SEARCH

【ワイモバイル】親戚でも適用できる?家族割引サービスの条件や必要書類をわかりやすく解説!

「家族で格安SIM会社に乗り換えを検討しているけど、どこがいいのかわからない」と悩んではいませんか? 

格安SIM会社に家族で乗り換えるなら、お得な家族割引サービスを用意しているワイモバイルがおすすめですよ!

ワイモバイルの家族割引サービスは、同居している家族以外にも「遠くに住んでいる親戚」や「一緒に住んでいるパートナー」でも適用できるんです。

さらに、割引金額は2回線目以降月額1,188円(税込)となっており、大手通信キャリアにも負けていません。

この記事では、ワイモバイルの「家族割引サービス」の基本情報から必要書類、申し込み方法まで解説します。

それでは詳しく見ていきましょう。

店長に聞く!ワイモバイルの家族割引での注意点

親回線は、家族割引の対象外です!
家族合計で月額いくらになるかとシミュレーションをする際は気をつけましょうね。
また、家族間の通話は無料にならないことも要注意です。知らずに長電話をしてしまうと高額の請求になってしまうので要注意です。

ワイモバイルの家族割引サービスの内容と適用条件

出典:家族みんなでおトクにワイモバ!

ワイモバイルの家族割引サービスは、家族などでワイモバイルを複数回線使う場合、2回線目以降月額550円(税込)または月額1,188円(税込)の割引を受けられるサービスです。

格安SIM会社は基本料金が安いため、家族割引サービスを行っていないことが多いのですが、ワイモバイルでは大手通信キャリアにも負けない割引を行っています。

まずは基本的な内容を表で確認していきましょう。

割引概要
割引内容 家族回線の副回線に割引が入る
割引金額 1回線あたり550円または1,188円
対象プラン ・シンプルS/M/L
・スマホベーシックプラン
・Pocket Wi-Fiプラン2(ベーシック)
・データベーシックプランL

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

現在新規受付中のプラン「シンプルS/M/L」では、月額1,188円(税込)の割引を永年受けられます。とても大きな割引ですね。

また、割引の対象になる方は幅広く、以下のようになっています。

  • 血縁/婚姻関係のある方(親等数の制限なし、別住所でも可)
  • 同住所の方(別姓可)

血縁関係や婚姻関係が「家族確認書類」で確認ができれば、どれだけ離れたところに住んでいても、遠い親戚でも家族割引サービスを受けることができます。

さらに同住所なら、別姓の方や血縁関係のない方でも家族割引サービスを受けられるため、とても適用しやすくなっています。

それぞれの申し込みで必要になる「本人確認書類」や「家族確認書類」は「割引適用に必要な書類が多い」以降で詳しく解説していきますので是非参考にしてください。

家族割引サービスを適用した料金シミュレーション

店長の豆知識!より”お得に”家族割引を使う方法は?

ワイモバイルの旧プランをまだ使用している方は、新プランに変更したほうがお得に使えます!
割引額の増額に加え、使用可能データ容量が増加。さらに、余ったデータ容量の繰り越しも可能になります。

現在新規受付中の「シンプルS/M/L」に加入している場合、家族割引サービスを適用すると月額料金から1,188円(税込)の割引を永年受けることができます。

ではどれくらいの金額で利用できるのでしょうか。実際に料金シミュレーションを確認してみましょう。

  シンプルS シンプルM シンプルL
データ容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
割引後の料金 990円 2,090円 2,970円

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

どの容量を選択しても割引金額は変わりませんが、中でもシンプルSは月額990円(税込)と1,000円(税込)を切るため、かなりお得に感じますね。

さらに、後半で紹介する「おうち割りでんきセット(A)」や「ワイモバ学割」などと併用することで月額料金がもっと安くなりますよ。

ワイモバイルの家族割引サービスのメリット

ここまで紹介した割引金額、月額料金だけでもとても大きなメリットがありましたが、他の通信キャリアの家族割引サービスに比べてどこが優れているのでしょうか。

ワイモバイルの家族割引サービスには、以下の4つのメリットがありました。

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

別居している遠くの親戚や家族にも適用可能

出典:家族割引サービス

ワイモバイルの家族割引サービスでは、適用条件を満たすことで遠くの親戚や単身赴任中の家族など、同居していなくても割引を適用できます。

適用条件を満たしているかを確認するには、以下の「家族であることが確認できる書類」のいずれかが必要になります。

家族であることが確認できる書類

・戸籍謄本
・住民票記載事項証明書
・同性のパートナーシップを証明する書類

 

親等数は関係なく「書類での確認」が条件のため、幅広い方に適用されやすくなっています。

Twitterからの口コミ

ここでは、Twitterに投稿された口コミを紹介します。
実際に利用している方の口コミはとても参考になりますよ。

一緒に住んでいないお母さんと家族割引サービスを適用したようです。

お母さんの料金はとても安くなっていますね!

