.「ご希望のお支払方法」で「クレジットカード」を選択し、[次へ]をタップ

出典:ワイモバイル公式 お支払方法の変更

3.クレジットカード情報を入力し、ページ下部の「ご注意」内の内容をよく確認のうえ、[同意する]をタップ

出典:ワイモバイル公式 お支払方法の変更

クレジットカード情報を入力後、入力内容に誤りがないか確認の上、[審査]を押すと、クレジットカードの信用審査が実施されます。
信用審査が完了後に画面で変更内容を確認し、[申込]を押して、変更申込が完了します。

2.口座振替

出典:Pixabay公式

格安SIM会社では対応していないことが多い口座振替での支払いですが、ワイモバイルでは口座振替での料金の支払いが可能です。

提携している金融機関については、口座振替でお支払いから確認できますよ。

メリットデメリットや注意点

口座振替
メリット クレジットカードの
作成が不要
デメリット 口座登録までに1~2ヵ月間
ほど時間がかかる
注意点 残高不足で引落としができない
場合の料金滞納に注意

クレジットカードを所持していない方や公共料金等を口座振替登録している方は、口座振替が良いですね

ただし口座振替の登録は、約1~2ヵ月ほど期間がかかってしまいます。
その間は郵送で送付される振込用紙での支払いとなり手間がかかるので、その点がデメリットですね。

ワイモバイルの口座振替は、毎月1日から末日までの利用料金を翌月26日に引落しされます。(支払い期日が金融機関の休業日の場合は、翌営業日に引落としされます。)

変更申し込み手順

契約後の支払方法変更は「My Y!mobile」で手続きが可能です。
ここではMy Y!mobileを利用して、支払方法を口座振替へ変更する手順を解説します。

1.My Y!mobileにログインし、「支払方法変更」をタップ

出典:ワイモバイル公式 お支払方法の変更

2.「ご希望のお支払方法」で「口座振替」を選択し、[次へ]をタップ

出典:ワイモバイル公式 お支払方法の変更

3.金融機関を選択し、ページ下部の「お申し込みにあたっての確認・同意事項」内の内容をよく確認のうえ、[以上の内容を確認しました。]にチェックをし、[次へ]をタップ

出典:ワイモバイル公式 お支払方法の変更

4.「申し込み」をタップし、金融機関の画面に移行

出典:ワイモバイル公式 お支払方法の変更

申し込みの画面をタップすると、選択した金融機関の画面に遷移します。

遷移後の画面で必要事項を入力したら申し込みは完了です。

3.デビットカード

デビットカードの設定ができる通信キャリアは少ないですが、ワイモバイルは対応しています。
ただし、クレジットカード会社と提携した金融機関のデビットカードが対象となります。(「J-Debit」は利用できません)

利用可能なデビットカードの種類は以下の通りです。

利用可能なデビットカードの種類

・VISA
・MasterCard
・JCB

クレジットカードと比べると対応しているカードの種類は少ないものの、デビットカードが使えないケースがほとんどの格安SIM会社でデビットカードに対応しているのは嬉しいですね。

メリット・デメリットや注意点

デビットカード
メリット セキュリティ面の心配がなく、
手軽に使える
デメリット オンラインショップでの契約時
は手続きできない
注意点 請求情報の開示前に
引落としが入る場合がある

デビットカードの支払いを行う場合、手続き上はクレジットカードと同じですが、デビットカードはクレジットカードと違い口座から直接引き落とされるため、セキュリティ面での心配が少ない点がメリットと言えるでしょう。

また口座振替の場合は、手続きに約1~2ヵ月の期間がかかってしまいますが、デビットカードは登録したらすぐに使える点もメリットです。

デビットカードでのお支払いは、ワイモバイルからの請求情報開示前に指定の口座から引落とされる場合があります。なお、引落としのタイミング(目安)は、毎月8日から11日頃です。

申し込み手順

デビットカードの申し込み手順は、クレジットカードと全く同じです。支払方法登録時に「クレジットカード」を選択し、16桁の会員番号を記入してください。(「J-Debit」は利用できません)

クレジットカードの変更申し込み手順は上の見出しで解説しているので、そちらを参考にしてください。

4.PayPay

出典:PayPay(ペイペイ)公式

教えてプロ!PayPayでの支払い時の便利な使い方

PayPayで支払いたい場合は、PayPayアプリと連携し、PayPay残高での支払いを設定する必要があります。そうすることでクレジットカードからPayPay残高をチャージし、ワイモバイルの料金の支払いがPayPayからできるようになります。

