SEARCH SEARCH SEARCH

【徹底比較】20GB使える格安SIM会社10社!最安料金プランは?

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、商品やサービスの紹介を行っています。当サイトを経由し、商品やサービスの申し込みがあった場合に、各企業から報酬を受け取ることがありますが、サイト内のランキングや商品の評価に対して影響を与えるものではありません。

「スマホのデータ容量を増やしたいけど、月額料金は抑えたい!」と悩んでいませんか?

大容量プランを利用すると月額料金が高くなってしまうという理由で、日頃から気をつけて使っている方も多いのではないでしょうか。

確かに少し前までの大容量プランは月額料金が高く、10,000円前後かかっていました。

しかし格安SIM会社が普及したことで、20GB以上のプランも月額2,000円前後で利用できるようになっています。

この記事では、20GB以上の大容量プランが使える格安SIM会社に注目して、お得に使う方法を解説していきます。

プロに聞く!20GB使う方におすすめの使い方、裏ワザは?

翌月繰り越しのある格安SIM会社を選ぶ
月によって使用するデータ容量が異なる方は、翌月繰り越しのあるプランを選ぶと無駄なく使いきれます。
例えばワイモバイルやUQモバイルは繰り越しができて各種割引もあるため、とても人気です。

テザリングやシェアプランを活用する
スマホだけでは20GBは使いきらないけれど、タブレットなど複数の端末を使う方はシェアプランやテザリングの利用がおすすめです。別々に2回線契約するよりも安く使用できますよ。

動画コンテンツをよく見る方におすすめ
YouTubeやNetflixなど、動画コンテンツをよく見る方は20GBのプランがおすすめです。動画はスマホよりもタブレットの方が大画面で見やすいので、自宅以外のWi-Fi環境がない場所でもタブレットをテザリングして大きな画面で動画が楽しめます。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

20GB使えるプランがおすすめの方

大容量プランが主流になり「データ容量は20GB以上欲しい」と考える方が増えてきました。

では、どのような使い方をする方に20GB以上の格安SIM会社がおすすめなのでしょうか。

ここでは3つの使い方に分けて紹介していきます。

外出先でも通信量をたくさん使いたい方

通勤や通学中など、Wi-Fiが使えない場所でたくさんインターネットを利用したい方も多いですよね。

特にYouTubeやNetflixなどの動画コンテンツやオンラインゲームなどはデータ容量をたくさん消費するため、20GB以上の大容量プランがあると安心です。

また、テザリングを使ってタブレットやPCでインターネットを利用したい方にもおすすめです。

タブレットやPCではスマホ以上にデータ容量を消費する場合があるため、大容量プランが活躍するでしょう。

自宅のWi-Fiを契約せず、スマホだけで使いたい方

インターネットの通信量は少なくても、光回線など自宅のWi-Fiを契約しない方には、20GB以上の大容量プランがおすすめです。

スマホは常に情報の更新をしているため、自宅のWi-Fiを使っていない方のスマホは24時間データ容量を消費し続けていることになります。

自分ではあまり使っていないと思っていても「想像していたよりも通信量が多かった」というケースは少なくありません。

また、スマホでは2〜3ヵ月に1回程度、本体の情報更新(ソフトウェアアップデート)が実施されます。

新しい情報をダウンロードするには多くのデータ容量が消費されるため、小容量プランでは足りなくなってしまうことが考えられます。

情報の更新は絶対行わなければいけないものではありません。しかし、セキュリティ面の向上や不具合の改善情報が入っている場合があるため、できる限り更新しましょう。

仕事とプライベートでスマホを分けたい方

仕事用とプライベート用でスマホを分けて使いたい方にも20GB以上のプランがおすすめです。大容量プランを契約し、シェアプランを組むことで複数回線契約するよりも安く利用できる場合があります。

なお、シェアプランが利用できる格安SIM会社は限られているため、事前に確認しておきましょう。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

「UQ mobile公式サイトはこちら

20GBでどれくらい使える?

