SEARCH

ドコモからソフトバンクへの乗り換えはお得?料金プランや開催中のキャンペーンを解説!

ドコモからソフトバンク

ドコモを使っていたけれど、「ソフトバンクに乗り換えるとどんな特典があるのかな」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

格安SIM会社へ乗り換えることで月額料金は下げられますが、データ容量が少なくなったり、通信環境が悪くなったりする場合があります。

一方、ソフトバンクへの乗り換えなら、データ容量無制限のプランがあり、特典として最大31,680円(税込)の端末値引きを受けられることもありますよ。

この記事では、月額料金の違いを詳しくシミュレーションして、手続きの流れまでサポートします。

それでは詳しく見ていきましょう。

プロに聞く!ドコモからソフトバンクに乗り換えるときの注意点・よくあるトラブル

dポイントの失効に注意!
dポイントは、dアカウントを持っていれば、乗り換えをしても継続してdポイントを利用することができます。ただし、dアカウントへの連携手続きがされていないと乗り換え時(ドコモの解約時)にdポイントは消滅してしまいます。乗り換え前に連携するか、dポイントを使い切るようにしておきましょう。

《シミュレーション》乗り換えた際の月額料金の違い

ドコモからソフトバンクへの乗り換えでもっとも気になるのは、月額料金の違いではないでしょうか。

同じ特徴を持つ料金プランごとに比較をしていくので、使い方にあわせて確認してくださいね。

まずは、3GB以下の段階制プランの比較からしていきましょう。

3GB以下の段階制プランの比較

出典:ソフトバンク公式 ミニフィットプラン+

両社の段階制プランの月額料金、データ容量は以下の通りです。
全体を確認した後、データ容量ごとに比較をしましょう。

ドコモ「5Gギガライト」とソフトバンク「ミニフィットプラン+」
  ドコモ
5Gギガライト
ソフトバンク
ミニフィットプラン+
データ容量 〜1GB 〜3GB 〜5GB 〜7GB 〜1GB 〜2GB 〜3GB
月額料金 3,465円 4,565円 5,665円 6,765円 3,278円 4,378円 5,478円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

はじめに、データ使用量が1GB以下の方のシミュレーションを見てみましょう。

データ使用量が1GB以下
  ドコモ
5Gギガライト
ソフトバンク
ミニフィットプラン+
データ容量 〜1GB 〜1GB
月額料金
(1年目)
3,465円 3,278円
月額料金
(2年目)
3,465円 3,278円
2年間の
合計金額
83,160円 78,672円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

「〜1GB」の段階では、ソフトバンクの料金が月額187円(税込)安い、という結果になりました。
月額料金は少しの差ですが、2年間使った場合は4,488円(税込)と大きな差額になりますよ。

続いて、1GB以上3GB以下の比較を見てみましょう。

データ使用量が1GB以上3GB以下
  ドコモ
5Gギガライト
ソフトバンク
ミニフィットプラン+
データ容量 〜3GB 〜2GB 〜3GB
月額料金
(1年目)
4,565円 4,378円 5,478円
月額料金
(2年目)
4,565円 4,378円 5,478円
2年間の
合計金額
109,560円 105,072円 131,472円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

ドコモでは、2GBの段階を設定していないため「〜3GB」のみの比較となります。
「〜3GB」同士の比較では、ドコモが月額913円(税込)安い結果となりました。

一方、ドコモの「〜3GB」と、ソフトバンクの「〜2GB」の比較では、ソフトバンクの「〜2GB」が月額187円(税込)安い結果となっています。

使える容量が違うので、どちらが良いと言いにくいのですが、2GB以下の方はソフトバンクのほうがお得と考えられるのではないでしょうか。

ドコモの「〜5GB」「〜7GB」に関しては、ソフトバンクの「ミニフィットプラン+」では比較ができないため、次の項目で紹介します。

5GB以上の段階制プランとデータ容量無制限プランの比較

出典:ソフトバンク公式 新料金プラン・メリハリ無制限

続いて、前の項目で比較しなかった「〜5GB」と「〜7GB」の段階制プランと、データ容量無制限のプランを比較していきます。

それぞれの比較に入る前に、料金プランを一覧で見ておきましょう。

ドコモ「5Gギガライト」「5Gギガホプレミア」とソフトバンク「メリハリ無制限」
  ドコモ
5Gギガライト
ドコモ
5Gギガホプレミア
ソフトバンク
メリハリ無制限
データ容量 〜5GB 〜7GB 3GB以下 無制限 3GB以下 無制限
月額料金 5,665円 6,765円 5,665円 7,315円 5,588円 7,238円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