しかしクレジットカードでどれくらい使ったかを管理するのが苦手な方や、キャッシュレス払いだとついつい使いすぎてしまう方は、クレジットカードからのチャージではなく、コンビニなどで現金チャージをして管理をすると安心して使えるようですね。

これはワイモバイル独自のサービスですが、ワイモバイルではPayPayでの支払いについても対応しています。PayPayアプリで設定し、PayPay残高で支払う金額を登録して支払う方法です。
(ワイモバイルショップの店頭での料金支払いは、現金のみの受付のため、PayPayで支払いができません。)

利用の際は、PayPayアプリ側でワイモバイルとの連携設定を行う必要があります。
また、毎月自動で請求額が引き落としされる仕組みではなく、支払う金額をPayPay残高で指定する作業が必要です。そのため毎月の操作が必要となるため手間は発生しますが、余ったPayPay残高を利用できるため、PayPay残高を活用して現金での支払い額を少なくすることができますよ。

メリットデメリットや注意点

PayPay
メリット PayPay残高を有効に使える
デメリット ・支払設定ができない
・機種代金の支払対象外
注意点 PayPay残高で支払い対象外
となる料金がある

 

PayPay残高を利用した料金の支払いは便利ですが、対象外の料金があるため注意が必要です。
詳細:ワイモバイルの通信・通話料金をPayPay残高で支払う

PayPay残高払いの利用対象範囲
●対象料金
・基本料金
・データ/パケット定額
・通話料/データ通信料
・ワイモバイルオプション

●対象外
・端末分割代金
・ソフトバンク公式アクセサリー
・各種契約手数料
・SoftBank 光 利用料金
・SoftBank Air 利用料金
・ソフトバンクでんき
・消費税
・ユニバーサルサービス料
・ワイモバイルまとめて支払い
・コンテンツ情報料
・国際通話/国際データ通信(国際SMS含む)

変更申し込み手順

PayPayの残高で支払いを行うために、まずはPayPayとの連携を行う必要があります。

PayPayとの連携手順は以下の通りです。

PayPayとの連携手順

1.PayPayアプリを起動して「アカウント」を選択
2.「外部サービス連携」を選択
3.「ソフトバンク・ワイモバイル」を選択

PayPayとの連携が完了したら、My Y!mobileからPayPay残高払いが利用できます。

利用手順は以下の通りです。

1.「料金案内」メニューの中の「PayPay管理」を選択

出典:ワイモバイル公式 ワイモバイルの通信・通話料金をPayPay残高で支払う

2.ページ下部の「申し込む」を選択

出典:ワイモバイル公式 ワイモバイルの通信・通話料金をPayPay残高で支払う

3.PayPay残高で支払う金額を指定し、「次へ」を選択

出典:ワイモバイル公式 ワイモバイルの通信・通話料金をPayPay残高で支払う

4.申込内容を確認し、「注意事項に同意して申し込む」を選択

出典:ワイモバイル公式 ワイモバイルの通信・通話料金をPayPay残高で支払う

「注意事項に同意して申し込む」 をタップすれば、PayPay残高払いは完了です。

5.ワイモバイルショップでの支払い

ワイモバイルの支払方法を「口座振替」の場合で、指定口座の残高不足で引落しができなかったときや、口座振替の設定期間中で支払用紙が届いたときなど、ワイモバイルショップで料金を支払うことが可能です。
支払方法が「クレジットカード」の方は、料金の支払いが滞っている月の料金に限り、ショップでの支払いが可能です。

ただしワイモバイルショップでの支払いは、予約が必要なショップがあることや、200円(税込)の手数料が追加でかかるので注意してくださいね。

メリットデメリットや注意点

ワイモバイルショップでの支払い
メリット 急ぎで支払いをしたい場合に
対応してもらえる
デメリット ・営業時間が限られている
・200円(税込)がかかる
注意点 事前に来店予約をした方が
訪問時にスムーズ