出典:Unsplash公式

前の項目では、20GBプランがおすすめの方を紹介してきました。しかし、20GBあればどれくらいインターネットを利用できるのか、あまりピンときませんよね。

ワイモバイル公式サイト内「データ通信量の目安を教えてください。」の情報をもとに、20GBプランを契約した場合に利用できるデータ容量を計算してみました。

どのようなコンテンツを利用すると、どれくらいのデータ容量が消費されるのか見ていきましょう。

利用用途ごとに必要なデータ容量

利用用途 1GB 20GB
メール送受信※1 約2,090通
(1日あたり 約69.5通)
約41,800通
(1日あたり 約1,393通)
ニュースサイトの
閲覧※2
約3,490ページ
(1日あたり 約116.5ページ)
約69,800ページ
(1日あたり 約2,326ページ)
インターネット動画の
視聴※3
約4.5時間
(1日あたり 約9分)
約90時間
(1日あたり 約3時間)
音楽の
ダウンロード※4
約250曲
(1日あたり 約8.3曲)
約5,000曲
(1日あたり 約166曲)

※表は右にスクロールできます。
※1. 約500KB/1通(添付ファイル含)
※2. 約300KB/1ページ
※3. 約4MB/1分(中画質)
※4. 約4MB/1曲(約4分間の楽曲)

表を見てみると、どのコンテンツも充分に利用できることがわかります。

利用頻度によって異なりますが、ニュースサイトや動画の視聴なども多くの方が満足できるのではないでしょうか。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

格安SIM会社別:20GBプランの料金比較表

プロの声!20GB使うのにおすすめの格安SIM会社

1.UQモバイル
応援割適用対象の方はもちろん、対象の方のご家族も20GBが1年間990円(税込)で使用可能です!
また、節約モードはデータ容量を消費しないため、20GB超えてしまいそうなときに便利です。
通信速度は1Mbpsに落ちてしまいますが、通常より少し遅いと感じる程度で動画等も見られますよ。
2.楽天モバイル
楽天回線エリアおよびパートナー回線エリアなら、20GBまで2,178円(税込)で20GB以上無制限でも3,278円(税込)!パートナー回線エリアとの提携強化やプラチナバンド獲得により、今後さらに通信品質の良化が期待される通信キャリアです。
※楽天モバイルはMNOですが格安SIM会社レベルの価格のためおすすめしています。

以前は小さいデータ容量を取り扱うことにより、月額料金を下げられていた格安SIM会社ですが、現在は20GB以上のデータ容量を取り扱っていることも少なくありません。

ここからは「データ通信専用の格安SIM会社」と「音声通話も利用できる格安SIM会社」に分けて20GB以上のプランを料金比較していきます。

利用目的にあわせて確認してくださいね。

データ通信専用プランの料金比較

出典:イオンモバイル公式 料金プラン

まずはデータ通信専用プランの料金比較を見ていきましょう。

データ通信専用プランは、音声通話やSMSに対応しておらず、インターネットに特化したプランです。

 

通信キャリア データ容量 月額料金 補足情報
イオンモバイル 20GB 1,738円
mineo 20GB 1,925円
IIJmio 20GB 1,950円 eSIM:1,650円
LIBMO 20GB 1,991円
y.u mobile 20GB 3,950円 ・4人までシェア可能
・U-NEXT利用可能
BIGLOBEモバイル 20GB 4,950円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

今回比較した格安SIM会社では、全て同じ容量を提供していましたが、月額料金には大きな差があることがわかりました。

もっとも月額料金が安いのは、月額1,738円(税込)の「イオンモバイル」(eSIMを利用する場合は、月額1,650円(税込)の「IIJmio」)となっています。もっとも高いのは月額4,950円(税込)の「BIGLOBEモバイル」でした。

格安SIM会社同士でもここまでの差が出るのは驚きですね。

音声通話プランの料金比較

出典:イオンモバイル公式 料金プラン

続いて、音声通話プランの料金比較です。

音声通話プランはもっともメジャーな料金プランで、音声通話とSMS、データ通信に対応しています。
以下の10社で比較をしていきます。

音声通話プランの料金比較10社 ※月額料金が安い順

・イオンモバイル
・LIBMO
・IIJmio
・日本通信SIM
・mineo
・HISモバイル
・UQモバイル
・ワイモバイル
・y.u mobile
・BIGLOBEモバイル