こちらの比較も、2つに分けて行います。
まずは、ドコモの「〜5GB」「〜7GB」と、ソフトバンクの「メリハリ無制限」を比較していきましょう。

「5Gギガライト」と「メリハリ無制限」
  ドコモ
5Gギガライト
ソフトバンク
メリハリ無制限
データ容量 〜5GB 〜7GB 3GB以下 無制限
月額料金
(1年目)
5,665円 6,765円 5,588円 7,238円
月額料金
(2年目)
5,665円 6,765円 5,588円 7,238円
2年間の
合計金額
135,960円 162,360円 134,112円 173,712円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

ソフトバンクの「メリハリ無制限」では、3GB以下だった場合、自動的に月額1,650円(税込)の割引が適用されます。

そのため、割引適用後は「〜5GB」「〜7GB」よりも安くなります。
とはいっても、使えるデータ容量が少ないため、あまりお得とは言えないでしょう。

「〜5GB」と「〜7GB」を「メリハリ無制限」と比較すると「メリハリ無制限」の月額料金が高くなります。

しかし「〜7GB」との差額は、月額473円(税込)です。
使用するデータ容量にあわせて選択する必要はありますが、月額473円(税込)の増額でデータ容量無制限を使えるのはお得ではないでしょうか。

次に、ドコモの「5Gギガホプレミア」と、ソフトバンクの「メリハリ無制限」を比較してみましょう。

「5Gギガホプレミア」と「メリハリ無制限」:割引の適用なし
  ドコモ
5Gギガホプレミア
ソフトバンク
メリハリ無制限
データ容量 3GB以下 無制限 3GB以下 無制限
月額料金
(1年目)
5,665円 7,315円 5,588円 7,238円
月額料金
(2年目)
5,665円 7,315円 5,588円 7,238円
2年間の
合計金額
135,960円 175,560円 134,112円 173,712円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

無制限プランの比較では、ドコモよりソフトバンクのほうが安い結果となり、その差額は月額77円(税込)でした。

また、ドコモとソフトバンクでは「家族割引サービス」と「光セット割引」を用意しています。

適用することで、月額料金を大幅に下げられるので、こちらも確認しておきましょう。

家族割引サービスは、3回線以上を想定しています。

「5Gギガホプレミア」と「メリハリ無制限」:割引適用あり
  ドコモ
5Gギガホプレミア
ソフトバンク
メリハリ無制限
データ容量 無制限
家族回線数 3回線以上 3回線以上
家族割引
サービス
(3回線以上)
-1,100円 -1,210円
光セット
割引
-1,100円 -1,100円
月額料金
(1年目)
5,115円 4,928円
月額料金
(2年目)
5,115円 4,928円
2年間の
合計金額
122,760円 118,272円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

割引を適用した場合の料金では、ソフトバンクの「家族割引サービス」の割引金額が月額110円(税込)多く、月額料金には187円(税込)の違いが生まれました。

小額の差ですが、安さを求めるならソフトバンクのほうがおすすめです。

ただし「5Gギガホプレミア」と「メリハリ無制限」は、テザリングを使用した場合のデータ容量の上限が異なるため、注意しましょう。

テザリングを使用した際のデータ容量の上限は以下の通りです。

テザリングを使用した際のデータ容量の上限
ドコモ「5Gギガホプレミア」 無制限
ソフトバンク「メリハリ無制限」 30GB

 

ドコモはテザリングを使った場合もデータ容量無制限なのに対し、ソフトバンクは月間30GBまでとなっています。これまでテザリングを使ってきた方にとっては大きな違いになるため、気をつけましょう。