同居していれば、家族以外でも適用できる

出典:家族割引サービス

前の項目とは反対に、同居している血縁・婚姻関係以外の方とも家族割引サービスを適用させることが可能です。

同居している事実が家族確認書類で確認できれば適用されるため、恋人以外にも友人など、どのような関係でも対象となります。

同住所で別姓の場合、前の項目で紹介した「家族であることが確認できる書類」のいずれかが必要になるので用意しておきましょう。

主回線に対して最大9回線までひも付けができる

家族割引サービスを組める上限回数が多いのもメリットのひとつでしょう。

主回線に対して割引が適用される副回線を、最大9回線までひも付けできるため大家族にもおすすめです。

多くの家庭では9回線の割引を使うことは少ないかもしれませんが、たとえば4人家族の場合でも以下のように割引額が大きくなります。

割引金額 1,188円×3回線
割引金額の合計 3,564円
年間割引金額 42,768円

※価格は税込表示です。

4人家族の場合、年間4万円以上の割引を受けられることがわかりました。とても大きな割引ですね。

主回線と子回線で支払いを別々にできる

通信キャリアの家族割引サービスを組む際、「契約者が同じであること」や「請求先が同一であること」が条件になる場合があります。

しかし、ワイモバイルの家族割引サービスでは別々の契約者、請求先のまま割引を適用させることが可能です。

請求先を別にできることで、親戚や恋人、同居人といった生計が別の方とも気軽に割引を利用できるため、大きなメリットと言えるでしょう。

ワイモバイルの家族割引サービスのデメリット

ここからはデメリットとして、ワイモバイルの家族割引サービスの少し残念なところを紹介していきます。

割引サービスを利用するために必ず確認しておきたい「本人確認書類」や「家族確認書類」についても詳しく解説していきますよ。

主回線は割引対象外

ワイモバイルの家族割引サービスでは、2回線目以降の契約者に対して割引が適用されるため、主回線には割引は入りません。

割引金額が大きいことを考えると諦めるしかありませんが、少し残念に感じてしまいますね。

Twitterからの口コミ

ここでは、Twitterに投稿された口コミを紹介します。

実際に利用している方の口コミはとても参考になりますよ。

確かに主回線にも適用されるようになればとてもうれしいですね。

今後の改善に期待しましょう!

割引適用に必要な書類が多い

家族割引サービスを適用させるには、家族関係を証明する家族確認書類が必要になります。申し込み方法やタイミング、関係性によって必要な書類が異なるため注意しましょう。

申し込みには「本人確認書類」「家族確認書類」「家族割引サービス同意書」「委任状」のいずれか、または全てが必要になります。

初めに「本人確認書類」「家族確認書類」にはどのような書類が認められているのか確認しておきましょう。

本人確認書類
(日本国籍の方)
・運転免許証
・日本国パスポート
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・住民基本台帳カード(QRコード付き)
・身体障がい者手帳
・療育手帳
・精神障がい者手帳
・健康保険証

※表は右にスクロールできます。

家族確認書類
※発行から3ヵ月以内のもの
同居している家族 主回線、副回線の方の同住所であることが
確認できる本人確認書類
離れて暮らしている家族 ・同姓の場合
 主回線、副回線の方の本人確認書類
・別姓の場合
「家族であることが確認できる書類」いずれか
または申し込む家族が一枚に記載された健康保険証

※表は右にスクロールできます。

 

必要書類の詳細
家族であることが
確認できる書類
※1
・戸籍謄本
・住民票記載事項証明書
・同性のパートナーシップを証明する書類
同性のパートナーシップを
証明する書類
・各自治体によって発行される証明書
・宣誓書の写し
・受領証など
 ※2