まずは、月額料金が安い4社から見ていきましょう。

通信キャリア データ容量 月額料金 補足情報
イオンモバイル 20GB 1,958円
LIBMO 20GB 1,991円
IIJmio 20GB 2,000円
日本通信SIM 30GB 2,178円 2023年11月より20GBプランを
料金据え置きで30GBに増量

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

音声通話プランでもっとも安い20GBプランも「イオンモバイル」でした。通話機能込みで、月額1,958円(税込)とは驚きですね。

また、日本通信SIMは2023年の11月よ20GBプランに10GBを増量し、料金据え置きで30GBまで利用できるプランの提供を開始したため、1GBあたりの値段でみると最安の格安SIM会社と言えます。

続いて、残りの6社を見ていきましょう。

通信キャリア データ容量 月額料金 補足情報
mineo 20GB 2,178円
HISモバイル 20GB 2,190円 5分かけ放題付
UQモバイル 20GB 3,278円 10分かけ放題付
ワイモバイル 20GB 4,015円  
y.u mobile 20GB 4,170円 ・4人までシェア可能
・U-NEXT利用可能
BIGLOBEモバイル 20GB 5,720円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

UQモバイルとワイモバイルは、大手通信キャリアと同様のサポートが受けられるというメリットがあるため、一概に高いとは言えません。

目的や希望するサービスを考えた上で選択したいですね。

マイピタ(デュアルタイプ)で契約すると
最大6ヵ月間月額990円(税込)!

mineo 公式サイトはこちら

20GB使えるおすすめの格安SIM会社10選

ここからは、先ほどの「音声通話プランの料金比較」と同じく、音声通話プランの月額料金が安い順番におすすめの格安SIM会社を紹介していきます。

紹介するサービスは、以下の10社です。

イオンモバイル

出典:イオンモバイル公式

イオンモバイルは、ショッピングモールで有名なイオングループの格安SIM会社です。
イオン館内にある窓口で契約やサポートを受けられるため、近くにイオンがある方におすすめです。

まずは、料金プランの概要を確認していきましょう。

 

イオンモバイル:さいてきプラン MORIMORI
データ容量 20GB
音声プラン
20GB
データプラン
月額料金 1,958円 1,738円
無料通話
使用回線 ドコモ・au
制限時の速度 最大200kbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

イオンモバイルでは音声プランとデータプランの2種類提供されています。ドコモ・auの2つの回線から選択できるのもうれしいポイントですね。

また、イオンモバイルでは計17種類の細かく分かれたデータ容量から自分にあったプランを選択できるようになっています。細かく選択できることで、無駄なく使えますね。

また、イオンモバイルでは3種類の通話オプションを用意しています。

 

イオンモバイル:通話オプション
  5分かけ放題 10分かけ放題 フルかけ放題
月額料金 550円 935円 1,650円
内容 1回5分以内の
国内通話が無料
1回10分以内の
国内通話が無料
通話時間・回数制限なしで
国内通話かけ放題

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

ドコモ回線とau回線に対応!
近くのイオンでサポート受けられる!

イオンモバイル

LIBMO

出典:LIBMO公式

LIBMOは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供している格安SIM会社です。
全国的にはあまり知られていませんが、静岡県内に実店舗があり、また、2022年12月からは全国のドコモショップでも取り扱いが開始されている格安SIM会社で、月額料金の安さから人気が高まってきています。

まずは料金プランを見ていきましょう。

 

LIBMO:なっとくプラン
データ容量 20GB
音声プラン
20GB
データプラン
月額料金 1,991円 1,991円
無料通話
使用回線 ドコモ
制限時の速度 最大200kbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

LIBMOではドコモ回線を使用しており、音声プランとデータプランを提供しています。

音声プラン、データプランともに月額1,991円(税込)となっています。
音声通話SIM、データ通信SIM共にこの料金で利用できるのは驚きですね。

また、LIBMOでは3種類の通話オプションを用意しています。

 

LIBMO:通話オプション
  5分かけ放題 10分かけ放題 かけ放題マックス
月額料金 550円 770円 1,430円
内容 1回5分以内の
国内通話が無料
1回10分以内の
国内通話が無料
通話時間・回数制限なしで
国内通話かけ放題