乗り換えにかかる費用

では、ドコモからソフトバンクへの乗り換えには、どれくらいの費用が発生するのでしょうか。契約事務手数料などの細かい費用を確認していきましょう。 

ドコモで発生する費用
契約解除料 0円
MNP転出手数料 0円
SIMロック解除手数料 0円〜3,300円
合計金額 0円〜3,300円

※価格は税込表示です。

現在契約中のドコモに発生する金額は、0円〜3,300円(税込)です。
契約解除料とMNP転出手数料は廃止されているため、どなたでも0円になりました。

SIMロック解除手数料は、現在使っている機種をソフトバンクでも使う場合にかかる手数料です。機種が発売されたタイミングや契約状況、解除方法によって費用が異なるため、確認が必要です。

まずは、機種の発売時期によるSIMロックの違いから確認しましょう。

機種の発売時期によるSIMロックの状態
機種の発売時期 SIMロックの状態
2021年8月27日
以降に発売された機種
解除済み
2021年8月26日
以前に発売された機種
場合によって
解除済み

 

上記のように、2021年8月27日以降の機種は解除された上で販売されているため、手続きは必要ありません。

一方、2021年8月26日以前に発売された機種のSIMロックの状態は、購入方法や契約状況によって異なります。
以下のいずれかに当てはまる場合は、解除済みで販売されているか、SIMロック解除手数料が0円です。

「SIMロック解除済み」または「解除手数料がかからない」ための条件

・端末を一括で購入する
・ドコモの月額料金の請求先がクレジットカードになっている

ここまでの条件に当てはまらない方は、SIMロック解除手続きが必要です。

SIMロック解除手続きは、以下の3つの方法があり、それぞれ費用が異なります。

SIMロック解除手続きの窓口と手数料
窓口 手数料
店舗 ・ドコモショップ
・d garden
3,300円
電話 ドコモの携帯電話から
局番なしの「151」(無料)
3,300円
Web My docomo 0円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

上記のように、SIMロック解除が必要な場合もWebで手続きをすれば、SIMロック解除手数料はかかりません。My docomoから、簡単に手続きができるため、Webで完了させましょう。

ソフトバンクでかかる費用
契約事務手数料 3,300円

※価格は税込表示です。

ソフトバンクにかかる費用は、契約事務手数料の3,300円(税込)のみです。

ドコモとソフトバンクにかかる費用を合計すると、3,300円(税込)〜6,600円(税込)となります。契約解除料を気にせずに乗り換えられるのはうれしいですね。

乗り換えるメリット5つ

プロのいちおし!ドコモからソフトバンクに乗り換えるメリット

料金プランに無制限プランがある点では同じですが、YouTube PremiumとLINE MUSICが6ヵ月間無料で使えるのはソフトバンクに乗り換える大きなメリットですね。
YouTube Premiumは月額1,180円(税込)、LINE MUSICは一般プランが月額980円(税込)、学生プランが480円です。そのため、両方それぞれ6ヵ月間を無料で使える場合は6か月分の総額で、YouTube Premiumが7,080円(税込)、LINE MUSICが一般の場合で5,880円(税込)になるため、12,960円のメリットになりますね。

ここまで、ドコモとソフトバンクの料金プランの違いと費用について確認してきました。では、ドコモと比べてソフトバンクには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ドコモからソフトバンクに乗り換えるメリットを、以下の5つの項目に分けて確認していきましょう。

自宅のインターネットとセットで「おうち割光セット」が適用できる

出典:ソフトバンク公式 おうち割光セット

ソフトバンクでは、対象のインターネットサービスとセットで使った場合の割引「おうち割光セット」を提供しています。おうち割光セットを適用すると、月額最大1,100円(税込)の永年割引を受けられますよ。

対象となるサービスは、以下の通りです。

おうち割光セットの対象サービス

・SoftBank 光
・SoftBank Air
・Yahoo! BB ADSL
・SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)
・ケーブルライン
・ひかりdeトークS(ケーブルライン)
・NURO 光 でんわ(ケーブルライン)
・Yahoo! BB 光シティ