※表は右にスクロールできます。

ワイモバイル契約後に支払方法を変更する手順

ワイモバイルでは、契約後も支払方法の変更が可能です。

契約後の支払方法の変更は、ワイモバイルショップ、My Y!mobile、カスタマーセンターの3つの方法で行えます。

ワイモバイルショップ、カスタマーセンターでの手続きはスタッフの指示に従えばスムーズな手続きが可能です。

My Y!mobileでの手続きに関しては自身で行う必要がありますが、 クレジットカード口座振替それぞれの手順を上の見出しで解説しているので参考にしてくださいね。

ワイモバイルの支払いに関する注意点

出典:Pixabay公式

続いて、ワイモバイルで支払いを行う際、注意するポイントを解説します。

ワイモバイルショップで口座振替を申し込む際は必要書類がある

ワイモバイルショップで口座振替を申し込む場合、申し込みに際して必要となる書類があります。

ワイモバイルショップでの口座振替手続きに必要なもの

・本人名義のキャッシュカードか通帳
・本人確認書類
・金融機関届出印

ワイモバイルショップで口座振替の手続きを行う場合、店頭で口座振替依頼書への記入が必要となるため、上記の書類が必要となります。

持ってくるのを忘れてしまった場合は、自宅に取りに帰ることになり手間なので忘れないようにしましょう。

PayPay残高での支払いは対象となる料金が限られている

ワイモバイルではPayPay残高での支払いに対応していますが、すべての支払いをPayPay残高で行えるわけではありません。

PayPay残高払いの対象となっているものは、以下の通りです。

PayPay残高払いの対象

・基本料金
・データ/パケット定額
・通話料/データ通信料
・ワイモバイルオプション

以下の料金はPayPay残高払いの対象外となるので注意してください。

PayPay残高払いの対象外

・端末分割代金
・ソフトバンク公式アクセサリー
・各種契約手数料
・SoftBank 光 利用料金
・SoftBank Air 利用料金
・ソフトバンクでんき
・消費税
・ユニバーサルサービス料
・ワイモバイルまとめて支払い
・コンテンツ情報料
・国際通話/国際データ通信(国際SMS含む)

口座の残高不足やカードの利用停止による未払いに注意

支払方法を「口座振替」で指定口座の残高不足による引落しができなかった場合や、クレジットカードの利用停止によるワイモバイル料金の支払いができなかった場合など、料金が未払いにならないようにしましょう。

そうした場合は振込用紙が支払い月の翌月中旬頃に指定された住所に送られてきますので、届き次第速やかにワイモバイルショップかコンビニエンスストア等で料金を払いましょう。

料金の未納が続くと回線が停止したり、最悪の場合は強制的に解約されてしまうので注意が必要です。

ワイモバイルの支払いにおすすめなクレジットカード

最後に、ワイモバイルの支払いにおすすめなクレジットカードについて紹介します。

PayPayカード

出典:Yahoo! JAPAN公式 PayPay残高チャージ対応|PayPayカード(旧ヤフーカード)
PayPayカード
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
付帯サービス 動産・総合保険/盗難保険/ETCカード/
家族カード/Apple Pay/Google Pay/楽天ペイ
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ランク 一般

※表は右にスクロールできます。

PayPayカードのおすすめポイント

・利用回数や利用金額によって還元率が最大1.5%までアップ
・ポイントが上乗せされるサービスやキャンペーンが実施されている

ワイモバイルとの相性に優れているのがPayPayカードです。

PayPayの基本還元率は1.0%で、利用回数や利用金額によって還元率が最大1.5%までアップします。
ワイモバイルの支払方法をクレジットカードに設定する際、「PayPayカード」を利用すると利用金額としてカウントされ、還元率もアップするというメリットを受けられます。

さらに、スマホ決済サービスを「PayPay」や「Yahoo!ショッピング」を利用されている方にもポイントが上乗せされるサービスやキャンペーンが実施されているのでおすすめです。

まとめ

・ワイモバイルの支払方法はクレジットカード、口座振替、デビットカード、PayPay、ワイモバイルショップでの支払いの5種類
・クレジットカードでの支払いはポイントが貯まりお得
・クレジットカードを持っていない場合は口座振替の設定ができる
・PayPay残高での支払いはPayPayアプリと連携設定が必要
・ワイモバイルは契約後の支払方法変更にも対応
・ワイモバイルで使うおすすめのクレジットカードはPayPayカード

2022年4月3日時点の調査内容です。

【ワイモバイル】おトクなキャンペーン実施中1詳細はこちら