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

「生活応援キャンペーン第3弾」実施中
新規契約の方向けに最大10,560円相当還元

LIBMO

IIJmio

出典:IIJmio公式

IIJmioは、光回線などを提供している株式会社インターネットイニシアティブの格安SIM会社です。

「J.D.パワー 携帯電話サービス顧客満足度No.1」(詳細:IIJmioが選ばれる6つの理由)など、多くのランキングでNo.1を獲得しており、人気が伺えます。

こちらも料金プランの概要から見ていきましょう。

 

IIJmio:料金プラン
データ容量 20GB
音声プラン
20GB
データプラン
月額料金 2,000円 1,950円
(eSIM:1,650円)
無料通話
使用回線 ドコモ・au
制限時の速度 最大300kbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

IIJmioは、ドコモ回線とau回線から選択できます。
今までは音声プランでeSIMを利用する場合はau回線のみとなっていましたが、2023年9月よりドコモ回線の対応も開始されました。
また、データプランはドコモ回線のみとなっています。

プランによっては選べない通信回線もあるので注意が必要です。

音声プランの月額料金は2,000円(税込)、データプランは月額1,950円(税込)(eSIMの場合、月額1,650円(税込))と、とてもお得な料金設定になっています。

スマホの同時購入割引なども開催しているため、同時に買い替えを検討している方は特にメリットを感じやすいでしょう。

また、IIJmioの通話オプションは、 使い方にあわせた3種類から選択可能です。

 

IIJmio:通話オプション
  通話定額5分+ 通話定額10分+ かけ放題+
月額料金 500円 700円 1,400円
内容 1回5分以内の
国内通話が無料
1回10分以内の
国内通話が無料
通話時間・回数制限なしで
国内通話かけ放題

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

日本通信SIM

出典:日本通信SIM公式

日本通信SIMは、日本通信株式会社が提供する格安SIM会社です。
余計な料金を支払いがちなスマホプランの無駄をなくした「合理的プラン」が魅力です。

日本通信SIMの20GB以上使えるプランの概要を見てみましょう。

 

日本通信SIM:合理的30GBプラン
データ容量 30GB
月額料金 2,178円
無料通話 70分/月もしくは
5分かけ放題
使用回線 ドコモ
制限時の速度 低速通信
(速度記載なし)

※価格は税込表示です。

ドコモ回線を使用しており、30GBで月額料金は2,178円(税込)となっています。

もともと20GBだったプランが、2023年11月に料金据え置きで30GBに増量されたため、1GBあたりの金額でみると最安水準のプランです。

また、標準アプリで利用できるひと月70分の無料通話も含まれています。さらに70分を超過した後の通話料金は30秒11円(税込)で利用できます。

通話料金が30秒22円(税込)に設定されている大手通信キャリアと比べ、お得に利用できますね。

ひと月70分の無料通話で足りない方は、無料の通話5分かけ放題か、24時間通話し放題の通話定額オプションを追加できます。
ただし、無料の通話5分かけ放題を追加した場合、70分無料通話が外れるようになっているので注意が必要です。

利用頻度にあわせて選択しましょう。

 

日本通信SIM:通話オプション
  通話5分かけ放題 通話定額オプション
月額料金 0円 1,200円
内容 1回5分以内の
国内通話が無料
通話時間・回数制限なしで
国内通話かけ放題

※価格は税込表示です。
※「通話5分かけ放題オプション」をつけると、
 「70分無料通話」と交換になります。
※表は右にスクロールできます。

mineo

出典:mineo公式

mineoは、関西電力グループの株式会社オプテージが提供する格安SIM会社です。関連サービスにはeo光があり、セット割引も実施しています。

まずは料金プランの概要を見ていきましょう。

 

mineo:マイピタ
データ容量 20GB
音声プラン
20GB
データプラン
月額料金 2,178円 1,925円
無料通話
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク
制限時の速度 最大200kbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

mineoの料金プランでは、音声プランとデータ通信専用プランの2種類が提供されています。

20GBの月額料金は、音声プランが月額2,178円(税込)。データ通信専用プランが月額1,925円(税込)です。

通信回線はドコモ・au・ソフトバンクの3社から選択可能です。
使い慣れた通信回線を選択できることで、安心して乗り換えられますね。

また、mineoの通話オプションは3種類あります。

 

mineo:通話オプション
  10分かけ放題 時間無制限かけ放題 10分通話パック
月額料金 550円 1,210円 110円
内容 1回10分以内の
国内通話が無料
通話時間・回数制限なしで
国内通話かけ放題
440円分(最大10分)
割引される通話サービス