SoftBank 光やSoftBank Air以外にも対象サービスが用意されているのはうれしいですね。

また、割引の対象は幅広く「家族の条件」を満たすことが出来れば離れた家族も適用できます。
「家族の条件」とは、家族(血縁・婚姻)、または同住所であることです。

その確認のためには、状況にあわせて以下のものが必要になります。

家族確認に必要な書類
家族の住所 必要書類
住所が一緒の場合 契約者それぞれの
本人確認書類
住所が違う場合 ◆契約者それぞれの
 本人確認書類

◆家族確認書類
・住民票記載事項証明書
・健康保険証
(1枚にまとめて記載のあるもの)
・戸籍謄本
・同性のパートナーシップを
 証明する書類

※表は右にスクロールできます。

「住民票記載事項証明書」「戸籍謄本」「同性のパートナーシップを証明する書類」は、発行から3ヵ月以内の原本が必要です。

また、全員で来店できない場合は、委任状が必要です。
用意した上で向かいましょう。

次の「新みんな家族割」も、同じ条件となっているため、あわせて確認してくださいね。

家族でソフトバンクを使えば「新みんな家族割」が適用できる

出典:ソフトバンク公式 新みんな家族割

「新みんな家族割」は、家族などで2回線以上のソフトバンク回線を利用している場合に適用される割引です。

割引金額は、回線数によって異なり、以下のようになります。

「新みんな家族割」の割引金額
回線数 割引金額/回線
2回線 660円
3回線以上 1,210円

※価格は税込表示です。

加入できる回線数は10回線までとなっており、条件を満たせば「同居していない家族や遠くの親戚」「同居中のパートナーやシェアハウスの仲間」でも適用できますよ。

適用条件の「家族の条件」はひとつ前の『自宅のインターネットとセットで「おうち割光セット」が適用できる』で紹介したものと同じなので、まだ見ていない方はチェックしてくださいね。

利用プランによっては月々の料金が安くなる

《シミュレーション》ドコモからソフトバンクへ乗り換えた際の月額料金の違い」で紹介したように、同じ条件のプランではソフトバンクの月額料金が少し安く設定されています。

100円〜180円程度の金額差なので、大きな違いではありませんが、長く使うことを考えるとメリットになるのではないでしょうか。

お得なキャンペーンを適用できる

ソフトバンクでは、乗り換えをする方に対していくつかのキャンペーンを開催しています。
詳細は「ソフトバンクへの乗り換えで受けられるキャンペーン」で解説するので、ここでは一覧で確認しておきましょう。

ソフトバンクへの乗り換えで受けられるキャンペーン一覧
キャンペーン名 内容
web割 端末代金から
最大21,600円(税込)の値引き
・U30 web割
・U30スマホおトク割
2つあわせて端末代金から
最大31,680円(税込)の値引き
対象者限定
ヤフー限定割引クーポン
最大13,200円(税込)の
月額料金値引き
新トクするサポート 最大24回分の
機種代金を免除
下取りプログラム 下取りする端末に応じて
PayPayポイントを還元
YouTube Premium
6ヵ月無料
YouTube Premiumが最大6ヵ月無料
その後の料金も25%オフ

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

料金プランがシンプルでわかりやすい

ソフトバンクの料金プランは大きく分けて2種類のため、とてもシンプルになっています。

一方ドコモの料金プランは、4G回線と5G回線に分かれており、計4種類です。

スマホの料金プランは、わかりにくい印象を与えやすいため、できるだけシンプルなほうが良いですね。

乗り換えるデメリット4つ

ドコモからソフトバンクへ乗り換えるメリットを確認したことで、細かい違いがわかってきました。

しかし、乗り換えることによってのデメリットもあります。
乗り換えで失敗しないために、デメリットも確認しておきましょう。

紹介するデメリットは、以下の4つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ドコモ光とのセット割は使えなくなる

出典:ドコモ公式 ドコモ光セット割

ドコモからソフトバンクに乗り換えた場合「ドコモ光セット割」は、適用されなくなってしまいます。ドコモ光セット割とは、ドコモ光とドコモのスマホをセットで使った場合、月額最大1,100円​​(税込)引きになるものです。