※1 発行から3ヵ月以内のもの
※2 自治体により書類の名称が異なるため自治体に確認する必要がある
※表は右にスクロールできます。

家族割引サービスの適用範囲が広いため、必要書類が少し複雑ですが、申し込み方法や関係性に分けて考えることでわかりやすくなりますよ。

申し込み方法やタイミング、関係性に分けた必要書類は、次の項目で詳しく解説していきます。

家族割引サービスの申し込み方法と手順

本人確認書類と家族確認書類を確認したところで、申し込み方法と手順を見ていきましょう。

申し込み自体は複雑なところもなく、オンラインでも簡単に受付できます。

必要書類が少しわかりにくいのですが、目的に合わせて選択することでスムーズに手続きができますよ。

公式オンラインストアで申し込む場合

出典:ワイモバイルオンラインストア

公式オンラインストアでは、新規契約と同時に家族割引サービスの副回線になる場合のみ受け付けています。

機種変更や、申し込み回線を主回線にする場合などは、オンラインストアでは受け付けていないので注意が必要です。

後日申し込みをしたい場合や主回線に登録したい場合は、次の「ワイモバイルショップで申し込む場合」「My Y!mobileで申し込む場合」を確認してください。

それでは、主回線となる契約者との関係性に分けて必要書類を確認していきましょう。

主回線との関係性ごとに必要になる書類
主回線が家族で
同居している場合
家族割引サービス同意書
主回線の方の本人確認書類
契約者の本人確認書類
主回線が家族で
別居している場合
家族割引サービス同意書
主回線の方の本人確認書類
契約者の本人確認書類
家族確認書類
(戸籍謄本または住民状記載事項証明書)
※1 
主回線が本人 契約者の本人確認書類

※1 発行から3ヵ月以内のもの
※表は右にスクロールできます。

申し込み手続きの手順

公式オンラインストアから家族割引サービスを申し込む手順

1.公式オンラインストアにアクセスして機種を選択する。

2.機種選択後、「契約内容」内の「契約方法」→「料金プラン」→「通話オプション」→「オプション」と進む。

3.続いて「割引サービス」内の「家族割引サービス」を選択する。

4.主回線電話番号、契約者との関係を入力する。

5.主回線が本人の場合は、契約手続きを進める。

6.主回線が家族の場合は、本人確認書類の選択とアップロードをする。

7.続いて、家族割引サービス同意書をアップロードする。

8.契約者との同居有無を選択し、家族確認書類をアップロードする。

 

公式オンラインストアから家族割引サービスを申し込む場合は、新規契約手続きの途中で行います。

1.公式オンラインストアにアクセスして機種を選択する。

2.機種選択後、「契約内容」内の「契約方法」→「料金プラン」→「通話オプション」→「オプション」と進む。

3.続いて「割引サービス」内の「家族割引サービス」を選択する。

出典:SIMカードを購入

4.主回線電話番号、契約者との関係を入力する。

出典:家族割引サービスのオンラインストアでのお申し込み方法

5.主回線が本人の場合は、契約手続きを進める。

6.主回線が家族の場合は、本人確認書類の選択とアップロードをする。

7.続いて、家族割引サービス同意書をアップロードする。

出典:家族割引サービスのオンラインストアでのお申し込み方法

8.契約者との同居有無を選択し、家族確認書類をアップロードする。

ここまでで家族割引サービスの申し込みは完了しているので、そのまま新規契約の手続きを進めましょう。

ワイモバイルショップで申し込む場合

ワイモバイルショップでの申し込みなら「新たに家族割引グループを作る場合」「既存のグループに加入する場合」どちらも可能です。

申し込みには主回線と副回線の関係性や来店する方によって以下の書類が必要になるため、あらかじめ確認しておきましょう。

主回線との関係性や来店する方に分けた必要書類
主回線・副回線の契約者が
全員で来店する場合
・それぞれの本人確認書類
・家族確認書類
主回線の契約者のみ
来店する場合
・主回線の契約者の本人確認書類
・副回線の契約者と家族であることが確認できる
 家族確認書類
・家族割引サービス同意書・委任状
※副回線の契約者が記入をする箇所があるため
事前に準備しておく
副回線となる契約者のみ
来店する場合
・副回線となる契約者の本人確認書類
・主回線となる契約者と家族であることが確認できる
家族確認書類
・家族割引サービス同意書