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

マイピタ(デュアルタイプ)で契約すると
最大6ヵ月間月額990円(税込)!

mineo 公式サイトはこちら

HISモバイル

出典:HISモバイル公式

HISモバイルは、旅行会社の株式会社エイチ・アイ・エスをグループサービスに持つ格安SIM会社です。

格安SIM会社としてはまだ馴染みがありませんが、知名度の高い会社なので今後に期待ができるのではないでしょうか。

まずは料金プランの概要を見ていきましょう。

 

HISモバイル:自由自在スーパープラン
データ容量 20GB
月額料金 2,190円
無料通話 5分かけ放題付
使用回線 ドコモ
制限時の速度 低速通信
(速度記載なし)

※価格は税込表示です。

ドコモ回線を利用しており、月額料金は2,190円(税込)です。さらに、2023年7月から20GB・50GBのプランに5分かけ放題がつきました。

また、標準アプリで利用できる通話料金は、30秒9円(税込)で利用できます。
通話料金が30秒22円(税込)に設定されている大手通信キャリアと比べ、お得に利用できますね。

通話オプションは、 5分かけ放題の他にも完全かけ放題が用意されています。

 

HISモバイル:通話オプション
  完全かけ放題
月額料金 1,480円
内容 通話時間・回数制限なしで
国内通話かけ放題

※価格は税込表示です。

UQモバイル

出典:UQモバイル公式

UQモバイルは、auのサブブランドとして提供されている格安SIM会社です。

ワイモバイル同様、他の格安SIM会社と比べると月額料金は高めに設定されています。しかし、auと同等の通信環境に加え店舗でのサポートが受けられるため、高い人気を獲得しています。

UQモバイルの20GB使えるプラン「コミコミプラン」の概要は、以下の通りです。

 

UQモバイル:コミコミプラン
データ容量 20GB
月額料金 3,278円
無料通話 1回10分以内の無料通話
(超過時22円/30秒)
使用回線 au
制限時の速度 最大1Mbps

※価格は税込表示です。

コミコミプランは、20GBのデータ容量に1回10分以内の国内通話かけ放題がセットになった料金プランで、月額3,278円(税込)となっています。

データも通話も使用したい方は、コミコミプランがおすすめです。

また、コミコミプラン契約者が10分以上の通話をしたいという場合には、下記オプションがあります。

 

UQモバイル:通話オプション
  通話放題
月額料金 1,980円
内容 通話時間・回数制限なしで
国内通話かけ放題

※価格は税込表示です。

乗り換えで最大10,000円相当の
auPAY残高還元!

「UQ mobile公式サイトはこちら

ワイモバイル

出典:ワイモバイル公式

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして提供されている格安SIM会社です。

他の格安SIM会社と比べると、やや月額料金は高めですが、ソフトバンクと同等の回線とサービスを受けられることから高い人気を誇っています。

まずは、料金プランの概要を見ていきましょう。

 

ワイモバイル:シンプル2 M
データ容量 20GB
月額料金 4,015円
無料通話
使用回線 ソフトバンク
制限時の速度 最大1Mbps

※価格は税込表示です。

シンプル2 Mは、毎月20GBのデータ容量が使える料金プランで、月額4,015円(税込)となっています。
また、ひと月のデータ使用量が1GB未満の場合は、自動的に1,100円(税込)割引が適用されます。

ワイモバイルの料金プランには、無料通話がついていないため、通話が多い方は通話オプションに加入する必要があります。

1回あたり10分間の無料通話が使える「だれとでも定額+」に加え、24時間話し放題の「スーパーだれとでも定額+」が用意されているため、必要にあわせて選択しましょう。