ソフトバンクで同様の割引を適用させる場合は「SoftBank 光」や「SoftBank Air」などの対象サービスを契約する必要があります。スマホの乗り換えに加えて、光回線の契約もしないといけないのは少し面倒ですよね。

しかし、ドコモ光とSoftBank 光はどちらもフレッツ光回線を使ったコラボ光のため、切り替え手続きは難しくありません。多くの場合、工事なしで切り替えられるので、まずはソフトバンクに相談してみましょう。

初期費用が発生する

ドコモからソフトバンクへの乗り換えにかかる費用」で紹介したように、ドコモからソフトバンクへの乗り換えには、初期費用が発生します。

必ずかかるのは、ソフトバンクの契約事務手数料の3,300円(税込)です。

契約解除料やMNP転出手数料が廃止されたことにより費用が少なくなりましたが、複数回線の契約時には気になりますよね。乗り換えによって受けられるメリットとかかる費用を比較した上での契約が大切です。

利用プランによっては月々の料金が高くなる

《シミュレーション》ドコモからソフトバンクへ乗り換えた際の月額料金の違い」で紹介したように、現在利用している料金プランによっては、月額料金が高くなる場合があります。

月額料金が高くなる場合があるのは「5Gギガライト」を2GB〜7GBで使っている方です。
簡単に比較した内容を振り返ると、以下のようになります。

まずは「〜3GB」の段階の比較を見てみましょう。

段階制プラン「〜3GB」の比較
  ドコモ
5Gギガライト
ソフトバンク
ミニフィットプラン+
データ容量 〜3GB 〜3GB
月額料金 4,565円 5,478円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

「〜3GB」までの段階の比較では、ソフトバンクよりドコモのほうが月額913円(税込)安い結果となりました。月額913円(税込)は大きな差ですね。

次に、ドコモ「5Gギガライト」の「〜5GB」「〜7GB」とソフトバンク「メリハリ無制限」の比較を見てみましょう。

「5Gギガライト」と「メリハリ無制限」の比較
  ドコモ
5Gギガライト
ソフトバンク
メリハリ無制限
データ容量 〜5GB 〜7GB 無制限
月額料金 5,665円 6,765円 7,238円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

使えるデータ容量に違いがあるため、どのプランがお得とは言えません。

しかし、月額料金には大きな差があります。
使いたいデータ容量を見極めて、料金プランを選ぶことが大切ですね。

キャリアメールアドレスが変更、もしくは有料になる

キャリアメールアドレスとは、通信キャリアが発行しているメールアドレスのことです。
ドコモからは「@docomo.ne.jp」というメールアドレスが、提供されています。

キャリアメールアドレスは契約にひも付いているため、乗り換え時にはメールアドレスを変更するか、引き継ぐ場合は下記の有料オプションの加入が必要です。

出典:ドコモ公式 ドコモメール持ち運び
キャリアメールを引き継ぐためのオプション
  ドコモメール持ち運び
月額料金 330円
条件 ・ドコモを解約してから
 31日以内に申し込むこと
・dアカウントを登録すること

※価格は税込表示です。

オプションに加入する場合は、ドコモ回線を解約してから31日以内に申し込みをする必要があります。また、dアカウントも必要になるため、確認しておきましょう。

乗り換える手順

ドコモからソフトバンクへの乗り換えをしようと思っても、やり方がわからないと感じている方もいるのではないでしょうか。

ここからは、ドコモからソフトバンクへ乗り換える方法を、以下の6つの手順に分けて紹介します。

それぞれ順番に見ていきましょう。

利用中の機種をそのまま使う場合は、SIMロック解除をする

現在ドコモで使っている機種をソフトバンクでも使う場合は、SIMロック解除が必要です。

ただし「ドコモからソフトバンクへの乗り換えにかかる費用」で紹介したように、購入方法や契約状態によっては、すでに解除されている場合があります。

SIMロック解除の状態が分からない場合は「dアカウント」からログインをして、手続きをしてみましょう。

ドコモでMNP予約番号を取得する

続いて、MNP予約番号を発行しましょう。
MNP予約番号とは、現在使っている電話番号をソフトバンクに引き継ぐために必要な番号のことです。

MNP予約番号は、以下の窓口から発行できます。

MNP予約番号を発行するための窓口
  窓口
Web dアカウント
電話 ドコモの携帯電話から
局番なしの「151」(無料)
店舗 ・ドコモショップ
・d garden