※表は右にスクロールできます。

ワイモバイルショップでの申し込みは、必要書類を持って店頭に行くことでスタッフが登録を進めてくれます。スタッフの指示に従って登録を進めましょう。

ただし、混雑している場合は待ち時間が出てしまうこともあります。事前に「かんたん来店予約」から来店時間の予約をしておきましょう。

My Y!mobileで申し込む場合

My Y!mobileでは「新規契約後の申し込み」や「申し込み回線を主回線にする場合」も受け付けています。

必要書類は公式オンラインストアで申し込む場合と同様のため「公式オンラインストアで申し込む場合」を確認してください。

申し込み手順

My Y!mobileで家族割引サービスを申し込む手順

1.My Y!mobileにログインする。

2.「契約確認変更」→「家族割引サービス」を選択する。

3.契約者情報を入力し、必要書類をアップロードすることで申し込みが完了する。

 

1.My Y!mobileにログインする。

2.「契約確認変更」→「家族割引サービス」を選択する。

出典:家族割引サービスのオンラインストアでのお申し込み方法

3.契約者情報を入力し、必要書類をアップロードすることで申し込みが完了する。

必要書類がそろっていれば手続きはスムーズに進められると思います。特に問題がなければ待ち時間のないMy Y!mobileから申し込みを進めましょう。

家族割引サービスと併用できるキャンペーン

ワイモバイルの家族割引サービスは、併用できるキャンペーンがいくつかあります。併用できるキャンペーンはできるだけ使い、お得に利用しましょう。

現在併用できるキャンペーンは、以下の4つです。

 

おうち割でんきセット(A)

出典:おうち割
キャンペーン概要
内容 ・ワイモバイルの料金から月額110円割引
(25ヵ月目以降月額55円割引)
・電力会社の従量料金部分から毎月1%引き
適用条件 対象の電気サービスを利用し、割引に申し込むこと
期間 終了日未定

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

おうち割でんきセットは、ご自宅の電力会社を対象のサービスに変更することで割引を受けられるサービスです。

スマホや携帯からの割引だけではなく、電力会社の従量料金からも毎月1%割引を受けられるため、重ねてお得ですね。

電気サービスの対象地域と対象プランは以下の通りです。

対象地域 対象プラン
北海道電力エリア、東北電力エリア、
東京電力エリア、中部電力エリア、
関西電力エリア、中国電力エリア、
四国電力エリア、沖縄電力エリア
おうちでんき
北陸電力エリア 北陸電力対象プラン
九州電力エリア 九州電力対象プラン

※表は右にスクロールできます。

電気サービスは光回線などと比べて簡単に切り替えられるため、特にこだわりがない方はまとめてみてはいかがでしょうか。

ワイモバ親子割

出典:ワイモバ親子割
キャンペーン概要
内容 月額料金から最大12ヵ月1,100円割引
適用条件 「ワイモバ親子割(5歳〜18歳)」
もしくは「ワイモバ親子割(家族)」の適用条件を満たすこと
期間 2021年11月17日〜2022年5月31日

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

2021年11月から受付開始した学割「ワイモバ親子割」も家族割引サービスと併用ができます。割引額がとても大きいため、条件を満たしている方は必ず利用しましょう。

対象者は「ワイモバ親子割(5歳〜18歳)」と「ワイモバ親子割(家族)」の2つに分けられます。それぞれ確認してみましょう。

  ワイモバ親子割
(5歳〜18歳)
ワイモバ親子割
(家族)
適用条件 ・受付期間中に対象の条件で契約すること
・申し込み時点で5歳〜18歳であること
・受付期間中に対象の条件で契約すること
・受付期間中に、ワイモバ親子割に申し込みを
した回線と家族割引サービスに加入すること
対象料金プラン シンプルM/L
対象契約 新規契約、他社からの乗り換え、番号移行、プラン変更
(シンプルM/L間の変更は不可)