 

ワイモバイル:通話オプション
  だれとでも定額+ スーパーだれとでも定額+
月額料金 880円 1,980円
内容 1回10分以内の
国内通話が無料
通話時間・回数制限なしで
国内通話かけ放題

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

y.u mobile

出典:y.u mobile公式

y.u mobileは「U-NEXT」が運営していた「U-mobile」と家電量販店のヤマダ電機が共同で設立した格安SIM会社です。

2020年3月に開始したばかりの比較的新しいサービスですが、運営会社が大きいため安心して利用できますね。

こちらも初めに料金プランを確認していきましょう。

 

y.u mobile:シェア U-NEXT
データ容量 20GB
音声プラン
20GB
データプラン
月額料金 4,170円 3,950円
無料通話
使用回線 ドコモ
制限時の速度 最大128kbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

y.u mobileの20GBプランは、シェアプランとU-NEXTを組み合わせた料金プランとなっています。

シェアプランの機能では、20GBを複数人で分け合えるようになっており、2人までなら追加料金なしで利用できます。

U-NEXTは、映画やドラマ、電子書籍なども利用できるサービスです。毎月付与される1,200円分のU-NEXTポイントを利用して、コンテンツのレンタルや購入ができますよ。

すでにU-NEXTを利用している方は、特にメリットを感じやすいのではないでしょうか。

y.u mobileの通話オプションは、1回あたり10分間のかけ放題と24時間かけ放題とベーシックの3種類となっています。
無料通話の対象になるには、専用アプリの「y.uでんわ」を利用する必要があるので注意しましょう。

 

y.u mobile:通話オプション
  10分かけ放題 無制限かけ放題 ベーシック
月額料金 550円 1,400円 0円
内容 1回10分以内の
国内通話が無料
通話時間・回数制限なしで
国内通話かけ放題
国内通話22円/30秒が、
11円/30秒に

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル公式

BIGLOBEモバイルは、光回線サービスやプロバイダとしても有名なビッグローブ株式会社が提供する格安SIM会社です。

YouTubeなどのコンテンツをデータ容量無制限で利用できる「エンタメフリー・オプション」月額308円(税込)が人気ですが、どのような料金プランなのでしょうか。

まずは料金プランの概要を確認してみましょう。

 

 

BIGLOBEモバイル:料金プラン
データ容量 20GB
音声プラン
20GB
データプラン
月額料金 5,720円 4,950円
無料通話
使用回線 ドコモ・au
制限時の速度 最大200kbps

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

BIGLOBEモバイルでは、音声通話SIMとデータSIMの2つから選択可能です。
データSIMはドコモ回線のみ選択できるようになっています。

月額料金は音声通話SIMが5,720円(税込)。データ通信SIMが4,950円(税込)となっています。

BIGLOBEモバイルは小容量プランの月額料金が安く、お得に利用できるのですが、大容量プランは他社と比べ月額料金が高く設定されていました。

今回紹介している格安SIM会社の中では、もっとも月額料金が高い結果となってしまいました。

また、BIGLOBEモバイルでは通話オプションを4種類用意しています。
通話し放題こそありませんが、通話が少ない方から短い通話が多い方まで使いやすいオプションが用意されています。

オプションの適用には「BIGLOBEでんわ」という専用アプリの利用が必須となっているので、注意しましょう。

 

BIGLOBEモバイル:通話オプション
  10分かけ放題 通話パック90 3分かけ放題 通話パック60
月額料金 913円 660円
内容 1回10分以内の
国内通話が無料
ひと月90分以内の
国内通話が無料
1回3分以内の
国内通話が無料
ひと月60分以内の
国内通話が無料

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

大手通信キャリアにも20GBの格安プランがある

ドコモ・au・ソフトバンクの大手通信3キャリアが提供しているオンライン専用プランにもデータ容量20GBの料金プランがあります。

また、第4の通信キャリアとして人気上昇中の楽天モバイルも、20GB以上のデータ容量に対応しています。

それぞれどのようなプランを提供しているのか見ていきましょう。

大手通信キャリアの20GBのオンライン専用プランと楽天モバイル

ドコモ:ahamo

出典:ahamo公式

ahamoは、ドコモが提供しているオンライン専用プランです。

プランは1つだけの非常にシンプルな料金設定になっています。データ容量20GBに加え、1回あたり5分以内の無料通話や、海外91の国・地域でそのまま利用できる海外データ通信にも対応しています。