 

いずれもMNP転出手数料は無料ですが、待ち時間のないWeb手続きがおすすめですよ。

また、MNP予約番号の有効期限は、取得日を含めた15日間となっています。有効期限が切れている、残りの日数が少ない、といった場合は手続きが完了できないことがあるため、注意しましょう。

本人確認書類など必要なものを準備する

次に、本人確認書類など、契約に必要なものを準備しましょう。

契約に必要なものは、以下の通りです。

ソフトバンクの申し込みに必要な書類
本人確認書類
(日本国籍の方)
・運転免許証
・日本国パスポート
・個人番号カード
(マイナンバーカード)
・身体障がい者手帳
 /療育手帳/精神障がい者手帳
・健康保険証+補助書類
補助書類
(発行から3ヵ月以内)
・住民票記載事項証明書
・公共料金領収書
 または官公庁発行の印刷物
・ソフトバンク発行の
 請求書や領収書
支払い方法の
設定に必要なもの
キャッシュカード
またはクレジットカード

※表は右にスクロールできます。

契約者が外国籍の場合は、別途本人確認書類が必要です。
詳しくは「本人確認書類」をご覧ください。

また、未成年が契約者の場合は、Webでの申し込みができません。
上記の必要書類に加え「親権者同意書」「親権者の本人確認書類」などを用意した上、店頭で手続きをしてください。詳細は「本人確認書類」をご覧ください。

「ソフトバンクオンラインショップ」へアクセスする

ソフトバンクへの乗り換えは、店舗またはオンラインショップから申し込みできます。

どちらで申し込んでも料金プランは同じですが、オンライン限定のキャンペーンを開催しているため、可能な方はWebで申し込みをしましょう。

購入予定の機種を選ぶ、もしくはSIMのみ契約を選び、手続きを進める

ソフトバンクオンラインショップ」にアクセスしたら、購入する機種を選択しましょう。

「今の電話番号をそのまま利用する」を選び、現在利用中の携帯会社を選択します。

契約者の年齢と、受け取り方法を選択して「機種選択に進む」をタップしてください。

機種を確認し「カラー」→「容量」→「割引」→「支払い回数」を選択し「料金プランを選ぶ」をタップします。

料金プランを選択し、内容を確認したら「購入手続きに進む」をタップし申し込みを進めましょう。

現在使っている機種をそのまま使う場合は「もっとみる」を選択し「SIM」をタップします。

「iPhone、Google Pixel、スマートフォン向けSIM」の「購入する」を選択し、端末を購入する場合と同じように手続きを進めましょう。

また「SIMのみ契約」の場合は、使用する機種の「IMEI(製造番号)」が必要になります。

多くの機種では「電話アプリ」のダイヤルに「✳︎#06#」と入力すると「IMEI(製造番号)」が表示されるため、事前に確認してメモをとっておきましょう。

商品を受け取り、初期設定をする

申し込みが完了したら、2、3日程度で商品が登録した住所に到着します。

商品を確認した後、初期設定をして、回線の切り替えをしましょう。

回線の切り替えは「商品到着後の設定・開通手続き方法」の「オンライン切替ページ」で手続きができます。

ドコモからの乗り換えの場合は「のりかえ(MNP)はこちら」を選択し、切り替えを完了させましょう。

ソフトバンクへの乗り換えで受けられるキャンペーン

最後に、ドコモからソフトバンクへの乗り換えで適用できるキャンペーンを紹介します。キャンペーンを適用させることで、とてもお得に契約できるため、しっかりと確認していきましょう。