※表は右にスクロールできます。

割引の適用条件にはシンプルSが入らないことは少し残念ですが、シンプルMが最大12ヵ月間月額990円(税込)で利用できるのはとてもお得ですね。

適用条件を満たすことで家族にも割引が入るのもうれしいポイントでしょう。

60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン

出典:60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン
キャンペーン概要
内容 「スーパーだれとでも定額(S)」
月額1,870円から月額1,100円割引される
適用条件 シンプルS/L/Mに加入すること
スーパーだれとでも定額(S)に申し込むこと
60歳以上であること
期間 2021年2月18日〜終了日未定

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

このキャンペーンは、国内通話かけ放題になるオプション「スーパーだれとでも定額(S)」を60歳以上の方が利用する際に適用されます。

60歳以上と年齢の制限はありますが、通話かけ放題オプションがここまで安く使えることはあまりないため、通話をよくする方はぜひ活用してください。

Twitterからの口コミ

ここでは、Twitterに投稿された口コミを紹介します。

実際に利用している方の口コミはとても参考になりますよ。

楽天モバイルからワイモバイルに切り替えたようです。

たくさん通話される方にとっては、60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーンはとてもお得ですよね。

データ増量無料キャンペーン2

出典:データ増量無料キャンペーン2
キャンペーン概要
内容 「データ増量オプション」
月額550円が1年間無料で利用できる
適用条件 対象のプランに加入し、データ増量オプションに申し込むこと
初めてデータ増量オプションに申し込むこと
期間 終了日未定

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

月間のデータ容量を増量する「データ増量オプション」月額550円(税込)が1年間無料で利用できるキャンペーンです。

データ増量オプションが適用されることで、以下のデータ容量が利用できます。

  シンプルS シンプルM シンプルL
データ容量 3GB 15GB 25GB
データ増量オプション +2GB +5GB +5GB
合計データ容量 5GB 20GB 30GB

※表は右にスクロールできます。

オプションを申し込み、適用条件を満たすことで自動適用されます。新規契約の方以外にも、まだ利用したことがない方はぜひ使ってみてくださいね。

家族割引サービスと併用できないキャンペーン

ワイモバイルで提供されているキャンペーンの中には、併用できないものもあります。

今回紹介している家族割引サービスも例外ではないので確認しておきましょう。

おうち割 光セット(A)

出典:おうち割
キャンペーン概要
内容 ワイモバイルの月額料金から
月額550円または1,188円割引される
割引金額 シンプルS/M/L -1,188円
スマホベーシックプラン、データベーシックプラン、
PocketWi-Fiプラン2(ベーシック)など
-550円
適用条件 対象の固定回線サービスに申し込み、割引に申し込むこと
期間 終了日未定

※価格は税込表示です。
※表は右にスクロールできます。

現在受付中のキャンペーンで併用ができないものは「おうち割り光セット(A)」のみとなっています。

対象の固定回線サービスとセットを組むことで割引が適用されるため、家族割引サービスと比べ適用条件が厳しくなっています。
しかし、最大割引回線数が10回線あることや対象プランを利用している全回線に割引が適用されるといったメリットがあります。

固定回線の有無や使い方によってどちらの割引を使うか選択しましょう。

受付終了のキャンペーン

併用不可のキャンペーンとして、公式サイトに記載があったキャンペーンの多くは、新規受付を終了していました。

ただし、現在契約中のプランに適用されている場合もあるため注意が必要です。

下の一覧から適用されているキャンペーンがないか確認しておきましょう。

受付終了している併用不可のキャンペーン

・光おトク割
・Wi-Fiセット割
・もう一台無料キャンペーン
・イー・モバイルセット割
・タブレット割引(スタートキャンペーン向け)

 

まとめ

・ワイモバイルの「家族割引サービス」は2回線目以降月額1,188円(税込)割引されるとてもお得なキャンペーン
・家族割引サービスを利用することで、シンプルSプランなら月額990円(税込)になる
・一緒に住んでいない遠くの親戚や家族、または同居している家族以外でも家族割引サービスを利用できる
・割引の対象範囲が広いため、必要書類が少し複雑なので慎重に確認する
・「おうち割りでんきセット(A)」や「ワイモバ親子割」とのセットでさらにお得に利用できる
・「おうち割り光セット(A)」とは併用ができないため、利用環境に合わせて選ぶ
・新規契約時でも後日でもオンライン申し込み可能

2022年1月7日時点の調査内容です。

【ワイモバイル】おトクなキャンペーン実施中1詳細はこちら width=