また、20GBで足りない場合は、ahamo大盛りオプションを追加することもできます。大盛りオプションを追加すると、月額4,950円(税込)で100GBまで使用できるようになるので、ネットをもっと楽しみたいというに便利ですね。

以下の表では、20GB使用できる料金プランを紹介します。

ahamo:料金プラン
データ容量 20GB
月額料金 2,970円
無料通話 5分/回
使用回線 ドコモ
制限時の速度 最大1Mbps
※価格は税込表示です

月額料金は2,970円(税込)と、オンライン専用の中では高めです。しかし、1回あたり5分以内の無料通話がついているため、短い通話が多い方には適しているでしょう。

ahamoの契約数が500万突破!!
ahamoポイ活のおトクなキャンペーンも実施中!

ahamo 公式サイトはこちら

au:povo

出典:povo公式

povoは、auが提供しているオンライン専用プランです。

基本料0円、データ容量や無料通話、コンテンツなどを使いたい分だけ購入して使う、他にはない料金設定が魅力です。

以下の表では、20GBの「データトッピング」を購入した場合の料金を紹介します。

 

povo:データ追加20GB(30日間)
データ容量 20GB
(30日間)
月額料金 2,700円
無料通話
使用回線 au
制限時の速度 最大128kbps
※価格は税込表示です。

20GBのデータトッピングの料金は2,700円(税込)です。

利用可能期間は30日となっており、その月にあわせて容量を選択できるため、無駄なく使えるのではないでしょうか。

ソフトバンク:LINEMO

出典:LINEMO公式

LINEMOは、ソフトバンクが提供しているオンライン専用プランです。

料金プランは、月額990円(税込)で3GB使える「ミニプラン」と、月額2,728円(税込)で20GB使える「スマホプラン」の2種類となっています。

20GB使えるスマホプランの概要を見てみましょう。

 

LINEMO:スマホプラン
データ容量 20GB
月額料金 2,728円
無料通話
使用回線 ソフトバンク
制限時の速度 最大1Mbps
※価格は税込表示です。

LINEMOでは「LINE」のトークや音声通話、ビデオ通話のデータ消費がゼロになる「LINEギガフリー」が料金プランに含まれています。

またスマホプラン限定で「LINEスタンププレミアム for LINEMO」も適用されます。

「LINEスタンプ プレミアム for LINEMO」が適用されることで、追加料金なしでLINEスタンプが使い放題になるLINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)が利用できます。

日頃からLINEをたくさん使う方は、特にメリットを感じるでしょう。

3年連続顧客満足度1位を獲得!
LINEのトークや通話もデータ消費量ゼロ!

LINEMO 公式サイトはこちら

楽天モバイル:Rakuten最強プラン

出典:楽天モバイル公式 Rakuten最強プラン(料金プラン)

楽天モバイルは、第4の通信キャリアとして登場した通信キャリアです。
2023年6月に、新プラン「Rakuten最強プラン」がスタートし、従来のプランであった「パートナー回線エリアでのデータ使用量の上限5GB」が撤廃され、どの回線に接続しても無制限で使えるようになりました。

Rakuten最強プランは、データ使用量に応じて料金が変動する無制限プランとなっています。

まずは料金プランの概要を確認してみましょう。

 

楽天モバイル:Rakuten最強プラン
データ容量 無制限
月額料金 2,178円(3GB~20GB使用時)
無料通話
使用回線 楽天・au
制限時の速度

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

3GBまでは月額1,078円(税込)となっており、楽天エリア内なら20GB以上は月額3,278円(税込)でデータ無制限となります。

今回の比較対象である20GBまでの料金は、月額2,178円(税込)です。大手通信キャリアが提供しているオンライン専用プランよりも500円以上安い結果となりました。

他のオンライン専用プランに比べて通信速度が遅い点がネックですが、これから改善されていくことを期待して利用してみるのもいいかもしれません。

高速データが無制限で使える!
どれだけ使っても月額3,278円(税込)!