紹介するキャンペーンは、以下の6つです。

web割
※2022年4月30日終了

出典:ソフトバンク公式 【オンライン限定】web割
web割の概要
内容 端末代金から
最大21,600円の割引が受けられる
適用条件 メリハリ無制限
ミニフィットプラン+
(2022年2月16日〜2022年4月30日まで)
対象の契約 対象の窓口で対象端末を購入すること
対象プラン 他社からの乗り換え
番号移行

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

「web割」は、オンライン申し込み限定のキャンペーンです。
対象端末を購入すると、最大21,600円(税込)の端末値引きが受けられます。

キャンペーンを適用させるには、以下のいずれかの窓口から申し込みが必要です。

「web割」を適用できる窓口

・ソフトバンクオンラインショップ
・ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイト
・ソフトバンク電話店

また、2022年2月16日〜2022年4月30日までの期間限定で、段階制プランの「ミニフィットプラン+」も対象となっています。「インターネットはあまり使わないけど、最新機種を購入したい」という方は、ぜひ活用してくださいね。

U30 web割・U30スマホおトク割

出典:ソフトバンク公式 【オンライン限定】 U30 web割
U30 web 割の概要
内容 端末代金から
最大21,600円の割引が受けられる
適用条件 ・契約者または使用者の年齢が
 5歳以上30歳以下であること
・対象の窓口で対象端末を購入すること
対象の契約 ・新規契約
・他社からの乗り換え
・番号移行
対象プラン ・メリハリ無制限
・ミニフィットプラン+

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

U30スマホおトク割の概要
内容 端末代金から
最大10,080円の割引が受けられる
適用条件 ・契約者または使用者の年齢が
 5歳以上30歳以下であること
・対象の窓口で対象端末を購入すること
・対象機種を48回割賦で購入すること
対象の契約 指定なし
対象プラン 指定なし

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

「U30 web割」と「U30スマホおトク割」は、5歳以上30歳以下の方を対象とした、端末値引きのキャンペーンです。

ひとつ前の「web割」との併用はできませんが「U30 web割」と「U30スマホおトク割」はあわせて使えます。あわせて最大31,680円(税込)の端末値引きを受けられるため、対象の方はぜひ適用させましょう。

対象者限定 ヤフー限定割引クーポン

出典:ソフトバンク公式 月額通信料金が1年間で最大13,200円割引! [対象者限定]ヤフー限定割引クーポン
対象者限定 ヤフー限定割引クーポンの概要
内容 最大12ヵ月、月額1,100円の通信料金値引きを受けられる
適用条件 契約前にクーポンを発行し、適用させること
対象の契約 ・新規契約
・他社からの乗り換え
・番号移行
・機種変更(プラン変更含む)
対象プラン ・メリハリ無制限
・ミニフィットプラン+

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

「対象者限定 ヤフー限定割引クーポン」は、適用することで最大12ヵ月、月額1,100円(税込)の通信料値引きを受けられるキャンペーンです。

適用させるには「月額通信料金が1年間で最大13,200円割引」でクーポンを発行し、申し込み時に適用させる必要があるため、忘れないようにしましょう。

また、クーポンは誰でも発行できるわけではありません。
対象者は月ごとに変更されているようなので、翌月には変わっていることもありますよ。

新トクするサポート

出典:ソフトバンク公式 新トクするサポート
新トクするサポートの概要
内容 最大24回分の
機種代金が免除になる
適用条件 ・対象端末を48回分割で購入すること
・25ヵ月目以降に対象機種を返却すること
・返却する機種が査定条件を満たしていること
対象の契約 指定なし
対象プラン 指定なし

※表は右にスクロールできます。

「新トクするサポート」は、端末を48回分割で購入し、25ヵ月目以降に機種回収をした場合、最大24回分の機種代金が免除になるキャンペーンです。

例えば、iPhone 13 Pro/128GBの場合は、機種代金総額144,000円(税込)のうち、最大72,000円(税込)が免除されます。

また、ソフトバンク回線を持っていなくてもキャンペーンを使った購入が可能となっており、回収時に新たに機種を購入する必要もありません。
分割を組むこと以外の縛りがないのもうれしいポイントですね。

下取りプログラム(のりかえ)