RAKUTEN Mobile 公式サイトはこちら

20GB以上のプランをお得に使う方法

格安SIM会社のプランを使うことで20GBの大容量プランも安く、お得に使えるようになりました。しかし、できることならもっとお得に使いたいですよね。

最後に20GB以上のプランもお得に使う方法を2つ紹介します。

シェアプランで安く利用する

出典:BIGLOBEモバイル公式 シェアSIM

家族でデータ容量をシェアできるプランなら、大容量プランを無駄なく使えます。シェアプランとは、データ容量を複数回線で使う方法のことです。

大容量プランを契約しても少し余ってしまう方は、小容量のプランを利用している家族とシェアすることで合計の月額料金が下げられるかもしれませんよ。

また、シェアプランは家族ではなく1人で使うことも可能です。例えばプライベート用と仕事用を分けたい方はお得に利用できるでしょう。

シェアプランを利用できる格安SIM会社は、以下の3つが挙げられます。

シェアプラン対応の格安SIM会社

・IIJmio
・イオンモバイル
・BIGLOBEモバイル
・y.u mobile

シェアプランを利用することで、月額料金やデータ容量の管理がしやすくなるといったメリットもあるため、ぜひ活用してください。

業界最安クラスかつシンプル!
データ量が無駄なく使えてサービスも充実

IIJmio 公式サイトはこちら

カウントフリーオプションを利用する

出典:BIGLOBEモバイル公式

カウントフリーオプションとは、あらかじめ決められたアプリやコンテンツを利用する際のデータ容量がカウント対象外になるオプションです。

例えば、動画をたくさん見る方は普段利用しているコンテンツが対象サービスに入っている場合、無制限で利用できます。

他のサービスであまりデータ容量を使わないのなら、大容量プランを契約する必要がなくなるため、月額料金が安くなるということですね。

カウントフリーオプションを提供している格安SIM会社・オンライン専用プランは、以下の2つが挙げられます。

通信キャリア オプション 月額料金
BIGLOBEモバイル エンタメフリー・オプション 音声SIM:308円
データSIM:1,078円
LINEMO LINEギガフリー 無料

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

カウントフリーオプションを活用して、お得に利用しましょう。

大特価スマホが続々!
人気のiPhone・Androidも対象!

Y!mobile 公式サイトはこちら

まとめ

・20GBのプランは「外出先での使用が多い方」「自宅のWi-Fiを使わない方」「仕事とプライベートで分けたい方」におすすめ
・20GBあれば月間約90時間の動画が見られる
・データ通信プランの月額料金最安値は「イオンモバイル」の月額1,738円(税込)
・音声通話プランの月額料金最安値も「イオンモバイル」の月額1,958円(税込)
・音声プランでは、「LIBMO」と「IIJmio」もおすすめ
・シェアプランやカウントフリーオプションを活用してさらにお得に使える

2023年5月時点の調査内容です。

この記事の参考・引用サイトまとめ

  1. データ通信量の目安を教えてください。
  2. イオンモバイル公式 料金プラン
  3. イオンモバイル公式
  4. LIBMO公式
  5. IIJmio公式
  6. IIJmioが選ばれる6つの理由
  7. 日本通信SIM公式
  8. mineo公式
  9. HISモバイル公式
  10. UQモバイル公式
  11. ワイモバイル公式
  12. y.u mobile公式
  13. BIGLOBEモバイル公式
  14. ahamo公式
  15. povo公式
  16. LINEMO公式
  17. 楽天モバイル公式 Rakuten UN-LIMIT VII(料金プラン)
  18. BIGLOBEモバイル公式 シェアSIM

この記事を書いた人

望月 聖也
望月 聖也

大手通信キャリアの代理店で7年間働いた経験を活かし、スマホ・光回線系のメディアを中心にフリーライターとして活動中。複雑な料金プランやサービスを、わかりやすくかみ砕いて解説します。

楽天モバイル スマホそのまま乗り換え6,000ポイントプレゼント 今すぐ申し込む