下取りプログラム(のりかえ)の概要
内容 下取りに出す機種に応じて「PayPayポイント」
または「端末代金値引き」を受けられる
適用条件 対象機種を下取りに出すこと
下取りの査定基準を満たしていること
対象の契約 ・新規契約
・他社からの乗り換え
・番号移行
・機種変更(プラン変更含む)
対象プラン 指定なし

※表は右にスクロールできます。

下取りプログラム(のりかえ)は、これまで使っていた端末を下取りに出した場合に受けられるキャンペーンです。

「PayPayポイント」または「端末代金値引き」から還元方法を選択できるようになっており、還元金額は還元方法や機種によって異なります。

全ての還元方法や機種は紹介できないため、ここでは「PayPayポイント」を選択し、iPhoneを下取りに出した場合の金額を見ていきましょう。

下取りプログラム(のりかえ)下取り金額
機種名 下取り金額
iPhone 12 Pro Max  58,800円相当
iPhone 12 Pro 55,200円相当
iPhone 12 44,400円相当
iPhone 12 mini 37,200円相当
iPhone 11 Pro Max 44,400円相当
iPhone 11 Pro 40,800円相当
iPhone 11 30,000円相当
iPhone XS Max 30,000円相当
iPhone XS 22,800円相当
iPhone XR 19,200円相当
iPhone X 19,200円相当

※価格は税込表示です。
※正常品を下取りに出した場合の​​価格を参考にしています。
※iPhoneは、公式サイトに掲載されている情報の一部です。

現在使っている機種が表にない、還元方法を「端末代金値引き」にする、といった場合は「下取りプログラム(のりかえ) 」をチェックしてみてくださいね。

YouTube Premium 6ヵ月無料

出典:ソフトバンク公式 YouTube Premium 6ヵ月無料
YouTube Premium 6ヵ月無料の概要
内容 ・YouTube Premiumが
 最大6ヵ月無料で使える
・7ヵ月目以降も25%オフで使える
適用条件 ・メリハリ無制限の適用開始日に応じて
 指定期間内に加入すること
・My SoftBankから申し込むこと
対象の契約 指定なし
対象プラン メリハリ無制限

※表は右にスクロールできます。

こちらのキャンペーンでは、人気動画サイトの「YouTube」をさらに快適に使えるオプション「YouTube Premium」を6ヵ月無料で利用できます。

YouTube Premiumに加入すると、以下の4つの機能が使えますよ。

YouTube Premiumで使える4つの機能

・広告なし
・バックグラウンド再生
・YouTube Music Premium聴き放題
・オフライン再生

せっかくデータ容量無制限のプランを契約するなら、ぜひ使いたいですね。

また、無料期間が終了する7ヵ月目以降も、25%オフで継続利用できます。金額はAndroid OS版価格を基準にしており、2022年1月28日時点では月額料金880円(税込)となっています。

キャンペーンを適用するには、以下の期間内に申し込む必要があります。

キャンペーンの申し込み期限
メリハリ無制限の適用開始日 キャンペーン申し込み期限
2022年4月12日以前の方 2022年5月12日まで
2022年4月13日以降の方 適用開始から30日以内

※表は右にスクロールできます。

キャンペーンは、My SoftBankから申し込みが必要です。
YouTube Premium 6ヵ月無料」にアクセスをして進めましょう。

まとめ

・段階制プランは、使用するデータ容量によってお得なプランは異なる
・データ容量無制限のプランは、ソフトバンクのほうが月額77円(税込)安い
・ドコモからソフトバンクへの乗り換えでかかる費用は、ソフトバンクの契約事務手数料の3,300円(税込)
・現在使っている端末をそのまま使い、店頭または電話でSIMロック解除をする場合、SIMロック解除手数料が3,300円(税込)かかる
・ドコモからソフトバンクへ乗り換えると、プランによって月額料金が安くなり、お得なキャンペーンを受けられる
・しかし、ドコモ光とのセット割引が使えなくなり、料金プランによっては高くなってしまう場合がある

2022年2月27日時点の調査内容です。

【ソフトバンク】端末代金 最大21,600円割引中!詳細はこちら width=